新型コロナウイルスの影響で払えなくなったら債務整理を検討

新型コロナウイルスの影響で借金の支払いができそうにないという場合、どのような相談先や解決方法があるのか解説しています。

新型コロナウイルスの影響で支払いが難しい場合

コロナウイルスの影響で今月の支払いができそうにないんですけど、どうするのがいいんでしょうか?

 

借金の支払いを放置せずに、まずは事情を貸金業者に対して相談することだね。

コロナウイルス関連の相談窓口を設けている貸金業者も多いみたいだよ。

 

相談窓口があると安心できますね!

 

とにかく返済期日を過ぎても返済せずに放置してしまうようなことはしないほうがいいよ。

後は失業手当や持続化給付金等の制度を利用することだね。

 


コロナウイルスの影響で支払いができない場合に、返済せず放置をするのではなくまずは貸金業者に対してその旨を相談してみるべきです。

消費者金融・信販会社・銀行によってはコロナウイルスの専門窓口を設けている会社もありますし、設けられていない場合も通常のカスタマーセンターへの連絡で問題ないでしょう。

新型コロナウイルスの影響で仕事に支障が出た場合の手当や支援

貸金業者への相談の他になにか方法はありませんか?

 

利用できるなら休業手当や失業手当、持続化給付金等を利用すべきだと思うよ。

 

家賃も支払えそうにないんですけど・・・

 

賃貸なら住宅確保給付金を利用して、住宅ローンなら金融機関や金融庁に相談だね。

新型コロナウイルスに対する支援等の制度は日々変わっているから、まずは専門の窓口に相談をすることが大事だよ。

 


新型コロナウイルスの影響で収入が減った又は収入がなくなった人や、家賃が支払えない場合の支援等があります。

生活福祉資金の特例貸付・住居確保給付金特設ホームページ

新型コロナウイルス感染の影響により収入が減少し生活に困窮する方に必要な生活費用等の貸付や、住居を失うおそれが生じている方…

コロナウイルスの影響で会社都合で仕事を休んだ場合

休業手当、雇用調整助成金又は新型コロナ対応休業支援金(2020年7月開始予定)の制度があります。

厚生労働省では、新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業主の皆さまに、雇用調整助成金を活用し雇用維持に努めて頂けるよう…

コロナウイルスの影響で仕事を失った場合

仕事を失った場合は失業手当を利用しましょう。

コロナウイルスに感染して仕事を休んだ場合

条件がありますが、給与の2/3が支給される傷病手当金という制度があります。

家賃の支払いができない場合

失業や休業により家賃の支払いができそうにない場合は住宅確保給付金という制度があります。

生活福祉資金の特例貸付・住居確保給付金特設ホームページ

新型コロナウイルス感染の影響により収入が減少し生活に困窮する方に必要な生活費用等の貸付や、住居を失うおそれが生じている方…

※住宅確保給付金は賃貸だけの制度ですので、住宅ローンの場合は返済期間の延長(リスケ)等を金融機関に相談すべきです。

新型コロナウイルスの影響で売り上げが減った中小法人や個人事業者

新型コロナウイルスの影響で売り上げが減少した場合は持続化給付金という制度があります。

持続化給付金

令和二年度補正 持続化給付金には、申請受付の期間により、2つのホームページがあります。ご自身の状況に合わせて、それぞれの…

債務整理という選択肢

貸金業者にも相談して、色々な支援等を受けても支払いができそうにない場合は何か方法ありますか?

 

その場合は債務整理をするのがいいと思うよ。

 

確かにその方法しかないかもですね?

 

任意整理や個人再生をして分割で支払っていくか、自己破産をして支払いを免除してもらうかだね。

 


借金の支払いができないことを相談しても、支援等を受けても支払いができそうにない場合は、債務整理という方法があります。

任意整理

任意整理後の利息を免除してもらい、元金だけを3年~5年ほどの長期の分割で支払っていく手続きです。

そのため利息は免除されても元金の支払い義務は残るので、元金を分割で支払っていける収入があるということが任意整理の条件になります。

個人再生

借金を減額してもらい、減額後の借金を原則3年間の分割払いで支払っていく手続きです。

個人再生も減額後の借金の支払い義務は残りますので、減額後の借金を支払っていける収入があるということが個人再生の条件になります。

自己破産

借金の支払いのすべてを免除してもらう手続きです。

借金の支払い自体を免責してもらえる手続きなので、収入がなく任意整理や個人再生ができない人は自己破産を行うことになります。

債務整理の費用の心配

債務整理をしようにも費用が支払えそうにないんですけど?

 

債務整理の費用はほとんどの事務所で分割払いでの支払いができるよ。

それも借金の支払いを止めている間に分割で費用の支払いができるから、借金と費用とで二重にならずに支払いができるよ。

 

借金の支払いと費用の支払いのどちらも支払うのは大変ですもんね。

 

後は法テラスで民事法律扶助というのを利用できると、費用は一旦法テラスに建て替えてもらうことができるよ。

 


債務整理をしようにも債務整理には弁護士や司法書士への費用がかかります。

費用の支払いについてはほとんどの事務所で分割払いができます。

また、弁護士や司法書士に債務整理を依頼すると一定期間、借金の支払いを止めることになるので、借金の支払いを止めている間に債務整理の費用を分割で支払うことになります。

そのため借金の支払いと費用の支払いで二重に支払うことがないようにしてあります。

法テラスを利用する

収入等の条件はありますが、法テラスの民事法律扶助を利用することで弁護士や司法書士の費用を法テラスに建て替えてもらい、後々でゆっくり分割で返済していくことができます。

新型コロナウイルスと債務整理まとめ

新型コロナウイルスの影響で収入が減り返済ができそうにない場合は、まず債権者への相談を行うのと同時に国や自治体等が行っている支援等を利用するべきです。

支援等については日々情報が更新されていますので、専門の窓口に相談をしてみましょう。

それでも支払いができそうにないという場合は債務整理を検討すべきでしょう。