ニコスへ過払い金請求をした場合の入金日や返還日はどうなる?

  • ニコスで過払い金が発生する条件は?
  • 過払い金が返金されるまでの期間
  • 過払い金請求のデメリットを知りたい

ニコスは以前は日本信販という会社で、ニコスカード以外にもDCカードやマイベストカード等を展開しているので利用している人も多い会社です。

正確な会社名は三菱UFJニコス株式会社と言い、三菱UFJフィナンシャルグループの子会社です。

ニコスでの過払い金が発生する条件と、過払い金請求をした際の返金されるまでの期間やデメリット等をまとめました。

ニコスでの過払い金発生の条件

ニコスで過払い金が発生する条件を教えてください

過払い金は法律の制限よりも高い利息でキャッシングの取引をしていた場合に発生します。

ニコスは2007年に過払い金が発生しない金利に見直しているため、2007年までにキャッシングを開始した人には過払い金が発生する可能性があります。

2008年以降のキャッシングや、ショッピングの取引では過払い金は発生しません。


過払い金は法律の制限を超える利息で取引をしていた場合に発生します。

利息制限法の金利の上限
10万円未満の借入20%
10万円以上~100万円未満の借入18%
100万円以上の借入15%

ただし、過払い金が発生するのはキャッシング取引だけなのでショッピングのリボ払い等では過払い金は発生しません。

当時の利息がわからない場合、ニコスは2007年には法律内の利息に見直しをしているので、2007年よりも前からキャッシングをしていた人は過払い金が発生する可能性が高いです。
過払い金がなかった場合で、返済が難しい状況の人は任意整理を検討するべきです。

ニコスの過払い金請求への対応

ニコスの過払い金請求への対応を教えてください。

ニコスは裁判をしない場合、過払い金の70%~90%返金になることが多いです。

それ以上の金額を回収するとなると裁判が必要になります。


ニコスの過払い金請求への対応は消費者金融と比べると良心的ですが、他の信販会社と比べると少し支払いを渋る印象です。

取引履歴の取り寄せ

過払い金請求をするにはまずは「取引履歴」というものを取り寄せてから過払い金の計算をする必要があります。

ニコスへ取引履歴を請求すると、請求から1ヶ月~2ヵ月ほどで取引履歴が届きます。

ただし、1995年以前の取引履歴は破棄しているとの理由で開示されません。

ニコスからの和解提案

計算をした金額をニコスへ請求すると1~3週間ほどで以下のような和解提案が来ます。

  • 過払い金元金の70~90%の金額
  • 和解から2~3ヵ月後の返還

利息まで回収する等で上記以上の金額を回収するとなると裁判が必要になります。

返還期間

取引履歴の取り寄せに1~2ヵ月かかり、和解から2~3ヵ月後の返還となるので、裁判をしない場合は合計3~5か月ほどの期間で回収できます。

裁判をした場合のニコスの対応

ある程度の利息までであれば裁判をしても早い段階でニコスと和解することもできます。

しかし利息が多額だったり、利息全額を回収するとなるとニコスも争ってきて時間がかかることがあります。

裁判の場合は、訴訟提起から回収までは早ければ4ヵ月程度、遅ければ1年近くかかることもあります。

ニコスが争ってくる点

ニコスは以下のような取引がある場合は過払い金の返還を争ってきます。

取引の分断

一度完済して、次の借入までに1年以上期間がある場合は取引が分かれている=取引の分断を争ってきます。

取引の分断が認められると、取引途中からの過払い金請求になるので金額が少なくなりますし、途中完済から10年以上経っている場合は途中完済時点までの過払い金が時効になります。

取引履歴が途中開示の場合

ニコスは1995年以前の取引履歴は破棄したとのことで開示しませんが、この場合にはニコスが開示してきた時点の取引履歴に記載されている残高から計算を始める場合は争ってきません。

しかし取引履歴が開示される前の過去の取引を推定して計算するか、取引履歴が出てきた時点の借入残高を0円として計算をすると金額は大きくなりますが、その点はニコスは争ってきます。

ニコスへの過払い金請求の注意点

ニコスへ過払い金請求をするにあたりデメリット等はありますか

まずニコスのカードは解約になります。

また、ニコスでショッピングのリボ払いを返済中に過払い金請求をすると、過払い金とショッピングの残金で相殺され過払い金のほうが少なく相殺しきれない時は、ブラックリストに登録されます。

ショッピングを完済した後に過払い金請求をするのであれば、ブラックリストに登録されることはありません。


カード解約

ニコスへ過払い金請求をするとニコスのカードは解約になります。

ニコスのカードを何枚か利用している人もいますが、その場合は全てのニコスのカードは解約になるので注意が必要です。
※auPAYカード(auWALLETクレジットカード)を利用している場合、ニコスが保証を行っている関係で、ニコスへ過払い金請求を行うとauPAYカード(auWALLETクレジットカード)も解約になってしまいます。
ニコスのカードが解約になるとポイントは失効してしまうため、貯まっているポイントは事前に使用するようにしましょう。

ショッピングの残高がある場合

ショッピングリボ等の残高がある状態で過払い金請求をすると、ショッピングの残高と過払い金とで相殺されます。

この場合に過払い金よりもショッピングの残高のほうが多い場合は、相殺しきれなかった残債を任意整理する扱いになり、ブラックリストに載ることになります。

例=ショッピングの残高80万円-過払い金50万円=30万円を任意整理することになる。

過払い金請求まとめ

ニコスは過払い金請求をすると、消費者金融等に比べるとあまり無駄に争ってきたりはしないので、過払い金請求への対応は良心的な部類に入ります。

しかしショッピングでニコスのカードを利用等している人は過払い金請求をするとカードが解約になってしまいます。

また、ショッピングリボを利用している場合は、過払い金とショッピング利用分とで相殺されてしまいますし、過払い金よりもショッピングの方が多い場合は任意整理の扱いになりブラックリストに載るので注意が必要です。