債務整理の優先順位【任意整理、自己破産、個人再生どれがいい】

債務整理には任意整理、自己破産、個人再生があります。

債務整理をしたいけど、どの債務整理をすればいいのかわからないという人向けに、どのような状況ならどの債務整理を選べばいいのか?解説しています。

任意整理を優先すべきパターン

債務整理をするにしても、どの債務整理を選んだらいいのかよくわからないんですけど・・・

どのように選べばいいんですか?

 

まず、一番多く選ばれているのが任意整理だね。

任意整理は利息をなくして元金を3年~5年(36回~60回)ほどの分割で支払っていくものだから、

借金を36~60で割った金額を毎月支払っていけるなら、任意整理ができる可能性が高いよ。

 

任意整理後にきちんと支払っていけるということが条件なんですね。

 

そうだね。

あと、任意整理ではある程度の範囲で任意整理をする借金を選択することができるから、保証人がついている借金があるとか住宅ローンや車のローンがある場合にも選ばれることが多いよ。

 

保証人が付いている借金を任意整理から除外すれば保証人に迷惑がかからないですしね。

ちなみに任意整理では支払っていけない場合は、他の債務整理がいいということですかね?

 

任意整理では支払っていけないというような場合は、自己破産や個人再生をするべきだね。

 


・元金を3~5年で完済できる
・保証人に迷惑をかけたくない
・自宅や車を残しておきたい

任意整理をすると借金から利息はなくしてもらい、元金だけを3年から5年ほどの分割での支払いをしていくことになります。

借入額を36~60で割ると毎月の返済額の見込みが算出できますが、その金額を毎月支払っていくことができない場合は任意整理をすることはできないということになります。

任意整理には強制力はないため、相手方の貸金業者によっては任意整理に応じてくれない業者もありますし、本来任意整理に応じてくれる業者でも借入から間もない場合等は任意整理ができないこともあります。

保証人がついている借金がある

自己破産と個人再生ではすべての借金を債務整理の対象にしなければならないため、保証人が付いている借金がある場合はその借金も対象になり、保証人へ請求をされてしまうことになります。

任意整理では任に整理をする借金をある程度選択することができるので、保証人がついている借金は任意整理の対象から外し、他の借金だけを任意整理するということができます。

借金の一部を任意整理の対象から外しても、問題なく返済ができるという場合でなければ、一部の借金を除外しての任意整理を行うことはできません。

住宅ローンや車のローンがある

返済中の住宅ローンや車のローンがある場合、自己破産ではすべての借金が対象になるので、自宅や車は残しておくことはできません。

個人再生では住宅ローンを手続きから除外することはできますが、オートローンは除外できないので車は残しておくことができません。

任意整理では住宅ローンや車のローンを任意整理の対象から外すことで、自宅や車を残したまま手続きを行うことができます。

財産がある

財産がある場合、自己破産では20万円以上の財産は処分されますが、任意整理では財産を処分する必要がなく手続きをすることができます。

任意整理ができない場合は自己破産や個人再生をする必要があります。

 自己破産を優先するべき状況

自己破産はどのような場合に選ぶものなんですか?

 

自己破産には支払い不能である、という条件があるんだけど、支払いが不能なのかは収入から支出を差し引いて、返済にまわせる金額を算出して、

その金額よりも毎月の返済額の方が多い場合は支払い不能だと言えるね。

任意整理をしても支払いっていくことができない場合なんかは支払い不能にあてはまるよ。

 

借金がいくら以上ならできるというものでもないんですね。

 

そう、人によって収入は異なってくるしね。

ただ、自己破産をすると財産は処分されてしまうし、自己破産には免責不許可事由があるから、そういった理由で自己破産をすることができないという人は他の債務整理を検討する必要があるよ。

 


・収入と支出から計算して、返済ができない
・免責不許可事由がない
・職業制限に該当しない

自己破産をすると借金の支払いをする必要がなくなるので、債務整理の中でも一番強力な手続きと言えます。

自己破産は借金の支払いができない場合に認められるものですが、支払いが不能かどうかの判断は人によって違います。

借金が多額でも収入が多ければ返済不能とは言えず、借金が少額でも収入が少なければ支払い不能になります。

収入と支出から計算して、返済ができないという場合でも、不動産等の財産を持っていて財産を処分すれば支払いができるなら支払い不能にはなりませんので、自己破産をすることはできないということになります。

すべての借金が対象になる

自己破産では任意整理のように手続きする会社を選ぶことはできなく、保証人がついている借金も対象になり、保証人に迷惑をかけることになります。

また、住宅ローンや車のローンを返済している場合、それらも手続きの対象になることから、返済中の自宅や車を残しておくことはできません。

財産は処分される

自己破産を行うと、99万円以上の現金と20万円以上の財産は処分されます。

免責不許可事由に注意

自己破産には免責不許可事由というものがあり、該当する場合は自己破産ができない可能性があります。

ただし、裁判所の裁量で免責不許可事由があっても自己破産が認められることもあるので、該当するからと言って必ずしも自己破産ができなくなるというものではありません。

職業制限

自己破産には職業制限もあり、該当する職業の場合、自己破産手続き中の一定期間はその仕事をすることができなくなります。

 

保証人には迷惑をかけたくない、マイホーム等の財産を処分したくない、免責不許可事由があるので自己破産はできそうにない、職業制限に該当してしまうという場合は、他の債務整理を検討してみましょう。

個人再生を優先するのはどんな状況?

個人再生はどのような場合に選択されるものなんですか?

 

まずはマイホーム等の財産を手放したくない場合だね。

 

自己破産だと財産は処分されてしまいますもんね。

理由があって自己破産ができない場合に個人再生をすることが多いんですね。

 

そうだね。

職業制限や、免責不許可事由に該当する、財産がある等の理由で自己破産ができない場合に選択されることが多いよ。

 


・安定した収入がある
・免責不許可事由がある
・職業制限に該当する
・住宅ローンを返済中

個人再生は安定して継続した収入があることが条件になりますが、個人再生をすると借金が1/5ほどに減額され、減額後の金額を3年の分割払いで支払っていくことができます。

自己破産のように借金がすべてなくなるわけではありませんが、個人再生には自己破産のような職業制限や免責不許可事由がありません。

住宅ローンがある場合

自己破産では住宅ローンを返済中の自宅がある場合は、住宅ローンも自己破産の対象になり自宅は処分されることになります。
しかし、個人再生では住宅資金特別条項を利用することで住宅ローンは個人再生手続きから除外して、自宅は手放すことなく、他の借金だけを減額することができます。
そのため、職業制限や免責不許可事由がある、住宅ローンがあって自宅は手放したくないという場合に、個人再生が選ばれることが多いです。

債務整理の優先順位まとめ

任意整理をして支払っていける場合は任意整理を選択される人が多く、任意整理をしても支払いが難しい場合は自己破産を選択される方が多いです。

また、任意整理ではある程度の範囲で任意整理を行う会社を選ぶことができるので、保証人がついている、財産がある、返済中の住宅ローンやオートローンがある場合はそれらを任意整理の対象から外すことでデメリットを回避することができます。

支払いができなく、財産も特になく、職業制限や免責不許可事由にも該当しないという人は自己破産を選択するべきです。

住宅ローンを返済中だったり職業制限や免責不許可事由に該当するという人は、個人再生を選択されることが多いです。