オリコの借金の任意整理(債務整理)オートローン審査への影響

  • オリコを任意整理すると返済は楽になる?
  • 任意整理のデメリットを知りたい
  • 相談後の手続きはどう進めるの

オリコカードで有名なオリコ、利用している人も多くキャッシングだけではなく、ショッピングのリボ払いでも返済に困っている人は多いようです。

オリコの返済が難しくなってきたら債務整理をする方法があります。

キャッシング取引でもショッピングのリボ払いでも、任意整理をして利息を無くして元金だけの支払いにして返済の負担を軽減することができます。

オリコは自動車ローンを利用している人も多いので、今回はオリコを任意整理するとどうなるのか?デメリットについてと併せて自動車ローンへの影響等を解説します。

オリコを任意整理するとどうなる

オリコの借金を任意整理するとどうなりますか

オリコを任意整理すると利息は0%になり、60回ほどの分割払いで返済をすることになります。

ただし、オリコから借り入れてからの期間が短い等の事情がある場合は、利息カットや長期分割の交渉が難航することもあります。

キャシングだけではなく、オリコカードでショッピングのリボ払いにしているものも任意整理することができます。


  • 任意整理後の利息は0%になる
  • 分割回数は60回ほど
  • 過払い金が発生している可能性あり

 利息は0になる

オリコは任意整理後の利息は基本的に0%にしてくれますので、任意整理後は残っている元金だけを分割で支払っていくことになります。

ただし、オリコから借入れてから間もないような場合は利息のカットに応じてもらえない場合もあります。

長期の分割回数

60回=5年ほどの分割払いに応じてくれますし、状況によってはさらに長期の分割にも応じてくれることもあります。

※参考:法テラス:債務の整理をしたいと考えています。どのような方法がありますか?

オリコを任意整理するメリット

任意整理をすることでどのぐらいのメリットが発生しますか

一般的に完済までの間に利息だけで数十万円支払うことが多いため、利息がなくなることで完済までに支払う総額が少なくなり、完済までの期間も早くなる可能性があります。

また、長期の分割回数の交渉にも応じてもらえるので、毎月の返済額も少なくなる可能性が高いです。


任意整理をしない場合

オリコから50万円を利息18%で借りていて毎月15,000円ずつ返済していく場合で比較します。

50万円を利息18%で借りていると、毎月の利息だけで7,500円になるので15,000円の返済の内、半分が利息の返済になり元金はあまり減りません。

そのため、完済までに利息だけで約20万円支払うことになり、完済までの期間も4年ほどかかります。

任意整理をせずに返済する場合
完済までに支払う利息の総額約20万円
完済までの期間約4年
毎月の返済額15,000円

任意整理をすると

任意整理をして利息0%、36回の分割払いになった場合

任意整理をした場合
完済までに支払う利息の総額0円
完済までの期間3年
毎月の返済額14,000円

 

任意整理しない場合任意整理をすると

完済までに支払う利息の総額

約20万円

0円
完済までの期間約4年3年
毎月の返済15,000円約14,000円

※60回の分割回数で和解ができた場合は、完済までの期間は長くなりますが、毎月の返済金額は8,400円ほどになります。

取引内容によるので一概には言えませんが任意整理をすることで毎月の返済額を減らしながら、完済までの期間が短くなり、完済までに支払う金額を大幅に減らすことでできる可能性があります。

