paypay銀行(ジャパンネット銀行)を任意整理するメリットとデメリット

  • paypay銀行を任意整理すると返済は楽になるのか?
  • 任意整理のデメリットを知りたい
  • 相談した後の手続きはどうやって進めていくの

借金の支払いが苦しくなってきたら、任意整理をして借金の返済を楽にすることができます。

任意整理は消費者金融やクレジットカードだけでなく、銀行の借入も任意整理を行うことができます。

ジャパンネット銀行は2021年4月5日にpaypay銀行に商号を変更しました。

※参考:ジャパンネット銀行【社名変更】

今回はpaypay銀行(ジャパンネット銀行)の借入を任意整理すると、どのようなメリットとデメリットがあるのかを解説しています。

paypay銀行(ジャパンネット銀行)の任意整理への対応

paypay銀行は任意整理をすることができるんですか?

 

借りてからすぐに任意整理をするとかでなければ、paypay銀行も任意整理をして利息をなくして元金のみを分割払いにすることができるよ

 

銀行の借入でも任意整理をすることができるんですね。

 

銀行もできるよ。

ただし、銀行の借入には保証会社というものがついているんだけど、paypay銀行ではSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)が保証をしているんだ

任意整理をする際は保証会社との話し合いになるから、paypay銀行を任意整理するときはSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)と話し合いを行っていくことになるよ。

 


  • 任意整理後の利息は0%にしてもらえる
  • 3年~5年(36回~60回)ほどの分割払い
  • 過払い金は発生しない

※銀行からの借入では過払い金が発生することはありません。

paypay銀行のカードローンやフリーローンではSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)が保証会社になっています。

そのため、paypay銀行を任意整理する際は保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンスと任意整理の交渉を行い、実際の返済もSMBCコンシューマーファイナンスに対して行うことになります。

 利息はカットできる

paypay銀行の借入から間もなく任意整理をするような場合でなければ、基本的に任意整理後の利息は0%にしてもらうことができます。

利息がなくなれば返済した金額の分だけ借金の元金が減るので完済までの期間は短くなりますし、いつ完済になるのかも明確になります。

ただし、借入開始から1年未満等、取引の期間が短い場合は利息のカットには応じてもらえないこともあります。

任意整理後の分割回数

36回~60回=3年~5年ほどの分割で支払っていくことができます。

長期の分割払いになれば毎月の返済額は少なくなります。

paypay銀行(ジャパンネット銀行)を任意整理するメリットは?

任意整理のメリット

任意整理をすると利息がなくなって長期の分割払いになるというのはわかりましたけど、

どのぐらいのメリットがあるものなんですか?

 

どのぐらいのメリットがでるのかは借入の金額や毎月の返済額、利率にもよるんだけど、

一般的には完済までに利息だけで数十万支払うことが多いから、任意整理をすることで数十万円のメリットがでることが多いよ。

 

利息だけでそんなに大きくなるものなんですね!

 

後は完済までの期間が短くなったり、毎月の返済額も少なくなったりすることもあるよ

 


 任意整理せずに支払っていく場合

利息18%で90万円借りて、毎月20,000円を返済していくとなると、完済までに6年4ヶ月かかり完済までに利息だけで60万円以上しはらう必要があります。

90万円を任意整理をせずに返済する場合
完済までの期間6年4ヶ月
毎月の返済額20,000円
完済までの利息返済額60万円以上

任意整理をすると

90万円の借金を任意整理して利息をなくして60回の分割払いになった場合

90万円の借入を任意整理をした場合
完済までの期間5年
毎月の返済額15,000円
完済までの利息返済額0円
  • 完済までの期間 6年4ヶ月⇒5年
  • 毎月の返済額 20,000円⇒15,000円
  • 完済までの支払う利息の総額 60万円以上⇒0円

このケースでは任意整理をすることで完済までに支払う金額が大幅に減って、完済までの期間も短くなり、毎月の返済額も少なくなるというメリットがでることになります。

借入額が少額だったり、毎月の返済額によっては任意整理のメリットがあまり発生しないこともあります。

paypay銀行(ジャパンネット銀行)を任意整理するデメリット

paypay銀行を任意整理するデメリット

任意整理のデメリットも教えてください!

