相続した借金の債務整理まとめ【借金を残したまま死亡した場合】

家族が借金を残したまま亡くなってしまった場合、家や車等の財産と一緒に借金も相続されることになります。

相続した借金を債務整理を行うことは可能です。

しかし、既に過払い金が発生している場合もありますし相続放棄を検討すべき場合もあります。

借金を相続した場合、どうすればいいのか?まずは何から始めればいいのか?まとめました。

誰が相続人になるのか

借金を残したまま家族が亡くなってしまった場合は家族が借金を支払うことになるんですか?

 

借金も相続人に相続されるから、相続放棄をしないのなら相続人が返済する必要があるよ。

 

そうなんですね・・・

相続人はどういうふうに決まるんですか?

 

夫や妻(配偶者)は必ず相続人になるよ。

その他配偶者と一緒に子供か孫がいれば子供か孫が、子供か孫がいない場合は親か祖父母が、親か祖父母がいない場合は兄弟が相続人になるよ。

 

 

状況により相続人は異なります。

1.配偶者(夫又は妻)と子供、子供が亡くなっていれば孫等
子供等がいなければ

2.配偶者と亡くなった人の父母、父母が亡くなっていれば祖父母等
父母や祖父母等がいなければ

3.配偶者と兄弟姉妹、兄弟姉妹が亡くなっていればその子供

 

1.の子供等がいなければ2.の父母又は祖父母が相続人に、2.の祖父母等がいなければ3.の兄弟姉妹が相続人になるという順番で相続人になります。

配偶者がいる場合、配偶者は必ず相続人になります

相続人ごとで相続される割合も異なります。

1.配偶者1/2、子供等1/2
2.配偶者2/3、父母等1/3
3.配偶者3/4、兄弟姉妹等1/4

 

仮に夫が1000万円の遺産を残し亡くなった場合で妻と2人の子供がいる場合。

妻=1/2の500万円

子供=1/2の500万円を2人で分割するので、250万円ずつ分けることになります。

財産調査

借金を残して亡くなった場合は相続放棄をすれば借金を返済する必要はなくなるんですか?

 

その通り!

ただし相続放棄をすると相続人が残した財産も相続することができなくなるから、借金等のマイナスの財産のほかに預貯金や不動産のようなプラスの財産もどのぐらいあるのかをきちんと調査してから相続放棄をするかを検討するべきだよ。

 

プラスの財産とマイナスの財産を調査してから検討ですね!

 

ちなみに借金がある場合も長期間返済していたのであれば過払い金が発生している可能性があるからね。

 


家族が亡くなり相続が発生した場合、まずは相続財産がどのぐらいあるかを調査します。

預貯金や不動産、自動車等のプラスの財産は当然のこと、借金等のマイナスの財産もすべて調査する必要があります。

 

ちなみに借金だけを放棄して財産だけを相続するということはできません。

調査の結果マイナスの財産のほうが多い場合には相続放棄等を検討しますが、自宅等があり相続放棄できなくて、かつ支払が難しい場合に債務整理を検討します。

 

しかし、長年返済を行ってきたのであれば借金というマイナスの財産だと思っていたものが、過払い金というプラスの財産になっている可能性があります。

相続全般まとめ

相続が発生した場合には相続財産がどのぐらいあるのか調査が必要になりますが、何をどのようにして調べるのか?何から手を付けれ…

過払いになっていないか確認

過払い金が発生しているかの確認ってどう調べればいいんですか?

 

利息が法律の制限を超えていたかどうかだけど、消費者金融とかカード会社からの借入で10年以上返済していたのであれば過払い金が発生している可能性があるよ。

 

そうなんですね、ただ家族に内緒で返済していたみたいでどこから借りていたのか、何年ぐらい取引していたのかよくわからない場合はどうすればいいんですか?

