PayPayカード(ワイジェイ、ヤフーカード)の任意整理対応

  • PayPayカードを任意整理すると返済は楽になるのか?
  • 任意整理のデメリットを知りたい
  • 相談した後の手続きはどうやって進めていくの

yahooカードはワイジェイカードという会社が発行していましたが、現在はPayPayカード株式会社という会社名になっています。

参考:PayPayカード株式会社【社名変更等に関するご案内】

ヤフーカードで支払いが難しくなった時は任意整理をして利息をカットして分割払いにすることで支払いを楽にすることができます。

ただし債務整理の中でも任意整理への対応は会社ごとに異なります。

ヤフーカードの任意整理の交渉はPayPayカード(旧ワイジェイカード)と行いますので、今回はPayPayカードの任意整理の対応をまとめました。

paypayカード(ワイジェイカード)の任意整理への対応

任意整理の対応は会社ごとに違うみたいですが、ヤフーカードはどうなんですか?

 

ヤフーカードはPayPayカード(旧ワイジェイカード)という会社が発行していて、任意整理はPayPayカードと行うんだ。

PayPayカードは任意整理にもきちんと対応してくれるよ。

 

そうなんですね!利息のカットにも応じてくれる会社なんですか?

 

うん。

任意整理後の利息は0%にしてくれるし、60回までの分割払いの対応にも応じてくれるよ。

 


PayPayカード(旧ワイジェイカード)の任意整理への対応
任意整理後の利息0%になる
任意整理後の分割回数60回までの分割払いも可能
過払い金過払い金が発生している可能性もあり

任意整理後の利息

PayPayカードを任意整理すると、任意整理後の利息は0%になります。

利息がなくなると返済した分だけ借金が減っていくため、いつ完済できるのかが明確になり完済までの期間も短くなります。

任意整理後の分割回数

60回払い=5年ほどの分割返済に応じてくれます。

長期の分割払いに応じてもらえるので、毎月の返済額が少なくなります。

PayPayカードを任意整理すると、利息がなくなり元金だけを60回の長期分割で返済していくことになります。

paypayカード(ワイジェイカード)を任意整理するメリット

任意整理のメリット

利息をなしにしてもらって、元金だけを60回ぐらいの分割で支払っていくことでどのぐらいのメリットが発生するんですか?

 

どのぐらいのメリットになるのかは借入の金額や利息、毎月の返済額等によるんだけど・・・

通常は完済までに利息だけで数十万円支払うことが多いから、利息がなくなることでその金額は免除してもらえるということだね。

 

そんなに大きな金額になるんですね・・・

 

利息がなくなることで完済までの期間が短くなったり、長期分割だから毎月の返済額が少なくなることもあるよ。

 


任意整理前の返済内容

利息18%で50万円を借りて、毎月15,000円返済をしていくと、完済までに約4年必要になり完済までに利息だけで約20万円支払うことになります。

任意整理をせずに返済する場合
完済までの期間約4年
毎月の返済額1万5,000円
完済までの利息返済額約20万円

任意整理後

これに対して、50万円の借金を任意整理して利息0%、60回の分割払いにした場合は、

任意整理をした場合
完済までの期間5年
毎月の返済額約8,400円
完済までの利息返済額0円
  • 完済までの期間 約4年⇒5年
  • 毎月の返済額 1万5,000円⇒約8,400円
  • 完済までの利息返済額 約20万円⇒0円

借入金額や利息、毎月の返済額によって異なりますが、上記のように任意整理をすることで、完済までに支払う金額と毎月の返済額を減らせるというメリットがあります。

36回の分割払いで任意整理をすると、毎月の返済額は1万4,000円ほどになりますが、完済までの期間は3年になります。

paypayカード(ワイジェイカード)を任意整理するデメリット

paypayカードを任意整理するデメリット

PayPayカード(旧ワイジェイカードを任意整理することのデメリットもあるんですよね?

