過払い金請求手続きの流れと過払い金返金までにかかる期間

  • 過払い金請求を依頼するまでの流れ
  • 過払い金が返金されるまでの期間

過払い金の請求をすると、その手続きはどのような流れで行われるのか?回収までの期間はどのぐらいかかるのか?よく質問をされます。

今回は過払い金請求手続きの回収までの流れと、回収までの期間を専門家へ依頼した場合と、自分で行う場合に分けて解説します。

過払い金請求を依頼する流れ

まず、過払い金請求ってどうやって相談すればいいんですか?

 

まずは弁護士や司法書士の事務所に相談の電話をすることから始まるんだ。

事務所によってはメール相談なんかも受け付けているところもあるよ。

 

まずは相談の電話からですね。

なんだか緊張しますね・・・

 

弁護士や司法書士に連絡するというのは中々勇気がいるかもしれないけど、

ほとんどの事務所は過払い金請求や債務整理の相談は相談料無料にしているし、気軽に電話しても大丈夫だよ!

電話で相談したら、後は弁護士や司法書士の事務所での面談を行うという流れだね。

 


過払い金の請求を依頼するには電話やメールでの相談をして、弁護士や司法書士の事務所で面談を行い、正式な依頼をすることになります。

電話やメール相談で聞かれること

過払い金請求の相談

過払い金請求の電話相談ってどんなことを聞かれるんですか?

 

電話では

・どこから借りていたのか

・借り始めた時期と、完済しているなら完済した時期

これは最低でも聞かれるね。

 

ほとんど覚えてないんですけど・・・

 

明確に答えられなくても最終的には取引履歴を取り寄せることになるから、ほとんどの事務所では借入開始時期と完済時期、利用額等のおおよその情報がわかれば大丈夫だよ

ただあんまりにも曖昧だと、一旦自分で取引履歴を取り寄せてくださいと言われてしまう可能性があるけどね。

 

業者名と借入の期間ですね。

 

借入業者によっては何年取引していても過払い金が発生しない会社もあるし、取引年数等がわかれば過払い金が発生しているかある程度見極めることができるから、その確認のために、ある程度の情報は必要になるんだ。

 


過払い金の相談をしたいけど、貸金業者との契約書や明細がないという人も多いと思いますが、過払い金請求には当時の契約書等の書類は必要ありません。

過払い金を請求するには取引履歴というものが必要になりますが、これは貸金業者に登録してる氏名、住所、生年月日がわかれば貸金業者から取得することができます。

取引履歴があれば他の書類は必要ないので、契約書や明細は残っていなくても問題になりません。

相談したい事務所が決まったらまずは面談の予約の電話をしますが、この電話では最低限以下のことを確認されます。

電話相談は5~15分程度で終わります

  • どこの業者から借りていたか
  • 取引年数
  • 借り入れ額

借りていた業者名

弁護士や司法書士は本人から申告があった貸金業者へ請求を行いますので、どこで借りていたのかわからなければ過払い金請求はできません。

たまに弁護士や司法書士ならどこで借りていたのか調べることができるんじゃないの?と聞かれることがありますが、そのようなことはできません。

思い出せないのであれば、契約書や明細、引き落としの場合は通帳を探してみるか、信用情報機関から信用情報を取り寄せる必要があります。

信用情報機関ではどこの業者から、いくらの金額をいつから借りているのかを登録されていて、信用情報を取り寄せることで確認することができます。

信用情報機関は下記の3つがありますが、銀行では過払い金は発生しないため、JICCとCICから信用情報を取得するのがいいでしょう。

信用情報は契約終了後、5年が経過すると消去されるので、その場合は信用情報を取得してもどこからの借入か確認することはできません。

取引期間

いつから借りていたのかがわかれば、過払い金が発生しそうかどうかを把握することができます。

いつ頃完済したのかがわかれば、過払い金が時効になっていないかを確認することができます。

また、途中完済から10年での時効を確認するため、途中完済があるかないかもよく聞かれます。

弁護士・司法書士との面談

過払い金請求の面談

弁護士とか司法書士との面談では何を聞かれるんですか?

