任意整理でブラックリスト載るとできなくなること5つ

任意整理をするとできなくなることが発生して、生活や家族や仕事に影響がでてしまうのでは?

そのように考えて任意整理を躊躇してしまう人は多いようです。

今回は任意整理をすることで、どのようなことができなくなってしまうのかを解説します。

任意整理をするとできなくなること

任意整理をするとローンを組んだり、クレジットカードが持てなくなるんですよね?

 

そうだね。

任意整理をすると信用情報機関に事故情報として登録されてしまい、いわゆるブラックリストに載ることになるんだ。

お金を借りるとかローンを組んだりカードを作る際はきちんと返済できるのかを審査されるんだけど、載っている状態だとやはり審査には通りづらくなるね。

 

やっぱりそうなんですね・・・

 

さらに任意整理をした会社は解約になるし、ブラックリストの影響を受けて利用中のクレジットカードが止められたりもするよ。

ちなみに保証人になるのにも審査はあるから、任意整理をした人が保証人になるのも難しくなるよ。

 


任意整理をすると任意整理をした会社のカード等は解約になり、さらにブラックリストに載ることになります。

ブラックリストの影響がでるのは下記のような場合です。

・お金を借りる

・ローンを組む

・クレジットカードを持つこと

・保証人になる

・信販会社が保証を行っている賃貸の契約

※任意整理後に完済してから5年経過するとブラックリストから削除されます。

お金を借りる

お金を借りる際、貸金業者等は貸し倒れがないように審査をするものですが、ブラックリストに載っている状態では審査にとおるのは難しいです。

追加融資も同様に難しくなります。

借り入れ枠にまだ余裕がある状態でも枠を閉じられて、追加の借り入れができなくなる可能性もあります。

ローンを組むこと

・マイカーローン
・住宅ローン
・携帯電話機(端末)の分割払い
・教育ローン、エステローン等

※ローンを組むにも審査が必要あるので、任意整理後はやはり審査に通るのは難しくなります。

特に高額になる自動車や住宅ローンの審査は厳しいでしょう。

クレジットカードへの影響

クレジットカードの作成にも審査はありますし、更新時にも信用情報をチェックされます。ETCについても同様です。

また、更新時でなくても定期的に調査はされているようですので、任意整理の対象にはせず今までは使用できていたカードが突然使用できなくなる可能性もあります。

保証人になる

保証人をたてる場合は保証人も審査の対象になるので、任意整理をした人が保証人になることは難しいです。

賃貸物件の家賃保証、収納代行

最近の賃貸では保証人をつけることはあまりなく、代わりに保証会社をつけることになります。

信販系の保証会社による審査では信用情報を見られる可能性があるので、影響を受けている状態で審査にとおるのは難しくなります。

また、信販会社が家賃の収納代行をする場合、提携クレジットカード払いで家賃を支払う必要があるので、収納代行でも信用情報を調査されます。

影響まとめ

上記の審査はすべて収入や年齢等を総合的に考慮されますので、任意整理をしていなくても審査に落ちることはあります。

ブラックリストに載ってしまったら

ブラックリストに載った場合の生活への影響としてはお金を借りることはできないとかローンを組めない、カードを持てないということですよね?

 

そうだね。

だから逆に借金をせず収入の範囲内で生活をしたり、カードを使わない人にはあんまり不便はないだろうね。

 

お金が借りれないことよりもカードが使えなくなるのは痛いですね・・・

 

仕事やインターネットでの買い物等でカードが必要であれば、家族カードを作ったり、デビットカード、paypayも利用することもできるよ。

特にデビットカードは即時に口座から引き落としされるから使い過ぎる心配がなくておすすめだよ。

 


お金を借りたりせず収入の範囲内で生活をするにはあまり影響は感じないと思いますが、やはりカードがないと不便な人は他の方法である程度の代用ができます。

家族カード

クレジットカードには家族カードというものがあります。

家族カードの審査は主たる契約者のみなので、家族会員の方は審査されません。

例えば夫のクレジットカードの家族カードを申し込む際、妻がブラックリストに載っていてもあくまで本会員である夫の審査だけなので影響はありません。

逆に本会員である夫が任意整理をすると妻の家族カード含め解約になります。

デビットカード

クレジットカードの代用ができるものとしてはデビットカードがあり、デビットカードもクレジットカードと同様に日々の買い物やネットショッピングで利用できます。

クレジットカードとデビットカードの違いは、クレジットカードは翌月に請求が来ますし分割払いもできますが、デビットカードは即時に銀行から引き落とされ、分割払いもできません。

逆に言うとデビットカードは即時引き落としのため銀行に残高不足だと使用できない物なので、クレジットカードのように使いすぎる心配がないというメリットがあります。

paypay(ペイペイ)

最近はペイペイを利用してネットショッピングを行うことができますが、ペイペイは事前にアプリや現金でチャージをして支払いをするサービスなので、審査はなく任意整理を行った人でも使用できます。

ETCカード

ETCに代わるものとして、ETCパーソナルカード(パソカ)があります。

パーソナルカードは入会時に保証金が必要だったり年会費が少しかかったりしますが、仕事等でETCがないと困るという方にはおすすめです。

また、ETCの家族カードというものもあります。

賃貸物件の家賃保証

賃貸契約で保証会社が付く場合は、信販系以外の保証会社がつく物件を探すか、又は物件によっては保証人をつければ保証会社不要な場合もあります。

まずは不動産屋さんへ正直に話しをして協力してもらう方法がいいでしょう。

家族への影響

自分がブラックリストに載っていると、家族に影響を与えるんですか?

 

そこを気にする人は多いけど、本人が登録されていても家族は載らないよ。

だから家族がカードを作るとか自動車ローンを申し込むのに影響はないんだ。

 

それなら安心です!

 

載っている人が保証人になるのは厳しいから、家族の保証人になれないぐらいだよ。

 


任意整理をしてもブラックリストに載るのは本人に限るので、家族は載りません。

審査は融資やローンを申し込んだ人に限り審査をされ、例え同居でもご家族の審査へ影響はでません。

登録になっている人が家族の人のローン等の保証人になるのは難しくなるぐらいの影響です。

任意整理でできなくなることのまとめ

任意整理を行ってできなくなることというのは、いわゆるブラックリストに載ることの影響をうけて審査に通らなくなることなので、借金をしたりローンを申し込んだりカードを持つのは難しくなります。

ただし、クレジットカードについてはデビットカードやpaypay等を利用し、ETCについてはETCパーソナルカード等を利用することで不便を感じずに生活することもできるでしょう。