生活保護を受けている人の債務整理と過払い金請求

生活保護 債務整理生活保護を受けている人が債務整理するをする方法について書いていきますが、生活保護を受けている人の中には生活保護を受給する前から借金をしている人と、受給後に借金をしている人がいます。

どちらの場合でも生活保護を受けている人が借金を債務整理するには、生活保護を受けていない人と比べて注意すべき点が多くなります。

 

また、生活保護を受けている人が過払い金を取り戻した場合問題になることがあります。

生活保護費で借金を返済するデメリット

生活保護を受けている人が借金を返済していると問題があるって聞いたんですけど・・・

生活保護は収入がない人等が必要最低限の生活を送れるように支給されるものだから、生活保護費で借金の返済をするということは生活保護の制度趣旨からは外れてしまうんだ。

そのため生活保護費で借金を返済していると最悪の場合は生活保護を打ち切られる可能性があるよ。

そうなんですか!

ちなみに生活保護受給中に新しく借金をすると借りたお金が収入とみなされて、その分生活保護費から引かれることになるんだ。

デメリットしかないから生活保護受給中に借金をすることは絶対にしないほうがいいよ。

 

原則としては生活保護費から借金を返済することは、法律では禁止されてはいません。

しかし、生活保護費から借金を返済していると、最悪の場合生活保護費が打ち切りになる可能性があります。

 

生活保護は必要最低限の収入がなく、他に財産もないような場合に必要最低限の生活を送れるように支給されるものですから、生活保護費を借金の返済に回すというのは生活保護制度の趣旨に沿いません。

ケースワーカーは生活保護受給者に対して生活の維持、向上その他のために必要な指導をすることができ、その指導に従わなければ実施機関は生活保護の停止又は廃止の処分をすることができます。

 

生活保護受給中に借金を返済しているとケースワーカーから借金の返済はしないでください!という旨の指導が入ることがあり、ケースワーカーからの指導に従わなければ生活保護が打ち切りになる可能性があります。

生活保護受給中の借金

ちなみに生活保護受給中に借金(借入)をした場合、その借入は収入と認定されて借金をした分だけ生活保護費が削られます。

当然ですが生活保護費が削られても借金の返済義務はそのままです。

 

仮に10万円借りた場合は保護費から10万円引かれた上で、10万円の借金の返済義務は残ります。

また、借金をしたことをケースワーカーに秘密にしていても不正受給になり生活保護が停止や打ち切られる可能性がありますし、生活保護を受けていることを貸金業者に隠してお金を借りたりすると詐欺に該当することもあります。

 

一部の医療費や学費等では福祉事務所の承認があれば借金が認められる場合はあります。

まとめ

生活保護中の借金
・収入認定されて生活保護費が減額される。
・借金は残るので返済義務も残る
・生活保護が停止や打ち切りになる可能性がある

 

生活保護中の借金返済
・生活保護が停止や打ち切りになる可能性がある

生活保護中の債務整理

生活保護 債務整理

生活保護受給中の人は借金の返済をすると生活保護が停止されたり打ち切りになる可能性があるってことなんですけど、じゃあ残っている借金はどうすればいいんですか?

自己破産をすることだね。

生活保護費を返済にあてられない以上は借金の返済義務が残る任意整理と個人再生はできないから、借金の支払い義務がなくなる自己破産をすべきだよ。

自己破産ですね・・・

ちなみに生活保護受給者は法テラスを通して自己破産を行えば、自己破産の費用をかけずに自己破産をすることができるよ!

