クレディセゾンの借金の任意整理(債務整理)セゾンカードの任意整理

  • クレディセゾンを任意整理すると返済は楽になる?
  • 任意整理のデメリットを知りたい
  • 任意整理を依頼した後は依頼者は何をするの?

セゾンカード等を発行しているクレディセゾン、みずほ銀行のキャッシュカードにクレディセゾンのクレジットカードが一体になっているカード等もあります。

借金の返済が難しくなったら、任意整理をして利息を0%にして元金だけを分割で返済していくことができます。

キャッシングだけではなくショッピングのリボ払いについても任意整理をすることができます。

ただし任意整理への対応は相手方の貸金業者ごとに異なるものなので、今回はクレディセゾンを任意整理すると返済はどのぐらい楽になるのか?と任意整理のデメリットをまとめました。

クレディセゾンとの任意整理の和解内容

クレディセゾンの借金を任意整理するとどうなりますか

クレディセゾンは借りてからすぐに任意整理する等でなければ、ほぼ問題なく任意整理に応じてくれます。

任意整理後は利息を0%にしてもらえ、60回以上の分割払いにも応じてもらえるので毎月の返済が少なくなる可能性が高いです。

ショッピングリボもキャッシングと同じように任意整理することができます。

また、キャッシングを長年してきた人には過払い金が発生している可能性もあります。


  • 任意整理後の利息は0%になる
  • 60回以上の分割払いも可能
  • 過払い金が発生している可能性もあり

※ショッピングのリボ払い分についても任意整理をすることができますが、ショッピングのリボ払いについては過払い金が発生することはありません。

※参考:法テラス:債務の整理をしたいと考えています。どのような方法がありますか?

クレディセゾンを任意整理するメリット

任意整理をすることでどのぐらいのメリットが発生しますか

借入額や返済額にもよりますが、完済までには利息だけで数十万円支払うことが多いのですが、任意整理をするとこの利息は0%になります。

そのため、利息がなくなることで完済までに支払う総額もかなり減り、長期分割を組めるので多くの場合毎月の返済額を抑えることができます。

利息がなくなることで返済すればそのまま借金の元金が減っていくので、いつ借金を完済できるのかも明確になります。


任意整理をすると利息をなくしてもらえるので、元金だけを分割で返済することになります。

任意整理をしない場合

仮に50万円を利息18%で借りて毎月14,000円を返済していくとなると、完済までに4年4ヶ月かかり、利息だけで22万円以上も支払うことになります。

任意整理をしない場合

完済までにかかる期間4年4ヶ月
完済までに支払う利息の総額22万円以上
毎月の返済14,000円

返済を続けて借金が減っていくと毎月の最低返済額も少なくなります。

毎月の返済額が少なくなれば、さらに完済までの期間は長くなりますし支払う利息の総額も増えていきます。

任意整理をした場合

50万円の借金を利息を0%、48回分割で任意整理すると

任意整理をすると

完済までにかかる期間4年
完済までに支払う利息の総額0円
毎月の返済約10,000円

 

任意整理しない場合任意整理をすると

完済までにかかる期間

4年4ヶ月

4年
完済までに支払う利息の総額22万円以上0円
毎月の返済14,000円約10,000円

60回の分割払いにすると完済までの期間は5年と長くなりますが、毎月の返済額は8,400円ほどになります。

借入額等の取引内容によりますが多くの場合、任意整理をすることで毎月の返済額も減り、完済までの期間が短くなり、完済までに支払う総額も少なくすることができます。

任意整理のメリット

クレディセゾンを任意整理するデメリット

任意整理のデメリットを教えてください

クレディセゾンのカードは解約になり、ブラックリストに登録されることになります。

ブラックリストに登録されると任意整理をしていないクレジットカードも利用できなくなる可能性が高いです。

その他、セゾンが保証している銀行からの借入があると銀行口座が凍結される、高額な商品をリボ払いで返済中の場合、任意整理をすると商品が引き上げられてしまう可能性がある点にも注意が必要です。


