ビューカードを任意整理するメリットとデメリット

ビューカード 任意整理JR東日本の子会社が発行しているビューカード。

以前はキャッシングとショッピング両方が利用できるカードでしたが、現在キャッシングについては2009年3月31日までに契約していた人しか利用できなくなっています。

JR東日本グループが発行していることもあり、利用している人も多いカードです。

支払いが難しくなった時には任意整理をして利息をカットして元金だけを分割で返済することにより支払いを楽にすることができます。

ただし債務整理の中でも任意整理への対応というのは貸金業者ごとにことなりますので、今回はビューカードを任意整理をするとどのようなメリットやデメリットがあるのかをご案内します。

ビューカードの任意整理対応

任意整理の交渉への対応は会社によって違うみたいですけど、

ビューカードを任意整理した場合はどのような対応になるんですか?

ビューカードは任意整理への対応が良くて、任意整理後の利息はカットしてくれるよ!

そうなんですね!

それはありがたいですね。

さらに60回程度の長期分割にも応じてくれるんだ。

 

ニコスの任意整理対応
・任意整理後の利息は0%になる
・分割回数は60回以上も可能
・過払い金が発生している可能性あり

 

過払い金がどのぐらい発生しているか?借金がどのぐらい減るのか?匿名で簡単に確認したいなら

東京ミネルヴァ法律事務所

ビューカードを任意整理するメリット

任意整理をして利息がなくなって長期分割で返済していくことで、どのぐらいのメリットがでるものなんですかね?

借入の金額や利息、毎月の返済額にもよるんだけど・・・

完済までに支払う金額でみると、数十万円ほどを支払う必要がなくなるという金銭的なメリットがでることもあるよ。

結構な金額ですね。

毎月の返済額も抑えられるんでしょうか?

これも借入内容によるけど、多くの場合は毎月の返済額も少なくなるし、完済までの期間も早くなることもあるよ。

 

50万円を利息18%で借りて、毎月15,000円を返済していくと、

・完済までに支払う利息の総額=25万円ほど
・完済までに必要な期間=5年弱

 

50万円の借入を任意整理して利息0%、60回の分割払いにすると、

・完済までに支払う利息の総額=0円
・完済までに必要な期間=5年
・毎月の返済額=8,400円ほど

 

任意整理をすることで毎月の返済の負担を減らすことができますし、利息がなくなることで完済までに支払う総額も減らすことができます。

借入金額や内容によっては、完済までの期間も短くなることがあります。

ビューカードでの借金の減額や過払い金

ビューカード 任意整理

ビューカードで過払い金が発生することはないんですか?

過去に法律の制限を超える利息でキャッシングの取引をしていた人には過払い金が発生することがあるよ。

その場合は借金が減額されたり、借金が全てなくなって過払い金が発生していたりするんだ。

ビューカードでも過払い金が発生することはあるんですね!

うん。

ただし過払い金が発生するのは法律よりも高い利息でキャッシングをしていた場合だけなんだ。

ビューカードは2006年頃には法律内の利息に見直しをしているから、過払い金が発生するのは2006年よりも前からキャッシングをしていた人に限られるよ。

 

過払い金は法律の制限よりも高い利息で取引をしていた場合にだけ発生します。

利息制限法の上限金利
・10万円未満の借入=20%
・10万円以上~100万円未満の借入=18%
・100万円以上の借入=15%

 

ビューカードは2006年(平成18年)よりも前は法律の制限を超える利息で貸し付けをしていたので、2006年よりも前からビューカードでキャッシングをしていた人は利息を見直して計算=引き直し計算をすることで借金が減額されたり過払い金が発生している可能性があります。

※過払い金が発生する可能性があるのはキャッシングだけなので、ショッピング取引では何年前からの取引であっても過払い金は発生しません。

 

引き直し計算の結果、借金が全てなくなって過払い金が発生している場合は任意整理ではなく、過払い金返還について交渉を行っていきます。

仮に50万円の借金がある場合に、
・引き直し計算の結果、借金が30万円まで減った場合⇒利息をカットして減額後の30万円の元金だけを分割で返済することになる。
・引き直し計算の結果、50万円の借金が全てなくなって過払い金が10万円発生してる場合⇒任意整理ではなく10万円の過払い金請求になる。

ビューカードを任意整理するデメリット

ビューカードを任意整理することでデメリットも発生するんですよね?

