三菱東京UFJニコスの借金の任意整理(債務整理)【ニコスカード】

三菱UFJニコスは元々は日本信販という会社でした。

DCカードやMUFGカード、ぴあカード等、色々なカードを発行しているので、ニコスで複数のカードを利用している人も多いです。

返済が難しくなったら債務整理をすることで支払いを楽にすることができますが、任意整理には応じない任意整理ができない貸金業者もあります。

また、任意整理に応じる会社でも、利息が0%になるかどうかや、分割払いの回数が何回になるのかは相手方の会社ごとに異なります。

今回は利用されている人も多いニコスカードを任意整理した場合に、

  • ニコスを任意整理すると返済は楽になるのか?
  • 任意整理のデメリットは何があるのか?
  • 相談した後の手続きはどうやって進めていくのか?

という点と、ニコスを任意整理するメリットとデメリットを紹介します。

三菱UFJニコスは任意整理できる?

ニコスの借金を任意整理するとどうなりますか

ニコスを任意整理すると利息は免除してもらえるので、任意整理後は利息がなくなって借金の元金だけを分割で返済していくことになります。

分割払いの回数は60回ほどになり、5年間の長期の分割払いでの支払いができるので、毎月の返済額も少なくなる可能性が高いです。


  • 任意整理後の利息は0%になる
  • 分割回数は60回、内容により60回以上も可能
  • 過払い金が発生している可能性あり

任意整理後の利息

ニコスから借りてすぐに任意整理する等、極端に取引が短くなければ基本的に任意整理後の利息は0%になります。

任意整理後は元金だけを分割で返済していくことになるため、返済した金額の分だけ借金は減っていきます。

毎月の返済した金額の多くが利息に充てられて、返済しても借金が減らない人も利息がなくなることで完済までに支払う金額が大幅に少なくなります。

任意整理後の分割回数

任意整理後の分割払いの回数は60回=5年間での分割払いになりますが、ニコスは事情によりさらに長期の分割払いに応じてくれることもあります。

長期の分割払いに応じてくれるため、毎月の返済額が少なくなる可能性が高いです。

借金をいつ完済できるのかわからず悩んでいる人も多いですが、任意整理をすると利息がなくなって分割払いの回数も決まるので、いつ完済できるのかも明確になります。

三菱UFJニコスを任意整理するメリット

任意整理をすることでどのぐらいのメリットが発生しますか

借入額や利息が何%なのか毎月いくら返済するかによって異なるので一概には言えませんが、ニコスは長期の分割払いにも応じてくれるので、任意整理をすることで毎月の返済額が少なくなる可能性があります。

また、完済までの期間も早くなる可能性もあり、完済までに利息だけで数十万円以上支払うことが多いので、その場合は利息がなくなるだけで数十万円の返済額が減るというメリットも発生します。


任意整理前の返済内容

利息17.94%で50万円借りて毎月14,000円返済していくと、完済までに利息の支払いだけで21万円以上必要になり、完済までに4年2ヶ月必要になります。

任意整理をせずに返済する場合
完済までに支払う利息の総額21万円以上
完済までの期間4年2ヶ月
毎月の返済額14,000円

借入額が少なくなってくると、毎月の返済額を下げることができるようになりますが、返済額を少なくすると上記よりも完済までの期間は長くなりますし、完済までに支払う利息の総額もさらに増えることになります。

任意整理をするとどうなる

50万円の借入を任意整理して利息0%、48回の分割払いになった場合

任意整理をした場合
完済までに支払う利息の総額0円
完済までの期間4年
毎月の返済額約1万円

 

任意整理しない場合任意整理をすると

完済までに支払う利息の総額

21万円以上

0円
完済までに必要な期間4年2ヶ月4年
毎月の返済額14,000円約10,000円

60回の分割払いになった場合は、完済までの期間は5年間になりますが、毎月の返済額は約8,300円まで少なくすることができます。

任意整理をして利息を無くすことで完済までに支払う金額が減って、完済までの期間も早くなり、さらに毎月の返済額も少なくなる可能性がある

任意整理のメリット

三菱UFJニコスを任意整理するデメリット

任意整理のデメリットは何がありますか

デメリットはニコスのカードが解約になることと、ブラックリストに登録されることです。

ブラックリストに登録されると借金をしたりローンを組んだりすることができなくなり、クレジットカードも解約になる可能性が高いですが、ブラックリストの影響は完済してから5年間でなくなります。

ブラックリストに登録されている間もネットショッピング等はデビットカードやpaypayですることができます。

後はニコスが保証をしている銀行からの借入があると、その銀行口座が凍結されて預貯金と借入額とで相殺される可能性があります。


ニコスのカードが解約になる

任意整理をした会社のカードは解約になるため、ニコスを任意整理すればニコスのカードはすべて解約になります。

何枚かニコスのカードを持っている場合は、全部のニコスのカードが解約になります。

ニコスのカードが解約になるとポイントは失効してしまうため、貯まっているポイントは事前に使用するようにしましょう。

※参考:カードの退会手続き後でも、ポイントを交換する事はできますか?

