債務整理と携帯・スマホの関係【分割購入や審査への影響】

債務整理がスマートフォンや携帯電話の契約に影響を与えることがあります。

・債務整理が携帯やスマートフォンの契約へ及ぼす影響
・任意整理すると携帯・スマートフォンは解約になるのか?
・個人再生、自己破産の携帯・スマートフォンへ及ぼす影響

それぞれのケースで債務整理とスマートフォン・携帯電話の契約について解説します。

債務整理の携帯やスマホ契約への影響

債務整理をした後って携帯電話の契約をするのも難しくなるんですか?

 

まず、債務整理を行うとブラックリストに載るんだけど、

携帯電話の機種代金を分割払いで購入する際は携帯会社が信用情報を見るから、債務整理をしてブラックリストに載っている人は新規契約や機種変更の際に機種代金を分割払いで購入するのは難しくなるよ。

 

じゃあ分割じゃなくて一括で購入するのは大丈夫なんですか?

 

一括払いなら信用情報は問題にならないから大丈夫だよ。

ちなみに債務整理とは別の問題だけど、携帯会社は滞納等の情報を共有しているから、過去に料金の滞納をして契約を解約になっていたりすると他のキャリアでの契約も難しくなるんだ。

だから機種を一括で購入するケースであっても回線契約ができないこともあるよ。

 


債務整理をしてブラックリストに載っていても携帯やスマホの購入はできるのか

スマホや携帯の購入に債務整理の影響がでるかどうかは、携帯・スマホ等の本体の代金を分割払いか一括払いにするかによって変わります。

携帯やスマホ本体を分割で購入できる?

携帯・スマホを「分割」で購入する際は、車等をローンで買うのと同じローン契約のため携帯会社は信用情報を確認の上で審査します。

債務整理をしていると信用情報に事故情報が載り、いわゆるブラックリストに登録されることになります。
ブラックリストに載っている間は審査にとおりづらくなるため、携帯電話やスマホの新規の契約や、他社からの乗り換え、機種変更で機種代金を分割払いで契約するのは難しいでしょう。

※参考:CIC【信用情報とは】

自分がブラックリストに載っているかどうかは下記から信用情報を取り寄せて確認することができます。

携帯やスマホ本体を一括払いで購入する

一括払いで携帯・スマホを買うのであれば、審査はないためブラックリストに載っていても何も問題はありません。

・分割払いでの契約は難しい

・一括払いなら審査がないので問題なし

強制解約後の契約

料金未納で強制解約されていると、強制解約になったキャリアか別のキャリアかを問わず、新規の契約を断られることがあります。

料金の不払いで解約になっていると、電気通信事業者協会(TCA)にその情報が登録されます。

TCAの情報は共有されていて別のキャリアでも他社の不払いの情報を確認できるため、たとえ不払いで解約になったキャリアとは別のキャリアであっても契約をするのは難しくなります。

※これはブラックリストの問題とは異なるので、機種代金を一括払いか分割払いで購入するかどちらであっても関係なく、回線の契約自体ができなくなる可能性があります。

例=ドコモを不払いで契約解約になった後に、ソフトバンクで新規契約する際にTCAの情報を参照されて契約を断られる可能性がある。

契約が強制的に解約になっていても、未納の料金を完済すれば不払いの情報は削除されます。

・TCAに不払いの情報等が登録されている状態では、他のキャリアでも回線の契約自体ができなくなる可能性がある

任意整理で携帯やスマホは解約になるか?

任意整理をすると今使っている携帯が使えなくなることはないですか?

 

基本的には任意整理しても、携帯が利用できなくなることはないよ。

だからその点はあまり気にする必要はないよ。

 

そうなんですね!

ちなみに不払いになっている電話料金も任意整理はできるんですか?

 

不払いになっている携帯料金を任意整理することはできるよ。

ただあまり携帯料金の任意整理を行うことはないね。

 

それはなぜですか?

 

携帯料金の任意整理を行うと携帯電話の契約が解約されるからね。

また、任意整理をするとTCAにその旨が登録されるから、登録が残っている間はどのキャリアでも携帯の契約自体ができなくなる可能性がでてくるというデメリットもある。

それに滞納額が数十万円にまでなってしまうことは現実的にないから、あまり金額が大きくならない以上、費用をかけてまで任意整理をするメリットがないことが多いんだ。

ちなみに機種代金を分割払い中であっても、携帯料金を任意整理の対象にしないのであれば、携帯契約が解約になることもないよ!

 


意整理で携帯やスマホは利用できなくなるか?