そう、任意整理にはデメリットもあるよ。

まずはビューカードが解約になることだね。

ビューカードが解約になってしまうんですね・・・

でもそれはしょうがないですね。

後はブラックリストにも載るから他の会社のカードなんかにも影響がでてくるよ。

ビューカードは解約になる

任意整理をする会社のカードは解約になるので、ビューカードを任意整理するとカードは解約になるので、以後ビューカードを利用して買い物をすることはできなくなります。

ブラックリストに載る

任意整理をすると、信用情報機関に事故情報が載るのでいわゆるブラックリストに載ることになります。

ブラックリストに載れば借金をしたり、ローンを組んだりすることは難しくなります。

 

また、他の会社のカードも解約になる可能性がありますし、新しくクレジットカードを作るのも難しくなります。

ただし、ブラックリストに載る期間は5年ほどとされていますので、それ以降は通常どおりの審査を受けることができるようになります。

ビューカードでショッピングリボの返済中の場合

ショッピングのリボ払いについても任意整理をすることができます。

ただ、分割払い中の商品の中に家電のような売却しやすい商品があると、ビューカードに商品を引き上げられてしまう可能性があります。

ビューカードの任意整理の流れ

ビューカードの任意整理を専門家に依頼した場合、その後の手続きはどんな流れで進められていくんですか?

任意整理の依頼を受けた専門家はまずビューカードに対して受任通知という書類を送るんだ。

受任通知を送付した後はビューカードへの返済は一旦止めることになるんだけど、その間に積立金を行うことになるよ。

ビューカードへの返済は止めていいんですね!ちなみに積立金ってなんですか?

積立金というのは専門家の費用の分割払いに充てられるものなんだけど、任意整理後に毎月ちゃんと返済を続けていけるのか?を確認するという意味もあるよ。

その後、ビューカードと利息のカットや分割払いの回数について交渉をして、交渉がまとまればその内容どおりにビューカードに対して返済をしていくという流れだね。

 

任意整理の流れ
・受任通知送付
・積立金
・引き直し計算
・分割回数等の交渉
・返済再開

受任通知送付

任意整理の依頼を受けた専門家はビューカードに対して受任通知を送付します。

受任通知送付後、ビューカードへの支払いは止めてその間に積立金を行います。

積立金

ビューカードへの返済を止めている間、依頼者は専門家に対して積立金を行う必要があります。

積立金は専門家の費用の分割払いという意味と、任意整理後は長期に渡って返済を続けていくことになるので、毎月返済をつづけていくことができるかを確認するという意味合いがあります。

引き直し計算

過去に法律の制限を超える利息での取引があった場合は法律内の利息に直して計算をすることで、借金が減額されたり過払い金が発生することがあります。

任意整理交渉

任意整理後の利息のカットと、分割回数の交渉をビューカードと行います。

ビューカードとの取引で過去に法律よりも高い利息で取引があった場合は引き直し計算を行い、減額された借金についての交渉になります。

返済再開

任意整理の交渉が終わったら、交渉内容どおりに利息がなくなった元金だけを分割でビューカードに対して返済していくことになります。

ビューカードの任意整理まとめ

ビューカードの任意整理への対応は良心的で、利息のカットや長期分割にも応じてくれます。

また、2006年よりも前からビューカードでキャッシングしていた人には過払い金が発生している可能性もあります。

過払い金がどのぐらい発生しているか?借金がどのぐらい減るのか?匿名で簡単に確認したいなら

東京ミネルヴァ法律事務所