債務整理とは?どの債務整理手続きがいいのか?債務整理の種類

債務整理 選び

債務整理と言えばまずは自己破産を思い浮かべる人が多いと思いますが、債務整理には

・任意整理
・個人再生
・自己破産

 

があります。それぞれの債務整理手続きとはどんな手続きなのか?それぞれどのような場合に選ぶべきなのか?

詳しくはそれぞれの債務整理手続きの記事で解説しますが、まずは簡単にまとめてみましたので比較してください。

債務整理手続きの種類

上記で書いたとおり債務整理には任意整理、個人再生、自己破産の3つの方法があります。まずは任意整理から。

任意整理について

任意整理をするとどんなメリットがあるんですか?

任意整理は貸金業社と交渉して、借金の利息をなし(0%)にしてもらって元金だけを分割で返済して完済を目指す手続きだよ。

利息がなくなって元金だけになるってことは支払ったら支払った分だけ借金が減るということですね!

分割回数は何回ぐらいになるんですか?

36~60回ぐらいになることが多いね。

期間でみると3年~5年払いになるよ。

 

任意整理をすると、利息をなくして元金だけを3年から5年間、分割で支払っていくことになります。

元金だけの支払いになるのであと何回で完済できるのかも明確になりますし、基本的には毎月の返済額も少なくなります。

他の債務整理手続きと異なりどの貸金業者を整理するのか選ぶことができますので、例えば車のローンだけは手続きせず他の借金だけを整理することが可能です。

 

任意整理では基本的には元本を原則36回、支払いが難しければ60回程の分割で返済することになりますので、

元金÷36(60)=毎月の返済額

 

となります。

個人再生について

任意整理については良くわかりました。

個人再生はどのような手続きなんですか?

個人再生は借金を減額してもらって、減額された後の借金を分割で返済する手続きだよ。

任意整理と異なって裁判所を通して行う手続きなんだ。

個人再生では要件をクリアすれば住宅ローンを手続きから除外して、その他の借金だけを減額することもできるからマイホームを手放すことなく手続きすることができるのが特徴的だね。

 

借金を原則5分の1まで減らして分割で支払っていく手続きです。

 

そのため、毎月の支払額も少なくなります。

個人再生では原則36回分割で支払っていくことになりますが、特別の事情があれば60回分割も認められる可能性があります。

 

住宅ローンがある場合は自己破産では自宅を売却しなければいけませんが、個人再生なら住宅資金特別条項を利用して住宅ローンだけを除いて個人再生手続きをすることで、自宅を手放すことなくその他の借金だけを減額してもらうことが可能です。

自己破産について

最後に自己破産はどんな手続きなんですか?

自己破産は借金の支払いを免除してもらう手続きだよ。

自己破産も裁判所をとおして行う手続きなんだけど裁判所に認められることで、借金を返す必要がなくなるんだ。

 

裁判所に免責を認めてもらい借金の支払いを免除してもらう手続きです。

 

他の債務整理よりも借金を帳消しにしてもらうという大きなメリットがありますが財産の処分や職業制限、免責不許事由等のデメリットもあります。

現在の借金を3年で完済できない場合には自己破産が認められる可能性が高くなります。

 

任意整理では支払いができない場合に該当することになります。

債務整理の種類まとめ

債務整理手続きごとのメリット
・任意整理=利息をなくして、元金のみの支払いにする
・個人再生=借金を5分の1まで減額する
・自己破産=借金をすべて支払う必要がなくなる

債務整理選択の基準額

結論から言うと、どの債務整理がいいのか選択する際に決まった金額というものはありません。

人それぞれ借入額や収入、年齢、生活状況によって異なるからです。

人によって100万円以下の借金額でも自己破産が認められたりすれば、300万円以上の借金額でも認められないということがあります。

では専門家が債務整理を選択する際に、何を基準にしているのか?それぞれの債務整理ごとに見ていきましょう。

任意整理の基準

どんな場合に任意整理を選ぶべきなんですか?

返済は厳しいけど、元金だけであれば36回~60回分割で支払っていけそうという場合だね。

後は自宅等の財産を守りたくて自己破産はできない場合とかだね。

 

任意整理は利息をなくし元本のみを原則36回~60回分割で支払っていく手続きですので、元金÷36(60)=の金額を毎月滞りなく支払っていけそうか?で判断します。

その金額を支払うことができないのであれば個人再生や自己破産を検討すべきです。

 

相手方の業者や年齢や状況、相談する弁護士、司法書士にもよりますが60回以上の任意整理も絶対にできない訳ではないです。

事情により個人再生や自己破産はできない場合等に、交渉により長期分割が組める可能性はあります。

また、貸金業者との取引が長い場合は過払い金が発生している可能性もあります。

個人再生の基準

個人再生はどんな場合に選ばれているんですか?

任意整理では返済していくことが難しい場合とか、車や自宅等の財産を守りたくて自己破産はできない場合等に個人再生が選ばれているね。

 

任意整理では支払いができなく、事情により自己破産ができない場合に個人再生を検討します。

ただし個人再生は最低支払金額が100万円、最高で5000万円まで(住宅ローン除く)ですので100万円以下の借金とか5000万円以上借金がある場合は個人再生は選択できません。

継続的な収入がない人や、財産状況によっては個人再生はできない可能性があります。

 

任意整理では支払いが難しいけどマイホーム等の財産を守りたい、職業制限や免責不許可事由等で自己破産ができないという場合に個人再生が選ばれています。

自己破産の基準

自己破産はどのような場合に選ばれているんですか?

任意整理では支払いが難しい場合は自己破産を検討すべきだね。

ただし職業制限や財産の処分があるからその点には注意が必要だよ。

 

任意整理ができない場合は自己破産を検討します。

財産がなく、職業制限にもかからないのであれば、借金を支払う必要がなくなる自己破産を選択すべきでしょう。

 

自己破産をすると原則20万円以上の価値の財産は処分されますので、財産は守りたいという場合や職業制限に該当する、免責不許事由があるという場合には個人再生を検討すべきでしょう。

ただし、職業制限は自己破産手続き中の数か月間だけですし、免責不許可事由があるからと言って絶対に自己破産ができないということでもありませんので、個人再生か自己破産どちらを選ぶかは慎重に検討すべきです。

債務整理選択のまとめ

それぞれの債務整理手続きを簡単に比較しましたが、どの方法があなたにあった方法なのか最終的には専門家と相談することになります。

任意整理を希望して弁護士や司法書士に相談に行ったのに、自己破産をすすめられることもあります。

それが良いか悪いかはさておき借金が膨れ上がった後では任意整理では解決できない可能性が高くなります。

早い段階で相談すれば選択肢も多くなります。

 

幸いほとんどの事務所が債務整理の相談は無料なのですから臆することなく気軽に相談に行ってみましょう。

債務整理について匿名で相談したいならこちらがオススメです。

東京ミネルヴァ法律事務所