任意整理をしてもpaypay(ペイペイ)は使える?

任意整理をすると信用情報機関に事故情報として登録されてブラックリストに載ることになります。

任意整理をしてブラックリストに載ってもスマホ決済のpaypay(ペイペイ)は利用することができるのか?解説しています。

任意整理をしてもpaypay(ペイペイ)は利用できるの?

任意整理をするとブラックリストに載ってクレジットカードは利用できなくなると聞いたんですけど、paypayは利用できるんですか?

 

paypayは事前にお金をチャージしてアプリで支払うものだから、クレジットカードのようにブラックリストに載っても利用ができなくなることはないよ。

 

paypayはブラックリストとは関係ないんですね!

 

ATMや口座からアプリにチャージする場合はブラックリストとは関係ないよ。

ただし、paypayにクレジットカードを登録してクレジットカードでのチャージ、paypayでクレジットカード払い、paypay銀行のカードローン等はブラックリストの影響を受ける可能性があるよ。

 


ブラックリスト載っても、paypay(ペイペイ)の買い物での利用はすることができます。

任意整理をしてブラックリストに載ると、クレジットカードは影響を受けて利用ができなくなる可能性があります。

クレジットカードでは新規作成や、更新の際等に定期的に信用情報を確認して審査が行われているため、ブラックリストに載るとクレジットカードが解約になる可能性があるためです。

※参考:CIC【信用情報とは】

しかし、paypayはアプリへATMや銀行口座からチャージをして、チャージした金額で買い物等をするものなので、審査はないため任意整理をしてブラックリストに載ったとしても利用することができます。

※ただし、paypayにクレジットカードの登録をして利用している場合や、paypay銀行のカードローンを利用している場合は、ブラックリストの影響を受けて利用ができなくなる可能性があります。

  • ATMや口座からのチャージ⇒利用できる
  • クレジットカードでのチャージ⇒利用できなくなる可能性がある
  • paypayに登録したクレジットカードでの支払い⇒利用できなくなる可能性がある
  • paypay銀行のカードローン⇒利用できなくなる可能性がある

クレジットカードでのpaypay(ペイペイ)へのチャージ

クレジットカードでpaypayにチャージをしている場合はブラックリストの影響を受けるんですか?

 

そうだね、任意整理をしてブラックリストに載ればクレジットカードの利用ができなくなる可能性があるから、

クレジットカードが利用できなくなれば、カードを利用してpaypayにチャージすることはできなくなるよ。

 

そうなんですね・・・

確かにカードが解約になればカードを利用してのチャージはできなくなりますよね。

 

クレジットカードが解約になっても、ATMや口座からのチャージはできるから、paypay払いは利用できるからね。

 


paypayにクレジットカードを登録すると、クレジットカード払いでpaypayへチャージをすることができます。

この機能は任意整理をして、クレジットカードが利用できなくなれば利用することができなくなります。

クレジットカード払いでのチャージができなくなるだけで、ATMや登録口座からのチャージは可能です。

チャージしてあるpaypay残高での支払い自体ができなくなる訳ではありません。

paypay(ペイペイ)でのクレジットカード払い

paypayにクレジットカードを登録して、クレジットカード払いを利用しているんですけど、これもブラックリストに載ると利用できなくなりますか?

 

paypayに登録したクレジットカードでの支払いも、ブラックリストに載ってカードが解約になれば利用することはできなくなるよ。

 

これも利用できなくなってしまうんですね・・・

 

クレジットカードが解約になれば、カードを利用したサービスは受けられなくなるからね。

ただ、この場合もATMや口座からチャージしての通常のスマホ決済は利用できるよ。

 


paypayへクレジットカードを登録しておけば、paypayでクレジットカード払いをすることができるようになります。

クレジットカードを持ち歩く必要がないですし、ヤフーカード(ワイジェイカード)ならポイント還元も受けられるというメリットがあります。

ただし、任意整理をしてクレジットカードが解約になると、paypayでのクレジットカード払いも利用できなくなります。

この場合もカードを利用せずにpaypayへチャージしてpaypayで支払うという通常の利用は変わらずに行うことができます。

任意整理とpaypay(ペイペイ)まとめ

任意整理をしてブラックリストに載りクレジットカードが解約になれば、クレジットカードを利用するpaypayのサービスは受けることができなくなります。

そのため、クレジットカードを利用したチャージやpaypayでのクレジットカード払いは利用できなくなります。

ただ、この場合もATMや口座からのチャージはすることができるので、クレジットカードを利用しないpaypayのサービスは利用することができます。

paypayはクレジットカードと比べるとまだどこでも使える訳ではありませんが、利用できる場所は増えてきていますし公共料金の支払い等にも対応してきています。

paypayと同じように任意整理をしてブラックリストに載っても利用できるものとして、デビットカードもあります。

任意整理をしてクレジットカードが利用できなくなったとしても、paypayやデビットカード等をうまく利用すればあまり不便なく生活をしていけるので、クレジットカードが解約になるので任意整理を躊躇しているという人は参考にしてみてください。