任意整理とは?わかりやすく任意整理のメリットとデメリットを解説

  • 任意整理ってどんな手続き?
  • 任意整理のメリットとデメリット
  • どんな人は任意整理をすると良いの?

任意整理は自己破産や個人再生と同じ債務整理の一つですが、債務整理手続きの中で一番融通が利く手続きです。

他の債務整理に比べ費用も安く済み、手続きも簡単なので債務整理の中では利用されている方が多い手続きです。

「債務整理」と聞いてしまうとその言葉だけでなんとなくマイナスなイメージがあると思いますが、実際には債務整理をすることで生活が楽になり債務整理をして良かったという人が多いです。

まずは任意整理とはどんな手続きか?どのような状況であれば任意整理を選択すべきなのか?なるべくわかりやすくまとめてみました。

任意整理は利息を0%にして分割で返済する手続き

任意整理をするとどうなるか教えてください

任意整理は債務整理の手続きの一つで、借金の利息を0%にしてもらい、借金の元金だけを分割で返済していく手続きです。

利息がなくなることで毎月の返済額が低くなり、返済した金額の分だけ元金が減るので、いつ完済できるのかも明確にわかるようになります。

任意整理後は36回~60回払いになることが多いので、3年~5年で完済することになります。


  • 任意整理後の利息は0%になる
  • 元金のみを3~5年で分割で支払う

任意整理とは借金の利息をなくしてもらい元本だけを3年~5年(36~60回)の分割で返済していく手続きです

自己破産や個人再生とは異なり、裁判所を通さず弁護士や司法書士が貸金業者と交渉を行い進める手続きです。

※参考:東京司法書士会【債務整理】

クレジットカードのショッピングリボや銀行も任意整理できる

消費者金融に限らず、銀行からの借入やクレジットカードのキャッシングやショッピングのリボ払いも任意整理をして、任意整理後の利息をカットして元金だけを分割で返済することができます。

ただし銀行借り入れを任意整理する場合は口座が一定期間凍結されたり、クレジットカードを任意整理する場合はカードが解約になる等の問題があります。

任意整理のメリットとは?

任意整理のメリット

  • 督促が止まる
  • 利息がなくなる
  • 毎月の返済額が少なくなる可能性がある

督促が来なくなる

支払いを滞納していて督促や一括返済を請求されていても任意整理はできますか

滞納していて一括返済の請求が来ていても任意整理をすることができます。

ただし、滞納したまま放っておくと裁判を起こされてしまうことがあり、裁判になった後は任意整理の交渉が難しくなります。

そのため、滞納している場合はなるべく早く相談するべきです。


任意整理を依頼すると専門家は貸金業者へ受任通知という書類を送付しますが、受任通知が送付された後は貸金業者から本人への連絡は禁止されるので督促がくることはなくなります。

借金の返済を滞納していると貸金業者から一括返済を求められますが、一括返済を求められている場合も任意整理をすることができますし、任意整理の依頼後は督促が止まります。

滞納をしていると利息とは別に遅延損害金がどんどん増えていきます。

滞納している借金でも任意整理の交渉は可能ですが、相手方の会社によっては滞納中の遅延損害金はカットしてもらえず元金+遅延損害金を分割返済することになります。

さらに滞納後放置していると裁判を起こされてしまい、裁判を起こされた後の交渉は裁判所ですることになります。

裁判を起こされた後は、遅延損害金のカット等の交渉には全く応じない会社が多いです。

また、裁判後判決を取られて給与の差押え等ができるような場合は、貸金業者から見ると任意整理に応じなくても給与の差押え等で回収ができるので、任意整理に応じるメリットがなくなるため任意整理ができなくなる可能性が高いです。

