債務整理(任意整理)をしてもデビットカードなら作れる

債務整理をするとブラックリストに載るのでクレジットカードを持つことは難しくなりますが、クレジットカードが使えなくなるとネットショッピング等で不便になって困るという人が多いです。

そのような場合にはデビットカードを利用することをおすすめします。
クレジットカードがないと不便だから債務整理できないと考えている人も、デビットカードを利用することで不便なく債務整理を行うことができます。

デビットカードとは

債務整理をするとクレジットカードは利用できなくなるんですよね?

 

債務整理の対象にしたカードは解約になるし、債務整理の対象にしなかったクレジットカードもブラックリストの影響を受けて利用できなくなる可能性が高いよ。

 

クレジットカードが使えなくてもデビットカードなら利用できるって聞いたんですけど、デビットカードはどういうものなんですか?

 

クレジットカードは1ヵ月分の料金をまとめて支払う=後払いだけど、デビットカードは利用したら即時に口座から利用分の金額が引かれる仕組みのカードなんだよ。

 

それなら使い過ぎてしまうこととかもなさそうですね!

 

そうだね、ただし一括払いしか利用できないから、クレジットカードのように分割払いとかリボ払いにすることはできないし、キャッシング枠もないよ。

 


債務整理をすると信用情報に事故情報が載る=ブラックリストに載ります。

※参考:CIC【信用情報とは】

クレジットカードを債務整理の対象にするとそのカードは解約になりますし、対象にしなかったクレジットカードもブラックリストの影響で使用できなくなることがあります。

そのような場合でも基本的にはデビットカードなら影響がでることはありませんので、ブラックリストに載ったからといってデビットカードが使用できなくなるということはありません。

デビットカードにもvisaやJCBが付いていて、利用方法もクレジットカードと同じですし、クレジットカードが使えるなら基本的にデビットカードも使えます。

デビットカードはクレジットカードと同じように普段の買い物や、ネットショッピングで利用することができます。

ただし以下の点がクレジットカードと異なります。

デビットカードは即時決済

クレジットカードは1ヵ月分の利用額がまとめて請求されますが、デビットカードの場合はカードで買い物をしたらすぐに登録の口座から利用分のお金が引き落としをされます。

そのため、デビットカードでは口座残高以上の買い物をすることはできません。

デビットカードは一括払いしか利用できない

デビットカードはクレジットカードのように分割で支払うとかリボ払いにするということはできませんし、キャッシング機能もついていません、一括払いの利用しかできないカードです。

デビットカードは一括払いしか利用できなく、さらに即時決済になりますがこれは逆に考えると、クレジットカードではいくら利用しているのかを把握できなくて1か月後にまとめて請求が来て支払えない・・・ということに陥りづらいカードと言えるでしょう。

デビットカードが利用できないこともある

ほとんどのデビットカードでは公共料金の支払いはできますし、携帯電話料金も大手のキャリアならデビットカードでの支払いに対応しています。

クレジットカードが使えるのにデビットカードは使えないということは基本的にはありません。

しかし、高速道路料金やガソリンスタンド等ではデビットカードでの支払いができない場合がありますので、注意が必要です。

デビットカードは審査が不要

デビットカードはブラックリストに載っている人でも持つことができるんですか?

 

デビットカードは基本的には審査がないから、たとえブラックリストに載っている人でも作成することができるよ。

だからクレジットカードがなくなると困るから・・・という理由で債務整理を迷っている人はデビットカードを利用して、借金については債務整理をすることをおすすめするよ。

 

クレジットカードみたいな審査がないんですね!

 

そうだね、ただし例外があってデビットカードの種類によっては口座に残高がない場合に不足分を立て替えてくれるカードがあるんだけど、そういったカードの場合は審査があるよ。

 


デビットカードはクレジットカードとは異なって、キャッシングができませんし分割払いやリボ払いは利用できません。

即時に口座から引き落とされる一括払いのみなので、カード作成にあたってクレジットカードのように審査をされることはありません。

審査がないのでたとえ債務整理等をして信用情報に事故情報が載っている=ブラックリストに載っている人でもデビットカードを作成することができます。

そのため、ブラックリストに載るので債務整理に踏み切れないという場合、デビットカードで代用できることも多いので、クレジットカードではなくデビットカードを利用するようにして債務整理をするという方法もいいでしょう。

審査があるデビットカード

デビットカードの中にはカード利用時に口座残高が足りない場合に、足りない金額を立て替えてくれて、後日口座から引き落としをする機能があるカードがあります。

この「立替払い」は貸付にあたるので、立替払いの機能があるデビットカードを作成する際は審査があります。

審査がある場合は、やはりブラックリストに載っている人は審査に通るのは難しいでしょう。

そのため、ブラックリストに載っているならなるべく立替払いの機能のついていないデビットカードを申し込むようにすることをおすすめします。

また、立替払いの機能があるデビットカードの場合はブラックリストの影響を受けてカードの利用ができなくなる可能性があります。

債務整理とデビットカードまとめ

債務整理をしてブラックリストに載っている状態ではクレジットカード作成の際の審査に通るのは難しいです。

しかし、デビットカードなら基本的に審査不要でカードを作成できます。

ただし例外として立替払いの機能があるデビットカードは審査があり、信用情報に問題がある人が作成するのは難しいのでその場合は立替払いの機能がないデビットカードを作成するのがいいでしょう。

デビットカードはクレジットカードのように分割払いやリボ払い、キャッシングの機能はついていなくて、一括払いの買い物でしか利用できず利用分は即時に口座から引き落とされます。

それ以外はクレジットカードと同様に、クレジットカードが使えるお店で使用できますし、ネットショッピングも同じように利用できます。