 

会社名もわからない場合はなんとか明細やカードを探してみるか、信用情報を取り寄せてみることだね。

借りていた会社名がわかれば、後はその会社から取引履歴というものを取り寄せることができるんだ。

取引履歴には過去の取引が全て載っているから過払い金が発生しているか確認することができるよ。

 


以下の場合は過払い金が発生している可能性があります。

・利息20%以上で返済していた。
利息が不明な場合は以下の2つともに該当しているか
・消費者金融やカード会社からの借入
・10年以上前から借りていた

 

上記に当てはまる場合や、詳細が全く不明なのであれば、まずは貸金業者から直接「取引履歴」を取り寄せましょう。

取引履歴には過去の取引が記載されているので、過払い金が発生しているか確認することができます。
関連記事

過バライ金ってよく聞くけど、どんな取引をしていると過バライ金は発生するのか?借金をしていても、すべての人に過バライ金が発生する訳ではありません。過バライ金が発生する仕組みと、過バライ金請求の対象になる取引、対象にならない取引[…]

過バライ金とは 対象

借りていた会社名がわからない場合

どこからか借りていたはずだけど、どこの会社から借りていたのか不明な場合、通常は1,2か月も返済しないで放置していれば督促等が届くはずなのでそこで借入先は判明します。

しかし、長年返済せずに放置している場合等は頻繁に督促が届かないことがあります。

 

連絡がないと言っても借金を放置していればいつ裁判を起こされてもおかしくありませんし、単純承認をした後では手遅れになってしまいます。

関連記事

借金の返済をしていないけど業者からの連絡もこないので何年もそのままにしていた借金の督促が突然届くことがあります。借りていた会社からだけではなく債権回収会社からの督促だったり、直接自宅に来るような業者もいます。このような場合に[…]

借金 時効

相続すべきか放棄すべきかを判断するため、放置している借金も調査しなければいけません。

自宅に契約書や明細がないか、そういった資料がない場合は、「信用情報機関」から信用情報を取り寄せます。

 

信用情報にはどこの会社から借りているか等が記載されています。

・JICC(主に消費者金融)
・CIC(主に信販会社)
・KSC(主に銀行)

 

借りている会社が判明して過払い金が発生している可能性があれば取引履歴を取り寄せます。

引き直し計算

過払い金が発生している可能性がある場合は、取引履歴をもとに正しい利息になおして過払い金の金額を算出する、「引き直し計算」を行います。

関連記事

過バライ金請求をする前にまずは金額だけ知りたいという場合、・電話やWEB上での簡易的な診断・引き直し計算 という方法がありますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。特に引き直し計算は自分で行うと[…]

過バライ金 計算方法

過払い金が発生している場合、相続人から過払い金請求を行うことが可能です。

関連記事

家族が過払い金を請求することなく亡くなった場合や、借金を残して家族が亡くなってしまった場合でも、何年も長期に渡ってコツコツと返済を続けていたのであれば過払い金が発生している可能性があります。過払い金が発生しているのであれば、それはすでに[…]

過払い 相続

借金が残る場合は、相続して借金を返済していくか相続放棄を検討します。

相続放棄

相続 債務整理

亡くなった人に借金があっても、相続放棄をすれば最初から相続人ではなかったものとして扱われますので、当然借金を支払う必要がなくなります。

しかし、相続放棄をするとプラスの財産(預貯金、不動産、自動車、株、信託財産)も放棄することになります。

 

仮に相続財産に自宅がある状態で相続放棄をすると自宅は売却され、借金の返済に回されます。

借金だけを放棄して、財産だけを相続するということはできません。

 

※相続放棄の注意点として、相続人が相続が発生したことを知ってから3か月以内にしなければならないという条件があります

財産調査をしてプラスの財産がなく借金だけという場合には相続放棄をすべきですが、自宅等があり引き続き住み続けたいので相続放棄はできないという場合に、借金の支払いが難しいなら債務整理をすることができます。

相続全般まとめ

借金も相続の対象になります。借金を相続することになりそうな場合は相続放棄をすることで借金を免れることができます。しかし相…

相続人の債務整理

過払い金が発生していない借金があるけど、他の財産もあるから相続放棄もできない場合は何か手続きはないんですか?

 

相続した借金を債務整理することはできるよ。

 

債務整理ですか?