ニコスのカードで公共料金や携帯料金のような毎月の支払いをカード払いにしている場合は、口座引き落とし等に変更が必要になります。

※auPAYカード(旧auWALLETクレジットカード)を利用している場合、ニコスが保証を行っている関係で、ニコスを任意整理するとauPAYカード(旧auWALLETクレジットカード)も解約になります。

ブラックリストの影響

任意整理をすると信用情報に事故情報が載りブラックリストに登録されるので、ニコス以外の会社でもお金を借りたりローンを申し込んだりカードを作るのは非常に難しくなります。

ブラックリストの影響を受けて、任意整理の対象にしていないカードも解約になる可能性があります。

クレジットカード会社は定期的に名義人の信用情報を確認しているので、その時に任意整理等の情報があれば今後の支払いが難しくなる可能性があると判断されて、自社のクレジットカードの利用を止めることがあるからです。

ただし、ブラックリストの影響は、最大でも任意整理後完済してから5年間でなくなります。

ブラックリストに載ってもローンを組んだり、クレジットカードでの買い物ができなくなるだけなので、現金やデビットカード、paypayを利用して生活する分にはあまり不便は感じないでしょう。

借金をしたりローンを組むのは難しくなり、任意整理をしないクレジットカードも解約になる可能性がある

※参考:CIC【信用情報とは】

ニコスが保証をしている銀行からの借入がある=口座凍結

銀行のカードローンでは保証会社というものがつきます。

銀行や商品ごとに保証会社というのは異なりますが、ニコスが保証を行っている銀行カードローンもあります。

ニコスを任意整理する際に、ニコスが保証をしている銀行からの借入があると保証が実行されて銀行の借入がニコスへ移行します。

その場合は銀行の借金も併せてニコスと交渉を行い任意整理をすることになりますが、ニコスへ借入が移行する際に3ヵ月ほど銀行口座が凍結されて預貯金と借入額とで相殺されることになります。

※事前に銀行口座からお金を引き出しておけば相殺はされません。

ニコスを任意整理するデメリット

三菱UFJニコスでの借金の減額や過払い金

ニコスの借金が減額されたり過払い金が発生することはありますか

ニコスと2007年よりも前からキャッシングの取引をしている場合は過払い金が発生している可能性があります。

ただしショッピングの取引では借金が減ったり過払い金が発生することはありません。


過去にニコスと法律の制限を超える利息での取引をしていたのであれば、利息を見直して計算=引き直し計算をすることで借金が減ったり過払い金が発生することがあります。

利息制限法の金利の上限
10万円未満の借入20%
10万円以上~100万円未満の借入18%
100万円以上の借入15%

ニコスは2007年には法律内の利息に見直しをしているので、借金が減ったり過払い金が発生する可能性があるのは2007年よりも前からニコスと取引をしていた場合に限られます。

また、法律の制限を超える利息での取引はキャンシングだけなので、ショッピングのリボ払いでは何年前からの取引であっても借金が減ったり過払い金が発生することはありません。

引き直し計算の結果、借金が減額された場合は利息をカットして減額後の金額を分割で返済していくことになります。

引き直し計算の結果、借金が全てなくなって過払い金が発生する場合は任意整理ではなく過払い金請求をすることになります。

  • 50万円の借金が20万円まで減った場合⇒20万円を任意整理をして、利息をカットしてもらい元金だけを分割で返済することになる。
  • 50万円の借金が全てなくなって過払い金が10万円発生してる場合⇒任意整理ではなく10万円の過払い金請求になる。