遅延損害金がカットできない場合は返済額も増えるので、なるべく早めに相談をしたほうが任意整理の交渉は進めやすくなります。

利息がなくなり返済が楽になる

借金を毎月コツコツ支払っていても、そのほとんどが利息部分の返済となり元本は少ししか減らないのでいつ支払いが終わるのか先が見えない・・・という状況の場合、

例えば50万円借りていて利息18%だった場合、毎月の利息が7,500円になるので返済額が1万5,000円でも元本は半分の7,500円しか減りません。

これに対して任意整理をするとその後の利息は0%にしてもらえるので、支払えば支払った分だけ元本が減ることになります。

仮に50万円の元金だった場合、毎月の支払額は36回分割なら1万4,000円ほど、60回分割なら9,000円ほどになるので返済額も少なくなることが多いです。

利息がなくなれば元本がそのまま減るので、いつ支払いが終わるのかも明確になります。

※ただし銀行等での借り入れで金額が大きくて、毎月の支払いが低額な場合は任意整理をすると支払額が増えるということもあるので、この点は注意が必要です。

任意整理後の分割回数

「36回」~「60回」が基本となるので3年~5年払いになります。

しかし絶対に60回以上の分割も組めないわけではないです。

相手方の業者にもよりますが、事情により今までの支払の状況や年齢等を考慮して60回以上の分割が組めることもあります。

相手方の業者によっては36回以下の分割しか認めない業者もいますし、そもそも任意整理は法的な強制力はないため、任意整理に応じない業者も存在します。

相手方の会社や任意整理に至るまでの返済状況(数回しか返済していない等)や収入、年齢等を考慮して判断されるので、すべての場合に36回~60回の分割回数で成立するわけではありません。

利息カットのメリット

任意整理のメリット
完済までに支払う金額が少なくなる利息が0%になり、借金の元金だけの返済になるので、完済までに支払う総額が大幅に少なくなります
完済までの期間が短くなる元金だけの返済になるので、支払えば支払った分だけ借金が減っていくため、完済までの期間が短くなる可能性があります
毎月の返済額が少なくなる長期の分割払いになるので、毎月の返済額が少なくなる可能性があります

 


利息18%で50万円を借りて、毎月1万円の返済を行うと以下の内容になります。

  • 完済までに支払う利息の総額=43万円以上
  • 完済までにかかる期間=7年10ヵ月

利息だけで43万円以上支払うことになるので、元金も含めると完済までに支払う総額は93万円以上になります。

50万円の借金を任意整理して60回の分割払いになった場合。

  • 完済までに支払う利息の総額=0円
  • 完済までにかかる期間=5年
  • 毎月の返済額=8,400円

取引内容によって異なりますが、このように任意整理を行うことで完済までに支払う金額が大幅に減り、完済までの期間が短くなり毎月の返済額も減ることがあります。

  • 完済までに支払う利息の総額 43万円⇒0円
  • 完済までの期間 7年10ヵ月⇒5年
  • 毎月の返済額 10,000円⇒8,400円

任意整理のデメリット

任意整理のデメリット

任意整理のデメリットを教えてください

任意整理するとブラックリストに登録されることになります。

ブラックリストに登録されると、数年の間は借入したり、ローンを組んだり、クレジットカードを作ることが難しくなります。

他のデメリットとしては個人再生や自己破産と異なり、任意整理に応じない、任意整理できない貸金業者があることです。


ブラックリストに登録される

ブラックリストに載るとできなくなること
お金を借りられなくなるカードローンやキャッシング等、お金を借りることは難しくなります
ローンを組めなくなる住宅ローンや自動車ローン等のほか、携帯電話やスマホの機種代金を分割払いで購入するのも難しくなります
クレジットカードが持てなくなる債務整理の対象にしたカードは解約になりますが、債務整理の対象にしていないカードもブラックリストの影響を受けて解約になる可能性があります

任意整理をすると信用情報機関に事故情報として残り、いわゆるブラックリストに5年ほど載ることになります。

その間、借り入れをしたり、ローンを組んだり、クレジットカードを作るとか保証人になるのは難しくなります。

借金ができる状況だとどうしても借りてしまうという人には、逆に借り入れ等ができなくなることはデメリットではなくメリットだと考えることもできます。

※参考:CIC【信用情報とは】

ネットショッピング等でどうしてもカードが必要という場合にはpaypayやデビットカードで代用できますし、ETCを利用したいという場合にはETCパーソナルカードというものがあります。
ブラックリストに登録されるのを避ける方法としてはおまとめローンを組むという方法もありますが、おまとめローンでは利息が発生するため、任意整理と比べるとそこまで返済は楽にはなりません。

