債務整理が住宅ローンの審査に与える影響【債務整理とローン借換え】

あと何年後かに住宅ローンを組みたいけど、債務整理すると住宅ローンが組めなくなる?よくある質問です。

・これから住宅ローンを組む場合に債務整理をすると影響があるのか?
・既に住宅ローンを組んでいる場合に債務整理をした場合の影響

 

それぞれの場合ごとに書いていきます。

債務整理の住宅ローン審査への影響

債務整理をすると、やっぱり住宅ローンは組めなくなるんですか?

 

借金をしたり住宅ローンを組む際に銀行等は貸し倒れがないように信用情報機関を参照して審査をするんだけど、

債務整理をするとその旨が信用情報機関に登録されて、いわゆるブラックリストに載ることになるから借入をするとかローンを組む際の審査に通るのは難しくなるよ。

特に住宅ローンの審査に通るのは難しいだろうね。

 

住宅ローンは高額なローンだから特に審査は厳しそうですしね・・・

 

ただ、ブラックリストに載っていなくても借金がある状態だと住宅ローンにとおるのは難しいものなんだ。

ブラックリストに載っても5年~10年で影響はなくなるから、今ある借金を債務整理して早めに借金をなくしてから後で住宅ローンを組むという考えも良いと思うよ。

 


住宅ローンに限らず借金やクレジットカード作成等にはすべて審査が行われますが、その審査の際に金融機関等は信用情報機関を参照します。

※信用情報機関では借り入れをしている会社名や、いくら借りているとか、支払い状況が登録されています。

 

債務整理をすると信用情報機関に事故情報が登録され、いわゆるブラックリストに載ることになります。

ブラックリストに載っている間は審査にとおるのは非常に難しくなります。

 

特に高額な住宅ローンはクレジットカード等に比べ、厳格な審査が行われていることは間違いないでしょう。

債務整理以外でブラックリストに登録される場合

債務整理以外の理由でもブラックリストの影響がでることがあります。

・支払いの滞納
・銀行等の借り入れの保証実行

 

上記の理由でも影響がでます。

保証実行は銀行や信用金庫等からの借り入れで、保証会社がついている場合だけ該当します。

支払いの滞納については借金の支払いが滞った場合に影響がでるのはある程度知られていますが、ローンで購入した商品の支払いが滞った場合にも影響がでます。

 

よくあるのは携帯端末本体代金の支払い滞納です。

携帯端末本体の料金を毎月の使用料と一緒に支払っている場合に、使用料を滞納すると携帯端末本体の料金も滞納することになるので信用情報に影響がでます。

また、ブラックリストに載っている間は携帯端末本体を分割で購入するのも難しくなります。

関連記事

債務整理が携帯電話契約に影響を与えることがあります。債務整理と携帯電話の関係を、・債務整理後の携帯電話の新規契約・携帯料金に未納がある状態での債務整理・携帯端末代金分割支払い中での債務整理 上記を解[…]

債務整理 携帯電話

しかしブラックリストに載るといっても一定期間が過ぎれば登録は抹消されますのでその後は通常の審査を受けられることになります。

ブラックリストに載る期間

債務整理手続きによって影響がでる期間は変わります。

・任意整理=登録から5年又は完済から5年
・個人再生=登録から10年
・自己破産=登録から10年
・支払いの滞納=完済してから5年
・代位弁済=登録から5年

 

上記の期間は住宅ローンの審査にとおるのは難しくなるでしょう。

逆に言うと上記の期間を過ぎれば通常どおりの審査を受けることができます。

 

支払いが厳しくてもいつか住宅ローンを組みたいということで長年返済を続けたが、結局返済しきれなくなり数年後に債務整理をすることになる事もあります。

一概には言えませんが支払いが厳しくなったら債務整理をして早めに完済して、ブラックリストに載っている間に頭金を貯めるという方法をとったほうが結果として早く住宅ローンを組めるということもあります。

