債務整理(任意整理)手続き中の転職と、債務整理後の転職。

債務整理中に転職をすることはできるのか?という点と、債務整理をすると転職に影響を与えることはないのか?という点について解説します。

任意整理手続中の転職

任意整理の手続きをしている間に転職することはできるんですか?

 

う~ん・・・任意整理の手続きを行っているからと言って、転職が制限されるようなことはないよ。

 

任意整理中でも転職は問題ないんですね!

 

ただし弁護士や司法書士は収入に応じた任意整理の交渉を行っているから、転職をする場合は必ず依頼している弁護士や司法書士へ報告することが必要だよ。

もし転職によって収入が大幅に下がって任意整理では支払っていけそうにない場合は他の債務整理を検討しなければいけないからね。

 


任意整理中だからといって転職ができなくなるということはありませんので、任意整理中でも転職を行うことができます。

しかし任意整理は任意整理後に借金の元金のみを36~60回分割で支払う手続きです。

そのため、弁護士や司法書士は現在の収入をもとに任意整理後にこれくらいの金額なら支払っていけるということで貸金業者と交渉を行っています。

転職によって収入が変われば専門家の交渉内容も変わってきますし、収入が減り任意整理では支払いができそうにない場合は個人再生や自己破産も検討しなければいけないので、転職をする場合は事前に専門家へ報告をする必要があります。

上記は個人再生の場合も同じなので、転職をする場合は必ず事前に専門家へ相談をしましょう。

自己破産手続き中の転職

自己破産の手続き中に転職をすることはできるんですか?

 

自己破産の場合も手続き中だからといって転職ができなくなるということはないよ。

 

自己破産中も関係なく転職はできるんですね!

 

そうだね、ただし自己破産の場合は資格制限があるから破産手続開始決定から免責までの数か月間は一定の職業には就けないから、この点は注意が必要だね。

 


自己破産の手続きを行っていても転職をすることはできます。

ただし自己破産には資格制限というものがあり、生命保険の募集員、警備員、宅建士等の一定の職業に就くことができなくなります。

資格制限がされる期間は破産手続開始決定~免責までの間ですので同時廃止事件で2~4ヵ月、管財事件の場合は6~12ヵ月ほどの期間、制限されることになります。

資格制限と関係のない職業の場合は一切制限されることはありません。

債務整理後の転職

債務整理後に転職をする場合は何か影響ありますか?

 

債務整理をしたことを申告する必要はないから、転職に影響がでるようなことは基本はないよ。

もし何かあるとしたら個人再生と自己破産の場合は官報に載るから、官報を見ているような会社だと債務整理をしたことがバレてしまう可能性はある。

ただし官報を見ている会社は非常に少ないから、それで債務整理をしたことがバレてしまうということはあまり考えられないね。

 

官報に載るんですね・・・

 

あとは一部の会社は会社指定のクレジットカードを作る必要があったりするんだけど、債務整理を行うと一定期間ブラックリストに載るからクレジットカードの審査に通るのは難しいんだ。

そういった意味では影響がでることはあるよ。

 


債務整理をした後に転職をする場合に、債務整理をしたことが転職に影響を与えるようなことは基本的にありません。

自己破産と個人再生の場合は官報に掲載されるので、債務整理を行ったことを知るきっかけになるのは官報を見られた場合ぐらいですが、官報を見ている会社というのはほとんどありません。

また、任意整理なら官報に載ることもありません。

ブラックリストの関係

また、債務整理を行うと信用情報に事故情報が載る=ブラックリスト載ることになりますが、信用情報は借金をしたりローンを組んだりする際の審査にあたって閲覧するものであり、採用の際に信用情報を確認されることもありません。

そのため債務整理をしたことが転職先に知られる可能性は非常に低いです。

しかし、中には会社指定のクレジットカードを発行される会社もあり、こういった場合には信用情報の影響でクレジットカードが発行できないということは考えられます。

それでも債務整理をしていることがバレるわけではないですが、クレジットカードの審査に落ちるということは何かあるのかな?というふうに考えられてしまう可能性はあります。

あまりないことではありますが、このように債務整理をした後の転職に影響がある場合もあります。