 

あるよ、まずはヤフーカードは解約になることだね。

 

解約になるんですね・・・

まぁでもそれはしょうがないですよね・・・

 

後はブラックリストに載るから他の会社からであっても、お金を借りるとかカードを作るのは難しくなるよ。

 


paypayカードは解約になる

任意整理をした会社のカードは解約になるので、PayPayカードを任意整理すればpaypayカードは解約になります。

paypayにカードを登録をしている場合に、クレジットカードを使用したチャージやpaypayでのクレジットカード払いも利用できなくなります。

※クレジットカードを利用せず、ATMや口座からチャージをしてpaypayで支払いを行うことはできます。

ヤフーカードで貯めていたTポイントは失効してしまいますが、解約前に別のTカードにポイントを移行することでポイントを残しておくことができます。

※参考:paypayカード【カードを解約(退会)したい】

ブラックリストに載る

ブラックリストに載るとできなくなること

任意整理をすると信用情報機関に事故情報が載るので、いわゆるブラックリストに載ることになります。

ブラックリストに載っている間はお金を借りたりローンを組んだりするのはほぼできなくなります。

またクレジットカードを作るのも難しくなりますし、現在持っているカードも解約になる可能性もあります。

ただしブラックリストに載るのは5年間なので、ブラックリストの影響がなくなれば通常どおりの審査を受けることができるようになります。

借金の減額や過払い金発生の条件

paypayカード返済中に過払い金が発生する条件

PayPayカード(旧ワイジェイカード)では過払い金が発生することはないんですか?

 

発生する可能性はあるよ。

PayPayカードは以前は国内信販や楽天KCという会社だったんだけど、2007年までは法律よりも高い利息で取引をしていたから、2007年よりも前から取引をしていたなら過払い金が発生している可能性があるよ。

国内信販や楽天KCの時代で発生した過払い金はPayPayカードから返還してもらうことができるよ。

 

2007年ですね・・・

じゃあ2007年以降に借り始めた人には過払い金は発生しないんですか?

 

2008年以降の借入には過払い金は発生しないよ。

あとショッピングでの取引では何年前からの取引であっても過払い金は発生しないよ。

 


利息制限法の金利の上限
10万円未満の借入20%
10万円以上~100万円未満の借入18%
100万円以上の借入15%

過払い金は法律の制限よりも高い利息を過去にとられていた場合にだけ発生します。

PayPayカードは以前は国内信販や楽天KC、ワイジェイカードという会社名でしたが、それらの会社は2007年頃までは法律よりも高い利息で貸し付けを行っていたので、2007年より前から借りていた人には過払い金が発生している可能性があります。

2008年以降に借り入れを始めた人には過払い金が発生している可能性はありません。

借金の減額や過払い金があったの場合の交渉

PayPayカードとの取引で過去に法律の制限を超える利息での取引があった場合は、法律内の利息に見直して引き直し計算をすることで借金が減額されることがあります。

その場合は利息を0%にして減額後の金額だけを分割で返済することになります。

また、引き直し計算によって借金が全てなくなり過払い金が発生している場合は、任意整理ではなく過払い金についての交渉を行います。

※借金が全てなくなって過払い金請求になった場合は、ブラックリストに載ることはありません。

  • 30万円の借金が10万円まで減った場合⇒減額後の10万円を任意整理して、利息をカットしてもらい元金だけを分割で返済することになる。
  • 30万円の借金が全てなくなって過払い金が20万円発生してる場合⇒任意整理ではなく20万円の過払い金請求になる。

任意整理は家族にバレずに手続きができる

任意整理は家族にバレずにできるのか

任意整理は家族や会社に秘密にしたままできるものなんですか?

 

任意整理は他の債務整理と違って、家族や会社にバレる可能性が非常に少ない手続きだよ。

 


任意整理は、家族や会社に知られることなく、内緒で手続きができる可能性が高いです。

自己破産や個人再生だと、家族や会社の協力が必要な書類の提出を裁判所から求められますが、任意整理ではそのようなことはありません。

また、任意整理をしている間はPayPayカードから本人に対して連絡が来ることはないですし、郵便物が届くこともありません。

そのため、自己破産や個人再生と比較して、借金があることや任意整理をしていることが家族や勤め先に知られてしまうことはほとんどありません。

任意整理の流れ

任意整理依頼後に依頼者が行うこと

PayPayカード(旧ワイジェイカード)の任意整理を依頼すると依頼後の手続きはどのような流れで進められるんですか?

