任意整理で自宅に郵便物は届く?届く書類の種類と郵送方法

任意整理をしたいけど家族に秘密の借金なので、自宅に郵便物等が届くのは困るという人は多いです。

やはり借金が家族に秘密だという人は多いので、ほとんどの事務所では家族にバレないように配慮しています。

任意整理手続き中に郵便物が届くのはどのような場合で、何回ぐらい届くのか?郵送方法はどのようなものがあるのか?

任意整理をすると貸金業者から郵便物はくるの?

借金をしていることは家族に秘密にしているんですけど、任意整理をして自宅に郵送物が届くことはあるんですか??

 

任意整理を専門家に依頼すると貸金業者から本人へ連絡することや郵便物を送付することは禁止されるから、任意整理依頼後は貸金業者から本人への郵送物は届かなくなるよ。

 

貸金業者からは連絡もこないし郵送物もこなくなるんですね!

 

ただしクレジットカードの利用明細なんかは、任意整理を依頼して間もない間は届いたりすることはあるよ。

後は任意整理後でも貸金業者から訴えられた場合は、裁判所からの書類は本人へ届けられることになるね。

だから任意整理前に長期間滞納しているような場合は注意が必要だよ。

 


任意整理を依頼し専門家から貸金業者へ受任通知を送付した後は、貸金業者から本人への電話や郵送物を送ることはできなくなります。

そのため任意整理を依頼した後に本人の自宅へ貸金業者から郵便物が届くことはなくなります。

任意整理依頼後でも書類が届く場合

クレジットカードのご利用明細のような毎月定期的に送付されるようなものに関しては任意整理を依頼した後、貸金業者もすぐに発送を止めることができない場合があり、本人の自宅へ届いてしまうことがあります。

また、任意整理を依頼した後は貸金業者への返済をSTOPする必要があり、返済を止めても貸金業者からの連絡がくることは本来ありません。

しかし、任意整理の依頼と返済日が近い場合等は入れ違いで支払いの督促状が届いてしまうこともあります。

さらに任意整理を依頼した後でも、貸金業者から訴えられた場合の裁判所からの書類は本人の自宅へ届くことになります。

ここまで書類が届いてしまう場合を記載しましたが、返済日が近い場合に督促状が届くことや、貸金業者から訴えられ裁判所から書類が届くようなことはほとんどないことですので、あまり極端に心配する必要はありません。

依頼した事務所からの郵便物

任意整理を依頼した事務所から書類が届くことはないんですか?

 

通常は問題なければ任意整理手続きが終了した後に和解書等が送付されてくるぐらいだね。

 

1度だけなんですね、それは自宅へ届けられるんですか?

 

自宅に送付する場合は事務所名を入れずに送付したりもできるし、後は本人限定受取郵便や郵便局留めとかもできるよ。

後は事務所に直接取りに行くこともできるよ。

 


任意整理を依頼した後に事務所から本人へ郵便物を送るのは、基本的に任意整理の交渉完了後に1度だけです。

任意整理の内容=返済総額、毎月の返済額、振込先等が記載されている和解書が送付されることになります。

事務所によって異なりますが、書類の受取方法は以下の方法があります。

郵送方法

自宅へ郵送する際に事務所の名前が入っているのが困る場合は、事務所名を入れずに専門家の個人名で送付することもできます。

本人限定受取郵便

本人限定受取郵便で送付するという方法もあります。

本人限定受取郵便は、まず自宅へ本人限定受取郵便が届いているという通知が入り、その通知を元に希望の時間を指定して、指定の時間に郵便物が届けられますがその際に本人が身分証を提示して受け取るという方法です。

上記のように本人限定受取郵便は本人しか受け取ることができませんが、やはり家族に怪しまれてしまう可能性はあります。

郵便局留め

郵便局留めは、郵便物を自宅には届けずに郵便局に留めおかれるので、それを郵便局まで取りに行って受け取るという方法です。

郵便局から郵便局留めを預かっているというような通知が来ることもありませんので、家族に秘密の場合は1番安全な郵送方法と言えるでしょう。

事務所での受け取り

書類を送らずに、専門家の事務所にて受け取るという方法もできます。

任意整理の郵便物まとめ

任意整理を依頼した後は貸金業者から本人へ郵便物が届くことはありません。

しかし、返済日が近い場合等はすれ違いで督促状が届いてしまったり、訴えられた場合は裁判所から書類が届いてしまう可能性はありますので、この点は注意が必要です。

任意整理を依頼した後に専門家の事務所から本人へ書類が届くのは、基本的には任意整理の交渉が完了した後に1度だけ和解書等を送付されるぐらいです。

専門家から郵送がある場合は、

・事務所名が入った封筒
・無地の封筒
・本人限定受取郵便
・郵便局留め
・来所での受け取り

上記の方法で受け取ることができますので、郵便物で借金があることが家族にバレてしまうようなことはほとんどありません。