 

代表的なデメリットとしては信用情報に事故情報が登録されるから、いわゆるブラックリストに載るということだね

 

ブラックリストに載るとお金を借りたりするのはできなくなるんですよね・・・

 

ローンを組んだりクレジットカードを作るのも難しくなるよ。

他のデメリットとしてはジャパンネット銀行の口座が一定期間使えなくなるよ。

 


paypay銀行のカードローンは解約になる

任意整理をする会社は解約になるので、paypay銀行を任意整理するとpaypay銀行は解約になります。

ブラックリストに載る

任意整理をするとブラックリストに載ることになります。

ブラックリストに載っている間はお金を借りたりローンを組んだり、クレジットカードを持つことは難しくなりますし、すでに持っているクレジットカードも止められたりする可能性があります。

ただしブラックリストの影響は任意整理後に完済してから、最長5年ほどでなくなります。

※参考:CIC【信用情報とは】

ブラックリスト載っている間でも、デビットカードは利用することはできます。

paypay銀行の口座が凍結される

銀行を任意整理するときは1ヶ月から3か月の間は、銀行の口座が凍結されて預貯金と借り入れ金額とで相殺されることになります。

口座が凍結されている間は口座から出金はできなくなります。

任意整理前に口座からお金を引き出しておけば相殺されることはありません。

任意整理の流れ

任意整理依頼後に依頼者が行うこと

任意整理の手続きってどのような流れで行われるんですか?

 

依頼者がすることとしてはpaypay銀行への返済を止めて、弁護士や司法書士に対して積立金を行うことになるよ。

 

返済を止めて積立金をするんですね。

返済を止めても大丈夫なんですか?

 

弁護士や司法書士が手続きに介入した後は返済をとめても督促がきたりすることはないよ。

 


  1. 受任通知送付
  2. 積立金
  3. 引き直し計算
  4. 分割回数等の交渉
  5. 返済再開

受任通知送付

任意整理を依頼された弁護士や司法書士はpaypay銀行に対して受任通知というものを送付します。

その後は銀行への支払いはSTOPして、弁護士や司法書士に対して積立金を行いますが、任意整理の交渉が終わるまでは支払いを止める必要があるため、paypay銀行への支払いを止めても督促が来ることはありません。

積立金

paypay銀行への返済を止めている間に、依頼者は弁護士や司法書士に対して積立金を行うことになります。

積立金をするのは弁護士や司法書士への任意整理費用の分割払いのためというのと、「任意整理後は3~5年の分割払いになるので、長期間返済を続けていけるのかを確認するため」という意味もあります。

任意整理交渉

利息をなしにしてもらったり、何回払いになるのかの交渉をpaypay銀行の保証会社のSMBCコンシューマーファイナンスと行っていきます。

銀行からの借入では借金が減額されることはありません

返済再開

任意整理の交渉が終わったら交渉内容どおりの返済を行っていきます。

依頼者が行うこと

  • paypay銀行への返済を止める
  • 積立金をする
  • 任意整理の和解成立後は和解内容どおりにへ返済していく

任意整理を依頼した後は、paypay銀行への返済は一時STOPすることになりますが、返済を止めても督促は来ません。

返済を止めている間に、依頼者は専門家に対して積立金を行う必要がありますが、これは任意整理後に毎月返済していけるかの確認と専門家の費用の分割払いのために行います。

任意整理を依頼してから3か月~6か月程度で任意整理の交渉がまとまるので、その後は任意整理の内容どおりに返済をして完済を目指します。

任意整理は家族や会社に秘密のまま手続きできる

任意整理は家族にバレずにできるのか

任意整理は家族や会社にバレることはないんですか?

 

任意整理は他の債務整理と違って、家族や会社に知られる可能性が非常に少ない手続きだよ!

 


任意整理は、家族や会社に知られることなく、内緒で手続きができる可能性が高いです。

自己破産や個人再生だと、家族や会社の協力が必要な書類の提出を裁判所から求められますが、任意整理ではそのようなことはありません。

また、任意整理をしている間はpaypay銀行から本人に対して連絡が来ることはないですし、郵便物が届くこともありません。

そのため、自己破産や個人再生と比較して、借金があることや任意整理をしていることが家族や勤め先に知られてしまうことはほぼありません。

まとめ

paypay銀行の借入は任意整理をして利息をカットして36回~60回の分割で支払っていくことができます。

銀行の借入には保証会社というものが付いていますが、paypay銀行ではSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)が保証会社になっているので、任意整理の交渉は保証会社と行うことになります。

銀行を任意整理する場合の注意点としてはpaypay銀行の口座が一定期間凍結されることにも注意が必要です。

また、任意整理のデメリットとしてはまずブラックリストに載ることで、お金を借りたりローンを組んだり、クレジットカードも利用できなくなる可能性があります。

クレジットカードについては、デビットカードやpaypayを利用することでインターネットでの買い物等はすることができます。