プロミスの任意整理対応【応じない条件や信用情報への影響】

債務整理の中でも任意整理は任意整理後の利息を0%にしてもらい、元金だけを分割で返済していく手続きですが、業者ごとに任意整理への対応は異なります。

今回はプロミスを任意整理する場合、どのような内容で交渉がまとまるのか?という点と任意整理する際の注意点を解説します。
プロミスというのはSMBCコンシューマーファイナンス株式会社という会社の商品名のため、任意整理の交渉はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社と行います。

プロミスとの任意整理の和解内容

任意整理って業者ごとに対応が違うみたいなんですけどプロミスはどうなんですか?

 

プロミスの任意整理への対応は良心的で、任意整理後の利息はカットをして36回~60回ぐらいの分割にも応じてくれるよ。

 

利息を0%にしてくれて3年~5年ぐらいの分割も組んでくれるんですね!

 

ただ借り始めて1年未満だったりと、あまりに取引期間が短い場合等は利息のカットには応じてもらないこともあるよ。

基本的には多めの分割回数にも応じてくれるから任意整理をするメリットが大きい業者だよ。

 


プロミスは他社と比べて任意整理への対応は良心的です。

  • 36回~60回ほどの分割回数
  • 任意整理後の利息はカット
  • 過払い金が発生している可能性あり

上記の内容で和解が成立することが多いです。

また、長くプロミスとの取引を行っている人には過払い金が発生している可能性もあります。

※参考:東京司法書士会【債務整理】

任意整理後の利息

任意整理前に滞納等があるとその滞納分についての遅延損害金や、任意整理が成立するまでの利息は支払う必要がありますが、任意整理後の利息については基本的にカットすることができます。

分割回数

取引年数や収支の状況によりますが、36回~60回(3年~5年)程度の分割で和解になることが多いです。

任意整理に応じない条件

プロミスから借入を開始してから1年以内等、プロミスとの取引が短い場合は利息のカットができず、数%の利息を付けなければ任意整理に応じてもらえない可能性があります。

任意整理した場合としない場合の比較

プロミスは任意整理後の利息を0%にしてくれて、60回ぐらいの分割にも応じてくれるということは毎月の返済額は大分減らせそうですね!

 

そうだね、100万円を借りている場合に60回の分割返済で交渉がまとまれば、毎月1万7000円弱の返済になるよ。

 

毎月の負担が減るなら返済が楽になりますね。

 

利息がなくなることで完済までに払う総額も大きく減るし、

返済した金額分そのまま借金が減っていくから完済までの期間も短くなったりすることもあるよ。

 


・90万円の借金
・利息17.8%
・毎月23,000円の支払い

上記の状況の人が任意整理をせずに返済を行った場合と、任意整理を行った場合とを比較します。

任意整理しないで返済する場合

90万円を利息17.8%で借りた場合は毎月利息だけで13,000円以上になるので、毎月23,000円の支払いでは半分以上が利息の返済になるため、元金はあまり減りません。

毎月の返済額の多くの部分が利息の返済に充てられるため、完済までに利息だけで46万円以上支払う必要があり、完済までに5年かかる計算になります。

任意整理しないで返済する場合

完済までに支払う利息の総額46万円以上
完済までにかかる期間5年
毎月の返済額23,000円

任意整理した場合

90万円の借金を利息0%、48回の分割払いで任意整理すると以下のとおりになります。

任意整理した場合

完済までに支払う利息の総額0円
完済までにかかる期間4年
毎月の返済額約19,000円

・完済までの支払う利息の総額 46万円以上⇒0円

・完済までの期間 5年⇒4年

・毎月の返済額 23,000円⇒約19,000円

取引内容にもよりますが、任意整理をすると利息が0%になることで返済する総額が大きく減り、完済までの期間も早くなり、毎月の返済額も少なくなるというメリットがあります。

プロミスを任意整理するデメリット

プロミスの借金を任意整理するメリットはよくわかりましたが、デメリットもあるんですよね?

 

任意整理をすると信用情報に事故情報として登録されて、いわゆるブラックリストに載ることになるよ。

ブラックリストに載るとお金を借りたり、クレジットカードを持つのは難しくなるんだけど、現金で生活したりデビットカードを利用することで、あまり不便を感じることがないようにできると思うよ。

後は銀行の借入がある場合は少し注意が必要だよ!