 

そう。

ただし共同相続人がいる場合は遺産分割協議をしても借金を誰が返済するか等の取り決めはできないから、相続分に応じて借金の支払い義務を負うことになる点は注意が必要だよ。

 


相続人が債務整理する際の注意点として、法定相続人が何人かいる場合は共同相続人全員が法定相続分に応じて借金を相続します。

夫が100万円の借金を残し亡くなった場合で妻と2人の子供がいる場合。
妻=1/2の50万円
子供=1/2の50万円を2人で分割するので、25万円ずつの借金となります。

 

上記の場合に妻がすべての借金を負う旨の遺産分割協議をしても、債権者側はその遺産分割協議に拘束されませんので法定相続分どおりに請求することができます。

しかし法定相続分に応じた借金しか相続しませんので、共同相続人の中に支払わない人が居てもその分が他の相続人に上乗せされることはなく、法定相続分以上の支払をする必要もありません。

※100万円の借金の1/4の法定相続人は、25万円以上の支払いの義務を負いません。

共同相続人の一人が相続放棄をしている場合は、最初から相続人ではなかった事になりますので相続放棄をした人は借金を負いません。

必要書類

相続人から債務整理を行う場合に必要になる書類として、

・亡くなった人の生まれてから死亡するまでのすべての戸籍謄本
・相続人全員の現在の戸籍

 

債務整理には自己破産、個人再生、任意整理がありますのでそれぞれ書いていきます。

任意整理

任意整理を行うと利息は支払う必要がなくなり、元金だけを分割で返済することになります。

また、任意整理では財産を処分する必要もありません。

相続人が債務整理をするのは、ほとんどの場合財産があることが前提ですので財産を処分することなく、返済の負担を軽くすることができる任意整理を選択することが多いです。

関連記事

任意整理は自己破産や個人再生と同じ債務整理の一つですが、債務整理手続きの中で一番融通が利く手続きです。他の債務整理に比べ費用も安く済み、手続きも簡単なので債務整理の中では利用されている方が多い手続きです。「債務整理」と聞いて[…]

任意整理 債務整理

自己破産

相続人からの債務整理の場合は、自己破産を行うことはほとんどないでしょう。

自己破産をすると借金を支払う必要がなくなる一方で、相続放棄と同様に自宅等の財産は売却しなければなりません。

 

また、亡くなった人が税金を滞納していた場合自己破産では税金は免責されませんが、相続放棄なら税金を支払う必要もなくなるので自己破産よりも相続放棄の方が有利です。

相続放棄期間を経過してしまった等の特殊な事情がないのなら、自己破産より相続放棄を選択すべきです。

関連記事

自己破産については間違ったマイナスなイメージを持っている人が大勢いらっしゃいます。確かに気軽に利用するような手続きではありませんが、現在支払いに追われ苦しい思いをされているのでしたら、まずは正しい情報を知った上で一度検討してみるべき[…]

自己破産 デメリット

個人再生

相続人からの債務整理の場合、個人再生もあまり利用されません。

個人再生では減額した借金よりも財産の価値の方が上回る場合は、財産額を基準にして返済額が決められますので財産を持っている人の場合はメリットがでない場合が多いからです。
関連記事

債務整理と聞くと、任意整理と自己破産を思い浮かべる人が多いと思いますが、債務整理の中には個人再生という手続きもあります。個人再生には他の手続きにはない特徴があり、任意整理では支払っていくのが難しく、事情により自己破産はできないという場合[…]

個人再生 デメリット

相続人からの債務整理まとめ

相続が発生した場合、まずは財産調査をして正確な財産額と借金額を算出することです。

借金の方が多い場合は相続放棄を検討しますが自宅等の財産があるので相続放棄ができず、かつ支払いが厳しそうな場合は債務整理も検討するという流れになります。

また、相続放棄ができる期間には制限がありますので注意が必要です。

財産調査が非常に重要になります。調査が難しい財産も多いので、難しい場合は専門家に任せることをおススメします。

 

債務整理について相談したいならこちらがオススメです。