プロミスの任意整理(債務整理)【三井住友銀行や信用情報の影響】

債務整理の中でも任意整理は任意整理後の利息を0%にしてもらい、元金だけを分割で返済していく手続きですが業者ごとで任意整理への対応が異なります。

今回はプロミスを任意整理する場合、どのような内容で交渉がまとまるのか?という点とプロミスを任意整理する場合の注意点をまとめました。

プロミスとの任意整理の和解内容

任意整理って業者ごとに対応が違うみたいなんですけどプロミスはどうなんですか?

 

プロミスの任意整理への対応は良心的で、将来利息のカットをして36~60回ぐらいの分割にも応じてくれるよ。

 

3年~5年ぐらいの分割も組んでくれるんですね!

 

ただ借り始めて1年未満だったりとか、あまりに取引期間が短い場合等は別だけど基本的には多めの分割回数にも応じてくれるから任意整理をするメリットが大きい業者だよ。

 


プロミスは他社と比べて任意整理への対応は良心的です。

・36~60回ほどの分割回数
・将来利息のカット
・過払い金が発生している可能性あり

 

上記の内容で和解が成立することが多いです。

また、プロミスでは過払い金が発生している可能性もあります。

 

任意整理後の利息

任意整理前に滞納等があるとその滞納分についての遅延損害金等は支払う必要がありますが、任意整理後の利息については基本的にカットすることができます。

プロミスから借りてすぐに任意整理整理をするような場合、任意整理ができないこともあります。

 

分割回数

36~60回(3~5年)程度の分割で和解になることが多いです。

 

プロミスを任意整理するメリット=将来利息のカット

プロミスは任意整理後の将来利息を0%にしてくれて、60回ぐらいの分割にも応じてくれるということは毎月の返済額は大分減らせそうですね!

 

そうだね、100万円を借りている場合に60回の分割返済で交渉がまとまれば、毎月1万7000円弱の返済になるよ。

 

毎月の負担が減るなら返済が楽になりますね。

 

利息がなくなることで完済までに払う総額も大きく減るし、

返済した金額分そのまま借金が減っていくから完済までの期間も短くなることもあるだろうね。

 


仮に60万円を利息17.8%で借りて、毎月13,000円を返済していくと、

・完済までに支払う利息の総額=41万円以上
・完済までにかかる期間=6年7ヵ月

 

これに対して60万円の借金を任意整理して利息0%、60回の分割払いになった場合、

・完済までに支払う利息の総額=0円
・完済までにかかる期間=5年
・毎月の返済額=10,000円

 

取引内容にもよりますが、任意整理をすると利息が0%になる分、返済する総額が大きく減りますし毎月の返済額も少なくなり、完済までの期間も早くなるというメリットがあります。

関連記事

任意整理は自己破産や個人再生と同じ債務整理の一つですが、債務整理手続きの中で一番融通が利く手続きです。他の債務整理に比べ費用も安く済み、手続きも簡単なので債務整理の中では利用されている方が多い手続きです。「債務整理」と聞いて[…]

任意整理 債務整理

 

プロミスの任意整理手続きの流れ

任意整理の手続きはどのように進んでいくんですか?

 

専門家が行う手続きとしては、プロミスの正確な借金の額を調査して利息のカットと分割回数の交渉を行んだ。

任意整理の依頼から和解が成立するまでは3か月~6か月ぐらいだよ。

 

依頼者の側は何かすることはあるんですか?

 

プロミスへの返済を止めて、積立金をすることになるよ。

 

返済を止めてもいいんですか?

 

そう、借金の額を確定させて任意整理の交渉を行うから返済をとめる必要があるんだ。

返済を止めてもプロミスから督促がきたりすることはないよ。

 


受任通知送付~取引履歴の取り寄せ

弁護士や司法書士の専門家に任意整理を依頼した後、専門家はプロミスから取引履歴の取り寄せをして現在の正確な借入残高を調査します。(過去に法律以上の利息で取引していた箇所があれば法律内の利息に見直す計算=引き直し計算を行います。)

 

和解交渉

プロミスと返済回数等の交渉を行っていきます。

任意整理の依頼から交渉がまとまるまでは3か月~半年程度です。

 

引き直し計算の結果で、借金が減る場合はその減った金額について利息をなくして分割で返済をしていくことになります。

引き直し計算の結果、借金が全てなくなって過払い金が発生している場合は任意整理ではなく、過払い金返還について交渉を行っていきます。

仮に100万円の借金がある場合に、
・引き直し計算の結果、借金が50万円まで減った場合⇒利息をカットして減額後の50万円の元金だけを分割で返済することになる。
・引き直し計算の結果、借金が全てなくなって過払い金が30万円発生してる場合⇒任意整理ではなく30万円の過払い金請求になる。
関連記事

過バライ金請求をする前にまずは金額だけ知りたいという場合、・電話やWEB上での簡易的な診断・引き直し計算 という方法がありますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。特に引き直し計算は自分で行うと[…]

過バライ金 計算方法

依頼者が行う手続き

専門家に任意整理を依頼した後は、任意整理の交渉がまとまるまではプロミスへの返済を止めて、代わりに専門家に対して毎月一定額を振り込む=積立金を行います。

積立金は毎月決まった金額を専門家に対して振り込んで行います。

積立金をする理由は、任意整理後に毎月きちんと返済をしていけるのかの確認と、専門家の報酬の分割払いの意味合いがあります。

 

その後任意整理の交渉がまとまったら、和解内容どおり毎月一定額を返済して完済を目指します。

プロミスの過払い金発生の条件

プロミスは過払い金が発生していることもあるんですよね?

