債務整理後をしても賃貸契約はできる?【更新時と保証人への影響】

アパートやマンションの賃貸に住んでいるけど、債務整理をすると退去させられたりしないのか・・・

今後の引っ越しに影響はでないのか・・・心配になる人も多いようです。

債務整理と賃貸の部屋との関係性についてまとめていきます。

債務整理をすると新しく賃貸を契約するのに影響はある?

債務整理をした後に部屋を借りるのって影響がでたりするんですか?

 

債務整理をするとブラックリストに載るから、その影響で部屋を借りることができなくなる可能性があるよ。

 

ブラックリストに載ると部屋を借りるのに影響がでるんですか?

 

最近は賃貸を借りる際に保証会社をつけることが多いけど、その保証会社が信販系の会社である場合とか提携のクレジットカードを作る必要がある場合は信用情報を閲覧される可能性があるんだ。

そうなるとブラックリストに載っている場合は審査に通らずに部屋を借りられない可能性があるよ。

まぁその場合は保証会社不要の物件を探せばいいんだけどね。

 


債務整理をすると信用情報にその旨が記載されて、いわゆるブラックリストに載ることになります。

債務整理後に新しくアパートやマンションを賃貸するときに、以下の場合はブラックリストの影響を受けることがあります。

・信販会社が保証会社になる
・提携のクレジットカードで家賃を支払う

信販会社が保証会社になる場合は信用情報を調べられる可能性がありますし、提携のクレジットカードで家賃を支払う必要があればクレジットカード作成の段階で信用情報を確認されますので、ブラックリストに載っていれば審査にとおるのは難しくなります。

債務整理をすると賃貸の部屋から退去する必要がある?

債務整理をすると賃貸している部屋から追い出されたりしないんですか?

 

基本的には債務整理をしても借りている部屋から出ていけ!なんてことにはならないし、賃貸の更新もできるよ。

ただし、家賃を滞納している場合は注意が必要だよ。

 

家賃を滞納している状態で債務整理をすると出ていかなければいけなくなるんですか?

 

滞納している家賃も債務整理の対象にすると、賃貸借契約が解約になって出ていかなければいけなくなるよ。

まぁ家賃を何か月か滞納していたらそれだけで賃貸借契約が解約になる可能性は高いけどね。

債務整理には任意整理と個人再生、自己破産とあるから、それぞれの債務整理手続きごとに見ていこう。

 


債務整理をすることで賃貸アパートやマンションを退去しなければいけないかどうかは、

・家賃の滞納があるか
・どの債務整理を選択するか

という点で結論が異なります。

家賃の滞納がない場合

任意整理、個人再生、自己破産のどの債務整理であっても家賃を滞納していないのであれば債務整理をしても退去する必要はありません

ただし家賃がクレジットカード払いになっている場合は、振込等のクレジットカード払い以外の方法に変更をする必要があります。

ちなみに10年以上前は、自己破産をした場合は貸主か破産管財人から賃貸借契約を解約できるとなっていましたが、現在はそのようなことはありません。

賃貸借契約の更新

家賃の滞納がなければ債務整理をしても賃貸契約の更新ができなくなるということもありません。

大家さんから賃貸の更新を断るには正当な理由が必要になりますが、この正当事由というのは厳格なもので、債務整理を行ったことや信用情報に事故情報が載っていることが正当な理由にあてはまることはほぼありえないことです。

ただし保証会社が付いている場合、更新時に信用情報を確認されて、保証契約を断られることはあり得ます。

この場合は別の保証会社にするか、又は保証人をつけるように言われる可能性がありますが、別の保証会社の審査に通らなく保証人をつけることができない場合も、それをもって正当な理由にあたるという可能性は低いでしょう。

家賃を滞納している場合の債務整理

では家賃を滞納している場合はどうなるのか?滞納した家賃も債務=借金なので、滞納分の家賃を債務整理することはできます

しかし、滞納している家賃を債務整理の対象にするとほとんどの場合、賃貸借契約が解約されて立ち退きを求められることになるでしょう

ちなみに家賃を債務整理の対象にしなくても、2か月以上家賃の滞納をすると立ち退きを求められる可能性が高いです。

家賃を滞納している状態で債務整理をした場合の影響を任意整理、個人再生、自己破産それぞれの場合ごとに詳しく書いていきます。

家賃を滞納している状態での任意整理

家賃を滞納しているときに任意整理をするとどうなるんですか?

 

滞納している家賃を任意整理すると立ち退きを求められることになるけど、

任意整理は手続きする業者を選択することができるから、滞納している家賃を任意整理の対象にしなければ問題ないよ。

 

滞納している家賃は任意整理の対象から外せばいいんですね!

 

ただし任意整理しても結局家賃を支払っていけないような場合なら、個人再生や自己破産を検討すべきだよ。

 


滞納している家賃を任意整理の対象にすればその部屋に住み続けるのは難しくなります。

ただし任意整理では任意整理の対象にする業者を選択することができるので、家賃を滞納していても家賃については任意整理の対象から外して、その他の借金のみを任意整理することが可能です。

A社とB社から借金があり、Cさんのへの家賃を滞納している場合

任意整理なら任意整理をする相手方を選択することができるので、家賃を滞納しているCさんは任意整理手続きから外してA社とB社のみを任意整理することができます。

家賃以外の借金の返済額を減らして、その分を滞納している家賃の返済に充てることで滞納を解消できるのであればその方法が良いでしょう。

しかし、滞納している家賃以外の任意整理をしても家賃の支払が困難だとか、借金の返済が厳しい場合は個人再生や自己破産を検討すべきです。

また、滞納している家賃を任意整理の対象にしても任意整理に応じるかは相手方次第なので、相手方(保証会社や大家さん)が応じなければ滞納している家賃の任意整理はできません。

家賃を滞納している状態での個人再生

家賃を滞納している状態で個人再生をするとどうなるんですか?

