任意整理をすると在籍確認されるの?【会社にバレる原因】

支払いが苦しいので任意整理をしてみたいけど、借金があることが会社に知られるのは困る・・・

任意整理を依頼したら在籍確認をされて会社に知られてしまいそうで心配。

今回は任意整理した場合に会社に在籍確認の連絡が入るのか?会社に借金がバレてしまう原因は何かを解説します。

任意整理をすると在籍確認はされる?

任意整理を依頼すると勤務先に対して在籍確認が入ることはありませんか?

 

任意整理を行っても現在の勤め先に対して在籍確認の連絡がくることはないよ

 

そうなんですね。

ちなみに債権者に登録した時と勤務先が変わっているんですけど、このような場合はどうなんですか?

 

任意整理の際に相手方の業者によっては、勤め先が代わっている場合は現在の勤め先を申告しなければ任意整理ができない所が一部あるから、その場合は現在の勤務先を教える必要があるよ。

ただし、勤務先が変わっていても現在の勤務先に在籍確認の連絡が入るようなことはないよ。

 


任意整理をする際に、貸金業者から勤務先に在籍確認の連絡はされません。

勤務先が代わっている場合

貸金業者に申告してある勤務先と現在の勤務先が異なる場合、貸金業者によっては現在の勤務先を伝えなければ任意整理には了承しないという方針をとっている貸金業者も一部あります。

そういった業者を任意整理する際は現在の勤務先を伝える必要が生じますが、これは支払いの滞納等があった場合に、最終的には給与差押え等の手段をとれるようにするためなので、在籍確認はされません。

いずれにせよ任意整理したからといって在籍確認の連絡がくることはなく、在籍確認をとられて借金がある事実が会社にバレるということにはなりません。

借金が会社にバレてしまう原因

借金があることが会社にバレてしまうのってどのような場合なんですか?

 

返済ができてない状態で借入先からの電話や送付物を放置し続けていると、勤務先に貸金業者から連絡が入ってしまう可能性はあるよ。

また、訴訟提起され、給与が差し押さえされてしまうと、債権を差押える旨の通知書が会社に届くから、借金を滞納している事実が会社に知られてしまうんだ。

 

主に返済の滞納をして連絡を無視している場合ですね。

任意整理を行ったと、会社にバレることはあるんですか?

 

任意整理後に支払いができていないのに連絡を放置している場合も、勤務先への連絡や裁判所からの給料差押えにより、借金を支払えていない事実が会社にバレちゃうこともあるよ。

ただし、借金の滞納をしていることが知られるのであって、任意整理をしているかどうかまでは会社にはわからないよ。

 


借金がある事実が勤務先に対して知られてしまう可能性がある原因は、主に以下の場合です。

勤務先への連絡

支払いをしないでいれば債権者より連絡が来てしまいますが、それ放置していると勤務先へ連絡が入る可能性があります。

本来は正当な理由なく、勤務先へ連絡はしてはいけないと貸金業法21条3項で定められていますが、あくまでも正当な理由がない場合であり、本人へ電話しても書面を送付してもまったく連絡が取れないような場合は、勤務先へ貸金業者から連絡が入ってしまう可能性はあります。

※任意整理をして任意整理後も弁護士や司法書士が業務を継続しているなら、滞納等があった際の連絡は弁護士や司法書士の事務所に入り、本人や勤務先には連絡はされません。

ただし、弁護士や司法書士の事務所からの本人への連絡も無視し続け、返済もしない状態でいると弁護士や司法書士から辞任されてしまいます。

そうなると債権者から本人へ直接の連絡が再開されて、連絡がとれないような場合は勤務先に連絡が入ってしまう可能性があります。

 給与差し押さえ

滞納し連絡も取らずに放置していると、訴訟を提起されたり支払督促という書類が届きますが、これらも無視していると最終的に判決や支払督促が確定し、勤務先が知られている場合は給与が差押えされてしまいます。

裁判所の命令で給料が差押えされる際には、給与を差押える旨の通知書が会社に届くので、それにより借金の支払いを滞納している事実が勤務先に知られてしまいます。

放置はしないこと

返済を滞納して連絡せずに放置していると勤務先に連絡が入る

返済を滞納して連絡せずに放置していると裁判になり、給料が差押えされる際に会社に知られる

借金を滞納している状態なのにもかかわらず連絡を無視していれば、債権者の側も勤務先への連絡や裁判を起こすという選択肢しかなくなってしまいます。

裁判になってしまったとしても、その裁判所にて和解を交わして分割で支払うことが認められる場合もありますので、とにかく放置はせずこまめに連絡をとることが重要です。

弁護士や司法書士の専門家に債務整理を依頼をすると、その時点から貸金業者からの督促は止まります。

また、裁判の対応が難しいと感じる場合も専門家に相談をするべきでしょう。

任意整理と在籍確認のまとめ

任意整理を行っても会社に在籍確認はされません。

貸金業者に登録した勤務先が変わっている場合は、新しい勤務先を伝えなければ任意整理に応じてくれない貸金業者も一部あるので、そういった場合は現在の勤務先を申告しなければ任意整理できませんが、その場合も在籍確認はされません。

そのため、任意整理をしたとしても在籍確認をされてしまって、会社に借金があることが知られるような事態には陥りません。

借金がある事実が会社に知られてしまう原因は、借金の支払いを滞納しているのに連絡を取らずにいると、貸金業者から会社に連絡が入ったり、裁判所の命令で給料が差し押さえられた時です。

そのため、借金の支払いができない時も連絡を無視せず正直に話し、今後の支払いも難しい場合は債務整理を検討するため専門家に相談をしてみるべきです。