プロミスへの過払い金請求への対応【デメリットも解説】

過払い金請求への対応、どのぐらいの割合での返還してもらえるのか?返還までの期間はどのぐらいかかるのか?は相手方の会社によって異なるものです。

今回はプロミスで過払い金請求した場合の和解内容と、発生する可能性のあるデメリットとそのデメリットを回避する方法をまとめました。

プロミスとの取引で過払い金の対象になる条件

プロミスで借りていても過払い金が発生しない場合もあるんですよね?

 

うん、プロミスで取引をしていても過払い金が発生しない人もいるよ。

過払い金は法律の制限を超える利息で返済をしていた場合にだけ発生するものだから、法律内の利息で契約をしていた人には過払い金は発生しないよ。

 

法律で規制されている利息よりも高い利息だった場合には過払い金が発生するんですね。

昔のことで利息を覚えてないんですけど・・・

 

利息がわからない場合は、2007年の12月よりも前から借りていたのであれば過払い金が発生している可能性は高いよ。

プロミスは2007年12月以降に新規で契約した人の利息を法律内の利息に見直しをしているから、2007年の12月以前から借りていた人の場合は過払い金が発生している可能性が高くなるよ。

ただ、完済から10年以上経過すると過払い金は時効になるから、完済している人は2007年以前から借りていて、完済後10年経過していないこと、というのが条件になるよ。

 


※プロミスで借金をしている人全員が過払い金の対象になるものではありません。

過払い金は下記の利息よりも高い利息で返済をしていた場合に限って発生するので、取引当初から上記の利息内で契約をしている人には過払い金は発生しません。

※途中から法律内の利息に見直された場合でも、当初は法律以上の利息だったのであれば過払い金が発生する可能性があります。

・10万円未満の借入→利息20%が上限
・10万円以上100万円未満の借入→利息18%が上限
・100万円以上の借入→利息15%が上限

過払い金が発生していない取引で、支払いが難しい人は任意整理を検討すべきでしょう。

また、完済から10年以上経っている場合は過払い金は時効になり、回収をすることはできません。

プロミスで過払い金が発生する時期

プロミスは2007年の12月には新規契約時の利息を法律内の利息に変更しているので、2008年以降からプロミスと取引を始めた人には過払い金は発生しません。

プロミスで過払い金が発生するのは、2007年の12月よりも前から取引を開始している人に限られます。

ポケットバンクやクオークローンからの借入

ポケットバンク(三洋信販)も過払い金が発生する可能性がある会社です。

ポケットバンクは現在プロミスに合併しているため、ポケットバンクで発生した過払い金はプロミスから回収できます。

また、以前「りっち」や「ぷらっと」という会社と取引をしていた場合、りっちとぷらっとはクオークローンという会社になり、その後プロミスへ債権が移行しています。

どのようにして債権がプロミスへ移行したかによって、クオークローンの過払い金をプロミスから回収することができるかできないかが異なります。

2007年頃にプロミスからクオークローンとの契約をプロミスへ切り替えるという案内がされましたが、この案内に応じて契約の切り替えを行った人は、クオークローンで発生した過払い金をプロミスから回収することができます。

一方契約の切り替えに応じなかった場合は、強制的にクオークローンからプロミスへ債権譲渡が行われていますが、この場合は過払い金の支払い義務はプロミスへ移行していないと判断されますので、クオークローン分の過払い金を回収することはできません。

 アットローンからの借入

以前あったアットローンは2011年4月1日にプロミスと合併し、以降はアットローンではなくプロミスへ返済を行うようになっています。

アットローンは法律よりも高い利息での貸し付けは行っていないため、アットローンとの契約だった場合は、後にプロミスへ返済を行っていても過払い金が発生することはありません。

プロミスの過払い金請求への対応

プロミスへの過払い金請求はどのように進んでいくんですか?

 

まずはプロミスから取引履歴を取り寄せて過払い金の計算をすることからだね。

計算後はその金額をプロミスに請求して交渉を行っていくことになるんだ。

 

交渉になるんですか?すぐに払ってもらえるものではないんですか?

 

どこの業者もすんなりとは過払い金全額を支払ったりはしないんだ。

プロミスの場合は過払い金元金の7~8割の金額を1~3か月後の返金で和解になることが多いね。

その金額では納得いかない場合は裁判をする必要があるよ。

 


過払い金請求は以下の流れで行われます

・取引履歴の取り寄せ

・過払い金の請求or裁判

・和解or判決

・返金

取引履歴が届くまでの期間や、過払い金請求に対する和解提案の内容(返還割合や返還までの期間)は貸金業者ごと異なりますし、請求する専門家(弁護士や司法書士)の事務所ごとにも和解提案は異なります。

プロミスの場合は以下のような対応になります。

取引履歴の取り寄せ

プロミスから取引履歴を取り寄せるため、受任通知というものを送付します。

受任通知送付から、取引履歴到着までは2週間ほどです。

過払い金の和解提案

計算したら、その金額をプロミスへ請求します。

請求後1ヵ月ほどでプロミスから和解の提案がきます。

・過払い金元金の7割~8割

・1~3か月後の返還

取引内容や交渉する事務所によっても異なりますが、一般的に上記のような和解提案がきます。

過払い金の返還割合

プロミスは裁判をしない場合は、過払い金の7割~8割ほどの金額を和解案として提案されることが多いです。

それ以上となると、裁判をしないと回収することは難しいです。

また、過払い金には年5%ずつ利息も付きますが、この利息も裁判をしないと回収できません。

プロミスの過払い金返還期間

和解してから1~3か月後の返還となることが多いです。

取引履歴の取り寄せに2週間ほどかかり、和解までにさらに1ヵ月ほどますので、取引履歴の取り寄せから考えると2~5か月ほどで過払い金を回収することができます。

※裁判をする場合は回収期間が延びます。

プロミスへ裁判をして回収する場合

プロミスは裁判をするとどういう対応をしてくるんですか?