 

電話で聞かれた内容の確認と、デメリットや費用、今後の手続きの流れとか説明されて本人確認をして委任契約書を交わすって感じだから30分から1時間ぐらいで終わるはずだよ。

 

面談の際は何をもっていけばいいんですか?

 

事務所ごとに違いはあると思うけど、最低限必要なものは

・免許証や保険証等の本人確認書類

・印鑑

だね。

 

資料が全く残ってなくてもいいんですか?

 

大丈夫!

もし手元に貸金業者のカードや契約書、明細書等の資料があるなら持って行ったほうがいいけどね。

 


過払い金請求を依頼するにあたって、まずは専門家と直接面談をすることになります。

面談の際は予約の電話の時と同様に、業者名、取引年数、借入額を確認されます。

後は本人確認や委任契約書の内容の説明、デメリットの説明、費用の説明をし問題なければ委任契約書を交わします。

事務所によっては面談の時点で、裁判をする場合に備えて訴訟委任状を貰っておく事務所もあります。

面談時間は30分~長くても1時間程度で終わります

以後の手続きはすべて専門家が行いますし、面談は1度だけでいいので何度も面談をする必要はありません。

面談後は基本的に専門家からの電話を待つだけです。

面談後の手続きの流れ

過払い金請求の手続きの流れ

過払い金請求を依頼した後はどうなるんですか?

 

依頼後の手続きは弁護士司法書士が行ってくれるから、依頼者は基本的には待っているだけだよ

手続き的には、

・貸金業者へ受任通知を送って

・取引履歴を取り寄せて

・過払い金の引き直し計算をして

・過払い金を回収する

という流れだね。

 


専門家は依頼を受けたすべての業者に対して「受任通知」というものを送付します。

受任通知送付

受任通知には以下の内容が記載されています。

  • 過払い金請求の依頼を受けたので「取引履歴」を送付すること
  • 本人への連絡はしないこと

※取引履歴とは⇒何年何月何日にいくらのお金を借りて、何年何月何日にいくら返済してきたか、がすべて記載してある履歴です。

受任通知により本人への連絡は禁止されるので、貸金業者から依頼者へ連絡がくることはありません。

取引履歴の取得~過払い金の計算

専門家は取引履歴が届いたら次に過払い金の計算を行います。計算結果がでるまでの期間は業者から取引履歴が届くまでの期間により異なります。

取引履歴が届くまでの期間は、早い貸金業者であれば1週間~、遅い貸金業者だと2か月ほど。

計算結果がでるまでは事務所により異なりますが1週間ほど、遅い事務所では1か月以上かかることもあるようです。

計算結果の報告を受ける

専門家から電話等で計算結果の報告を聞き、話し合いで解決すべきか?裁判をして解決すべきか?今後の方針を決めます。

以下は裁判をする場合としない場合で手続きが異なります。

裁判をしないで過払い金を回収する場合の流れと期間

過払い金の回収はどうやってするんですか?

 

貸金業者に請求書を送って交渉して回収するか?裁判をして回収するか?だね。

金額を多少減額してもいいから早めに回収したいという場合には裁判をしないほうがいいし、時間がかかってもなるべく多く回収したいなら裁判をすべきだね。

流れとしては貸金業者に請求書を送ると、いくらの金額をいつ支払うという内容で和解の提案がくるから、和解すればその内容どおりの金額が期日に返金されるよ。

 