 

ブラックリストに載るんですね・・・

銀行の借入があるとどうなるんですか?

 

銀行の借入には保証会社というものがつくんだけど、プロミスは三井住友銀行等のカードローンの保証会社をしているんだ。

プロミスが保証している銀行から借金がある状態でプロミスを任意整理すると、銀行口座が凍結されてしまって預金と借金とで相殺されることがあるよ。

 


任意整理にはメリットがある一方で、やはりデメリットもあります。

ブラックリスト=信用情報の影響

任意整理をすれば信用情報に事故情報が記載されて、いわゆるブラックリストに載ってしまうことになります。

ブラックリストに載るとお金を借りるとかローンを組む、カードを作る際の審査に通るのは非常に難しくなりますし、任意整理をしていないカードも解約になる可能性があります。

ただし任意整理後に完済してから最大5年経てばブラックリストの影響はなくなりますので、それまでの間は現金で生活したりカードはデビットカードで代用したりすればあまりブラックリストに載ることはがデメリットに感じられない人もいるでしょう。

むしろお金が借りられる状況だと借りてしまうという人にとっては、ブラックリストに載って借り入れができなくなることがメリットに感じられる人もいます。

※参考:CIC【信用情報とは】

三井住友銀行への影響

プロミスを任意整理する際に、三井住友銀行からの借入がある場合は預貯金と借入残高とで相殺され、一定期間口座が凍結されます。

銀行からの借入には基本的に保証会社というものがつきますが、銀行カードローンの中にはプロミスが保証会社になっている場合があります。

利用している人が多い銀行で1例をあげると三井住友銀行や横浜銀行のカードローンの保証会社はプロミスがしています。

銀行の借入に返済の滞納等があった場合に保証会社は銀行の借入を代わりに支払いますが、それ以降の返済は銀行ではなく保証会社に対して返済を行っていくことになります。

保証会社が銀行の借入を代わりに返済することを代位弁済といいますが、この代位弁済がされる時に1ヵ月~3ヵ月の間、銀行口座は凍結されて借り入れと預金残高とで相殺されます。

プロミスを任意整理する際にプロミスが保証をしている銀行からの借入がある場合は、事前に口座からお金を引き出しておくことをおすすめします。

家族や会社に秘密で手続きできる?

家族に秘密で借金をしているんですけど、任意整理をしても家族にばれることはありませんか?

 

任意整理をしても家族や会社に任意整理をしたことがばれてしまうことはほとんどないよ

自己破産や個人再生とは違って、裁判所をとおさずに行う手続きだから、同居の家族の収入証明や、会社から退職金の証明書を取得する必要もないしね。

 

任意整理では家族や会社に秘密で手続きができるんですね!

 

支払いが難しい状況なら、できるなら家族に打ち明けて家族の協力を得られるのが一番いいとは思うけど、そうもいかない場合もあるだろうからね。

任意整理を依頼した後はプロミスからの督促も来なくて、弁護士や司法書士と連絡を取ることになるけど、ほとんどの事務所は家族に秘密に対しては、郵送方法を郵便局留めにする等の対応をして配慮してくれるよ。

 

そこまでしてもらえるなら、たしかに家族に知られてしまうことはほとんどなさそうですね。

 

家族に知られたくないからという理由で任意整理を行わない人もいるけど、後々でやっぱり返済ができなくなってしまう人が多いんだ。

返済が滞って貸金業者からの督促が来て、それによって家族に知られてしまった・・・というのを良く聞くから、結局のところ早めに任意整理をしたほうが家族に秘密のまま手続きできるということになるよ。

 


任意整理では、任意整理をしたことが家族にバレてしまうことはほとんどありません。
任意整理では自己破産や個人再生と異なって、同居の家族の収入証明や退職金の証明書等は必要ありません。

任意整理の手続きを弁護士や司法書士へ依頼したら、以後はプロミスから本人への連絡は禁止されるため、連絡が来ることもありません。

弁護士や司法書士からは連絡がありますが、事務所によっては電話以外にもメール対応を行っている事務所もあります。

郵送物がある場合も、事前に連絡をしたうえでの発送になり、郵送方法についても事務所の名前を記載せずに送付したり、郵便局留めを利用することもできます。

上記の対応が可能なため、任意整理をしたことが家族や会社に知られてしまうことはほぼありません。

任意整理をせずに借金の返済ができずにいると、プロミスから督促が来たり裁判をされたりして家族にバレてしまうことがあります。

また、裁判を放置して判決を取られてしまえば、給与が差押えされることもあり、給与差し押さえをされると借金を滞納していることを会社に知られてしまいます。

そのため、支払いが厳しい状況の人は、任意整理をしない方が家族や会社に知られてしまう危険性は高いと言えます。

プロミスの任意整理手続きの流れ

任意整理の手続きはどのように進んでいくんですか?

