任意整理した後に返済ができなくなってしまうとどうなる?

任意整理 滞納任意整理をしてしばらく返済してきたけど、途中から返済ができなくなってしまった・・・

任意整理は3年~5年という長期間での返済計画になりますので、余裕を持たせずに無理な金額で任意整理をしたり、任意整理後に体を壊したり仕事や家庭の事情等で返済ができなくなってしまう人はいらっしゃいます。

任意整理をした借金の返済が滞ってしまった場合はどのような問題が発生するのか?

 

任意整理した借金を滞納していると

任意整理後に返済が滞ってしまうとどうなるんですか?

残金を一括で支払え!と請求されてしまう可能性があるよ。

一括返済ですか・・・

任意整理をする際には和解書等を交わすんだけど、多くの場合その和解書には2回返済が滞ったら一括返済しなければならないという内容が記載されているから、2月分以上の滞納が発生すると一括返済を求められる可能性があるんだ。

さらにそれも返済しないでいると訴訟を起こされてしまうことになる。

 

任意整理をした借金の支払が出来なくなってしまうと以下のようなことが起こり得ます。

任意整理後の滞納
・一括での返済を請求される
・裁判を起こされる

一括返済を求められる

借金の返済を長期滞納していれば貸金業者から一括で返済を求められます。

これはお金を借りる際、契約書には「返済を怠った場合は期限の利益を喪失する」と記載されています。

 

期限の利益とは今回の場合で言えば分割で返済できる利益ですので、期限の利益を失えば貸金業者から一括での返済を求めることができるようになります。

期限の利益を失えば遅延損害金も発生します。

 

任意整理を行った場合専門家と貸金業者とで和解書を交わしますが、この和解書にも期限の利益喪失について記載されています。

和解書では2回支払いを怠ったら期限の利益を失う、とされていることが多いです。

裁判を起こされる

借金を返済せずにそのまま滞納していると貸金業者から裁判を起こされることがあります。

裁判を起こされた場合貸金業者との分割返済の交渉がまとまれば裁判上の和解となり、和解できなければ判決となります。

 

どちらも「債務名義」というものになります。

債務名義をとられると貸金業者は強制執行をすることができますので、給与の差し押さえや不動産の差し押さえをされる可能性があります。

裁判上の和解後や判決後に借金の返済をせずそのまま滞納をしていると強制執行される可能性があります。

 

借金を家族や会社に秘密にしている人も多いと思いますが裁判を起こされると、自宅に裁判所から通知が届き家族にバレてしまう可能性がありますし、給料の差し押さえがされると当然会社にも借金を滞納していることが知られてしまいます。

任意整理後に一時的に返済が遅れてしまった場合の対処法

どうしても支払いが出来ない場合はどうすればいいんですかね?

事情があって一時的に返済ができないような場合は、短期間の滞納であれば大目に見てもらえることもあるからまずは相手方の会社に話してみるべきだよ。

正直に話してみるべきなんですね!

既に訴えられてしまった場合も裁判所で分割で返済していきたいということを主張していけば相手方次第でもあるけど、再度分割返済が認められることもあるからね。

 

支払いが難しくなったらまずは一時的に返済が難しい旨を貸金業者に連絡すべきでしょう。

弁護士、司法書士の専門家が任意整理後も引き続き継続して業務を行っている場合は、専門家へ連絡をすることになります。

 

連絡もなく返済もしないのでは業者側も訴訟をするしかありませんので、連絡をとりづらい気持ちもあるでしょうが最低限連絡はすべきです。

長期にわたって支払いができなくなってしまった場合は一括返済を求められたり、裁判を起こされることがありますが一時的な滞納であり、その後はきっちり支払っていくということであれば貸金業者側も事情を考慮してくれる場合もあります。

約束通りきちんと支払ってきたけど一時的に事情があって返済ができないがその後はきちんと支払っていけそう・・・ということなら大目に見てくれる業者も多いです。

 

もちろん貸金業者次第なので数か月の滞納ですぐに裁判を起こしてくる貸金業者もありますが、それでも連絡がないよりはあったほうが事情を考慮してくれる可能性は高くなるでしょう。

一括請求された場合の対処法

上記で書いたとおり、一括請求される前に事情を話して返済を少し待ってもらうのが最善です。

一括での請求をされてしまった場合も、まずは事情を話して再度分割で支払っていけるか交渉を行う、交渉がまとまらなければ2回目の債務整理を検討すべきです。

裁判を起こされた場合の対処法

裁判所から通知が届いた場合も無視をしていると(答弁書も出さず裁判にも欠席すると)すぐに判決をとられてしまいますので、裁判についても放置はしてはいけません。

裁判所から訴状が届いた場合も今後分割返済で支払っていけるのであれば業者とその旨の交渉を行って和解できる可能性があります。

任意整理後の支払いをできない状態が一時的でない場合

今後支払っていくことが全くできなくなってしまった場合はどうすればいいんですか?

任意整理後に返済ができなくなってしまったのなら個人再生か自己破産を検討すべきだね。

他の債務整理を検討すべきってことですね。

そうだね。

個人再生なら借金が減額されるし、自己破産なら借金を支払う必要がなくなるから任意整理で返済ができない場合は個人再生か自己破産をするしかないということになるよ。

 

上記までは一時的な原因で滞納をしたがその後は返済できるという場合について説明しました。

しかし任整整理後の事情でこの先の返済ができそうにない場合は個人再生か自己破産を検討すべきです。

まとめ

支払いができなくなったら
・任意整理をした後返済ができなくなってしまった場合、まずは貸金業者か専門家へ返済ができない旨を連絡する。
・一時的に支払いができなくなってしまったのであれば、その旨を話して少しの間支払いを待ってもらいその後は再度分割で支払っていく。
・支払いができない状態が一時的なものでなく今後も支払える見通しがない場合は、個人再生か自己破産を検討する。

 

支払いができなくなった場合、貸金業者に対して連絡をするのはとても勇気がいることだとは思いますが、どんな事情があるにせよ連絡もなく返済を滞納されたのでは貸金業者側としても事情を考慮することもできません。

債務整理について匿名で相談したいならこちらがオススメです。

東京ミネルヴァ法律事務所