セゾンカードは解約になる

任意整理する業者のカードは解約になるので、クレディセゾンを任意整理するとセゾンカードが解約になります。

クレディセゾン発行のカードを何枚か持っている場合は全てのカードが解約になるので注意が必要です。

セゾンカードが解約になると永久不滅ポイントは使用できなくなるので、ポイントが貯まっている場合は事前に使用しておいたほうがいいでしょう。

ブラックリストに載る

任整整理をすると信用情報に事故情報が載るので、俗にいうブラックリストに一定期間登録される状態になります。

※参考:CIC【信用情報とは】

ブラックリストに載っている間はお金を借りたりローンを組んだり、クレジットカードを作ったりする際の審査にとおるのは難しくなります。

また、任意整理の対象にしなかったクレジットカードもブラックリストの影響を受けて、カードが利用停止になる可能性があります。

借金をしたりローンを組んだりせず、クレジットカードではなく、現金やデビットカードを使用するようにすれば、ブラックリストに載ることはデメリットにはなりません。

 ショッピング利用中の注意点

ショッピングのリボ払いを利用している場合は、ショッピングリボも任意整理の対象になります。

その際にリボで分割払い中の商品がクレディセゾンに引き上げられてしまう可能性があります。

実際に引き上げられる可能性は低いものですが、比較的高額な商品で引き上げ後に売却をして換価できるような商品だと引き上げられてしまう可能性があります。

銀行の保証会社

銀行のカードローン等には保証会社というものがつきますが、銀行によってはクレディセゾンが保証を行っているものがあります。

クレディセゾンが保証をしている銀行からの借入がある状態でクレディセゾンを任意整理すると、保証が実行されて銀行の借入額をクレディセゾンが支払いをするので、銀行の借入額とクレディセゾンの借入額の合計額を任意整理することになります。

保証が実行される際に、銀行口座が凍結されて銀行の借金と預貯金とで相殺されることになります。

セゾンが保証している銀行からの借入がある場合は、必ず銀行の借入も任意整理の対象になり、その際に銀行口座が凍結されます。

セゾンを任意整理するデメリット

任意整理は家族や会社に秘密のまま手続きできる

任意整理は、家族や会社に秘密で手続きがしやすい手続きです。

自己破産や個人再生だと、家族や会社の協力が必要な書類の提出を裁判所から求められます。

しかし、任意整理では特に必要な書類はありませんし。

また、任意整理後にクレディセゾンから本人に対して連絡が来ることや郵送物が届くこともありません。

ただし、ブラックリストに登録されてクレジットカードが解約になったり、ローンが組めなかったりした際に不審に思われてしまう可能性はあります。

そのため、生活費等をクレジットカードで支払っている人は注意が必要です。

自己破産や個人再生と比べて家族や会社に借金をしていることや、任意整理をしていることがバレる可能性は低いです。

任意整理をせずに借金の支払いを滞納していると、セゾンから督促が来たり裁判を起こされたりして家族に知られてしまうこともありますし、裁判で判決を取られた後は給与差し押さえをされれば会社に借金を滞納していることを知られてしまうので、返済が遅れがちな人は任意整理をしない方が家族や会社に知られてしまう危険性は高いとも言えます。

クレディセゾンでの借金の減額や過払い金の条件

クレディセゾンでは借金が減額されたり過払い金が発生することはありますか

過去に違法な利息で取引をしていたのであれば借金が減額されたり、借金が全部なくなって更に過払い金が発生していることがあります。

10万円~100万円未満のキャッシングでは18%までの利息しか認められないので、それを超える利息で取引をしていた場合は借金が減額されたり過払い金が発生します。

利息がわからない場合は2007年の7月よりも前からクレディセゾンでキャッシングをしていたのであれば、過払い金がでる利息になっていることが多いです。


利息制限法の金利の上限
10万円未満の借入20%
10万円以上~100万円未満の借入18%
100万円以上の借入15%

過去に上記の法律の制限を超える利息で取引をしていた場合は、法律内の利息に見直して計算をする=引き直し計算をすることで、借金が減額されたり借金そのものがすべてなくなり過払い金が発生することがあります。

クレディセゾンは2007年の7月までは法律の制限を超える利息で貸し付けをしていたので、2007年7月よりも前からセゾンと取引をしていたなら借金が減額されたり、過払い金が発生している可能性があります。

引き直し計算の結果、借金が全てなくなって過払い金が発生している場合は任意整理ではなく、過払い金返還について交渉を行っていきます。

※過払い金が発生している場合は、ブラックリストに登録されることもありません。

参考:高利を支払っていた場合には、取り戻すことができるのですか?|法テラス

  • 引き直し計算の結果、70万円の借金が50万円まで減った場合⇒減額後の50万円を任意整理して、利息をカットして元金だけを分割で返済することになる。
  • 引き直し計算の結果、70万円の借金が全てなくなって過払い金が20万円発生してる場合⇒任意整理ではなく20万円の過払い金請求になる。

