債務整理を相談する事務所の選び方【費用比較方法】

借金の返済に追われて生活が厳しくなってきた・・・そのような場合は債務整理をすることで生活が楽になることがあります。

債務整理をするにあたって、まずは弁護士や司法書士の専門家へ相談することになりますが、

ほとんどの人にとっては、専門家へ相談する機会なんて何度もあることではないでしょうから、電話するのもやっとの思いでされている人も多いようです。

しかしこの業界、弁護士や司法書士と言っても当たり外れがあったりします。

なるべく良い事務所を選ぶための参考にしてください。

債務整理を相談する事務所選びで失敗すると

ネット上では評判の悪い事務所もあるみたいなんだけど、弁護士や司法書士なのにそんなことって実際にあるんですか?

 

弁護士や司法書士と言ってもいろんな事務所があるからね。

一度依頼した事務所の対応に不満があって、別の事務所に乗り換える人もいるから、対応に問題のある事務所も存在するみたいだよ。

 

そうなんですね・・・

 

よく聞くのは費用が高いとか、偉そうな態度で話を聞いてもらえなかったとか、手続きが遅かったとかだね。

 


一度は依頼をしたけど、その事務所の対応が悪くて信用ができなくなった・・・という理由で別の事務所へ乗り換えたいという相談を受けることがあります。

乗り換える際に、以前の事務所で不満だった事でよく挙げられる事例を書いていきます。

希望を全く聞いてもらえず勝手に方針を決められる

前提として、明らかに支払い不能な状態で任意整理では借金の解決ができないような場合は任意整理はできません。

任意整理には限界がありますので、そういった場合自己破産しか方法がないと言われてしまうでしょう。

必ずしも本人の希望どおりの債務整理手続きが行える訳ではないです。収入と返済のバランス等の客観的な判断が必要になります。

しかしその方針が事務所の都合で決定されている場合もあるようです。

例えば司法書士に自己破産したいと言っても任意整理を進められる場合があります。

司法書士は個人再生や自己破産手続きでは代理権がなく、書類作成の業務しかできないため、簡単に処理できる任意整理に誘導している事務所があるようです。

しかし無理に任意整理を行っても、後々体を壊したり、仕事の都合で収入が減った等で任意整理では支払っていくことができなくなり、結局自己破産することになる可能性もあります。

逆に少し多めの分割回数で組めれば難なく任意整理で解決できそうな人が弁護士に任意整理をしたいと言っても、あなたの場合は自己破産しかないの一辺倒で相談にならない場合もあるようです。

手続きにかかる期間が長い、放置される

通常は任意整理なら半年ほどで任意整理の交渉は終わりますが、手続きが放置されていたのか任意整理の交渉が終わるまでに1年6ヶ月も時間がかかったという人もいます。

連絡がとれない

進捗状況の連絡がないので電話をしても担当が不在で答えられず、折り返しの連絡もないということもあります。

デメリットについての説明がない

債務整理をするとブラックリストに載る等のデメリットがありますが、そういった説明を一切せずに依頼を受ける事務所もあるようです。

ブラックリストに登録されると、お金を借りたりローンを組んだり、クレジットカードを持つことは難しくなります。

費用が高い

どこの事務所も費用は同じぐらいだと思っている方は多いようですが、実は費用は事務所ごとに異なります。

れでも債務整理という性質上、あまりに高く設定する事務所はないだろうと思ってしまう人もいるようですが、中には相場の倍ぐらいの費用をとる事務所も存在します。

債務整理を相談する事務所の比較方法、費用(手数料)で選ぶ

評判の悪い事務所があることはわかったんですけど、逆に良い事務所を選ぶ方法ってあるんですか?

 

確実に見分けるのは難しいけど、評判が悪い事務所は費用が高めに設定されていることがほとんどだから、費用が高い事務所は避けるようにしたほうがいいだろうね。

 

費用が高いほうがちゃんとした仕事をしてくれそうなんですけどね・・・

 

そう思うかもしれないけど、悪い評判を聞く事務所は費用が高いところが多いんだ。

ちなみにホームページ上で費用を公開していない事務所もあるけど、費用を公開していない所は費用が高い可能性が高いよ。

 


どうすれば良い事務所を選ぶことができるのか?残念ながら確実な方法はありませんが、費用が高い事務所は避けたほうが良いでしょう

弁護士、司法書士は債務整理の手数料をある程度自由に設定できますので、事務所ごと手数料は異なります。

費用が高いほうがきっちり仕事をしてくれると思う人もいるようですが、評判の悪い事務所は費用が高いところがほとんどです。

借金の返済が厳しいから債務整理の相談をしているのに、高額な報酬をとられてしまっては元も子もありません。

任意整理の費用

任意整理の費用はどのぐらいなんですか?

