無職の人の任意整理(債務整理)

借金があるけど無職になってしまって支払いができない・・・

そのような場合は債務整理をして解決することができるのか?

突然無職になってしまって支払いができなくなってしまったら何から手を付ければいいのか?解説しています。

無職の人が選択できる債務整理

無職で収入がない人でも債務整理をすることはできるんですか?

 

無職で収入がない場合は自己破産しか選択肢はないよ。

 

確かに収入がなければ自己破産して借金の支払いを免除してもらうしかないですよね。

 

そう。

収入がない場合は任意整理や個人再生のように支払いをする必要が残る債務整理を行うことはできないんだ。

 


無職で収入が全くない人が債務整理を行う場合は、自己破産しか選択することはできません。

任意整理は利息を0%にしてもらって元金だけを分割で返済する手続きですし、個人再生では減額後の借金を分割で返済する手続きです。

任意整理と個人再生は上記のように返済を行う必要があるので、収入がない人は行うことができない手続きです。
そのため収入がない人が債務整理を行う場合は自己破産しかできないということになります。
仕事をしていないといっても、専業主婦の人で夫の収入で支払っていける場合には任意整理を行うことが可能です。
関連記事

任意整理は自己破産や個人再生と同じ債務整理の一つですが、債務整理手続きの中で一番融通が利く手続きです。他の債務整理に比べ費用も安く済み、手続きも簡単なので債務整理の中では利用されている方が多い手続きです。「債務整理」と聞いて[…]

関連記事

自己破産については間違ったマイナスなイメージを持っている人が大勢いらっしゃいます。確かに気軽に利用するような手続きではありませんが、現在支払いに追われ苦しい思いをされているのでしたら、まずは正しい情報を知った上で一度検討してみるべき[…]

仕事に就く見込みがある場合

今は無職ですけど、もう次の仕事が見つかっている場合はどうなんですか?

 

仕事が見つかっていて、その収入で問題なく支払っていけそうなのであれば、任意整理をすることができるよ。

 

そうなんですね!

ただ、アルバイトとかの場合でも大丈夫なんですか。

 

アルバイトであっても問題ないよ。

とにかく収入の範囲内できちんと支払っていけそうなのであれば任意整理は可能だよ。

 


現在は無職であっても、すでに次の仕事が決まっているような場合で、その収入で任意整理後の金額を毎月問題なく支払っていけるのであれば任意整理をすることが可能です。

仕事については安定して継続した収入があれば良いので、アルバイトや派遣社員等であっても任意整理を行うことができます。

借金がある状態で収入がなくなってしまったら

借金があるのに仕事ができなくて、収入がなくなってしまったらどうすればいいんですか?

 

すぐに仕事に就けないような状態で、仕事を失ったのなら失業手当や、病気やケガで仕事ができないのなら傷病手当金を検討すべきだよ。

 

そういった制度を利用できる場合は利用したほうがよさそうですね!

 

そのような制度も利用できず、仕事にも就けないという場合は生活保護も検討すべきだね

 


もし借金があるのに無職になってしまった場合は、「失業手当」を検討し、病気や怪我で仕事ができなくなってしまった場合は、傷病手当金を検討すべきです。

上記のような制度が利用できなく、仕事もできなく、家族の援助も受けられないなら生活保護を受けることも検討すべきでしょう。

また、生活保護を受けた場合、生活保護費からの借金の返済というのは認められていません。

しかし生活保護受給者は法テラスの民事法律扶助制度を利用することで、自己破産に必要な費用を支払うことなく自己破産を行うことができます。
関連記事

借金の返済が苦しくなってきたとき、債務整理をするにしても今度は弁護士や司法書士の費用がかかります。元々借金の返済が厳しいから債務整理をするわけですから、弁護士や司法書士の費用が捻出できないという人も当然いらっしゃいます。 […]

過払い金が発生しているかも

15年以上前から借金を返済していましたが、無職になって返済ができなくなりそうなんですけど、過払い金が発生している可能性はありますか?

 

2007年よりも前から消費者金融やクレジットカード会社でキャッシングをしているなら過払い金が発生する可能性があるよ。。

 

それなら過払い金が発生しているかもしれません!

 

長く取引をしてる人は債務整理の前に過払い金を検討してみるのもいいね

 


・10万円未満の借入=20%
・10万円以上~100万円未満の借入=18%
・100万円以上の借入=15%

消費者金融やクレジットカード会社からの借り入れで上記の利息を超えて取引をしていた場合は、利息を見直しての計算=引き直し計算をすることで借金が減額されたり、借金が全てなくなり過払い金が発生している可能性があります。

2007年の途中にはどこの会社も法廷内の利息へ見直しをしているので、2007年よりも古くから消費者金融やクレジットカード会社と取引がある人は過払い金が発生している可能性があります。
関連記事

過バライ金ってよく聞くけど、どんな取引をしていると過バライ金は発生するのか?借金をしていても、すべての人に過バライ金が発生する訳ではありません。過バライ金が発生する仕組みと、過バライ金請求の対象になる取引、対象にならない取引[…]

無職の人の任意整理まとめ

任意整理は元金だけを3~5年間の長期に渡って支払っていく手続きのため、無職の人は任意整理を行うことはできません。

収入がない状態での債務整理をする場合は自己破産をするしか方法がありません。

ただし、既に仕事が見つかっていて、その収入で問題なく支払っていけそうなのであれば任意整理をすることができます。

仕事はアルバイトであっても派遣社員等であっても問題ありません。

借金があるのに収入がなくなってしまい、すぐに仕事ができないような状態の場合は、まず失業手当や傷病手当金の制度を利用することを検討すべきです。

そのような制度も利用できない場合は生活保護を利用するのもいいでしょう。

また、生活保護受給者は法テラスを利用することで、費用を支払う必要なく自己破産を行うことができます。

 

債務整理について相談したいならこちらがオススメです。

名村法律事務所