返済中でも引き直し計算をすると過払い金発生する

クレディセゾンの任意整理の流れ

任意整理の手続きはどのように進んでいくんですか

まずは弁護士、司法書士との面談で詳しい話しを聞いて、依頼をするかを決めることになります。

任意整理の依頼を受けると弁護士や司法書士は受任通知というものをクレディセゾンへ送って、その後任意整理の交渉を進めていきます。

依頼してから任意整理が完了するまでは3か月~6か月ぐらいです。


  1. 面談
  2. 受任通知送付
  3. 積立金
  4. 借金の減額や過払い金がありそうなら=引き直し計算
  5. 利息カットや分割回数の交渉
  6. 返済の再開

面談

任意整理を依頼するには、まずは弁護士や司法書士との面談が必要になります。

面談では借金の金額や、返済状況、収入や支出を確認して、任意整理で解決できそうかどうかを判断していきます。

また、詳しい費用や手続きの流れ、デメリット等の説明もあります。

受任通知送付

受任通知送付後はクレディセゾンへの返済を止めて、弁護士や司法書士に対して積立金を行います。

クレディセゾンへの返済を止めてしまっても、セゾンから督促が来ることはありません。

引き直し計算

過去に法律の制限を超える利息での取引があった場合は引き直し計算をすることで借金が減ったり、借金が全てなくなり過払い金が発生することもあります。

借金が減る場合は利息をなくして、減った金額を分割で返済していくことになります。

任意整理の交渉

利息のカットや分割回数について交渉を行い、交渉がまとまったらその内容どおりに返済を行っていきます。

・任意整理にかかる期間は3か月~6か月ほどです。

任意整理依頼後に依頼者が行うこと

任意整理を依頼した後は依頼者側は何かすることはありますか

任意整理を依頼した後は依頼者はクレディセゾンへの返済を止めて、その間に弁護士や司法書士に対して積立金をする必要があります。

積立金は毎月一定額を振り込んで行いますが、積立金には任意整理後にきちんと返済を続けていけるかの確認と、弁護士や司法書士の費用の分割払いの意味があります。

任意整理の交渉がまとまったらクレディセゾンに対して任意整理の内容どおりの返済をしていくことになります。


専門家と面談をして任意整理を依頼した後は、以下の流れで手続きは進んでいきます。

  • クレディセゾンへの返済を止める
  • 積立金をする
  • 任意整理の和解成立後は和解内容どおりにクレディセゾンへ返済していく

クレディセゾンへの返済のSTOP

任意整理を依頼した後はクレディセゾンへの返済を止める必要があります。

返済を止めてもクレディセゾンから督促がきたりすることはありません。

クレディセゾンと任意整理の交渉をするにあたって金額を確定させてから交渉をする必要がありますが、返済を続けていると金額が確定しないため返済を止める必要があります。

積立金をする

クレディセゾンへの返済を止めている間に、弁護士や司法書士に対して積立金を行います。

積立金は最終的には弁護士や司法書士の費用になりますが、任意整理後に毎月きちんとクレディセゾンへ返済をしていくことができるのかを確かめるために必要になります。

積立金ができなかった場合は、任意整理をしても返済をして行くことができないということになるので任意整理をすることはできなくなります。

任意整理ができない場合は自己破産や個人再生を検討する必要があります。

和解成立後

弁護士や司法書士とクレディセゾンとの交渉がまとまった後は、その内容どおりにクレディセゾンに対して返済をしていくことになります。

任意整理依頼後に依頼者が行うこと

クレディセゾンの任意整理まとめ

クレディセゾンでキャッシングをしている人はもちろん、ショッピングリボも任意整理をすることができます。

クレディセゾンを任意整理すると、任意整理後の利息は0%になり、60回以上の分割で支払っていくことができるので、完済までに支払う総額が大きく減り、毎月の返済も少なくなり、完済までの期間が早まる可能性があります。

また、2007年よりも以前からセゾンでキャッシングをしている場合は借金が減額されたり、過払い金が発生している可能性もあります。

ただし、任意整理をするとブラックリストに載ったり、セゾンカードが解約になるというデメリットもあるので、この点は注意が必要です。