任意整理のメリット

オリコを任意整理するデメリット

任意整理のデメリットは何がありますか

オリコのカードは全て解約になります。

ブラックリストに登録されるのでオリコ以外のカードも解約になる可能性が高いです。

オリコでオートローンを返済中の場合は、車がローン会社に引き上げられてしまう可能性もあります。


オリコカードは解約になる

オリコを任意整理すればオリコのカードは解約になります。

何枚かオリコのカードを持っている場合は、すべてのオリコのカードが任意整理の対象になるのですべてのカードが解約になります。

オリコのカードが解約になると貯めていたオリコポイントは無効になってしまうので、事前に利用するようにすべきです。

※参考:オリコ【カードを解約(脱会)するとポイントはどうなるのですか?】

ブラックリストで審査に影響がでる

任意整理をすると信用情報にその旨が登録されて、いわゆるブラックリストに載ることになります。

※参考:CIC【信用情報とは】

ブラックリストに載ればお金を借りたりローンを組んだりするのは難しくなりますし、現在持っているオリコ以外のクレジットカードも使用できなくなる可能性もあります。

ただしブラックリストの影響は最大でも完済から5年でなくなります。

自動車ローンとの関係

オリコで自動車ローンを返済中の人がオリコを任意整理すると、自動車ローン返済中の車が取り上げられる可能性があるので、オリコで自動車ローンを契約して現在返済中の人は注意が必要です。

オリコ以外の会社で自動車ローンを組んでいる場合は車が引き上げられてしまうことはありません。

また、任意整理後はブラックリストに載るので、ブラックリストに載っている間は新しく自動車ローンを契約するのは難しいでしょう。
ただしブラックリストの影響も数年で消えるので、影響がなくなった後であれば通常どおりの審査を受けることができます。

銀行の保証会社

銀行のカードローン等では保証会社というものがついていますが、オリコはみずほ銀行等の銀行カードローンの保証会社になっていることがあります。

オリコが保証している銀行からの借入がある状態でオリコを任意整理をすると、保証が実行されて銀行の借入がオリコに移動します。

その際に銀行口座が3ヵ月ほどの間凍結されて、銀行にある預貯金と銀行借入額とで相殺されてしまうことになります。

オリコを任意整理するデメリット

任意整理は家族や会社に秘密のまま手続きできる

任意整理は家族や会社に秘密のままでできますか

任意整理は自己破産等と比べて必要になる書類も少なく、オリコから連絡が来ることもないので家族や会社にバレる可能性が非常に少ない手続きです。


任意整理は、家族や会社に秘密のままで行える可能性が高い手続きです。

自己破産や個人再生だと、家族や会社の協力が必要な書類の提出を裁判所から求められますが、任意整理ではそのようなことはありません。

また、任意整理をした後はオリコから本人に対して連絡が来ることはないですし、郵送物が届くこともありません。

ブラックリストに登録されてクレジットカードが解約になったり、ローンが組めなかったりした際に不審に思われてしまう可能性はあります。

そのため、生活費等をクレジットカードで支払っている人は注意が必要です。

ただし、ブラックリストに登録されてクレジットカードが解約になったり、ローンが組めなかったりした際に不審に思われてしまう可能性はあります。

生活費等をクレジットカードで支払っている人は注意が必要です。

自己破産や個人再生と比べて、借金をしていることや任意整理をしていることが家族や勤め先にバレてしまう可能性は低いです。

任意整理をせずに借金の支払いを滞納していると、オリコから督促が来たり裁判を起こされたりして家族に知られてしまうこともありますし、裁判で判決を取られた後は給与差し押さえをされれば会社に借金を滞納していることを知られてしまうので、返済が難しい状況の人は任意整理をしない方が家族や会社に知られてしまう危険性は高いとも言えます。

オリコでの借金の減額や過払い金発生の条件

オリコで借金が減額されたり過払い金が発生することはありますか

オリコは2007年3月までは法律の制限を超える利息で取引を行っていたので、2007年3月よりも前からオリコと取引をしていたのであれば、借金が減額されたり過払い金が発生している可能性があります。

過払い金が発生するのはキャッシングだけなので、ショッピングのリボ払いではどんなに長く取引をしていても、借金が減額されたり過払い金が発生することはありません。


利息制限法の金利の上限
10万円未満の借入20%
10万円以上~100万円未満の借入18%
100万円以上の借入15%

過払い金は上記の法律の制限を超えた利息で取引をしていた場合に限って発生します。

参考:高利を支払っていた場合には、取り戻すことができるのですか?|法テラス

オリコは2007年の3月までは法律以上の利息で取引を行っていたので、2007年の3月よりも前からオリコと取引をしていたのであれば計算をし直すと借金が減額されたり過払い金が発生している可能性があります。