 

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産があります。

任意整理は先々の利息をカットしてもらい元金のみを分割で支払う手続きで、個人再生は借金を減額してもらい分割で返済していく手続きですが、自己破産は借金を帳消しにしてもらう手続きです。

生活保護費は返済に回せないことから、原則任意整理や個人再生はできず基本的には自己破産を選択することになります。

生活保護中の自己破産

生活保護受給中の人が自己破産をする場合も、自己破産に必要な費用は発生します。

しかし、生活保護受給中の人の場合は法テラスを通して自己破産を行えば弁護士等の報酬と裁判所にかかる予納金を立て替えてもらえて、更に自己破産の手続きが終了した時にも生活保護受給中の状態であれば立替金の返還も免除されることになります。

【法テラスで立て替えた弁護士・司法書士費用等について】
援助継続中に生活保護を受給している場合:原則として、援助終結まで立替費用の返済を猶予します。
事件の相手方等から経済的利益を得た場合:原則として、報酬金と立替金は受領した金銭等から精算していただきます。
相手方等から利益を得られず援助終結後も生活保護を受給している場合:立替費用の返済を免除することができます。

費用を立て替えてもらいたい|法テラスより引用

 

簡単に言うと生活保護受給中の方は自己破産の費用は法テラスに立て替えてもらえますが、さらにその立替金の返還も免除されて返還をする必要がありませんので、費用をかけず自己破産をすることができます。

生活保護費での借金の返済が事実上できず自己破産については費用もかからないことから自己破産が原則となり、生活保護受給中の人の任意整理や個人再生の依頼を受ける弁護士や司法書士はあまりいないでしょう。

 

また、自己破産をしたからといって生活保護が打ち切りになることはありません。

まとめ

生活保護中の債務整理
・基本的に任意整理と個人再生はできないので自己破産となる
・自己破産の費用は必要なし

借金がある状態での生活保護申請

借金があると生活保護を受けられない・・・と勘違いしている人もいますが借金があっても生活保護を受けることは当然できます。

むしろ収入がなくて借金が返済できないような人ほど生活保護を受給すべきです。

ただし、生活保護の申請時に借金あるかないか確認されますので、借金がある場合はよほど低額の借金でなければ自己破産をしてくださいと指導される可能性が高いです。

その場合も生活保護の申請後に自己破産をすれば問題ないので、自己破産してからじゃないと生活保護を申請できないということではありません。

生活保護を受けている人の過払い金請求

借金の返済がダメなことはわかりましたけど、

ちなみに生活保護を受けている人が過払い金を請求することは問題ありますか?

生活保護受給中の人が過払い金を回収した場合はそのことをケースワーカーに報告する必要があるよ。

報告しない場合は不正受給となることもあるから注意が必要だよ。

報告するとどうなるんですか・・・

取り戻した過払い金は所得とみなされるから、その分生活保護費を削減されるか一定期間受給が停止されることがあるよ。

 

生活保護を受けている人の中にも生活保護を受ける前の借金や、生活保護受給中に隠れて借金をしていて過払い金が発生している人は当然いらっしゃいます。

しかし生活保護を受けている人が過払い金を取り戻すのには注意点があります。

 

まずは過払い金を取り戻したことをケースワーカーに報告する必要があります。

過払い金を取り戻した場合、その過払い金は所得とみなされます。

 

所得とみなされるとその分を生活保護費とで調整され、生活保護費の削減又は受給を停止されます。

仮に生活保護費が毎月15万円の人で、過払い金が45万円返ってきたなら、45万円÷15万円=3か月間生活保護の受給を停止されます。

 

過払い金を回収したことをケースワーカーに申告しない場合は不正受給に該当し、過去の受給分も返還するよう請求される可能性があります。

生活保護と債務整理のまとめ

生活保護申請時に借金があれば自己破産を指導され、生活保護受給後に借金をした場合はその分の受給額は削られ、さらに指導に従わなければ受給を打ち切られる可能性もあります。

生活保護を受けている人が借金をしてもデメリットしかなく、既に借金がある人は自己破産をすべきということになります。

また、生活保護中に過払い金を回収した場合はその旨をケースワーカーに申告する必要があり、基本的には回収した過払い金の分の生活保護費は減額されます。

過払い金を回収したことを申告しなければ不正受給の扱いになります。

債務整理について匿名で相談したいならこちらがオススメです。

東京ミネルヴァ法律事務所