任意整理(債務整理)で遅延損害金等の延滞金は支払う必要があるのか?

借金の支払いを滞納していると、延滞金として遅延損害金というものが発生します。

任意整理をした場合は任意整理後の利息はカットしてもらえますが、延滞金である遅延損害金までカットしてもらうことはできるのか?

遅延損害金とは?

借金の支払いをしないでいると、延滞金みたいなものが付くみたいなんですけど、これは支払う必要があるものなんですか?

 

遅延損害金のことだね。

延滞金とか延滞利息と呼ばれたりするけど、これは支払いが遅れたことに対する賠償金として支払うものだから支払う必要があるものなんだよ。

 

遅延損害金って賠償金なんですね・・・

 

遅延損害金は通常の利息よりも高い割合で、遅れた日数分支払うことになるよ。

だからなるべく発生することのないように、期日に送れることなく払うほうがいいね。

 


支払いの期日までに支払えない場合は、遅れた日数分遅延損害金が発生します。

この遅延損害金は通常の利息よりも高い割合になり、多くの場合は年20%に設定されています。

遅延損害金が年20%の場合、50万円の借金を1年滞納すると10万円の遅延損害金が発生することになります。

任意整理をすると遅延損害金はカットされる?

任意整理をすると任意整理後の利息は0%にしてもらうということですけど、

任意整理前に滞納をしていた場合はそこまでの遅延損害金はどうなるんですか?

 

任意整理の時は原則的には遅延損害金の支払いも免除してもらうように交渉を行うんだけど、

遅延損害金を免除してもらえない場合もあるよ。

 

任意整理をしても遅延損害金が免除してもらえない場合もあるんですね・・・

 

遅延損害金が免除してもらえるかは相手方の会社にもよるし、裁判を起こされているとかの状況によっても変わってくるよ。

 


任意整理をすると任意整理後の利息は免除してもらい、元金だけを分割で支払っていくことになりますが、遅延損害金が発生している場合は遅延損害金も免除してもらえるように交渉を行っていきます。

遅延損害金が免除してもらえるかは相手方の会社によるところが大きく、問題なく遅延損害金の支払いを免除してくれる会社もあります。

しかし会社によっては任意整理後の利息は免除してもらえるが遅延損害金は免除されず、元金と遅延損害金を合わせた金額を分割で支払うという内容じゃないと任意整理を受けてもらえない事もあります。

また、既に裁判になってしまっている場合等は遅延損害金の免除は難しくなります。

任意整理をすると任意整理後の利息は免除してもらえるが、遅延損害金については免除されないこともあるので、なるべくなら遅延損害金が大きくなりすぎる前に任意整理の相談をすべきです。
関連記事

任意整理は自己破産や個人再生と同じ債務整理の一つですが、債務整理手続きの中で一番融通が利く手続きです。他の債務整理に比べ費用も安く済み、手続きも簡単なので債務整理の中では利用されている方が多い手続きです。「債務整理」と聞いて[…]

遅延損害金が免除されない場合

任意整理をしても遅延損害金が免除されない場合はどうなるんですか?

 

その場合は借金の元金と遅延損害金を合計した金額を分割で支払うことになるよ。

 

遅延損害金も分割で支払うことはできるんですね!

 

そうだね。

ただ遅延損害金が大きい場合は遅延損害金がカットできないことによって、任意整理をしても支払いができないということもあると思うけど、そうなると他の債務整理を検討する必要もでてくるよ。

 


借金が100万、遅延損害金が10万円ついている場合に、遅延損害金が免除できなかった場合

借金の元金100万円、遅延損害金10万円を合わせた110万円を3年~5年ほどの分割で支払っていくことになります。

任意整理をしても支払いができない場合

遅延損害金が免除されないことで、任意整理をしても支払いができそうにない場合は、それによって他の債務整理をするしかなくなるから遅延損害金は免除してほしいと相手方の会社と交渉を行います。

それでも遅延損害金の免除に応じない場合は他の債務整理を検討する必要があります。

個人再生の場合は遅延損害金を含めて借金を減額してもらい、分割で支払っていくことができます。

自己破産では遅延損害金も含めて借金の支払いを全て免除してもらうことができます。

関連記事

債務整理と聞くと、任意整理と自己破産を思い浮かべる人が多いと思いますが、債務整理の中には個人再生という手続きもあります。個人再生には他の手続きにはない特徴があり、任意整理では支払っていくのが難しく、事情により自己破産はできないという場合[…]

関連記事

自己破産については間違ったマイナスなイメージを持っている人が大勢いらっしゃいます。確かに気軽に利用するような手続きではありませんが、現在支払いに追われ苦しい思いをされているのでしたら、まずは正しい情報を知った上で一度検討してみるべき[…]

借金が時効になっている可能性もある

5年以上借金の支払いをしていない場合は、既に借金が時効になっていて支払う必要がなくなっている可能性があります。

数年ぶりに請求が来た借金であまりにも遅延損害金が付いている場合等は時効を疑ってみるべきでしょう。

ただし5年経過前に裁判を起こされたりしていると時効にはなりません。
関連記事

借金の返済をしていないけど業者からの連絡もこないので何年もそのままにしていた借金の督促が突然届くことがあります。借りていた会社からだけではなく債権回収会社からの督促だったり、直接自宅に来るような業者もいます。このような場合に[…]

借金 時効

任意整理と遅延損害金まとめ

借金の返済を怠っていると、通常の利息よりも高い割合の遅延損害金が発生します。

この遅延損害金は任意整理を行っても免除してもらえない場合があります。

遅延損害金が免除されない場合の任意整理では、借金の元金に遅延損害金も含めた金額を分割で支払うことになります。

そのため内容によっては任意整理をしても支払っていけないということも発生する可能性がありますが、そういった場合は任意整理以外の個人再生や自己破産を検討する必要がでてしまいます。

そのため支払いができなくなってしまったら、遅延損害金が大きくなる前に早めに任意整理を検討すべきです。

また、5年以上支払いをしていない場合は借金が時効になっている可能性もあります。

債務整理について相談したいならこちらがオススメです。

名村法律事務所