 

ちなみに自分がブラックリストに載っているか確認するには、信用情報機関で自己の信用情報を閲覧すると確認できます。

関連記事

ブラックリストに載ると借金やローンを組めなくなる?確かに審査にとおるのは難しくなります。しかしどのような場合にブラックリストに載るのか?載る期間はどのぐらいなのか?・ブラックリストに載る条件・載るとどのような影響がでるのか[…]

債務整理 ブラックリスト

その他住宅ローン審査に落ちる理由

審査内容は多岐に渡ります。年齢や返済金額と収入の比較、勤続年数、収入が不安定ではないか、他の借り入れ状況、持病等の健康状態の審査が総合的に行われます。

ブラックリスト以外の理由でも審査にとおらないことはありますが、審査にとおらなかったとしてもほとんどの銀行はその理由を教えてはくれません。

しかし審査に落ちた時、次々と他の銀行へ申し込む人も多いようですがあまりお勧めできません。
信用情報機関には6か月間審査のための開示記録が残りますので、他の銀行で審査に落ちたということが推測できて不利益な印象を与えてしまうからです。

 

これはクレジットカードの審査でもよくあります。

家族がブラックリストに載った場合の住宅ローン審査への影響

家族がブラックリストに載っている場合、住宅ローンの組み方によって影響がでる場合があります。

 

家族がブラックリストに載っている場合に、僕が住宅ローンを組むのに影響があったりしますか?

 

ブラックリストに載っていない人が単独で住宅ローンを組むのなら家族は審査の対象にならないから影響はないよ。

家族とペアローンを組むか、連帯債務にするとか、家族が保証人になる場合はその家族まで審査の対象になるからブラックリストに載っている人は審査にとおるのは難しいよ。

 

影響を与える場合

・ペアローンを組む
・連帯債務
・連帯保証人をつける

 

ペアローンの場合はペアになる人も、連帯債務者も、保証人も審査の対象になりますので銀行は信用情報を閲覧します。

ブラックリストに載っている人とペアローンを組んだり、ブラックリストに載っている人が連帯債務者や保証人になることは難しいです。

影響を与えない場合

上記のようなペアローンや保証人を利用しないで、住宅ローンを単独で申し込む場合は、例え同居の親や配偶者がブラックリストに載っていても、申し込む本人がブラックリストに載っていなければ影響はありません。

この場合住宅ローン審査は申し込んだ本人だけの審査になりますので、家族がブラックリストに載っているのかは関係ありません。

 

また審査対象ではない以上、銀行側も勝手に家族の信用情報を調べることもできないので、家族がブラックリストに載っていることを知る由もありません。

家族がブラックリストに載っている場合の影響まとめ

Aさん=ブラックリストに載っていない、Bさん=ブラックリストに載っている。

A単独で住宅ローンを申し込む場合=Aのみの審査なのでBの審査はされない。

AとBのペアローンを組むとか、Aが申込者でBが連帯債務者又は保証人になる=AB共に審査対象になるので審査通過は難しい。

※ABは同居でも別居でもどちらでも結論は変わりません。

住宅ローン返済中に債務整理をする場合の影響

住宅ローンを支払い中に債務整理をすると、自宅は処分されることになるんですか?

 

任意整理か個人再生なら、自宅を処分されることなく債務整理をすることができるよ。

任意整理なら、住宅ローン以外の借金を任意整理の対象にすることで自宅を処分せずに任意整理することができるし、

個人再生だと住宅資金特別条項を利用できれば、自宅を処分せずに住宅ローン以外の借金を減額してもらうことができるよ。

 

任意整理か個人再生ですね!

自己破産では自宅は処分されてしまうということですか?

