任意整理ができないパターンを3つの原因から解説

債務整理の中でも個人再生や自己破産と比べて、任意整理は裁判所を通さずに簡易的に手続きができるので良く利用されています。

しかし内容により任意整理手続きを希望してもできないことがあります。

今回はどんな状況だと任意整理を行うことができないのか?その理由と対処法を解説します。

任意整理ができないパターン3つ

任意整理ができないのってどんなケースなんですか?

色々あるけど、まずは任意整理を行っても支払いが難しい場合だね。

任意整理をしても支払っていくことが難しい時は自己破産か個人再生を検討すべきだね。

任意整理をしても借金の支払いは残りますしね。

利息を0%にしても支払いが厳しいなら、任意整理は行えないから個人再生か自己破産を検討したほうがいいかもですね。

そう。

他に任意整理ができないパターンは、任意整理に応じない貸金業者からの借入や、借入からすぐに任意整理を希望するとかだね


・任意整理をしても返済ができそうにない場合
・任意整理に応じない業者からの借入
・借り入れから短期間での任意整理

それぞれについて詳しく解説します。

任意整理をしても返済ができないパターン

収入が少なくなってしまって支払いが難しくなりました。

任意整理の依頼を受けてもらえないこともあると聞いたんですけど、そうなんですか?

借金の元金を3年~5年で返済ができそうにないなら、他の債務整理を検討すべきだね。

任意整理は利息を0%してもらって元金だけを分割での返済を行っていくものだからね。

他の債務整理だと個人再生か自己破産ですね。

個人再生なら借金が減額されますし、自己破産なら借金の支払いが免除されますしね。

そうだね。

このように借金が膨れ上がった後では任意整理は難しくなるから、返済が難しくなってきたら早めに相談をすべきなんだ。


任意整理は利息を0%にしてもらって元金を分割で返済し、完済を目指す手続きです。

貸金業者ごとに何回程の分割返済になりそうかはある程度の範囲でわかりますので、現在の借金を分割回数で割ると毎月の返済額を算出できます。

収入がなくなったり、毎月の支出に対して収入が少なかったりして、算出した金額を支払っていけない時は任意整理はできないということになります。

任意整理できる?
E・Mさん

・毎月の手取り額 25万円
・毎月の支出額 22万円
・借金総額 250万円

手取り額から支出を引くと3万円になるので、毎月の返済に充てられる金額の上限は3万円です。

これに対して借金250万円を任意整理をして60回の分割払いになった場合の毎月の返済額は4万円以上になります。

毎月返済にまわせる3万円よりも任意整理後の返済金額である4万円のほうが上回っているため、E・Mさんは任意整理では解決できないケースになります。

積立金でテスト

任意整理の手続きを始めるには、まずは貸金業者への返済を止めて積立金を行います。

積立金は毎月、弁護士や司法書士へ一定の金額を振り込んで行います。

積立金は弁護士や司法書士の費用の分割払いのために行いますが、「毎月返済を行っていけるのかをテストするため」という意味合いもあります。

もし積立金が出来なかった場合は、任意整理での解決は難しいと判断されます。

任意整理では支払えない場合はどうする?

任意整理では支払いが厳しいなら、借金が減額になる個人再生か、借金の支払い自体がなくなる自己破産を選択すべきです。

費用の支払いが難しい等のケースでは法テラスを利用するのもいいでしょう。

なるべく任意整理で解決したい場合は?

相談をした事務所では任意整理は難しいと言われても、別の事務所なら依頼を受けることも考えられます。

できませんと言われてもすぐに自己破産や個人再生を行うのではなく、別の事務所に相談をしてみるのも良いと思います。

借金が膨れ上がれば自己破産しか選択肢がなくなるので、支払いが厳しくなってきたらなるべく早めに相談をした方が任意整理で解決できる可能性は高くなります。

借金が減額されたり過払い金が発生している可能性

消費者金融やクレジットカードのキャッシングで過去に法律の制限を超えた利息で取引を行っていると、借金が減ったり過払い金がでることがあります。

いつくかの会社から借入があり、現状では任意整理が難しいケースでも、借金が減ったり過払い金が発生でている会社があれば借金の総額が減るので、そうなると任意整理で解決できる可能性がでてきます。

貸金業者が任意整理に応じないパターン

任意整理に応じない会社もあると聞いたんですけど?

任意整理は任意の話し合いだから、応じてくれない会社もあるんだ。

応じない会社は結構あるんですか?

いや、大手の消費者金融やクレジットカード会社、銀行等の多くは応じてくれるから、大体は問題なく任意整理できるよ。

あんまり気にする必要はないのかもね。


個人再生や自己破産と異なり、任意整理は専門家と貸金業者との任意の話し合いで進めます。

任意なので強制力はなく、任意整理に応じない会社もあります。

任意整理に応じない方針の会社があるケースでは、そこだけ手続きから除外し、他の会社だけを任意整理することも可能です。

任意整理に応じない会社はどんな会社

比較的小規模な会社です。

大手の消費者金融や、クレジットカード会社、銀行等はほぼ任意整理が可能です。

交渉が難しいところでも利息を5%程度つけたり、12回~24回程度の分割には応じるケースもあります。
不動産を担保に取られていたり給与等を差し押さえられていると、任意整理に応じなくても担保不動産の売却や給与差し押さえで借金の回収ができるので、応じることはほぼないでしょう。

任意整理に応じる会社でも交渉開始から3ヵ月ほどたつと本人を訴えてくる会社もあるため、そういった会社は早期に任意整理の交渉を完了する必要があります。

任意整理に応じない方針の会社は多くはないので、そこまで気にする必要はないです。

借入からすぐに任意整理するパターン

借り始めてからすぐに任意整理するのは難しいんですか?

そうだね、借り始めてからすぐ任意整理だと、最初から利息を払う気がなく借り入れをしたんじゃないか?と見られて応じてもらうのは難しくなるよ。

そうなんですね・・・

確かに借金からすぐだとそう疑われるのもわかりますね。

どのぐらいの期間だと難しくなるのかは相手方にもよるところだけど、借入開始から1年未満だと難しいね。

貸金業者により取引開始から3年未満でも利息のカットに応じないとか、24回ぐらいの分割払いしか認めないこともある。

ケースバイケースで、詳しくは専門家に聞いてみるのが良いと思うよ。


貸金業者はお金を貸し、利息を回収して利益を上げています。

しかし、借金からすぐに任意整理をするということは、ほとんど利益がないのに利息を免除しなければならず、貸金業者にメリットがないため難しくなります。

最悪の場合は、最初から利息を返すつもりがないのに借入をした、詐欺的な借り入れとみなされることも考えられます。

任意整理の相談をする直前に借入を行っているケースも同様で、利息を支払うつもりがないのに直前に借入をしたと判断されてしまうことがあるので、相談をすると決めたら借りることはやめておくべきです。

貸金業者により借り始めから短くても任意整理を認めたりすることもあるので、詳しくは弁護士や司法書士へ聞いてみることです。

どのぐらいで短期間というかは、貸金業者次第で異なり一概には言えませんが、借入開始から1年未満の取引だと交渉が難航することが多いです。

任意整理ができないパターンまとめ

任意整理が出来ないパターンには「返済ができない」、「応じない業者」、「借入から間もない場合」の3つがあります。

ただし大手の業者の多くは任意整理に応じてもらえますし、借入から間もなく任意整理することもあまりないことだと思うので、あまり任意整理ができないパターンにあてはまることはありません。

あまり気にせずまずは相談してみることをおすすめします。