 

法律の制限より高い利息で取引をしていたのであれば借金が減額されたり、借金がなくなって過払い金が発生している場合もあるよ。

 

任意整理を依頼すると過払い金についても調べてくれるんですか?

 

違法な利息で取引をしていた箇所があれば任意整理をする際は過払い金の調査もするよ。

任意整理をするときは必ずプロミスから取引履歴を取り寄せるから、利息が高ければ引き直し計算をして借金がいくら減るか過払い金がいくら発生しているかを調べるんだ。

 


過払い金は当時の利息が法律の制限よりも高かった場合にだけ発生します。

・10万円未満の借入=20%
・10万円以上~100万円未満の借入=18%
・100万円以上の借入=15%

 

プロミスは2007年までは法律の制限を超える利息で貸し付けを行っていたので、2007年よりも前からプロミスと取引をしている人は過払い金が発生している可能性があります。

その当時から取引があった人は正しい利息で計算をすると借金が減額されるか借金がすべてなくなりさらに過払い金が発生している可能性があります。

引き直し計算の結果、借金がすべてなくなって過払い金が発生している場合は任意整理手続きではなく過払い金請求になるのでブラックリストに載ったりするようなデメリットも生じません。

関連記事

過バライ金ってよく聞くけど、どんな取引をしていると過バライ金は発生するのか?借金をしていても、すべての人に過バライ金が発生する訳ではありません。過バライ金が発生する仕組みと、過バライ金請求の対象になる取引、対象にならない取引[…]

過バライ金とは 対象
関連記事

プロミスへ過払い金請求した場合に、どのぐらいの返還割合での和解となるのか?返還まで何日位かかるのか?プロミスへ過払い金請求してもデメリットはないのか?心配で請求に踏み込めない人も多いと思います。そこでプロミスへ過払い[…]

プロミス 過払い金請求

プロミスを任意整理するデメリット

プロミスの借金を任意整理するメリットはよくわかりましたが、デメリットもあるんですよね?

 

まぁね、任意整理をすると信用情報に事故情報として登録されて、いわゆるブラックリストに載ることになるよ。

後は銀行の借入がある場合は少し注意が必要だよ!

 

銀行の借入ですか?

 

銀行の借入には保証会社というものがつくんだけど、プロミスは三井住友銀行等のカードローンの保証会社をしているんだ。

プロミスが保証している銀行から借金がある状態でプロミスを任意整理すると、銀行の口座が凍結されて預金と借金とで相殺されることもあるよ。

 


プロミスを任意整理するとメリットがある一方で、やはりデメリットもあります。

 

ブラックリスト=信用情報の影響

任意整理をすれば信用情報に事故情報が記載されて、いわゆるブラックリストに載ってしまうことになります。

ブラックリストに載るとお金を借りるとかローンを組む、カードを作る際の審査にとおるのは非常に難しくなります。

 

さらに基本的には今持っているカードも解約になります。

ただし任意整理後に完済してから最大5年経てばブラックリストの影響はなくなりますので、それまでの間は現金で生活したりカードはデビットカードで代用したりすればあまりブラックリストに載ることはがデメリットに感じられない人もいるでしょう。

 

むしろお金が借りられると借りてしまうという人にとってはブラックリストに載って借り入れができなくなることがメリットに感じられる人もいます。

関連記事

ブラックリストに載ると借金やローンを組めなくなる?確かに審査にとおるのは難しくなります。しかしどのような場合にブラックリストに載るのか?載る期間はどのぐらいなのか?・ブラックリストに載る条件・載るとどのような影響がでるのか[…]

債務整理 ブラックリスト

 

三井住友銀行カードローンへの影響

銀行からの借入には基本的に保証会社というものがつきますが、プロミスは銀行のカードローンの保証会社になっている場合があります。

有名なところだと三井住友銀行のカードローンの保証会社はプロミスがしています。

 

銀行の借入に返済の滞納等があった場合に保証会社は銀行の借入を代わりに支払いますが、それ以降の返済は銀行へではなく保証会社に対して返済を行っていくことになります。

保証会社が銀行の借入を代わりに返済することを代位弁済といいますが、この代位弁済がされる時に銀行口座は凍結されて借り入れと預金残高とで相殺されます。

プロミスを任意整理する際にプロミスが保証をしている銀行からの借入がある場合は、口座が凍結されて預金残高とで相殺されてしまいますので、事前に口座からお金を引き出しておくことをおすすめします。
関連記事

以前はキャッシングといえば消費者金融や信販会社が主流でしたが、総量規制の影響もあり現在は銀行のカードローンを利用している人が多くなりました。当然、最近は銀行借り入れの返済に追われての相談が増えてきています。もちろん銀行の借り入れ[…]

債務整理 銀行

 

プロミス任意整理のまとめ

プロミスと任意整理する場合は将来利息をカットしてもらい、60回以上の分割を組めたりと良心的な対応をしてくれます。

そのため毎月の返済の負担も完済までに支払う返済総額も大幅に減らせることができ、完済までの期間も短くすることができます。

 

任意整理にはブラックリスト等のデメリットもありますが、返済に困っている人にはデメリット以上に多きなメリットが感じられるでしょう。

 

債務整理について相談したいならこちらがオススメです。