楽天カードの任意整理対応(債務整理)【ポイントはどうなる?】

ポイントも人気のため利用している人が多い楽天カード。

楽天カードの借金はキャッシングの取引とクレジットカードのショッピングのリボ払いの取引のどちらも任意整理をすることができます。

また、楽天銀行の借金も楽天カード同様に任意整理をすることができますが、任意整理をして利息がカットできるか、何回ほどの分割払いになるのかは相手方の会社ごとに異なります。

今回は楽天カードを任意整理した場合に利息がカットされるのか?

何回ほどの分割払いになるのか?楽天カードを任意整理するメリットとデメリットをまとめました。

楽天カードの任意整理への対応

楽天カードの任意整理への対応はどうなんですか?

 

楽天カードは任意整理には良心的な対応をしてくれるよ。

基本的に任意整理後の利息は0%にしてもらえるよ。

 

利息のカットに応じてくれるんですね!利息カット後の支払いは何回分割になるんですか?

 

借入額や取引年数等の内容にもよるけど36回~60回ほどで組んでくれることが多いよ。

 


・任意整理後の利息は0%になる
・分割回数は36回~60回ほど
・過払い金は発生しない ※楽天KC(KCカード)は過払い金が発生する可能性あり

※参考:東京司法書士会【債務整理】

任意整理後の利息

基本的に任意整理後の利息はカットしてくれます。

ただし楽天から借り入れてすぐに任意整理をするような、取引期間が短い場合は利息のカットに応じてもらえない可能性があります。

分割回数

これも取引年数にもよりますが、基本的には36回~60回払いになるので、3年~5年の長期の分割で支払っていくことが可能です。

クレジットカードのリボ払い分

楽天カードでのキャッシング取引だけではなくショッピングのリボ払いの分についても、任意整理をして元金だけを60回ほどの分割払いにすることができます。

楽天カードを任意整理するメリット

楽天カードは利息も0%にしてくれて60回以上の分割にも応じてくれるということなんですけど、それによってどのぐらいのメリットがでるものなんですか?

 

借金の額や元々の利息、毎月の返済額によるけど利息がなくなることで数十万円以上のメリットがでることが多いよ。

 

利息がなくなるだけで数十万円もメリットがでるんですね・・・

 

あとは完済までの期間も短くなったり毎月の返済額も減ることが多いよ

 


任意整理のメリットとは?

任意整理前

仮に90万円を利息18%で借りると、利息だけで13,500円になります。

上記の条件で毎月20,000円返済していくと、

・完済までに支払う利息の総額=60万円以上
・完済までに必要な期間=6年以上

毎月の返済の2/3ほどが利息の返済に充てられて元金はほとんど減らないため、完済までに6年以上かかり、利息だけで60万円以上支払うことになります。

任意整理後

90万円の借金を任意整理して利息0%、60回分割となった場合

・完済までに支払う利息の総額=0円
・完済までに必要な期間=5年
・毎月の返済額=15,000円
・完済までに支払う利息の総額 60万円以上⇒0円
・完済までの期間 6年以上⇒5年
・毎月の返済額 20,000円⇒15,000円

契約内容によりますが、任意整理をして利息がなくなることで金銭的に60万円以上のメリットが発生し、完済までの期間も短くなり毎月の返済額も少なくすることができるというメリットがあります。

※しかし任意整理にはデメリットもあります。

楽天カードの任意整理のデメリット

楽天カードを任意整理するメリットはわかりました、ちなみにデメリットはどうなんですか?

 

デメリットとしては楽天カードが解約になるということ。

あとブラックリストにも載ることだね。

 

やっぱりブラックリストに載るんですね・・・

 

ただブラックリストの影響も完済してから5年間で消えるから、その後は通常の審査を受けられるよ。

ブラックリストに載っている間はデビットカードをクレジットカードの代用として利用するという方法もあるよ。

 


・楽天カードは解約になる
・ブラックリストに載る
・楽天銀行でも借り入れがあると口座が凍結される

楽天カードは解約になる

任意整理をする会社のカードは解約になるので楽天カードを任意整理すると楽天カードは解約になります。

楽天カードを何枚か所有している人は全てのカードが解約になるので注意が必要です。

※楽天カードが解約になっても楽天のポイントは利用可能なようです。

※参考:楽天カード【カードを解約すると保有していたポイントはどうなりますか?】

ブラックリスト=審査への影響がでる

ブラックリストに載るとできなくなること

任意整理をすると信用情報機関に事故情報として残り、いわゆるブラックリストに載ることになります。

ブラックリストに載っている間は借金をしたり、ローンを組んだりクレジットカードを作ることは難しくなります。

また、楽天カード以外のカードを持っている場合、ブラックリストの影響で楽天カード以外のカードも使用できなくなる可能性があります。

しかしブラックリストの影響は任意整理した借金を完済後、5年間でなくなります。

※参考:CIC【信用情報とは】

ブラックリストに載っている間は現金で生活をしてインターネットでの買い物等はデビットカードを利用することをおすすめします。

楽天銀行で借り入れがある場合

銀行からの借入には「保証会社」というものが付きますが、楽天銀行では楽天カードが保証を行っています。

楽天銀行を任意整理する場合や、楽天カードを任意整理する際に楽天銀行からも借り入れがある場合は、楽天カードが保証を実行して楽天銀行から楽天カードへと債権が移行します。

