みずほ銀行カードローンの任意整理【減額や過払い金はあるのか?】

  • みずほ銀行を任意整理すると返済は楽になるのか?
  • 任意整理のデメリットを知りたい
  • 相談した後の手続きはどうやって進めていくの

借金の返済が厳しくなってきたら、任意整理をすることで毎月の返済を楽にすることができます。

ただし、任意整理をすることでどのぐらいのメリットがでるのかは相手方の業者によって異なってきます。

今回はみずほ銀行の借金を任意整理をした場合のメリットとデメリットをご紹介します。

みずほ銀行の任意整理への対応

会社によっては任意整理に応じてくれないみたいですけど・・・

みずほ銀行は任意整理に応じてくれるんですか?

 

みずほ銀行は任意整理に応じてくれるよ。

みずほ銀行を任意整理する場合は保証会社のオリコと交渉をすることになるんだけど、任意整理後の利息は0%にしてくれるし、36回~60回ほどの分割払いにも対応してくれるよ。

 

オリコと交渉することになるんですね。

 

銀行からの借入の場合は保証会社というものがついていて、銀行を任意整理する場合は保証会社との交渉になるんだ。

みずほ銀行の場合はオリコが保証会社になっているから、みずほ銀行を任意整理する時はオリコと交渉を行って、任意整理後の返済もオリコに対して行っていくことになるよ。

ちなみに銀行の借入では過払い金が発生することはないからね。

 


みずほ銀行の任意整理への対応
任意整理後の利息0%になる
任意整理後の分割回数36回~60回以上の分割払いも可能
過払い金は発生するのか銀行の借入では過払い金は発生しない

銀行のカードローンには保証会社がついていて、みずほ銀行の場合はオリコ(株式会社オリエントコーポレーション)が保証をしています。

みずほ銀行の借金を任意整理するとオリコへ借金が移行して、任意整理の交渉はオリコと行うことになります。

 任意整理後の利息

みずほ銀行を任意整理した後の利息は0%になります。

利息がなくなるため、任意整理後は返済した分だけ借金が減っていくので、いつ完済できるのか明確になり完済までの期間も短くなります。

任意整理後の分割回数

任意整理後は36回~60回=3年~5年ほどの長期の分割で返済をすることができます。

長期の分割払いに応じてもらえるので、毎月の返済額が少なくなります。

みずほ銀行を任意整理するメリット

任意整理のメリット

任意整理をして利息が0%になると言われてもよくわからないんですけど、どのぐらいのメリットが生まれるものなんですか?

 

金額とか利息とか返済額にもよるから一概には言えないけど、利息がなくなることで完済までに支払う金額が数十万円以上減ることが多いよ。

 

利息がなくなるだけでそんなに減るんですか!

 

さらに利息がなくなれば支払った金額の分だけ元金が減るから、完済までの期間が短くなったり、毎月の返済額も減ることがあるよ。

 


任意整理前の返済内容

例えば50万円を利息14%で借りて毎月10,000円を返済していくと、完済まで7年4ヶ月かかって、完済までの間に利息だけで25万円以上支払う計算になります。

任意整理をせずに返済する場合
完済までの期間7年4ヶ月
毎月の返済額1万円
完済までの利息返済額25万円以上

任意整理後の返済内容

これに対して、50万円の借金を任意整理して利息0%、60回の分割払いにすると

任意整理をした場合
完済までの期間5年
毎月の返済額約8,400円
完済までの利息返済額0円
  • 完済までの期間 7年4ヶ月⇒5年
  • 毎月の返済額 1万円⇒約8,400円
  • 完済までの利息返済額 25万円以上⇒0円

契約内容にもよりますが、任意整理をすることで完済までの期間が短くなって、支払う総額も減り、毎月の返済額も少なくすることができます。

任意整理は家族や会社に秘密のまま手続きできる

任意整理は家族や会社に秘密にしたままできるものなんですか?

 

任意整理は他の債務整理と違って、家族や会社にバレる可能性が非常に少ない手続きなんだ。

だからその点は心配せずに相談をして大丈夫だよ!

 


任意整理は、家族や会社に知られることなく、内緒で手続きができる可能性が高いです。

自己破産や個人再生だと、家族や会社の協力が必要な書類の提出を裁判所から求められますが、任意整理ではそのようなことはありません。

また、任意整理をしている間はみずほ銀行から本人に対して連絡が来ることはないですし、郵便物が届くこともありません。

そのため、自己破産や個人再生と比較して、借金があることや任意整理をしていることが家族や勤め先に知られてしまうことはほとんどありません。

みずほ銀行を任意整理するデメリット

みずほ銀行を任意整理するデメリット

みずほ銀行を任意整理するデメリットはどんなものがあるんですか?

なんだか銀行を任意整理するのって怖くて・・・

 

まずはブラックリストに載ることだね。

任意整理後に完済してから5年の間はブラックリストに載るから、その間は借金とかはできなくなるよ。

 

ブラックリストですね・・・他にはデメリットはないんですか?

