ライフカードの過払い金請求対応【キャッシングのみ対象】

  • ライフカードで過払い金が発生する条件は?
  • 過払い金が返金されるまでの期間
  • 過払い金請求のデメリットを知りたい

ライフカードはアイフルの子会社です、洋服の青山等のカード利用している人が多いカードです。

子会社だけあって、ライフカードの過払い金請求への対応はほとんどアイフルと同じです。

ライフカードで過払い金が発生する条件と、請求してから返金されるまでの期間、買い物等でライフカードを利用している場合はデメリットもあるので注意が必要です。

ライフカードでの過払い金発生の条件

ライフカードで過払い金が発生する条件を教えてください

過払い金は法律の制限よりも高い利息でキャッシングの取引をしていた場合に発生します。

ライフカードは2007年頃に過払い金が発生しない金利に見直しているため、2007年以前から取引があった場合だけ過払い金が発生する可能性があります。

ショッピングの取引では過払い金は発生しません。


ライフカードで借りていても全員に過払い金が発生するのではなく、過払い金が発生しない人もいます。

下記を超えた利息で取引をしていた場合にのみ過払い金が発生します。

利息制限法の金利の上限
10万円未満の借入20%
10万円以上~100万円未満の借入18%
100万円以上の借入15%

参考:高利を支払っていた場合には、取り戻すことができるのですか?|法テラス

ライフカードでの過払い金発生の目安

ライフカードは2007年頃に過払い金が発生しない利息に変更しているので、2007年よりも前からライフカードと取引があった人は過払い金が発生している可能性があります。