携帯料金に滞納がある時は滞納分の任意整理を行うことは可能ですが、携帯料金の任意整理を行うと契約が解約されます。

※携帯料金の任意整理を行わない時は、消費者金融やクレジットカードを任意整理しても、携帯契約は解約になりません。

通常、料金を払わないでいると2、3か月で強制解約になるため、携帯料金が仮に1か月で1万円だとして3か月支払っていなくても3万円ほどのため、弁護士や司法書士の費用をかけてまで任意整理をするメリットがない場合が多いです。

ただし、端末代金は10万円ほどの高額になることもあるので、それも含めて支払いができていない状態であれば、任意整理をするメリットがある場合もあります。

任意整理をすれば携帯電話の契約が解約になることと、TCAに登録されるデメリットもあるため、携帯料金の任意整理を行うことはそこまで多くはありません

・実務上は携帯料金は任意整理せずに、他の借金だけを任意整理することになる

・携帯料金を任意整理をしなければ、他の借金の任意整理をしても携帯はそのまま利用できる

個人再生と自己破産の携帯やスマホへの影響

任意整理はわかったんですけど、個人再生や自己破産では今使っている携帯はどうなるんですか?

 

携帯料金を遅れなく支払っていて、端末代金が分割払い中じゃないなら、個人再生や自己破産をしてもそのまま携帯・スマホの利用を続けることができるよ。

 

そうなんですね!

じゃあ携帯料金を払っていないとか、端末の代金を分割払いしている状態で個人再生や自己破産をするとどうなるんですか?

 

原則は不払いの携帯料金も再生手続きや破産手続きに含められるから、契約が解約になるよ。

 

解約になっちゃうんですね・・・

 

まぁ滞納が少額であれば生活に必要な支出として返済が認められることも多いから、絶対に不払いの携帯料金も再生手続きや破産手続きに含めなければならない訳ではないけどね。

これは専門家に確認が必要だよ。

 


自己破産や個人再生で携帯電話は解約になるのか?

※携帯端末代金を分割払いしていない、かつ不払いがないのであれば、再生手続きでも破産手続きでも携帯料金は手続きに含める必要がなく、解約にならずに継続して使用することができます。

問題になるのは電話料金が不払いのケースと、機種代金を分割払い中のケースです。

携帯料金に未納がある状態

携帯電話の料金に不払いがないのであれば通常どおり毎月の返済を行っても問題はありませんが、携帯料金に不払いがあれば原則的には不払い分は再生手続きや破産手続きに含める必要があるため、携帯の契約は解約になります。

その際、勝手に滞納分を返済してはいけません。

返済すると偏波弁済というものに該当することがあり、偏波弁済に該当すれば破産が認められなかったり、清算価値に含められてあまり減額がされなかったり、申立て自体を認めてもらえないこともあります。

少しの滞納分を支払ったからと言って、即座に偏波弁済に該当するかというと、実務上は少額であれば偏波弁済には該当しない可能性が高いですが、まずは専門家に相談するべきです。

ちなみに携帯電話を今後使わないのであれば、手続きに含めて不払いの料金を免責又は減額してもらったほうがいいでしょう。

携帯端末代金を分割払い中

端末代金を分割で返済しているのは、車等のローンを返済しているのと変わらないので、端末代金を再生手続きや破産手続きに含める必要があります。

再生手続きや破産手続きに含めずに返済を行うと偏波弁済に該当して、破産が認められなかったり、清算価値に含められてあまり減額がされなかったり、申立て自体を認めてもらえないこともあります。

回線契約と携帯端末代金は分けられないため、端末代金を分割で返済中であれば携帯料金に不払いがなくても、再生手続きや破産手続きに含まなければならず、携帯電話の契約は強制解約になります。

※ちなみに残りの端末代金を自分で払うのではなく、親族等の第三者に支払ってもらえれば偏波弁済は問題になりません。

・料金未納や分割払い中だと携帯は解約になる

・上記以外ならそのまま利用が可能

債務整理と携帯電話まとめ

携帯やスマホを分割払いで購入するには審査があるため、債務整理後にブラックリストに載っている状態では審査に通るのは難しいでしょう。

ブラックリストに載っていても分割払いではなく、一括払いで購入するのであれば審査はないので、問題なく購入できます。

携帯料金等が債務整理の対象になるかどうかは、端末代金を分割払い中ではなく、通話料等に不払いがないのであれば債務整理の対象にはなりません。

端末代金を分割で支払っていたり未納分がある状態だと、個人再生や自己破産では手続きに含めなければいけないため、携帯契約は解約になります。

携帯料金が不払いでも、端末代金は分割払いではなく滞納も少額であれば、偏波弁済に該当せず再生手続きや破産手続きに含めずに手続きができる可能性があります。

また、任意整理なら端末代金を分割で支払っていても、携帯代金を任意整理の対象から外して他の借金だけを任意整理することで携帯電話を解約にならずに手続きできます。