相手方の業者によっては利息のカットができない

任意整理は裁判所を通さずに、専門家と貸金業者との任意の交渉で行います。

利息のカットに応じるかは貸金業者次第になりますので、相手方の業者によっては利息のカットに応じない場合があります。

また、通常は利息のカットに応じてくれる業者でも、借り入れから数か月しか経っていないような場合は利息のカットは困難になります。

最低でも半年間~1年間は支払いをしていないと難しいでしょう。

通常は弁護士・司法書士に相談の電話をした時点で利息のカットに応じる業者かどうかは答えられますし、基本的に大手の消費者金融や信販会社は利息のカットに応じてもらえます。

任意整理ができない場合は個人再生や自己破産を検討する必要があります。

借金の元金の返済が必要

任意整理をすると利息はなくなりますが、借金の元金自体は残るので任意整理後も毎月の返済が必要になります。

また、銀行の借り入れ等の場合、借り入れ金額が多くて元々の毎月の支払が少ない場合は、3年から5年の分割では毎月の支払金額が増えてしまう場合があります。

毎月の返済金額を支払えない場合は任意整理はできないので、個人再生や自己破産を検討することになります。

  • ブラックリストに載る
  • 任意整理に応じない会社もある
  • 返済額が増えてしまうことがある

任意整理と他の債務整理との違い

任意整理と他の債務整理の違い

任意整理と個人再生や自己破産との違いはなんですか

任意整理は利息はなくしてもらって借金の元金を分割で返済する手続きなので、借金の元金自体の減額はありません。

個人再生では借金自体を減額して、減額された金額を分割で返済することになり、自己破産は借金すべてを免除してもらうことになります。

任意整理では手続きに必要な書類も少ないため、個人再生と自己破産に比べて家族にばれにくいというのも特徴です。

また、個人再生と自己破産はすべての借金を対象にしなければなりませんが、任意整理は一部の借入先だけを任意整理の対象にすることができます。


任意整理と他の債務整理手続きである個人再生、自己破産との違いについて。

任意整理は借金の減額がない

任意整理は利息を支払う必要がなくなるだけですが自己破産は借金のすべてを支払う必要がなくなり、個人再生は借金を一部免除してもらい残りの金額を支払っていくものです。

過去に法律以上の利息で支払いを行っていた場合は、引き直し計算をすることで借金が減額されることがありますが、それ以外では任意整理には借金自体の減額や免除はありません。

しかし、利息をカットするので任意整理をしない場合と比べて、将来的に完済までに支払う総額は任意整理を行ったほうが少なくなります。

また、過払い金がある場合は引き直し計算によって借金が減額されることがあります。

返済中でも引き直し計算をすると過払い金発生する

任意整理は裁判所を通さない手続き

自己破産と個人再生は裁判所を通して行う手続きですが、任意整理は裁判所を通さずに弁護士、司法書士が業者と交渉を行います。

裁判所を通さないので任意整理は手間が少なく手続き期間も短いです。

一部の業者だけを任意整理の対象にすることも可能

自己破産と個人再生はすべての債権者が対象となるので、例えば家族から借りている分は返したいとか、自動車ローンだけを除外するということはできません。

その点任意整理は任意の交渉なので、一部の債権者だけを除外することは可能です。

ただ、クレジットカードは持ち続けたいので対象外にしてほしいという人は多いですが、任意整理をするとブラックリストの影響がでるため、任意整理の対象外にしたカードも利用ができなくなる可能性が高いです。

また、すべての借金を任意整理しなければ生活の再建ができないような状況であれば全業者まとめて任意整理するべきです。

家族や勤務先にばれにくい

任意整理は家族にバレずにできるのか

個人再生や自己破産では同居の家族の収入証明等を求められることがありますが、任意整理では家族の収入証明等は求められないので、債務整理手続きの中では特に家族や勤務先にばれにくい手続きです。

アルバイトやパートの方でも可能

個人再生の場合、安定した継続的な収入があることが条件となりますが任意整理にはそういった条件はありません。

アルバイトやパートの方も毎月きちんと支払っていけるのであれば任意整理を行うことが可能です。

任意整理では官報に載らない

自己破産や個人再生では国が発行する官報に住所や氏名が載りますが、任意整理では官報に載ることはありません。

  • 任意整理には借金の減額がない
  • 裁判所を通さずに交渉ができるので手続きが早く終わる
  • 一部の債権者のみを任意整理することができる
  • 家族に秘密で手続きができる