 

まず任意整理の依頼を受けた専門家はPayPayカードに対して受任通知という書類を送るんだ。

受任通知を送付した後はPayPayカードへの返済は一旦止めることになるんだけど、その間に専門家に対して毎月一定の金額を振り込んで積立金を行う必要があるよ。

 

PayPayカードへの返済は止めても大丈夫なんですね!すみません積立金ってなんですか?

 

積立金っていうのは専門家の費用を分割で支払うためのものなんだけどもう一つ意味があって、任意整理後に毎月ちゃんと返済を続けていけるのかを確認するために毎月一定の金額を振り込んでもらうという意味もあるんだ。

その後に、PayPayカードと利息のカットや分割払いの回数について交渉をして、交渉がまとまればその内容どおりにPayPayカードに対して返済をしていくという流れだね。

 


  1. 受任通知送付
  2. 積立金
  3. 引き直し計算
  4. 分割回数等の交渉
  5. 返済再開

受任通知送付

任意整理の依頼を受けた専門家はPayPayカードに対して受任通知を送付します。

受任通知送付後、PayPayカードへの支払いは止めてその間に積立金を行うことになりますが、PayPayカードへの返済をSTOPしても督促が来ることはありません。

積立金

PayPayカードへの返済を止めている間、依頼者は専門家に対して積立金を行う必要があります。

積立金は専門家の費用の分割払いという意味がありますが、それ以外にも任意整理後に返済を続けていけるかを確認するという意味があります。

任意整理後は長期に渡って返済を続けていくことになるので、任意整理後に毎月の返済をきちんとしていけるかをテストして、積立金完了後に業者との交渉に入っていきます。

引き直し計算

受任通知の送付から1~2週間でPayPayカードから取引履歴が届きます。

取引履歴を取り寄せたら、過去に法律の制限を超える利息での取引があったかを確認します。

法律の制限を超える利息での取引があった場合は引き直し計算を行って、借金がどのぐらい減額されるか?過払い金がどのぐらい発生しているかを確認します。

任意整理交渉

任意整理後の利息のカットと、分割回数の交渉をPayPayカードと行います。

PayPayカードとの取引で、過去に法律よりも高い利息で取引があった場合は引き直し計算を行い、減額された借金について利息のカットや分割回数の交渉を行うことになります。

引き直し計算の結果借金が全てなくなって過払いになっているのであれば、過払い金をPayPayカードに対して行っていきます。

返済再開

任意整理の交渉が終わったら、交渉内容どおりに利息がなくなった元金だけを分割でPayPayカードに対して返済していくことになります。

依頼者が行うこと

  • PayPayカードへの返済を止める
  • 積立金をする
  • 任意整理の和解成立後は和解内容どおりにPayPayカードへ返済していく

任意整理を依頼した後は、PayPayカードへの返済は一時止める必要があります。

返済を止めている間に、依頼者は専門家に対して積立金をすることになりますが、これは任意整理後に毎月返済していけるかの確認と専門家の費用の分割払いのために行います。

任意整理を依頼してから3か月~6か月程度で任意整理の交渉がまとまるので、その後は任意整理の内容どおりにPayPayカードへ返済をして完済を目指します。

まとめ

PayPayカードの任意整理への対応は良心的です。

任意整理後の利息は0%にしてくれて60回ほどの分割払いにも対応してくれます。

また、2007年よりも以前から借りていた人は法律よりも高い利息で取引をしていた可能性がありますので、その場合は借金が減額されたり過払い金が発生するかもしれません。

デメリットとしてはブラックリストに登録されることです。

ブラックリストに登録されると、お金を借りたりローンを組んだり、クレジットカードが利用できなくなる可能性があります。

現金で生活をして、デビットカードやpaypayを利用することでネットショッピング等は利用することができます。