任意整理をすると不動産は処分される?それぞれの債務整理ごとに解説

返済ができなくなってきたので債務整理したいけど不動産等の財産はどうなるのか?

債務整理には任意整理と個人再生、自己破産があり、それぞれで不動産が処分されてしまうのかは異なります。

それぞれ解説していきます。

不動産を持っている人が任意整理をすると

不動産を持っている人が任意整理をすると不動産が処分されたりすることはあるんですか?
任意整理では財産が処分されることはないから、不動産を持っていても処分されることはないよ。
だから自分名義のマイホームを持っているならそのまま住み続けることができるよ。
じゃあ任意整理をしても不動産は影響を受けないんですね!
うん。ちなみに不動産以外の例えば車とかその他の財産も処分する必要はないよ。

任意整理の手続きでは財産を処分する必要はありませんので、不動産を持っている人が任意整理をしても不動産を処分する必要はありません。

また、不動産以外の財産についても全て処分する必要はありません。

財産を処分することなく、借金の利息を0%にして元金だけを分割で返済していくことが可能です。

住宅ローン返済中の場合

任意整理では任意整理をする業者を選択することができるので、住宅ローン以外の借金だけを任意整理することができます。

住宅ローンを任意整理の手続きから除外すれば住宅ローンは今まで通りの返済を続けながら、その他の借金の利息をなくして元金だけを分割で返済していくということになります。

不動産担保ローン返済中の場合

住宅ローンではなく不動産を担保に入れて借金をしている場合、その不動産担保ローンを任意整理の対象にすると不動産が処分されてしまいます。

不動産担保ローンを任意整理の手続きから除外すれば不動産が処分されることなく、その他の借金の利息をなくして元金だけを分割で返済していくということになります。

関連記事

任意整理は自己破産や個人再生と同じ債務整理の一つですが、債務整理手続きの中で一番融通が利く手続きです。他の債務整理に比べ費用も安く済み、手続きも簡単なので債務整理の中では利用されている方が多い手続きです。「債務整理」と聞いて[…]

任意整理 債務整理

個人再生の場合

不動産を持っている人が個人再生をするとどうなるんですか?
不動産が自宅で住宅ローンを返済中の場合は「住宅資金特別条項」という制度を利用することで住宅ローンを個人再生から除外して、その他の借金だけを個人再生をして減額してもらうことができるよ。
じゃあ自宅以外の不動産とか、自宅であっても住宅ローンを返済中じゃない場合はどうなるんですか?
住宅資金特別条項以外では個人再生は全ての借金が対象になるから、不動産担保ローンとかでローン返済中の場合は個人再生をすると担保を実行されて不動産は売却されてしまうんだ。
ローンが残っていない不動産がある場合は不動産は処分されないけど、「清算価値保証の原則」というのがあるから個人再生をしても借金があまり減額されなかったりするんだ、詳しくは下記で説明するよ。

個人再生では不動産がある場合に、ローン返済中でも住宅ローンなのか?それ以外か、ローンを完済しているか?によって内容が異なります。

住宅ローン返済中の場合

住宅ローンを返済中の場合は住宅資金特別条項という制度を利用することで、住宅ローンは個人再生の手続きから除外することで住宅ローンはそのままに他の借金だけを減額して返済していくことができます。

不動産担保ローンや車のローン返済中の場合

不動産担保ローン等で不動産を担保に入れている場合は、そのローンも必ず個人再生の対象になります。

個人再生を行うと担保が実行されてしまい、不動産が売却されてしまうことになります。

車等のローンを返済中の場合も同様で、個人再生をするとその車等も処分されてしまいます。

不動産等を持っていて、ローンも残っていない場合

この場合、不動産等は処分されませんが、個人再生には清算価値保証の原則というものがあり個人再生をして減額される借金と不動産等の財産の金額を比較して、高いほうの金額を個人再生の支払い金額にすることになります。

仮に借金が1,000万円あり、価値300万円の不動産を持っている人が個人再生をすると

1,000万円の借金は200万円まで通常は減額されますが、減額後の200万円よりも資産の300万円のほうが高いので、この場合は個人再生をしても300万円を分割で返済していくことになります。

関連記事

債務整理と聞くと、任意整理と自己破産を思い浮かべる人が多いと思いますが、債務整理の中には個人再生という手続きもあります。個人再生には他の手続きにはない特徴があり、任意整理では支払っていくのが難しく、事情により自己破産はできないという場合[…]

個人再生 デメリット

 自己破産の場合

じゃあ不動産を持っている人が自己破産をするとどうなるんですか?
自己破産の場合は財産は処分されるよ。
それはローンを返済しているか完済しているかに限らずですか?
うん、どちらにせよ処分されるよ。

自己破産では基本的に財産は処分されることになります。

不動産以外の財産は自由財産として残しておける場合があります。

・99万円以下の現金
・20万円以下の預貯金
・売却価格20万円以下の自動車
・20万円以下の保険の解約返戻金
・退職金の見込み額が160万円以下
関連記事

自己破産については間違ったマイナスなイメージを持っている人が大勢いらっしゃいます。確かに気軽に利用するような手続きではありませんが、現在支払いに追われ苦しい思いをされているのでしたら、まずは正しい情報を知った上で一度検討してみるべき[…]

自己破産 デメリット

まとめ

不動産を持っている人が債務整理をする場合、債務整理手続きによって不動産が処分されることがあります。

不動産を担保にしてローンを組んでいる場合は、不動産担保ローンを任意整理手続きから除外することで不動産を処分することなく任意整理をすることができます。

 

個人再生の場合は、住宅資金特別条項を利用することで住宅ローンは個人再生に含めずに他の債務だけを個人再生して借金を減額することができます。

住宅ローンではなく、不動産担保ローン等では不動産は処分されます。

すでにローンを完済している場合は清算価値保証の原則があるので、減額後の借金の金額と資産価値とで比較して高いほうの金額を返済することになります。

 

自己破産の場合は不動産は処分されることになります。