 

個人再生は全部の借入先を個人再生の対象にしなければいけないから、滞納している家賃も個人再生の対象になるんだ。

家賃を個人再生すればやはり賃貸借契約は解約になるだろうから、部屋を出ていかなければならなくなるだろうね。

 

そうなんですね・・・

 

家賃の滞納を解消してから個人再生を行えば、家賃は個人再生の対象にならないから賃貸借契約解約の問題は発生しないよ。

ただその場合は偏波弁済にあたるから、個人再生の支払い金額がその分増えることになる可能性があるけどね。

 


個人再生ではすべての債権者が個人再生の対象になりますので、家賃を滞納している場合には家賃も個人再生の対象にしなければなりません。

その結果滞納している家賃も減額されますが、通常の支払いができない以上ほとんどの場合立ち退きを求められるでしょう。

個人再生後も賃貸に住み続ける方法

個人再生しても同じ賃貸に住み続ける方法としては、

・滞納している家賃を親族などの第三者に支払ってもらう
・手続き開始前までに滞納している家賃を支払う

個人再生が開始される前までに滞納を解消することで、家賃を個人再生の対象から外して立ち退きを免れるということです。

※個人再生手続き開始前に自分で家賃を支払った場合は偏波弁済というものになり、その支払った金額を財産額として上乗せする必要がある可能性がありますが、第三者に支払ってもらった場合は偏波弁済にならないので上乗せする必要はありません。

家賃を滞納している場合の自己破産

家賃を滞納しているときに自己破産をするとやっぱり部屋を出ていかなければなりませんか?

 

自己破産も全部の借入先が自己破産の対象になるから、家賃を自己破産の対象にすれば賃貸借契約は解約されてしまうね。

 

やっぱりそうですよね・・・

自己破産をする前に先に家賃だけ支払ってしまえばいいんですかね?

 

家賃だけ優先して支払うと偏波弁済というものにあたって免責不許可事由になることがあるんだけど、生活に必要な費用として裁判所が支払いを認めてくれる場合もあるからそこは確認が必要だね。

 


自己破産も個人再生と同様にすべての債権者を自己破産の対象にしなければいけませんので、家賃を滞納している場合家賃も自己破産の対象になります。

自己破産が認められれば滞納している家賃の支払いも帳消しになり、支払う必要がなくなりますが通常の支払いができない以上、やはり立ち退きを求められるでしょう。

自己破産後も賃貸に住み続ける方法

自己破産をしても同じ賃貸に住み続ける方法としては、個人再生と同様ですが、

・滞納している家賃を親族などの第三者に支払ってもらう
・手続き開始前までに滞納している家賃を支払う

自己破産が開始される前までに滞納を解消することで、家賃を自己破産の対象から外して立ち退きを免れるということです。

※第三者に支払ってもらう分には問題は発生しませんが、自分で自己破産開始前に滞納している家賃だけを支払うのは一部の債権者だけを優遇して他の債権者を害するいわゆる偏波弁済にあたります。
偏波弁済にあたると最悪の場合自己破産ができなくなる可能性がありますが、1~3か月分ぐらいの家賃であれば裁判所が返済を認めてくれる可能性もあります。

その他、自己破産をすると借金の支払いは免除されますが自己破産後に自分から返済をすることは可能ですので、自己破産後でも滞納している家賃を支払うことは可能です。

その旨を大家さんに話してみて、自己破産手続き後に支払うから住み続けられないか?という交渉をすることもできるでしょう。

家賃の保証人がいる場合の債務整理

今の部屋を借りるときに家族に保証人になってもらったんですけど、この場合に家賃を債務整理するとやっぱり保証人に迷惑がかかりますよね?

 

保証人がいる場合に滞納している家賃を債務整理すれば保証人に請求されることになるよ。

任意整理なら滞納している家賃を任意整理の対象から外すことはできるけど、家賃を滞納している時点で保証人に請求がいってしまう可能性が高いよ。

 


部屋を借りる際に保証人をつけている場合は、滞納している家賃を債務整理すると保証人へ請求が行きます。

債務整理の効果は保証人には及びませんので、個人再生で減額しても自己破産で免責になったとしても保証人へは全額請求されます。

滞納している家賃を債務整理の対象にする場合で、保証人がいる場合は保証人へ迷惑がかかることは避けられません。

どうしても保証人に迷惑をかけたくないなら、任意整理で滞納している家賃を対象から外すか、債務整理開始までに滞納を解消するしかありません。

債務整理と賃貸借契約のまとめ

債務整理をしても家賃の滞納がないのであれば、家賃は債務整理の対象にはなりませんので退去を求められることはありません

家賃の滞納がある場合に家賃も債務整理の対象にすれば、一般的には賃貸借契約を解約されて退去を求められることになるでしょう。

家賃の滞納をしている場合の債務整理については、退去を求められるという大きな問題になってしまう可能性がありますので、特に注意が必要になります。

しかし、任意整理であれば家賃を債務整理の対象から外すことができます。

個人再生や自己破産では家賃も債務整理の対象になりますので、依頼前に滞納を解消したり大家さんと話し合ったりすることが必要になります。

滞納してからでも早めに相談をすればなんとかできる可能性も高くなりますので、早めの相談をおすすめします。