返済中でも引き直し計算をすると過払い金発生する

三菱UFJニコスの任意整理の流れ

任意整理の手続きはどのように進んでいくんですか

任意整理を依頼されたら弁護士や司法書士は受任通知という書類をニコスへ送付し、借金の金額や過払い金がないかを確認して、その後任意整理の交渉を行っていきます。

依頼者の人は受任通知が送られた後、任意整理の交渉が終わるまでの間はニコスへの返済を一旦ストップして積立金を行う必要があります。

ニコスへの返済を止めても連絡が来ることはありません。


  1. 受任通知送付
  2. 積立金
  3. 引き直し計算
  4. 分割回数等の交渉
  5. 返済再開

受任通知送付

任意整理の依頼を受けた専門家はニコスに対して受任通知を送付します。

受任通知送付後から任意整理交渉完了までの間はニコスへの支払いは止めても督促はきません。

積立金

ニコスへの返済を止めている間に依頼者は専門家に対して積立金を行う必要があります。

積立金は専門家の費用の分割払いという意味と、任意整理後に毎月返済を続けていくことができるかを確認する意味合いがあります。

引き直し計算~任意整理交渉

ニコスの取引履歴が届いたら過去の利息を確認して、以前に法律よりも高い利息で取引があったようであれば利息を見直して計算を行って、借金が減額されないか、過払い金が発生していないかを確認します。

引き直し計算の結果、借金が減るようであればその減額後の金額で利息のカットと分割回数の交渉を行います。

引き直し計算の結果、借金が全てなくなって過払いの状態になっているのであれば過払い金返還についての交渉を行います。

返済再開

任意整理の交渉が終わったら、交渉内容どおりに利息をカットしてもらい、元金だけを分割で返済していくことになります。

依頼者が行うこと

  • ニコスへの返済を止める
  • 積立金をする
  • 任意整理の和解成立後は和解内容どおりにニコスへ返済していく

ニコスへ返済を止めている間に、任意整理後に毎月返済していけるかの確認と弁護士や司法書士の費用の分割払いのために、積立金を行う必要があります。

積立金ができないと、任意整理をしても支払っていくことは難しいと判断されて任意整理ができなくなる可能性があります。

任意整理ができない場合は自己破産や個人再生を検討します。

任意整理を依頼してから3か月~6か月程度で任意整理の交渉がまとまるので、その後は任意整理の内容どおりにニコスへ返済をして完済を目指します。

任意整理依頼後に依頼者が行うこと

家族や会社に秘密で手続きできるか

任意整理は家族や会社に秘密にしたままできますか

任意整理は自己破産等と比べて必要になる書類も少なく、ニコスから連絡が来ることもないので家族や会社にバレる可能性が非常に少ない手続きです。

ただしブラックリストの影響には注意が必要です。


個人再生や自己破産と異なって、任意整理は裁判所を通さずに手続きを行うため、同居の家族の収入証明等は不要です。

また、ニコスからご本人様への連絡も来ないですし、弁護士や司法書士からの郵送物も事務所の名前を入れずに送付することもできますし、郵便局留めを利用してご自宅に届かないようにすることも可能です。

そのため、任意整理は家族や会社に知られずに手続きを行うことができる可能性が高い手続きです。

ただし、ブラックリストに登録されてクレジットカードが解約になったり、ローンが組めなかったりした際に不審に思われてしまう可能性はあります。

生活費等をクレジットカードで支払っている人は注意が必要です。

自己破産や個人再生と比べて、任意整理は家族や会社に知られることなく手続きができる可能性が高い手続きです。

任意整理をせずに借金の支払いを滞納していると、ニコスから督促が来たり裁判を起こされたりして家族に知られてしまうこともあります。

裁判で判決を取られた後は給与差し押さえをされれば会社に借金を滞納していることを知られてしまうので、返済が難しい状況の人は任意整理をしない方が家族や会社に知られてしまう危険性は高いと言えます。  

三菱UFJニコスの任意整理まとめ

ニコスの借入を任意整理すると任意整理後の利息は0%にしてもらえて、60回以上の長期の分割にも応じてもらえます。

ニコスの借金はキャッシングとショッピングのリボ払いどちらも任意整理をすることができます。

さらにニコスと2007年よりも前からキャッシング取引を行っている場合は借金が減ったり過払い金が発生する可能性があります。

ただし、任意整理を行うとブラックリストに載るためニコス以外のカードも利用ができなくなりますし、借金をしたりローンを組む際の審査に通ることはほぼできなくなります。

ブラックリストの影響は任意整理後に完済してから5年間でなくなるので、その後は通常どおりの審査を受けることができるようになります。

ブラックリストに載っている間は借金はせずローンも組まず、現金で生活をして、クレジットカードの代わりにデビットカードを利用することで、あまり不便を感じることなく生活することはできると思います。

このように任意整理にはメリットがある一方デメリットもあるため、デメリットが発生しても今の返済を楽にしたいという人は任意整理をすることをおすすめします。