任意整理と過払い金請求の違い【任意整理完済後の過払い金請求】

過払い金請求と任意整理は異なる手続きであり、任意整理をするとブラックリストに載りますが、過払い金請求ではブラックリストに載ることはありません。

また、取引が長い人の中には、任意整理をしようと依頼をしたら任意整理ではなく過払い金請求になることもあったりします。

今回は過払い金請求と任意整理の違いと、任意整理を行って完済した後に過払い金が発生するのかを解説します。

過払い金請求と任意整理の違い

過払い金請求と任意整理は別の手続きなんですよね?

 

そうだね。

過払い金請求は払い過ぎた利息を返してもらう手続きだし、任意整理は借金の支払いを楽にする手続きだから別の手続きではあるよ。

 

借金が残っている場合に、任意整理しようとしたら過払い金が発生していることもありますよね?

 

うん。

任意整理を検討していたけど、過去に高い利息で取引を行っていた人の中には引き直し計算を行ったら借金が全てなくなって、過払い金が発生していたということもあるから、そういう意味では全く別の手続きという訳でもないんだ。

 


過払い金請求は払い過ぎたお金を返してもらう手続きで、任意整理は借金の支払いを楽にするための手続きです。

過払い金とは

過払い金は以下の利息を超えて支払っていた場合にのみ発生します。

・10万円未満の借入=20%
・10万円以上~100万円未満の借入=18%
・100万円以上の借入=15%
多くの会社が2007年の途中で過払い金が発生しない利息に引き下げを行っているので、2007年以前から借入をしている人は過払い金が発生する可能性が高く、2008年以降に借り始めた人は過払い金が発生する可能性は低いです。
また、過払い金の対象になるのは消費者金融からの借入とクレジットカードのキャッシングだけなので、銀行からの借入やショッピングでの利用では過払い金は発生しません。
過払い金請求をしてもブラックリストに載ることはありません。

任意整理とは

一方、任意整理は借金の支払いが厳しくなった時に利息を0%にしてもらい、元金だけを分割で支払っていく手続きです。

任意整理では信用情報に事故情報が載り、いわゆるブラックリストに登録されることになります。

このように過払い金請求と任意整理は異なる手続きではありますが、任意整理を検討していた人に過払い金が発生していることもあります。

任意整理が過払い金請求になる原因

任意整理をしようとしていたのに過払い金請求になるのはどんな場合ですか?

 

過去に法律の制限を超える利息で支払いをしていた人だけなんだけど、

借金が残っていたのに引き直し計算をしたら借金がなくなって、逆に払い過ぎていたということがあり得るよ。

 

ふむ、確かにそれだと借金がなくなるから任意整理ではないですもんね!

 

そうだね。

この場合は任意整理ではなく過払い金請求という手続きになるから、ブラックリストに載ったりすることもないよ。

 


過去に法律の制限を超える利息で取引を行っていた場合は、任意整理希望の場合でも法律内の利息に見直しての計算=引き直し計算を行います。

この引き直し計算の結果によって、任意整理になるのか、過払い金請求になるのかの結論が異なります。

引き直し計算の結果⇒借金がなくなった

引き直し計算の結果、借金が0円になり、さらに払い過ぎているものがあった場合はそれが過払い金になるので、手続きも任意整理ではなく過払い金請求になります。

その場合はブラックリストに載ることもありません。

例=借金が50万円あったが、引き直し計算をしたら50万円の借金がなくなり、30万円払い過ぎていた場合は任意整理ではなく30万円の過払い金請求になる。

引き直し計算の結果⇒借金が残る場合

引き直し計算の結果、借金が減額されたが0円にはならなかったという場合は、減額後の借金のみを任意整理することになる。

この場合は任意整理なのでブラックリストに載ることになります。

例=借金が50万円あったが、引き直し計算をしたら20万円まで減ったという場合は20万円を任意整理して分割で支払っていくことになる。

任意整理で完済した後でも過払い金は発生するの?

任意整理をした後に過払い金が発生することってあるんですか?

 

任意整理をした後は完済後でも過払い金が発生することはないよ。

 

そうなんですか?過去に法律の制限を超える利息で取引していたなら過払い金が発生しそうですけど?

 

過去に法律の制限を超える利息での取引があれば、任意整理をする時点で引き直し計算を行っているからね。

だから、その後に完済してももう過払い金が発生することはないんだよ。

 


任意整理をする際に過去に法律の制限を超える利息での取引があれば引き直し計算を行います。

そのため任意整理後に完済したとしても、過払い金が発生することはありません。

本人で貸金業者と和解した場合

弁護士や司法書士に依頼せず、本人と貸金業者との話し合いで利息を下げていたり、利息を0%にしている人もいます。

このような場合、引き直し計算を行わずにそのままの残金を支払っていることがありますが、その場合は完済後に過払い金が発生することがあります。

ただし、和解時に和解書や覚書を交わしていて、今後は「お互いに債権債務なし」という、いわゆる清算条項が記載されていることがあります。

「お互いに債権債務なし」という内容は、貸金業者から見て債務は過払い金を指しますが、清算条項にお互いに合意しているから過払い金を返却する必要はないという主張をしてくるので、回収ができない可能性があります。

任意整理と過払い金請求の違い

任意整理は利息を0%にしてもらい元金だけを分割で支払う、借金の支払いを楽にする手続きです。

過払い金請求は過去に法律の制限を超える利息で取引をしていた場合に、払い過ぎた利息を返してもらう手続きです。

このように任意整理と過払い金請求は異なる手続きですが、借金が残っていて任意整理をしようとしていたのに、引き直し計算を行ったら過払い金が発生していて過払い金請求の手続きになる場合もあります。