移行した借金も楽天カードと交渉をして、同様に任意整理をすることができますが、この債権が移行する際に楽天銀行の口座が凍結されて楽天銀行にある預貯金と借金とを相殺されることになります。

事前に楽天銀行からお金を引き出しておけば相殺されることはありません。

楽天カードでの借金の減額や過払い金

楽天カードでは過払い金は発生しないんですか?

 

楽天カードや楽天銀行からの借入では、法律の制限を超える利息での取引をしていないから過払い金が発生することはないよ。

だから借金が減額されたりすることもないんだ。

 

楽天カードでは過払い金は発生しないんですね・・・

 

そうだね。

ちなみに楽天カードではなく、楽天KCとか国内信販との取引があった場合は、ワイジェイカードという会社で過払い金が発生している可能性があるよ。

 


利息制限法 過払い金発生の条件上記の利息を超えた利息で契約をして返済を行っていた場合には、借金が減額されたり過払い金が発生することがあります。

しかし、楽天カードでは上記の利息制限法の上限金利を超える金利での契約は行っていないため、楽天カードでは借金が減額されたり過払い金が発生することはありません。

国内信販や楽天KC(KCカード)でキャッシングをしていた場合は利息を直しての計算=引き直し計算をすると借金が減額されたり、さらに過払い金が発生している可能性がありますが過払い金の請求先はワイジェイカードという会社になります。

楽天カードの任意整理の流れ

楽天カードを任意整理するのは具体的にどのような手続きになるんですか?

 

任意整理の手続きはまずは弁護士や司法書士と面談を行って、専門家が楽天カードへ受任通知を送付することから始まるよ。

受任通知が送られてから任意整理の交渉が終わるまでの間は、楽天カードへの返済は一旦ストップして積立金というものを行うことになるんだ。

 

楽天カードへの返済を止めてもいいんですね!

積立金はなぜ必要なんですか?

 

積立金は任意整理費用の分割払いのために毎月専門家へ振り込むお金だよ。

ただ、積立金にはもう一つ意味があって、任意整理後は3年~5年の長期に渡って返済を続けていく必要があるから、きちんと返済を続けていけるかどうかを毎月お金を振り込んでもらうことで確認するという意味もあるんだ。

積立金は楽天カードへの返済を止めている間に行うから、積立金と楽天カードへの返済がどちらも必要になるということはないからね。

 


・面談
・受任通知送付
・積立金
・分割回数等の交渉
・返済再開

面談

まずは弁護士や司法書士事務所に相談を行って、面談を行う必要があります。

面談の際には現在の借金の総額や支払い状況、収入や支出について申告をしていき、任意整理を行って支払っていけそうかどうかを確認します。

受任通知送付

任意整理の依頼を受けた専門家はまずは楽天カードに受任通知を送ります。

受任通知を送付した後~任意整理の交渉完了までの間、楽天カードへの返済はストップする必要がありますが、支払いを止めても楽天カードからの督促が来ることはありません。

楽天カードへの支払いを止めている間に依頼者は積立金を行うことになります。

積立金

支払いを止めている間に任意整理費用の分割払いのためと、任意整理後に返済をしていけるかを確認するために積立金として毎月専門家に対して振り込みをすることになります。

積立金は専門家の口座に3~6ヵ月間振り込むことになります。

任意整理交渉

楽天カードや楽天銀行では、どんなに古い取引であっても法律の制限を超える利息での取引はないので、過払い金が発生することはありません。

そのため借金自体が減額されることはありませんが、現在の借金の利息をカットして分割払いの交渉を行います。

楽天カードとの交渉では受任通知送付から数えて3ヵ月以内に和解ができないと、和解日までの利息がカットできなかったりと条件が悪化するため、なるべく早めに和解交渉を終わらせる必要があります。

返済再開

楽天カードとの任意整理の交渉が終わったら交渉内容どおり、利息をカットしてもらい元金だけを3~5年の分割払いで返済していくことになります。

楽天カードの任意整理まとめ

楽天カードの借金はキャッシングの取引、ショッピングのリボ払いのどちらも任意整理をすることができますし、楽天銀行の借金も任意整理することができます。

楽天カードは利息のカットや60回ほどの分割にも応じてくれる良心的な会社です。

楽天カードや楽天銀行の借入では法律の制限を超える利息で取引が行われることはないので、借金が減額されたり、過払い金が発生することはありません。

現在の借金から利息をなくしてもらい、元金だけを分割で返済していくことになります。

ただし、任意整理を行うとカードが解約されたり、ブラックリストに載るというデメリットも発生します。