横浜銀行の任意整理【任意整理をした場合としない場合で比較】

  • 横浜銀行を任意整理すると返済は楽になるのか?
  • 任意整理のデメリットを知りたい
  • 相談した後の手続きはどうやって進めていくの

横浜銀行で返済が苦しくなってきた時は任意整理を行うことで返済が楽になることがあります。

任意整理の対応は会社ごとに異なるので、今回は横浜銀行を任意整理した場合の対応を解説します。

横浜銀行の任意整理への対応

横浜銀行の借金を任意整理するとどうなりますか

横浜銀行を任意整理をすると、基本的には利息は0%になって元金だけを分割で返済していくことになります。

利息がなくなると返済した分だけ借金が減っていくため、いつ完済できるのかが明確になりますし、完済までの期間も短くなります。

分割払いの回数は60回ほどになり、長期の分割払いになれば毎月の返済額も少なくなる可能性が高いです。


  • 任意整理後の利息は0%になる
  • 5年ほどの分割払い
  • 過払い金が発生している可能性はない

※銀行からの借入の場合は過払い金が発生することはありません。

横浜銀行ではSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)か横浜信用保証株式会社が保証業務を行っています。

横浜銀行を任意整理すると、保証を実行して横浜銀行の借金はSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)か横浜信用保証株式会社へ移行します。

そのため、任意整理の交渉は保証会社のSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)か横浜信用保証株式会社と行っていくことになります。

もし保証会社がプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の場合で、横浜銀行以外にプロミスからも借入があると、横浜銀行とプロミスのどちらも任意整理することになります。

任意整理後の利息

任意整理をした後は利息は0%になって、元金だけを分割で支払っていくことができます。

利息がなくなるため、支払えば支払った分だけ元金が減っていくことになります。

ただし、借入開始から1年未満等、取引が短い場合は利息のカットに応じてもらえないことがあります。

任意整理後の分割回数

60回ほどの分割払いになるので、5年ほどの分割払いで支払っていくことができます。

長期の分割払いになれば、毎月の返済額は少なくなります。

また、いつ完済できるのかが明確になりますし、完済までの期間も短くなる可能性があります。

 任意整理せずに支払っていくと

利息がなくなって長期の分割払いになると言っても、そのメリットはわかりにくいと思うので任意整理した場合としない場合で比較します。

横浜銀行で70万円を利息14.6%で借りて毎月16,000円を返済していくとなると、完済までに5年3ヶ月かかりますし、完済までに利息だけで30万円以上も支払う計算になります。

任意整理をせずに返済する場合
完済までの期間5年3ヶ月
毎月の返済額16,000円
完済までの利息返済額30万円以上

任意整理をすると

70万円の借り入れを任意整理して利息0%、60回の分割払いになった場合は5年で完済できます。

毎月の返済額は70万円を分割回数の60で割ると算出できるので、70万円÷60=11,666円、約12,000円になります。

任意整理をした場合
完済までの期間5年
毎月の返済額約12,000円
完済までの利息返済額0円

 

任意整理しない場合任意整理をすると

完済までの期間

5年3ヶ月

5年
毎月の返済額16,000円約12,000円
完済までの利息返済額30万円以上0円
借入の内容によりますが、任意整理をすることで完済までに支払う金額を数十万円減らしながらも、完済までの期間が短くなり毎月の返済額も少なくなる可能性があります

任意整理のメリット

横浜銀行での借金の減額や過払い金

横浜銀行の借金が減額されたり過払い金が発生することはありますか

銀行からの借入では借金が減額されたり過払い金が発生することはありません。

法律の制限よりも高い利息で返済をしていた場合に過払い金は発生しますが、銀行が法律よりも高い利息で取引をすることはないからです。

減額や過払い金はありませんが、利息を免除してもらい元金だけを分割で返済していくことが可能です。


利息制限法の金利の上限
10万円未満の借入20%
10万円以上~100万円未満の借入18%
100万円以上の借入15%

上記の制限を超えて借金の返済をしていた場合は、利息を直して計算することで借金が減ったり過払い金が発生することになります。

消費者金融やクレジットカード会社からの借入では法律の制限を超える利息での取引をしている場合もありますが、銀行からの借入では法律の制限を超える利息での取引をすることはありません。