 

自己破産では財産の処分があるから自宅も処分されてしまうよ。

また任意整理と個人再生だと借金の返済は続くわけだから、債務整理後にしっかり分割で返済できないのであれば任意整理や個人再生ができないから自己破産しか手段はなくなってしまうよ。

 


住宅ローンを支払っている間に債務整理をする場合、自己破産だと自宅を売却しなければいけませんので自宅を守りたいのであれば任意整理か個人再生を選択することになります。

任意整理

任意整理では任意整理をする業者を選ぶことができますので、住宅ローンを組んでいる銀行を外して他の業者のみ利息をなくし分割で返済していくことができます。

個人再生

条件はありますが、マイホームを守りながら債務整理を行うなら1番おすすめの債務整理手続きです。

個人再生では住宅資金特別条項を利用することで、住宅ローン以外の借金を減額してもらい分割で返済していくことができます。

債務整理の条件

上記のように任意整理と個人再生では住宅ローンは手続きせず、マイホームを守りながら他の業者のみの支払いを楽にすることができる可能性があります。

しかし住宅ローンの支払いはそのままです

他の借金の返済が楽になることで住宅ローンの支払いも問題なく返済することができるならいいですが、他の借金の支払いを楽にしても住宅ローンの支払いが厳しい場合は自宅を残すのは難しいでしょう。

個人で銀行と話し合いをして支払い計画の見直し(分割回数を増やす等)をするか、それも難しければやはり自己破産をするしかありません。

 

自己破産をすると自宅を競売か任意売却をすることになり自宅を失うことになりますが、借金の支払いをする必要がなくなりますので、毎月の返済に追われる生活から抜け出すことができます。

また、任意整理や個人再生をするにも条件があります。

 

任意整理や個人再生では、自己破産のようにすべての支払いが免責される訳ではありませんので、他の借金の支払いを継続する必要があります。

任意整理や個人再生をして毎月の返済額を減らせれば、今後住宅ローン含めしっかり支払っていける場合だけ任意整理と個人再生は可能です。

関連記事

任意整理は自己破産や個人再生と同じ債務整理の一つですが、債務整理手続きの中で一番融通が利く手続きです。他の債務整理に比べ費用も安く済み、手続きも簡単なので債務整理の中では利用されている方が多い手続きです。「債務整理」と聞いて[…]

任意整理 債務整理
関連記事

債務整理と聞くと、任意整理と自己破産を思い浮かべる人が多いと思いますが、債務整理の中には個人再生という手続きもあります。個人再生には他の手続きにはない特徴があり、任意整理では支払っていくのが難しく、事情により自己破産はできないという場合[…]

個人再生 デメリット
関連記事

自己破産については間違ったマイナスなイメージを持っている人が大勢いらっしゃいます。確かに気軽に利用するような手続きではありませんが、現在支払いに追われ苦しい思いをされているのでしたら、まずは正しい情報を知った上で一度検討してみるべき[…]

自己破産 デメリット

過払い金

長年高金利で支払いを続けている場合には既に過払いになっている可能性もあります。

過払い金請求ではブラックリストの影響はありません。

関連記事

過バライ金ってよく聞くけど、どんな取引をしていると過バライ金は発生するのか?借金をしていても、すべての人に過バライ金が発生する訳ではありません。過バライ金が発生する仕組みと、過バライ金請求の対象になる取引、対象にならない取引[…]

過バライ金とは 対象

債務整理と住宅ローンのまとめ

インターネット上ではブラックリストに載っていても住宅ローンに通った!なんて書き込みも散見されますので、ブラックリストに載っていても絶対に住宅ローンが組めないわけではないようです。

しかしブラックリストに載っていると審査にとおるのは非常に難しいのは間違いないでしょう。

銀行としては貸してなんぼなので、もちろん住宅ローン審査はとおしたいところですが貸し倒れのリスクは避けなければいけないという面もあります。

過去に債務整理をしているとなると、やはり貸し倒れのリスクは高いと判断されてしまうでしょうから、審査にとおるのは難しくなります。

 

債務整理について相談したいならこちらがオススメです。