任意整理の対象外にして残したクレジットカードも使えなくなるのか

任意整理の相談を受けている際に、任意整理をしてもクレジットカードを残すことはできるの?という質問を頂くことが多いです。

任意整理をしてクレジットカードを残しておくのは難しいですが、その理由は任意整理の対象にするかどうかで異なってきます。

任意整理の対象にするクレジットカード

クレジットカードを任意整理の対象にすると、そのクレジットカードはどうなるんですか?

 

任意整理の対象にしたクレジットカードは解約になって利用することはできなくなるよ。

 

やっぱり利用し続けることはできなくなるんですね・・・

 

そうだね。

同じ会社のカードを何枚も持っている場合は、その会社のカードは全て解約になるよ。

 


クレジットカードのキャッシングの借入も、ショッピングのリボ払い分も任意整理をして利息をなくし、元金だけを分割で返済することができます。

ただし、任意整理をする会社のカードは解約になるので、任意整理をする会社のクレジットカードを利用することはできなくなります。

同じ会社でカードを2枚以上発行している場合に、そのクレジットカード会社を任意整理すればそのクレジットカード会社のカードは全て解約になります。

例えばニコスで2枚のカードを持っている場合は、ニコスを任意整理をするとニコスのカード2枚とも解約になります。

関連記事

債務整理の相談の中には、キャッシングはしてないけどローンやショッピングのリボ払い等が溜まって、毎月返済に追われている・・・という人も多いです。クレジットカードのショッピングのリボ払いや、商品購入で組んだローンも債務整理をすることができま[…]

※参考:法テラス【債務の整理をしたいと考えています。どのような方法がありますか?】

任意整理の対象外にして残したクレジットカード

じゃあ任意整理の対象にしなかったクレジットカードはどうなるんですか?

 

任意整理の対象にしていないクレジットカードも解約になる可能性があるよ。

 

えぇ!任意整理の対象にしていないのに解約になる可能性があるんですか?

 

任意整理をするとブラックリストに載るからね、それによって対象外のカードも利用できなくなることがあるんだ。

 


任意整理では任意整理の対象にする会社をある程度選択することができます。

例えばショッピングの一括払いでしか利用していないカードや、借入をしていても非常に少額のカード等は任意整理の対象から外すことはできます。

しかし、任意整理をすると信用情報機関に事故情報として登録されてブラックリストに載ることになります。

そのため任意整理の対象から外してもブラックリストに載っていることを理由に、対象外にしているカードの利用も止められてしまう可能性があります。

対象外のカードが止められてしまう可能性は?

実際に任意整理を行った人の中には、対象外にしたカードが使用できなくなった人が多くいます。

任意整理の対象にしていないクレジットカードの利用を止められる可能性は高いです。

ただし、キャッシング枠のないショッピングでのカード利用はそのままできているという人もいるので、結局のところカードが止められてしまうかどうかはカード会社次第ということになります。

任意整理によってクレジットカードが止められてしまったら

任意整理をしてカードが止められてしまったら不便になりますね・・・

 

そうだね。

ただ、今だとクレジットカードと同じように利用できるデビットカードもあるからね。

 

確かに一括払いの買い物等であればデビットカードで代用きますね。

 

うん、リボ払いとかはできないけどね。

それにブラックリストの影響も一定期間だから、その後はまた通常のカード作成の審査を受けることもできるようになるよ。

 


クレジットカードが利用できなくなっても、デビットカードなら通常は審査なしで持つことができます。

デビットカードはクレジットカードの一括払いと同じような使い方をすることができます。

ただしデビットカードは利用すると即時に口座から引き落としをされるものなので、クレジットカードのようにリボ払いやキャッシングをすることはできません。
関連記事

債務整理をするとブラックリストに載るのでクレジットカードを持つことは難しくなりますが、クレジットカードが使えなくなるとネットショッピング等で不便になって困るという人が多いです。そのような場合にはデビットカードを利用することをおすすめしま[…]

ブラックリストの影響

ブラックリストの影響が残る期間は信用情報機関によって異なりますが、任意整理から5年間か、任意整理前に滞納等によってブラックリストに載っている場合は任意整理後完済してから5年間です。

最大の影響が残る期間でみると任意整理して3年間で完済した場合は、さらにそこから5年間影響が残るので、任意整理開始時からみると8年間ブラックリストに載るということになります。

関連記事

債務整理したいけど、ブラックリストに載ると借金やローンを組めなくなるのが嫌だから躊躇しているという人は多いです。確かにブラックリストに載ると審査にとおるのは難しくなります。しかしどのような場合にブラックリストに載るのか?載る期間はど[…]

※参考:CIC【信用情報とは】

過払い金請求の場合

任意整理ではなく、過払い金が発生していた場合はどうなんですか?

 

借金があっても計算したら過払い金が発生している場合は、任意整理ではないからブラックリストには載らないよ。

だから対象外にした会社のカードには影響がでないから、そのまま利用できるよ。

 

過払いになっている場合はブラックリストには載らないんですね!

 

うん、ただし過払い金を請求した会社のカードは解約になるからね。

 


借金があっても、過去に法律の制限を超える利息での取引があった場合は、法律内の利息に見直して計算をすると既に借金がなくなっていて、過払い金が発生している場合があります。

その場合の手続きは任意整理ではなく過払い金請求になりますので、ブラックリストに登録されることはありません。

過払い金請求をした会社のカード

過払い金請求をしてもブラックリストに載ることはありませんが、過払い金請求をした会社のカードは解約になります。

過払い金請求をする会社以外のカード

過払い金請求ではブラックリストに載らないので、過払い金請求ををしない会社のカードには何ら影響がでることはありません。

関連記事

過払い金を計算するには引き直し計算というものをする必要があります。弁護士や司法書士によっては引き直し計算は無料で行ってくれるのですが、実際にどのような計算を行っているのかと、ご自身で行う方法を解説しています。過払い金の引き直し計算方[…]

任意整理対象外のカードまとめ

任意整理の対象にしたカードは解約になりますし、任意整理の対象から外してもブラックリストの影響によって対象外のクレジットカードが解約になってしまう可能性があります。

カードが止められてしまったらブラックリストの影響がなくなるまでは、新たにカードを作成することは難しくなります。

その間はデビットカード等を利用することで、ある程度クレジットカードの代用をすることはできます。

また、任意整理ではなく過払い金が発生している場合はブラックリストには載らないので、対象外のカードに影響がでることはありません。