 

プロミスは争いがあるものは裁判をしても争ってくるから、裁判の場合は時間がかかることが多いよ。

 

裁判はどのぐらいで終わるんですか?

 

裁判開始から返金までは争点等がなければ半年前後ぐらいで終わることもあるけど、内容によっては1年以上かかることもあるよ。

 


和解提案に納得いかない場合は裁判で争っていくことになりますが、裁判をした場合プロミスはどのような対応をしてくるのか?

裁判をした場合の和解提案

プロミスとの裁判ではあまり内容に争いがなければ、ある程度裁判が進むと利息まで含めた金額での和解提案がプロミスからだされ、途中で和解となることが多いです。

ただし内容に争いがあれば、徹底的に争ってくることもあります。

裁判をした場合の回収までの期間

和解提案が来る時期は取引内容や、裁判の進み具合により異なりますが、訴訟提起してから2~5か月ほどで来ることが多いです。

和解から振り込みまでは、1~4か月ほどとなるので、訴訟提起から計算すると3~9か月ほどでの回収となります。

上記はスムーズに回収ができる場合の例ですが、争いがあれば回収までに1年以上かかることもあります。

プロミスへの過払い金請求で争いとなる点

プロミスへの過払い金請求で、問題になるのってどういった点なんですか?

 

取引の途中で完済してる箇所があって、再度の借入までに1年以上の期間が開いているような場合は、取引の分断を争ってくるよ。

後は貸付停止をされている場合に、貸付停止から10年以上経っている場合は時効の主張をしてくるね。

 

時効は完済してから10年じゃないんですか?

 

貸付が停止されていると、そこから時効が進行するという考えかたもあるんだ。

この主張が認められることは少ないけど、余計な争点は減らしたほうがいいから過払い金はなるべく早めに請求をした方がいいんだ。

 


プロミスへ裁判をすると、内容によっては争ってきます。

プロミスがよく争ってくるのは主に下記の点です。

・取引の分断

・最終貸付から10年で時効

・充当合意の消滅

取引の分断

取引途中に一度すべて完済した後、空白期間を置いてまた借りたという場合、取引の分断を争ってきます。

1年以上の空白期間があるものは必ず取引の分断を主張してきます。

取引の分断が認められると途中完済までの取引と、その後の取引の過払い金を別個に計算することになります。

別個に計算するよりも、最初から最後まで通して計算をした方が過払い金は多くなります。

また、途中完済から10年以上経っている場合で分断が認められると、途中完済までの過払い金は時効になってしまいます。

貸付停止から時効進行

通常は時効が進み始めるのは、取引終了時=完済してからになるため、最後の完済から10年以内であれば過払い金は時効にはなりません。

しかし、返済の遅れや信用情報の悪化等で貸付が停止されている場合、貸付が停止された時点から時効はするので、貸付停止から10年以上経っている場合は過払い金が時効になっている旨の主張をしてきます。

取引の終盤は返済だけしていたという場合に当てはまることがよくあります。

裁判所移送の申し立て

プロミスへ裁判をすると、裁判所を変更してほしいという主張をしてくることがあります。

この主張が通ることはほぼありませんが、裁判所変更の主張がされると審理を行う必要があるため、裁判が再開されるまで数か月かかります。

そのためプロミスは時間稼ぎのために裁判所移送の申し立てを行ってきます。

過払い金請求をして発生するデメリット

プロミスへ過払い金請求をすることで発生するデメリットってありますか?

 

請求した会社のカードは解約になるから、プロミスに過払い金請求をするとプロミスは解約になるんだ。

その点がデメリットと言えばデメリットと言えるね。

後はプロミスが保証会社になっている銀行からの借り入れがある場合は要注意だよ。

 

保証会社ですか?

 

そう、銀行のカードローンなどではほとんどの場合に保証会社というものが付くんだけど、三井住友銀行等ではプロミスが保証会社になっているんだ。

プロミスが保証している銀行からの借入がある状態でプロミスへ過払い金請求をすると最悪の場合、過払い金と銀行借り入れ残高とで相殺されてブラックリストに載ってしまうことがあるよ。

 


完済した後の過払い金請求では、一般的にはプロミスが解約になるぐらいのデメリットしかありません。

しかし、プロミスが保証をしている銀行からの借り入れがある場合は注意が必要です。

プロミスが保証をしている銀行からの借入がある状態で過払い金請求をプロミスへする際に、保証をしている銀行の支払いを滞納していると保証を実行されてしまう可能性があります。

保証が実行されるとどうなる

保証が実行されるとブラックリストに登録されますし、過払い金と銀行の残債とで相殺されることになります。

銀行の残債の方が過払い金よりも多いと、相殺後の残債を任意整理するということになります。

過払い金請求をする際はプロミスとプロミスが保証している銀行、どちらも完済後に請求するのが、デメリットが発生しない安全な方法です。

ちなみにプロミスが保証を行っているのは、大手銀行だと三井住友銀行です。その他の地銀等でも保証業務を行っています。

プロミスへの過払い金請求のまとめ

プロミスは消費者金融大手だけあり、過払い金請求への対応は悪くはありません。

しかし他の会社を合併していたり、銀行の保証を行っていたりと、少し複雑になる部分もありますので、単純に完済しているからと言って、安易に過払い金を請求できない場合がありますので注意が必要です。