シンキ(ノーローン)の任意整理【メリットとデメリット】

シンキ 任意整理シンキは以前ノーローンという商品を展開していた会社で、テレビCMも行っていました。

支払いが苦しくなってきたら、借金を債務整理して支払いを楽にすることができます。

しかし債務整理手続きの中でも任意整理への対応は会社ごとに異なりますので、今回はシンキの借金を任意整理したらどのような内容で交渉がまとまるのかをまとめました。

シンキの任意整理対応

シンキの任意整理への対応は中々厳しいと聞いたんですけど、どうなんですか?

そうだね。

取引が短いとか、最初から法律内の利息だったりすると任意整理後の利息のカットに応じてもらえなかったりするよ。

分割回数はどうなんですか?

これも取引期間が短かったりするとあまり長期の分割には応じてくれないんだ。

取引が短い等でなければ36回~60回分割になるね。

 

シンキの任意整理和解内容
・任意整理後の利息は0%
・分割回数は36~60回払い
・過払い金が発生する可能性あり

 

ただし、借り始めてからあまり間もないような場合は利息のカットに応じてもらえない場合があります。

債務整理について匿名で相談したいならこちらがオススメです。

東京ミネルヴァ法律事務所

シンキの借金を任意整理するメリット

シンキを任意整理するとどのぐらいのメリットがあるんですか?

借入額等にもよるけど、利息がカットできれば数十万円ぐらいの金銭的なメリットがでたりするね。

そんなにですか!

でも確かに毎月の返済の多くが利息の返済になっているから、利息がなくなるだけでそのぐらいのメリットがでそうですね。

そうだね。

後は何回分割になるかにもよるけど、完済までの期間が早くなったり毎月の返済額が減ることもあるよ。

 

利息18%で50万円を借りて、毎月15,000円返済をしていくと、

・完済までに必要な期間=4年弱
・完済までに支払う利息の総額=20万円弱

 

50万円の借金を任意整理して利息0%、36回分割とした場合。

・完済までに必要な期間=3年
・完済までに支払う利息の総額=0円
・毎月の返済額=14,000円

 

60回で分割を組んだ場合は、完済までに5年かかることになりますが、毎月の返済額は8,400円ほどになります。

シンキの借金を任意整理するデメリット

シンキ 任意整理

シンキを任意整理するデメリットは何がありますか?

まずはブラックリストに載ることだね。

最大で任意整理後に完済してから5年間はブラックリストに載ることになるよ。

5年間・・・結構長いですね。

まぁでも現金で生活して、ネット等での買い物はクレジットカードの代わりにデビットカードを使用することで影響を少なくすることはできるけどね。

解約

シンキの借金を任意整理すると、シンキとの契約は解約になるので当然ですがシンキから借金をすることはできなくなります。

ブラックリスト

任意整理をすると信用情報に事故情報として登録されて、いわゆるブラックリストに載ることになります。

お金を借りるとかローンを組む、クレジットカードを作る等の際は信用情報を見て審査されますので、信用情報に事故情報が載っている間は審査にとおるのは難しくなります。

信用情報に事故情報が残るのは、最大で任意整理後に完済してから5年間です。

 

なので任意整理後3年間で完済したなら、最大でそこから5年間なので計8年間は事故情報が残ります。

シンキでの借金の減額や過払い金

シンキでは借金が減ったり過払い金が発生していることもあるって聞いたんですけど?

シンキとの取引で過去に法律の制限を超える利息で取引をしていたなら、利息を見直して計算をすることで借金が減ったり過払い金が発生することがあるよ。

そうなんですね!

でも返済に追われていたので、利息までは覚えていないです・・・

シンキと2007年以降に新しく契約をした人は法律内の利息になっているから、逆に2007年よりも前からシンキと取引をしている人は法律の制限を超える利息になっている可能性が高いよ。

ただし、シンキは過払い金請求への対応があまり良くなくて、裁判をしないと過払い金の減額を求めてくるし、裁判をする場合もかなり争ってくるから時間がかかるんだ。

 

利息制限法の上限金利
・10万円未満の借入=20%
・10万円以上~100万円未満の借入=18%
・100万円以上の借入=15%

 

過去に法律の制限を超える利息で取引をしていた人は、利息を見直しての計算=引き直し計算をすると借金が減額されたり、借金がすべてなくなって過払い金が発生していることがあります。

シンキは2007年以降に新規で契約をした場合は法律内の利息になっているので、2007年よりも前から借りている人は借金が減額されたり、過払い金が発生している可能性があります。

ちなみに2007年以降に新規で契約をした人は法律内の利息になっていますが、2007年以前から取引をしている人の中には未だに法律の制限を超える利息での取引になっている人もいます。

引き直し計算の結果、借金が全てなくなって過払い金が発生している場合は任意整理ではなく、過払い金返還について交渉を行っていきます。

仮に40万円の借金がある場合に、
・引き直し計算の結果、借金が20万円まで減った場合⇒利息をカットして減額後の20万円の元金だけを分割で返済することになる。
・引き直し計算の結果、40万円の借金が全てなくなって過払い金が70万円発生してる場合⇒任意整理ではなく70万円の過払い金請求になる。

シンキへの任意整理の流れ

シンキの任意整理を依頼すると、どのような流れで手続きは進められていくんですか?

任意整理の依頼を受けた専門家はまずシンキに対して受任通知という書類を送付するんだ。

受任通知送付後はシンキへの返済は一旦ストップすることになるから、その間に引き直し計算や、任意整理の交渉を行っていくんだ。

返済はストップしてもいいんですね!

じゃあ依頼者側は何かすることはないんですか?

依頼者は専門家の費用の分割払いのため、専門家に対して毎月一定の金額を振り込む=積立金をする必要があるよ。

積立金には任意整理後3~5年の長期に渡って返済をしていくことになるから、毎月返済をしていけるかを確認するという意味も積立金にはあるんだ。

 

任意整理の流れ
・受任通知送付
・積立金
・引き直し計算
・分割回数等の交渉
・返済再開

受任通知送付

任意整理の依頼を受けた専門家はシンキに対して受任通知を送付します。

受任通知送付後はシンキへの支払いは止めても督促はきません。

シンキへの支払いを止めている間に依頼者は積立金を行います。

積立金

シンキへの返済を止めている間に依頼者は専門家に対して積立金を行う必要があります。

積立金は専門家の費用の分割払いと、任意整理後に毎月返済を続けていくことができるかを確認する意味があります。

引き直し計算~任意整理交渉

シンキから取引履歴が届いたら、過去の利息を確認して以前法律よりも高い利息で取引があったようであれば利息を見直して計算を行って、借金が減額されないか、過払い金が発生していないかを確認します。

引き直し計算の結果、借金が減るようであればその減額後の金額で利息のカットと分割回数の交渉を行います。

返済再開

任意整理の交渉が終わったら、交渉内容どおりに利息をカットしてもらい、元金だけを分割で返済していくことになります。

シンキの任意整理まとめ

シンキの借金を任意整理すると、取引が短い等でなければ任意整理後の利息は0%になり元金だけを36~60回で分割返済することになります。

また、シンキとの取引を2007年以前から行っている場合には、借金が減額になったり過払い金が発生している可能性もあります。

ただし、シンキは過払い金請求への対応はあまり良くありませんので、裁判をしないと減額を求めてきますし、裁判をする場合も回収までには時間がかかる会社です。

債務整理について匿名で相談したいならこちらがオススメです。

東京ミネルヴァ法律事務所