あまり過払い金が多額ではない場合や、回収を急いでいる、裁判まではしたくないという場合には裁判をせず話し合いで解決をします。

裁判をしない場合の返金までの期間は相手方業者や和解内容により異なりますが2か月~6か月ほどです。

過払い金の請求書送付

専門家は依頼を受けた業者に対し、過払い金を支払えという内容の請求書を送付します。

貸金業者からの和解提案

請求書を送付すると、業者から和解できないかと提案がきます。

和解提案が来るまでの期間は貸金業者ごと異なり、請求書送付から数日でくるところもあれば、1か月ほどかかるところもあります。

提案内容(金額と返金までの期間)に問題がなければ和解成立となります。

和解の金額も業者ごと大幅に異なります。和解でも全額支払うところもありますし、半額以下の和解提案しかだしてこないところもあります。

和解~返金までの期間

貸金業者ごと2週間~1年ほどの開きがあります。

平均としては和解してから1か月~3か月後の返還になります。

過払い金の返金と書類の返却

和解した期日までに業者から過払い金が返金されますが、基本的には一旦専門家の事務所口座に入金がされ、先に費用を差し引いてから依頼者の口座へ返金されることになります。

その後、取引履歴や、和解書、領収証が専門家から返却され手続きは終了です。

裁判をして過払い金を回収する場合の流れと期間

裁判をして回収する場合はどのような流れになりますか?

 

裁判所に訴えを提起した後は、だいたい月に1回ぐらいずつ裁判が開かれるんだけど、多くの貸金業者は裁判中にも和解の提案をだしてくるから、そこで和解することもできるし、折り合いがつかない場合は判決まで行くことになるね。

 

やっぱり裁判には時間がかかりそうですね・・・

 

貸金業者によっては裁判をしても早めに和解できて、裁判をしない場合と比べてあまり遅くならない場合もあるよ。

まぁほとんどの場合は裁判をした方が時間はかかるけどね。

ただ、裁判の手続きも弁護士司法書士がするから基本的には依頼者は待っているだけで大丈夫だよ。

 


過払い金を利息まで含めて全額回収したいとか、和解提案に納得がいかない場合は裁判を行うことになります。

裁判をするとしても、裁判所に出頭するのは専門家ですので、依頼者が裁判所に行く必要はないのでそういった点では手間になることはありません。

裁判をする場合の返金までの期間は貸金業者によりますが、争いになる点がなければ3ヵ月~8か月ほど、争点があり徹底的に争う場合は半年~1年以上かかることもあります

控訴等された場合は1年以上かかります。

訴訟提起

専門家は過払い金の計算結果がでたら、その計算を元に裁判書類を作成し訴訟を提起します。

取引履歴と訴訟委任状があれば、裁判関係の書類作成は最短で即日でも可能です。

裁判期日決定

訴訟提起から最初の裁判が開かれるまでの期間は、は訴訟提起から1か月~2ヵ月後くらいに設定されます。

次回期日も1か月ほど後になり、だいたい月に1回ぐらいのペースで裁判は進みます。

判決又は和解

争いがなくても判決までには3回以上裁判が開かれることが多いです。

争いがあれば10回以上期日を重ねることもあります。

裁判を進めている間にも業者からの和解提案がありますが、訴訟提起前と比べ納得のいく和解提案になることも多く、判決にならずに和解することも多いです。

過払い金の返金と書類の返却

判決又は和解内容どおりに返金されます。

一旦専門家の事務所口座に過払い金が入金され、先に費用を差し引いてから依頼者の口座へ返金されることになります。

その後、取引履歴や業者との契約書、和解書、領収証が専門家から返却され手続きは終了です。

自分で過払い金請求を行う場合の手続きの流れと期間

ちなみに弁護士や司法書士に依頼しないで自分で過払い金を回収することはできるんですか?

 

基本的にはできるよ。

ただ、貸金業者によっては個人からの請求は裁判以外は受け付けないとか、不当に低い金額でしか和解できないとか言われる場合もあるみたいだね。

 