銀行からの借入では過払い金は発生しないため、横浜銀行では借金が減額されたり過払い金が発生することはない

銀行は過払い金は発生しない

横浜銀行を任意整理するデメリット

任意整理のデメリットは何がありますか

横浜銀行のカードローンは解約になります。

ブラックリストにも登録されるので、借金やローンを組んだりするのは難しくなりますし、他の会社のクレジットカードも解約になる可能性が高いです。

ただし、完済してから5年間でブラックリストの影響はなくなります。

ブラックリストに登録されている間もネットショッピング等はデビットカードやpaypayですることができます。


横浜銀行のカードローンは解約になる

任意整理をした会社は解約になるので、横浜銀行を任意整理すると横浜銀行のカードローン等は解約になります。

ブラックリストの影響が発生する

任意整理をすると信用情報機関に事故情報が登録されて、ブラックリストに登録されることになります。

※参考:CIC【信用情報とは】

お金を借りたりローンを組んだり、クレジットカードを作成する時、貸金業者等は信用情報を確認して審査を行います。

そのため、ブラックリストに登録されている間はお金を借りる、ローンを組む、クレジットカードを作成する等はほぼできなくなります。

また、クレジットカード会社は定期的に信用情報を閲覧しているので、任意整理をしない他社のクレジットカードも利用できなくなる可能性があります。

ただしブラックリストの影響は最長でも任意整理後に完済してから、5年ほどでなくなります。

ブラックリストに載っている間でも、クレジットカードやローンを利用せずに現金で生活するのなら支障はありません。

デビットカードやpaypayでネットショッピング等はすることができます。

横浜銀行の口座は凍結される

銀行を任意整理すると、その銀行口座にある預金と借金とで相殺をされることになります。

その過程で2~3ヵ月の間銀行の口座が凍結されて、口座から出金はできなくなります。

相殺されたくない場合は任意整理前に口座からお金を引き出しておくことをおすすめします。

横浜銀行を任意整理するデメリット

家族や会社に秘密のままで手続きできる

任意整理は家族や会社に秘密にしたままできますか

任意整理は自己破産等と比べて必要になる書類も少なく、東京スター銀行から連絡が来ることもないので家族や会社にバレる可能性が非常に少ない手続きです。

ただしブラックリストの影響には注意が必要です。


任意整理は、家族や会社に知られることなく、内緒で手続きができる可能性が高いです。

自己破産や個人再生だと、家族や会社の協力が必要な書類の提出を裁判所から求められますが、任意整理ではそのようなことはありません。

また、任意整理をしている間は横浜銀行から本人に対して連絡が来ることはないですし、郵便物が届くこともありません。

そのため、自己破産や個人再生と比較して、借金があることや任意整理をしていることが家族や勤め先に知られてしまう可能性は低いです。

ただし、ブラックリストに登録されてクレジットカードが解約になったり、ローンが組めなかったりした際に不審に思われてしまう可能性はあります。

生活費等をクレジットカードで支払っている人は注意が必要です。

任意整理は家族にバレずにできるのか

任意整理の流れ

任意整理の手続きはどのように進んでいくんですか

まず受任通知という書類を横浜銀行へ送付して、その後に利息のカットや何回払いにするか等の交渉を行っていきます。

受任通知が送付された後は横浜銀行への返済はSTOPして、積立金を行うことになります。

依頼から交渉が完了して、返済が再開されるまでは3ヶ月~6ヵ月ほどです。


  1. 受任通知送付
  2. 積立金
  3. 引き直し計算
  4. 分割回数等の交渉
  5. 返済再開

受任通知送付

任意整理を依頼すると、専門家は横浜銀行に対して受任通知というものを送付します。

その後は横浜銀行への支払いはSTOPして、弁護士や司法書士に対して積立金を行いますが、支払いをSTOPしても横浜銀行から督促が来ることはありません。

積立金

横浜銀行への返済を止めている間に、弁護士や司法書士に対して積立金を行うことになります。

積立金は費用の分割払いのためではありますが、もう1つ「任意整理後は長期の分割払いになるので、長期間きちんと返済を続けていけるのかを確認するため」という意味もあります。

任意整理交渉

任意整理後の利息のカットと、分割回数の交渉を横浜銀行の保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)又は横浜信用保証株式会社と行います。

銀行では借金が減額されたり過払い金が発生することはありません。

返済再開

任意整理の交渉が終わったら交渉内容どおり、元金だけを分割で返済していくことになります。

依頼者が行うこと

  • 横浜銀行への返済を止める
  • 積立金をする
  • 任意整理の和解成立後は和解内容どおりにへ返済していく

任意整理を依頼した後は、横浜銀行への返済は一時STOPすることになりますが、返済と止めても督促は来ません。

返済を止めている間に、依頼者は専門家に対して積立金を行う必要がありますが、これは任意整理後に毎月返済していけるかの確認と専門家の費用の分割払いのために行います。

もし積立金ができないと、任意整理をしても返済を継続していくことができないと判断されるので、任意整理ができなくなる可能性があります。

その場合は自己破産や個人再生を検討する必要があります。

任意整理を依頼してから3か月~6か月程度で任意整理の交渉がまとまるので、その後は任意整理の内容どおりに保証会社のSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)か横浜信用保証株式会社に返済をして完済を目指します。

任意整理依頼後に依頼者が行うこと

まとめ

横浜銀行の借金は任意整理を行って利息を0%にして5年ほどの分割払いで支払っていくことができます。

利息がなくなり長期間の分割払いになることで、毎月の返済額が少なくなって完済までの期間も早くなる可能性があります。

そのため、返済が苦しい人は任意整理をすることで返済が楽になります。

横浜銀行のカードローンはプロミスか横浜信用保証株式会社が保証を行っているので、任意整理自体はプロミスか横浜信用保証株式会社と交渉を行って返済をすることになります。

デメリットとしてはブラックリストに載ることになります。

ブラックリストに登録されるとローンを組んだり、クレジットカードを利用することが難しくなります。

クレジットカードが使えなくなっても現金で生活する分には支障はないですし、ネットショッピング等はデビットカードやpaypayで利用することができます。