2008年以降に初めて借り始めたという人には過払い金は発生しませんし、ショッピングの取引も過払い金の対象にはなりません。

2007年よりも前からキャッシングの取引を行っていた人にのみ過払い金が発生する可能性があります。

ライフカードへの過払い金請求の流れ

過払い金請求の手続きはどのような流れで行われるのですか

まずはライフカードから取引履歴という資料を取り寄せて、過払い金の計算をします。

取引履歴はライフカードへ請求後1か月~2か月ほどで送付されます。

計算後、その金額をライフカードへ請求して和解や裁判をして過払い金を回収します。


過払い金請求は下記の流れで行います。

  1. 取引履歴の取り寄せ
  2. 引き直し計算
  3. 過払い金の請求or裁判
  4. 和解or判決
  5. 返金

取引履歴の取り寄せ

まずは過払い金が発生しているか、発生している場合は正確な金額を計算するためライフカードから取引履歴を取得する必要があります。

取引履歴をライフカードへ請求すると1ヵ月~2ヵ月ほどで送付されてきます。

取引履歴には過去の借入や返済の内容が全て記載してあるので、取得したら次は過払い金の計算を行って、その金額をライフカードへ請求します。

ライフカードの過払い金請求への対応

ライフカードの過払い金請求への対応を教えてください。

ライフカードの過払い金請求への対応は良好ではありません

裁判をしない場合は過払い金の4割~6割ほどの回収に留まり、それ以上を回収するには裁判が必要になります。


ライフカードへ過払い金請求すると、1週間ほどでライフカードから以下の内容で和解の提案が来ます。

ライフカードの過払い金和解提案

  • 過払い金元金の40~60%
  • 1~6か月後の返金

ライフカードはアイフルと同様の対応になるので、低い割合での提案しかだしてきません。

返金割合

過払い金の元金の40%~60%ほどの提案で減額を求めてきます。

他社の和解提案は70%~100%が平均的ですので、やはりライフカードの提案は他社と比べて低い割合になります。

過払い金の元金を全部回収するとか、過払い金の利息まで回収するには裁判が必要になります。

返還期間

和解から1~6ヶ月後の返還になります。

まず取引履歴の取り寄せに1ヶ月半ほどかかるので、依頼から回収までは2~8か月かかることになります。

裁判対応

ライフカードへ裁判を裁判をした場合の対応はどのようなものになりますか

裁判後も満足の行く和解の話し合いはできないので、全額を回収するとなると判決になることが多いです。

判決後も控訴される可能性もあるため、お金が返ってくるまで1年以上かかることもあります。


ライフカードの和解提案は非常に低い水準ですので、それ以上の金額を回収するには裁判が必要になります。

しかしライフカードは裁判をした場合も非常に争ってきますし、裁判をしても基本的には増額した和解提案はだしてきませんので、判決をもらって回収することになります。

裁判をした場合の回収期間としては1年以上かかることもありますし、判決後控訴されればもっと時間はかかります。

ライフカードに対し、裁判をすると以下のような対応を行ってきます。

移送申立て

裁判は依頼者の住所地かライフカードの本社がある神奈川の裁判所のどちらでもできるのですが、依頼者の住所地で訴訟提起すると、ライフカードの本社がある神奈川に裁判所を変えてくれと主張してきます。

きちんと意見書等を送付すれば、ライフカードの裁判所変更の申立ては却下されることがほとんどですが、却下されるにしても裁判所の移送申立ての審理で1~2ヶ月ほど余計に時間がかかってしまいます。

取引の分断

取引途中に完済している箇所があると取引の分断を主張してくることがあります。

2000年借入開始して2006年に一度完済、2009年から再度借入~という場合、途中で完済した2006年までの取引と2009年からの取引の過払い金は別々に計算するべきという主張が取引の分断です。

別々に計算すると過払い金は少なくなりますし、上記の場合で別々に計算すると2006年の完済から10年以上経過しているので、2006年時点までの過払い金は時効になります。

完済から再借入までの期間が1年以上空いていると取引の分断が認められてしまう可能性が高くなってきます。

遅延利率計算

取引中に1日でも遅れて返済した箇所があると、それ以降は全て遅延損害金利率で計算すべきという主張です。

遅延損害金は利息の1.46倍まで認められますので、法定利息が18%であれば26.28%までは認められ、26.28%を超える利息のみ過払い金になるので、過払い金が少なくなる又は過払い金が発生しないということになります。

控訴

ライフカードは裁判所で判決をもらっても、判決に不服があるということで控訴をしてくる可能性があります。

控訴されると控訴審で手続きが行われるので更に時間がかかります。

ライフカードへの過払い金請求のデメリット

ライフカードへ過払い金請求をするにあたりデメリット等はありますか

ライフカードは解約になります。

また、ライフカードでショッピングのリボ払いを返済中に過払い金請求をすると、過払い金とショッピングの残金で相殺され過払い金のほうが少なく相殺しきれない時は、ブラックリストに登録されます。

ショッピングの利用分を完済後に、過払い金請求をするのであればブラックリストに登録されることはありません。


ライフカードへ過払い金請求する際の注意点をあげていきます。

カード解約

過払い金請求をしたカードは解約になるので、ライフカードへ過払い金を請求すると、ライフカードのクレジットカードは解約になります。

カードが解約になるとポイントは無効になるので、ポイントが貯まっている人は注意が必要です。

参考:カードを脱会したいのですが?|クレジットカードはライフカード

ショッピング残高との相殺

債務整理と異なり過払い金請求ではカードが解約になるだけで、ブラックリストに載ることはありません。

しかしキャッシングを完済していても、ショッピングを利用中の場合は過払い金とショッピング残とで相殺されることになりますが、ショッピング残高よりも過払い金の方が少額で相殺できない場合はデメリットが発生します。

相殺しきれなかった場合は、ショッピングの残金を任意整理するという扱いになるためブラックリストに載ることになります。

キャッシングとショッピング両方を完済してからの請求であればブラックリストに登録されることはありません。

過払い金請求のまとめ

ライフカードはアイフルの子会社なので、過払い金請求への対応はアイフルとほとんど同じであの手この手で争ってきます。

さらにライフカードはショッピングで利用している人も多い分、アイフルへの過払い金請求よりも注意点が増えます。

カードを利用している人はデメリットをしっかり確認してからの請求を心がけましょう。