スルガ銀行を任意整理するメリットとデメリット

スルガ銀行 任意整理スルガ銀行の支払いに困ったら、任意整理をして支払いを楽にすることができます。

銀行のカードローンには保証会社というものがついていて、スルガ銀行の保証会社はオリコ、スルガ・キャピタル、ダイレクトワン、エポスカードの4社のどれかが保証を行っています。

任意整理をする場合は保証会社との交渉になります。

今回はスルガ銀行を任意整理した場合の対応をまとめました。

スルガ銀行の任意整理への対応

スルガ銀行の借金は任意整理するとどうなりますか?

スルガ銀行は任意整理に応じてくれるよ。

任意整理後の利息は0%にしてくれて、元金だけを36~60回ぐらいの分割で返済していくことになるよ。

利息のカットにも応じてくれて、長期分割も組んでくれるんですね!

そうだね。

ちなみに銀行の借入の場合は保証会社との交渉になって、スルガ銀行の場合はオリコ、スルガ・キャピタル、ダイレクトワン、エポスカードのどこかとの交渉になるよ。

 

スルガ銀行の任意整理対応
・任意整理後の利息は0%になる
・36~60回ほどの分割払いも可能
・過払い金が発生している可能性はない

 

※銀行からの借入の場合は過払い金が発生することはありません。

任意整理について匿名で相談したいならこちらがオススメです。

東京ミネルヴァ法律事務所

スルガ銀行を任意整理するメリット

スルガ銀行の借金を任意整理して利息をなくしてもらうことで、どのぐらいの効果がでるものなんですか?

借金の金額や利息等にもよって異なるんだけど、毎月の返済額を少なくしながら完済までの期間も短くなったりする場合もあるよ。

毎月の返済額が減るのは非常に助かります・・・

利息だけで完済までには数十万円以上払うことが多いんだけど、任意整理して利息がなくなることでその数十万円を支払う必要もなくなるよ。

 

通常、利息14.9%で70万円を借りて、毎月15,000円を返済していくとすると、

・完済までに支払う利息=35万円以上
・完済までにかかる期間=6年

 

70万円の借金を任意整理して利息0%、60回の分割払いにすると、

・完済までに支払う利息=0円
・完済までにかかる期間=5年
・毎月の返済額=12,000円

 

借入内容にもよりますが、任意整理をすることで毎月の返済額を減らしながらも完済までの期間を短くして、完済までに支払う金額を大幅に減らすことができる可能性があります。

スルガ銀行を任意整理するデメリット

プロミス 過払い金請求

メリットは良くわかりました。

ただ任意整理にはデメリットもありますよね?

任意整理をするとブラックリストに載ることになるから、その間は借金をしたりカードを作るのは難しくなるよ。

やっぱりブラックリストに載るんですね・・・

後は銀行を任意整理する場合だけなんだけど、一定期間は口座が凍結されることにも注意が必要だね。

カードローン解約

任意整理をする会社の契約は解約になります。

よってスルガ銀行を任意整理するとスルガ銀行のカードローンは解約になります。

ブラックリストに載る

任意整理をすると信用情報機関に事故情報が載り、いわゆるブラックリストに載ることになります。

ブラックリストに載っている間はお金を借りたりローンを組んだり、クレジットカードを作ることは難しくなります。

ただしブラックリストの影響が残るのは5年間ですので、その後はブラックリストの影響はなくなりますし、クレジットカードを利用できない場合もデビットカードを利用することでネット上での買い物等は行うことができます。

口座凍結

銀行の借入を任意整理する場合は、一定期間銀行口座が凍結されます。

口座が凍結されている間は出金をすることはできず、預貯金と借入額とで相殺されることになります。

事前に口座からお金を抜いておくことでこのデメリットは回避することができます。

スルガ銀行の任意整理の流れ

スルガ銀行の任意整理を依頼すると依頼した後の手続きはどのような流れで進められていくんですか?

依頼した側にも何かすることってあるんですか?

まず任意整理の依頼を受けた専門家はスルガ銀行に対して受任通知という書類を送るんだ。

依頼者側としては受任通知を送付した後、スルガ銀行への返済は一時的に止めることになるんだけど、その間に積立金というものをする必要があるよ。

スルガ銀行への返済は止めて積立金をするんですね!積立金ってなんですか?

積立金というのは専門家の費用を分割で支払うためのものなんだけど、もう一つ意味があって任意整理後に毎月ちゃんと返済を続けていけるのか?を確認するという意味もあるんだ。

積立金が完了したらスルガ銀行の保証会社(オリコ、スルガ・キャピタル、ダイレクトワン、エポスカードのどれか)と利息のカットや分割払いの回数について交渉をして、交渉がまとまればその内容どおりに保証会社に対して返済をしていくという流れだね。

 

任意整理の流れ
・受任通知送付
・積立金
・引き直し計算
・分割回数等の交渉
・返済再開

受任通知送付

任意整理の依頼を受けた専門家はスルガ銀行に対して受任通知を送付します。

受任通知送付後、スルガ銀行への支払いは止めてその間に積立金を行います。

積立金

スルガ銀行への返済を止めている間、依頼者は専門家に対して積立金を行う必要があります。

積立金は専門家の費用の分割払いという意味がありますが、それ以外にも任意整理後に返済を続けていけるかを確認するという意味があります。

任意整理後は長期に渡って返済を続けていくことになるので、任意整理後に毎月の返済をきちんとしていけるかをテストして、積立金完了後に業者との交渉に入っていきます。

任意整理交渉

任意整理後の利息のカットと、分割回数の交渉を保証会社と行います。

銀行との取引では法律よりも高い利息での取引というのはありえないので、引き直し計算をして借金が減額されたり過払い金が発生することはありません。。

返済再開

任意整理の交渉が終わったら、交渉内容どおりに利息がなくなった元金だけを分割でスルガ銀行の保証会社に対して返済していくことになります。

スルガ銀行の任意整理まとめ

スルガ銀行の借入を任意整理をする場合は、スルガ銀行の保証会社であるオリコ、スルガ・キャピタル、ダイレクトワン、エポスカードと交渉をすることになります。

任意整理後の利息はカットしてくれますし、元金だけを60回ほどの分割で返済していくことが可能です。

ただし消費者金融やクレジットカード会社とは異なり、銀行からの借入では過払い金が発生することはありません。

任意整理について匿名で相談したいならこちらがオススメです。

東京ミネルヴァ法律事務所