 

専門家が行う手続きとしては、プロミスの正確な借金の額を調査して利息のカットと分割回数の交渉を行んだ。

任意整理の依頼から和解が成立するまでは3か月~6か月ぐらいだよ。

 

依頼者の側は何かすることはあるんですか?

 

プロミスへの返済を止めて、積立金をすることになるよ。

 

返済を止めてもいいんですか?

 

大丈夫、借金の額を確定させて任意整理の交渉を行うから返済をとめる必要があるからね。

返済を止めてもプロミスから督促がきたりすることはないよ。

 


受任通知送付~取引履歴の取り寄せ

専門家はプロミスから取引履歴という書類の取り寄せをして現在の正確な借入残高を調査します。

過去に法律以上の利息で取引していた箇所があれば法律内の利息に直し過払い金が発生しているかの計算=引き直し計算を行います。

和解交渉

プロミスと利息のカットや返済回数等の交渉を行っていきます。

任意整理の依頼から交渉がまとまるまでは3か月~半年程度です。

引き直し計算の結果で、借金が減る場合はその減った金額について利息をなくして分割で返済をしていくことになります。

引き直し計算の結果、借金が全てなくなって過払い金が発生している場合は任意整理ではなく、過払い金返還について交渉を行っていきます。

  • 引き直し計算の結果、借金が50万円まで減った場合
    ⇒利息をカットして減額後の50万円の元金だけを分割で返済することになる。
  • 引き直し計算の結果、借金が全てなくなって過払い金が30万円発生してる場合
    ⇒任意整理ではなく30万円の過払い金請求になる。

依頼者が行う手続き

専門家に任意整理を依頼した後は、任意整理の交渉がまとまるまではプロミスへの返済を止めて、代わりに専門家に対して毎月一定額を振り込む、積立金というものを行う必要があります。

積立金をするのは、「任意整理後に毎月きちんと返済をしていけるのかの確認」と、「専門家の報酬の分割払い」の意味合いがあります。

その後任意整理の交渉がまとまったら、和解内容どおり毎月一定額を返済していき完済を目指します。

プロミスでの過払い金発生の条件

プロミスでは過払い金が発生していることもあるんですよね?

 

法律の制限より高い利息で取引をしていたのであれば借金が減額されたり、借金がなくなって過払い金が発生している場合もあるよ。

 

任意整理を依頼すると過払い金についても調べてくれるんですか?

 

違法な利息で取引をしていた箇所があれば任意整理をする際は過払い金の調査もするよ。

任意整理をするときは必ずプロミスから取引履歴を取り寄せるから、利息が高ければ引き直し計算をして借金がどのぐらい減るか過払い金がいくら発生しているかを調べるんだ。

 


過払い金は下記の利息よりも高い利息での取引があった場合にだけ発生します。

利息制限法の金利の上限
10万円未満の借入20%
10万円以上~100万円未満の借入18%
100万円以上の借入15%

プロミスは2007年12月までは25.55%と、法律の制限を超える利息で貸し付けを行っていたので、2007年12月よりも前からプロミスと取引をしている人は過払い金が発生している可能性があります。

その当時から取引があった人は正しい利息で計算をすると借金が減額されるか借金がすべてなくなりさらに過払い金が発生している可能性があります。

引き直し計算の結果、借金がすべてなくなり、さらに過払い金が発生している場合は任意整理手続きではなく過払い金請求になるのでブラックリストに載ったりするようなデメリットも生じません。

プロミス任意整理のまとめ

プロミスと任意整理する場合は将来利息をカットしてもらい、60回以上の分割を組めたりと良心的な対応をしてくれます。

そのため毎月の返済の負担も完済までに支払う返済総額も大幅に減らせることができ、完済までの期間も短くすることができます。

任意整理にはブラックリスト等のデメリットもありますが、返済に困っている人にはデメリット以上に多きなメリットが感じられるでしょう。