ただし、法律の制限を超えた利息になっているのはキャッシング取引だけなので、ショッピング取引では何年前から取引をしていたとしても借金が減額されたり過払い金が発生することはありません。

過払い金があった場合

過去に法律よりも高い利息で取引があった場合は利息を直して計算する=引き直し計算を行います。

引き直し計算によって借金が減った場合は利息をなくして減った後の元金だけを分割で返済することになります。

引き直し計算の結果、借金が全てなくなって過払い金が発生している場合は任意整理ではなく、過払い金返還について交渉を行っていきます。

過払い金が発生しているのであれば、請求を行ってもブラックリストに登録されることはありません

  • 引き直し計算の結果、50万円の借金が30万円まで減った場合⇒利息をカットして減額後の30万円の元金だけを分割で返済することになる。
  • 引き直し計算の結果、50万円の借金が全てなくなって過払い金が30万円発生してる場合⇒任意整理ではなく30万円の過払い金請求になる。

返済中でも引き直し計算をすると過払い金発生する

オリコの任意整理の流れ

任意整理の手続きはどのように進んでいくんですか

まずは弁護士や司法書士との面談を行うことから始まります。

その後オリコから取引履歴を取得して現在の借入額や借金の減額や過払い金が発生していないかを確認し、オリコと利息カットや分割回数の交渉を行います。

任意整理の交渉は依頼から3か月~6か月ぐらいで完了し、オリコへの返済を再開します。

依頼者の人がする事としてはオリコへの返済を止めて、その間に専門家に対して積立金を行うことです。


  1. 面談
  2. 受任通知送付
  3. 積立金
  4. 引き直し計算
  5. 和解交渉
  6. 返済再開

受任通知送付

専門家に対して任意整理を依頼すると、専門家はオリコに対して受任通知を送付します。

依頼者の人は受任通知が送付された後はオリコへの返済を止めて、専門家に対して積立金を行います。

※受任通知送付後はオリコへの返済を止めても、オリコから督促が来たりすることはありません。

引き直し計算

受任通知の送付から2~3週間ほどでオリコから取引履歴が届きます。

取引履歴の内容で、過去に法律よりも高い利息での取引があれば引き直し計算を行います。

引き直し計算によって借金が減額されたり、過払い金が発生する可能性があります。

和解交渉

その後、専門家はオリコと利息カットと分割回数の交渉を行います。

依頼者が行うこと

  • オリコへの返済を止める
  • 積立金をする
  • 任意整理の和解成立後は和解内容どおりにオリコへ返済していく

オリコへの返済を止めている間に、専門家に対して毎月決まった金額を振り込んで積立金を行います。

積立金をするのは任意整理後にオリコにきちんと返済していけるかの確認と、専門家の費用の分割払いの意味合いがあります。

そのため、積立金ができなかった時は任意整理をしても返済はできないと判断されるため、任意整理を進めることはできません。

任意整理が出来ない時は自己破産や個人再生を検討する必要があります。

返済の再開

依頼から3ヵ月~6ヵ月でオリコとの任意整理の交渉が終わります。

オリコと専門家との交渉がまとまった後は、任意整理の内容どおり無利息での返済を行い完済を目指していきます。

任意整理依頼後に依頼者が行うこと

オリコの任意整理まとめ

オリコの借金を任意整理をすると、任意整理後の利息は0%になって元金だけを60回以上の分割で返済していくことになります。

任意整理にはブラックリスト等のデメリットもありますが、オリコは利息を免除してくれますし、多めの分割回数にも応じてくれるので非常に任意整理のメリットが大きい会社です。

また2007年3月よりも以前からオリコとキャッシングをしていた人は、借金が減額されたり過払い金が発生している可能性もあります。

ただし任意整理にはブラックリストに登録されるデメリットもあるため、任意整理をするメリットとデメリットを比較して検討するべきです。