どのような場合に任意整理を選ぶべきか

債務整理の中で任意整理を選ぶのはどのような状況の場合ですか

任意整理を選ぶ基準としては、まずは借金の返済が難しい状況であるということと、借金の元金を原則36回~60回程度の分割で支払える見込があることです。

後はどうしても一部の借金を債務整理の対象にしたくないという場合や、家族に秘密で借金をなんとかしたい場合です。

借金の元金を36回~60回での分割払いが難しいのであれば、任意整理ではなく他の債務整理を検討するべきです。


返済に追われている

基本的に債務整理は生活の再建のために行う手続きなので任意整理をした方がお得だからとか、そのような理由ではすべきではありません。

借金を36回~60回分割で今後も支払っていける

元金を36回~60回の分割で支払っていけそうなら任意整理、厳しい場合には個人再生や自己破産を検討することになります。

借金が膨れ上がった後では任意整理では解決できない場合があります。

任意整理できる人
Aさん

Aさん
・毎月の手取り額 25万
・毎月の支出 20万
・借金総額 100万円

上記の場合、手取り額から支出を差し引くと5万円になるので、毎月の返済にあてられる金額の上限は5万円ということになります。

100万円の借金を任意整理して36回の分割払いになると毎月28,000円ほどの返済になるので、

収入から支出を差し引いた毎月返済に充てられる金額である5万円よりも、任意整理後の返済額である28,000円のほうが少ないため、この場合は任意整理をすることが可能ということになります。

一部の借金を除外したい

例えば自動車ローンを組んでいる方が自己破産や個人再生を行うと車は引き挙げられてしまいますが、任意整理では自動車ローンを除外して手続きするということが可能ですので仕事や生活でどうしても車を手放すことはできない人におすすめです。

その他、保証人が付いている借金を債務整理をすると保証人に迷惑がかかるため、保証人が付いている借金は除外したい場合等が考えられます。

家族に秘密で手続きを行いたい

任意整理は必要になる書類も少なく、弁護士や司法書士には守秘義務もあるのでため、基本的に家族に秘密で手続きが行えます。

ただし、ブラックリストに登録されることでクレジットカードの利用ができなくなったり、ローンの審査に通らなくなるので、その点で疑問を持たれる可能性があります。

任意整理を選ぶべきではない場合

現在の借金の元金を36回~60回分割にしても毎月の支払ができない場合は、任意整理を行うことはできません。

厳密には60回分割以上の分割も組んでくれる業者はありますが、基本的には36~60回分割でも支払いができないという場合は任意整理ではなく個人再生や自己破産を検討すべきです。

また、毎月の支払金額は多少余裕を残して計算するべきです。

無理して任意整理で手続きを進めたけど、病気や仕事の都合で収入が減ったりして結局後で自己破産することになってしまった・・・ということがあるので、やはり任意整理では限界もあります。

任意整理をしたいのであれば借金が膨れ上がる前になるべく早めに相談をするべきです。

生活費にあてるために借金をしたとか、借金を返すために借金をしているいわゆる自転車操業の状態であればすぐに専門家へ相談すべきでしょう。

任意整理できない人
Bさん

Bさん
・毎月の手取り額 25万
・毎月の支出 23万
・借金総額 200万円

上記の場合、手取り額から支出を差し引くと2万円になるので、毎月の返済にあてられる金額の上限は2万円ということになります。

200万円の借金を任意整理して60回の分割払いになると毎月33,000円ほどの返済になります。

収入から支出を差し引いた毎月返済に充てられる金額である2万円よりも、任意整理後の返済額である33,000円のほうが多いためこの場合は任意整理をすることができないということになります。

任意整理まとめ

任意整理は自己破産や個人再生と比べ費用も安く、裁判所を通すこともなく、集める書類もほとんどなく本人の手間が少なく債務整理手続きのなかでは1番簡単な手続きと言えますが、任意整理にもブラックリスト等のデメリットが存在しますので簡単な気持ちで行うものではありません。

しかし相談を躊躇している間に借金が増えてしまうと任意整理では解決ができなくなることもあります。