 

後は一定期間みずほ銀行の口座が止められてしまうってことだね。

口座にお金があると借金と相殺されることになるよ。

 


みずほ銀行のカードローンは解約になる

任意整理する業者との契約は解約になるため、みずほ銀行を任意整理すればみずほ銀行のカードローンは解約になります。

ブラックリストの影響がでる

任意整理をするといわゆるブラックリストに載ることになるので、お金を借りたり何かを買う時にローンを組んだり、クレジットカードを作るのは難しくなります。

ただしブラックリストに載る期間は、任意整理後完済してから5年間なので、その後はブラックリストの影響はなくなります。

※参考:CIC【信用情報とは】

みずほ銀行の口座が凍結される

みずほ銀行の借金を任意整理すると、みずほ銀行の預貯金と借金とで相殺されることになりますが、その際に1ヵ月~3か月の間、みずほ銀行の口座が凍結されます。

※口座が凍結された場合、その口座から出金をすることができなくなります。

しかし元々預貯金がない場合は相殺は問題になりませんし、貯金がある場合は事前に引き出しておくことで相殺を回避できます。
また、給料の振り込み先がみずほ銀行になっていたり、みずほ銀行の口座からの引き落としにして支払っているものがあれば事前に別の口座に変更をする必要があります。

借金の減額や過払い金

銀行は過払い金は発生しない

みずほ銀行とか銀行からの借入で借金が減ったり過払い金がでることはあるんですか?

 

銀行からの借入では借金が減額されたり過払い金が発生することはないよ。

 

銀行からの借入では過払い金が発生することはないんですね・・・

 

銀行が法律の制限を超える利息での取引をすることはないから借金の金額はそのままで、利息をカットしてもらうだけだね。

 


利息制限法の金利の上限
10万円未満の借入20%
10万円以上~100万円未満の借入18%
100万円以上の借入15%

上記の制限を超えて借金の返済をしていた場合は、利息を直して計算することで借金が減ったり過払い金が発生することになります。

しかし、銀行からの借入では法律の制限を超える利息での取引をすることはないので、みずほ銀行からの借入で借金が減額されたり過払い金が発生することはありません。

任意整理の流れ

任意整理依頼後に依頼者が行うこと

みずほ銀行の任意整理を依頼した後の手続きはどんな流れで進められていくんですか?

 

任意整理の依頼を受けた専門家はまず、みずほ銀行に対して受任通知という書類を送るんだ。

受任通知を送付した後はみずほ銀行への返済は止めて、その代わり毎月専門家へ一定の金額を振り込んで積立金を行うことになるよ。

 

返済は止めて積立金をすると・・・

積立金ってなんですか?

 

積立金は専門家の費用の分割払いに充てられるものなんだけど、それと任意整理後に毎月ちゃんと返済を続けていけるのか?を確認するという意味もあるよ。

その後、みずほ銀行の保証会社であるオリコと利息のカットや分割払いの回数について交渉をして、交渉がまとまればその内容どおりにオリコへの返済をしていくという流れだね。

 


  1. 受任通知送付
  2. 積立金
  3. 引き直し計算
  4. 分割回数等の交渉
  5. 返済再開

受任通知送付

任意整理の依頼を受けた専門家はみずほ銀行に対して受任通知を送付します。

受任通知送付後、みずほ銀行への支払いは止めて、その間に積立金を行います。

受任通知送付後はみずほ銀行への返済をSTOPしても督促が来たりすることはありません。

積立金

受任通知送付後、みずほ銀行への返済を止めている間に依頼者は専門家に対して積立金を行う必要があります。

積立金は専門家の費用の分割払いと、任意整理後に毎月返済を続けていくことができるかを確認するという意味合いがあります。

任意整理交渉

銀行での借り入れでは法律の制限を超える利息での取引というのはありませんので、みずほ銀行の借入で借金が減額されたり過払い金が発生することはありません。

任意整理後の利息のカットと、分割回数の交渉をみずほ銀行の保証会社であるオリコと行います。

返済再開

任意整理の交渉が終わったら、交渉内容どおりに利息がなくなった元金だけを分割で保証会社であるオリコに対して返済していくことになります。

依頼者が行うこと

  • みずほ銀行への返済を止める
  • 積立金をする
  • 任意整理の和解成立後は和解内容どおりにオリコへ返済していく

任意整理を依頼した後は、みずほ銀行へ返済を止める必要がありますが、返済を止めてもみずほ銀行からの督促は来ません。

返済を止めている間に、積立金を行うことになりますが、積立金は任意整理後に毎月返済していけるかの確認と、専門家の費用の分割払いのために必要になります。

任意整理を依頼してから3か月~6か月程度で任意整理の交渉がまとまるので、その後は任意整理の内容どおりにみずほ銀行の保証会社のオリコへ返済をして完済を目指します。

まとめ

みずほ銀行の借金を任意整理する際はオリコとの交渉になります。

任意整理後の利息は0%にしてくれますし、60回以上の分割払いにも応じてくれます。

それにより毎月の返済額を抑えることができたり、完済までに支払う金額を減らしたり、完済までの期間も短くなったりする可能性があります。

反面、ブラックリストに登録されるというデメリットもあります。

ブラックリストに登録されると、借金をしたりローンを組んだりクレジットカードを持つことはできなくなります。

登録されている間は、収入の範囲内で現金で生活する、ネットショッピング等についてはデビットカードやpaypayを利用することで、あまりデメリットを感じることなく生活をすることができると思います。