 

任意整理をする会社数に応じて1社いくらという費用がほとんどなんだけど、1社5万円以下なら高くはないと思うよ。

 

1社5万円以下ですね。

 

ただし安く見えても、着手金とか解決報酬等で色々取られて、なんだかんだで高くなることもあるみたいだから、そこは注意が必要だよ。

 


任意整理を行う業者1社につき、5万円以下であれば高くはない事務所と言えます

注意していただきたいのが、5万円というのは着手金や解決金、報酬、実費すべてあわせての金額ということです。

着手金3万円、解決報酬5万円で合計8万円かかるような事務所も存在します。

その他にも減額報酬や実費等、色々な名目で費用がかかる場合もあります。

個人再生の費用

個人再生の費用はいくらぐらいなんですか?

 

個人再生は司法書士は書類作成だけで、弁護士のようにお任せにはできないから司法書士の方が費用は抑え目だよ。

司法書士なら30~40万円、弁護士なら40~50万円に設定されていることが多いね。

 


個人再生は債務整理手続きの中でも手続きが複雑なため、費用が高額になります。

司法書士と弁護士で報酬の相場は異なり、司法書士のほうが安い事務所が多いですが、司法書士には代理権はありませんので書類作成とサポート業務のみになります。

  • 司法書士なら=30~40万円 住宅ローン特約有=35~45万円
  • 弁護士なら=40~50万円 住宅ローン特約有=50~60万円

上記が平均的な個人再生の費用と言えるでしょう。着手金と報酬等をあわせた金額です。

司法書士よりも安い弁護士事務所ももちろんあります。

上記の報酬とは別に予納金等の実費が3万円弱ほど、その他再生委員が選任される場合は再生委員の報酬20万円ほど別途発生します。

しかし裁判所によっては弁護士申し立ての場合には再生委員が選任されない、又は選任される場合でも弁護士申し立ての場合には10万円ほど安くなるという運用がされている場合がありますので、そこまで考えると一概に司法書士のほうが安いとは言えません。

自己破産の費用

自己破産の費用はどうなんですか?

 

自己破産も個人再生と同様に司法書士は書類作成だけで、弁護士のようにお任せにはできないから司法書士の方が費用は抑え目だよ。

司法書士なら25~35万円、弁護士なら35~45万円に設定されていることが多いね。

 


司法書士と弁護士で報酬の相場は異なり司法書士のほうが安い場合が多いですが、自己破産の場合も司法書士には代理権はありませんので書類作成とサポート業務になります。

  • 司法書士=25~35万円 管財事件=30~40万円
  • 弁護士=35~45万 管財事件=45~55万

上記が平均的な自己破産の費用と言えるでしょう。着手金と報酬をあわせた金額です。別途実費が2万円ほどかかります。

司法書士よりも安い弁護士事務所ももちろんあります。

東京地裁では弁護士申し立ての場合は即日面接という制度がありますので、手続きにかかる期間が1か月ほど短くなります。
また、管財事件(20万円以上の財産の処分がある・免責不許可事由がある場合)の場合は予納金が50万円必要なところ、弁護士申し立てであれば20万円で済みます。

費用まとめ

HPに費用が載っていないとか、○○%~、○○万円~というような費用が曖昧な表記の事務所は予想以上に高くつく可能性があります。

せっかくHPで費用を比較したのに、相談に行ったらHPに記載されている以外の費用がかかる!ということもあるようですので、事前にその他費用はかからないのか電話で確認したほうがいいでしょう。

費用以外の比較方法

費用面以外での事務所の比較方法としてはホームページを比較するか、実際に電話をしてみること。

相談したからといって絶対にその事務所に依頼しなければいけないという訳ではありませんので、電話の対応が良さそうであれば依頼するということでも大丈夫でしょう。

債務整理を相談する事務所選びで失敗してしまったら

手続き完了前であれば手続きを途中で辞めて別の事務所へ依頼しなおすということもできます。

ただし事務所によっては着手金等返金されない場合がありますし、事務所を変えると手続き完了までの時間が伸びてしまいますのでこの点は注意が必要です。

また、現在の事務所が辞任すると代理人がいなくなりますので、業者から本人への督促が再開される可能性があります。

せっかく毎月の返済をなんとかしようと思い、やっとの思いで相談に行ったのに専門家の対応が悪ければ二度と債務整理の相談なんてしない!ということになりかねません。

極力このようなことがないように最初の事務所選びは慎重に行いましょう。