弁護士・司法書士の代理人をたてず自分で過払い金を請求することも可能です。

自分で請求する場合の手続き方法

  1. 取引履歴を取り寄せる
  2. 過払い金の計算をする
  3. 請求をする
  4. 業者が減額の提案をしてくる
  5. 和解
  6. 返金

裁判をする場合は3.か4.のタイミングで訴訟提起をし、判決後に6.の返金となります

過払い金を請求するにあたり、まずは過払い金の金額を知らなければ請求はできませんし、金額が一番気になるところでしょう。

過払い金を計算するために、まずは取引履歴が必要になります。

取引履歴の取り寄せ

取引履歴には「○年○月○日○円借入、○年○月○日○円返済」というようにいついくら借りて、いついくら返してきたのかすべて記載してあります。

取引履歴を取り寄せるには貸金業者ごと異なりますが、下記の方法になります。

  • 郵送で取り寄せる
  • 窓口で受け取る

郵送で取り寄せるには業者によっては電話で申し込むだけで郵送してもらえる所もありますし、一旦開示請求書を郵送して取り寄せる必要がある所もあります。

取引履歴が届くまでは業者ごとに期間が異なりますがほとんどの業者は1週間から1か月ほどで開示してくれます

遅いところですと2か月以上かかる業者もあります。

業者は開示すべき義務がありますし、個人の方からの請求も何件も受けてますので、問題なく開示してもらえます。

過払い金の計算

取引履歴を取り寄せたら過払い金の計算(引き直し計算)をします。

計算方法には以下の方法があります。

  • 計算代行業者へ依頼する
  • 自分で計算する

計算代行業者に依頼すると手間なく計算できますが、数千円の費用がかかります。自分で計算するなら費用はかかりません。

あまり難しいものではないので、パソコンにExcelが入っているのならご自身で計算することをお勧めします。

計算用のソフトは下記の2つが有名です。

  • 名古屋式
  • 外山式

以下から入手できます。

名古屋消費者信用問題研究会は愛知県内の弁護士中心に設立され、「Q&A過払金返還請求の手引」「サラ金・消費者金融からお金を…

アドリテム司法書士法人

ソフトのダウンロード これはフリーソフトです。ダウンロードやご利用に際し事前にメールは不要です(事前にメールが……

ソフトの準備ができたらソフトのエクセル表へ日付、借入金額、返済金額を入力すると、過払い金の計算ができます。

過払い金を請求する

相手の業者へ過払い金を返せという内容の請求をします。

基本的に書面での請求でなければ受け付けないと言われるので、請求書を送付します。

請求書はインターネットで検索するとひな形がでてくるのでそちらを利用すればいいでしょう。

相手業者からの和解提案~和解成立

ここ数年は個人の方が過払い金を請求しても、貸金業者は請求された金額をそのまま支払うことはほとんどありません。

何割かの返還で納得してもらえないか?という提案をしてきます。提案金額は1割〜9割ぐらいと、業者ごとに大きく異なります。

金額に納得ができなければ、それ以上の交渉は裁判が必要になります。

金額に納得できるのなら和解成立となります。

和解成立後は、和解書を交わします。和解書の内容は大雑把に下記のような内容になります。

  • 和解金額
  • 返還日
  • 振込先口座
  • 支払いを怠った場合の遅延損害金
  • これで終了とし、後で文句は言わない(清算条項)

個人の人が請求した場合、和解書の作成は業者側で作成することが多いようです。

もしご自身で作成する場合には簡単なものでいいので、ネットからひな形を探すとでてきます。

和解書は2通作成し、お互いに1通ずつ持ち合うことになります。

請求書送付から和解提案が来るまでの期間は1週間~1か月ほどです

返金

和解後は返金予定日に返金されるのを待つだけです。

和解から返金までは和解内容により1か月~3か月ほどです

通常和解書を交わしたのに返金をしてこないことは考えられませんが、念のため振り込まれているかの確認はすべきでしょう。

過払い金請求手続きの流れと期間のまとめ

簡単に過払い金の流れと期間についてまとめましたが、特に期間と和解提案額については相手方の貸金業者次第で大きく異なってきます。

また、個人の人が過払い金を請求する方法についても書きましたが、過払い金請求に慣れている人はほとんどいないでしょうから、ある程度手間がかかることは覚悟してください。

最初は自分でやってみたけど、後でやっぱり専門家に依頼するということも、和解前であれば可能です。

しかし、その分回収までの期間は伸びてしまいますので、自信がないようであれば最初から専門家を使うことをおススメします。