ライフカードの過払い金請求対応【メリットとデメリット】

ライフカード 過払い金洋服の青山等のカードで有名なライフカード。

ライフカードはアイフルの子会社なので、過払い金請求への対応はほとんどアイフルと同じです。

アイフル同様過払い金請求への対応は良くないですし、買い物等でライフカードを利用している場合は注意が必要です。

ライフカードでの過払い金発生の条件

ライフカードを使っているんですけど、ライフカードでも過払い金は発生するんですよね?

ライフカードでも2007年以前からキャッシングをしていたなら過払い金が発生している可能性が高いよ。

ただしショッピングでは過払い金は発生しないからね。

なんで2007年なんですか?

ライフカードは2007年ごろに利息の見直しをしているから、2007年以降に新しく借りた取引では過払い金は発生しないんだ。

だから過払い金が発生するのは2007年よりも前から借りていた場合に限られるんだよ。

 

ライフカードで借りていても全員に過払い金が発生するのではなく、過払い金が発生しない人もいます。

法律上の利息の上限
・10万円未満の借入→利息20%が上限
・10万円以上100万円未満の借入→利息18%が上限
・100万円以上の借入→利息15%が上限

 

上記を超えた利息で取引をしていた場合にのみ過払い金が発生します。

ライフカードでの過払い金発生の目安

ライフカードは2007年以降は過払い金が発生しない利息に変更しているので、2007年よりも前からライフカードと取引があった人は過払い金が発生している可能性が高いです。

2007年以降に初めて借り始めたという人には過払い金は発生しません。

過払い金がどのぐらい発生しているか?借金がどのぐらい減るのか?匿名で簡単に確認したいなら

東京ミネルヴァ法律事務所

ライフカードへの過払い金請求の流れ

過払い金請求は、

過払い金請求の流れ
・取引履歴の取り寄せ
・引き直し計算
・過払い金の請求or裁判
・和解or判決
・返金

 

上記の流れで行います。

取引履歴の取り寄せ

まずは過払い金が発生しているか、発生しているならその金額を計算するためライフカードから取引履歴を取得する必要があります。

取引履歴をライフカードへ請求すると1~2ヶ月ほどで送付されてきます。

他の会社へ取引履歴を請求すると平均2週間ほどで開示されますので、ライフカードは他社に比べて取引履歴の開示は遅いです。

 

取引履歴を取得したら次は過払い金の計算を行い、その金額をライフカードへ請求します。

ライフカードの過払い金請求への対応

ライフカードって過払い金請求への対応はどうなんですか?

ライフカードはアイフルの子会社だからアイフルと同じ対応になるから、過払い金請求への対応はかなり悪い部類の業者だよ!

えぇ・・・そうなんですね・・・

裁判をしない場合は過払い金の半分ぐらいしか交渉の余地はない会社だよ・・・

 

ライフカードへ過払い金請求すると、ライフカードから和解の提案が来ます。

ライフカードの過払い金和解提案

ライフカードの和解提案
・過払い金元金の40~60%
・1~6か月後の返金

 

ライフカードはアイフルと同様の過払い金請求対応になるので、あまり良心的とは言えません。

返金割合

過払い金の元金の40%~60%ほどの提案、というより減額を求めてきます。

他社の和解提案は70%~100%が平均的ですので、やはりライフカードの提案は他社と比べて低い提案になります。

過払い金の元金を全部回収するとか、利息まで回収するには裁判が必要になります。

 

裁判の場合は回収までに時間がかかる可能性が高いため、減額してもいいから早期に解決したいという人の場合は和解してもいいでしょう。

返還期間

返還割合により和解から1~6ヶ月後の返還になります。

40%なら早めの1,2ヶ月ほどでの返還。

60%なら遅めの5,6ヶ月後の返還というような提案をしてきます。

まず取引履歴の取り寄せに1~2ヶ月かかりますので、依頼から回収までは2~8か月かかることになります。

 

回収までに半年以上時間がかかるというのも他社に比べて遅いです。

ライフカードの裁判対応

ライフカード 過払い金

ライフカードからきっちりと過払い金を回収するには裁判が必要になるんですよね!

そうだね!

でも裁判の場合も一筋縄ではいかない業者だから、回収までに時間はかかるよ。

裁判の場合も争ってくるんですね・・・

裁判を進めていくと利息まで含めた金額で和解になる業者も多いけど、ライフカードは利息全額の和解提案をだしてくることはほとんどないから判決になることもある業者だよ。

 

ライフカードの和解提案は非常に低い水準ですので、それ以上の金額を回収するには裁判が必要になります。

しかしライフカードは裁判をした場合も非常に争ってきますし、裁判をしても基本的には増額した和解提案はだしてきませんので、判決を得て回収することになります。

 

裁判をした場合の回収期間としては1年ほどかかることもありますし、判決後控訴されればもっと時間はかかります。

ライフカードが裁判で争ってくる点

裁判ではどんな点を争ってくるんですか?

アイフルと同様に時間稼ぎとしか考えられないけど、まずは別の裁判所に変えろという主張をしてくるよ。

後は取引の分断があれば当然争ってくる。

時間稼ぎですか・・・

返済に1日でも遅れたところがあると、それ以降は遅延損害金利率で計算するべきという主張もしてくるし勝訴判決をとっても控訴してくることもあるよ。

とにかく時間がかかることは覚悟しておいた方がいいね。

 

ライフカードへ裁判をした場合、どのようにして争ってくるのか?

移送申立て

裁判は依頼者の住所地かライフカードの本社がある神奈川の裁判所のどちらでもできるのですが、依頼者の住所地で訴訟提起すると、ライフカードの本社がある神奈川に裁判所を変えてくれと主張してきます。

きちんと意見書等を送付すればライフカードの申立ては却下されることがほとんどですが、却下されるにしても裁判所の移送申立ての審理で1~2ヶ月ほど余計に時間がかかってしまいます。

取引の分断

取引途中に完済している箇所があると取引の分断を主張してくることがあります。

2000年借入開始→2006年完済、2009年再度借入~という場合、2006年の完済までの取引と2009年からの取引の過払い金は別々に計算するべきという主張が取引の分断です。

 

別々に計算すると過払い金の額は少なくなりますし、上記の場合で別々に計算すると2006年の完済から10年以上経過しているので、2006年時点までの過払い金は時効になります。

完済から再借入までの期間が1年以上空いていると取引の分断が認められてしまう傾向です。

遅延利率計算

取引中に1日でも遅れて返済した箇所があると、それ以降は全て遅延損害金利率で計算すべきという主張です。

遅延損害金は利息の1.46倍まで認められますので、法定利息が18%であれば26.28%までは認められ、26.28%を超える利息のみ過払い金になるので、過払い金が少なくなる又は過払い金が発生しないということになります。

控訴

ライフカードは裁判所で判決をもらっても、判決に不服があるということで控訴をしてくる可能性があります。

控訴されると控訴審で手続きが行われるので更に時間がかかります。

ライフカードへの過払い金請求のデメリット

ライフカードへ過払い金請求をした場合のデメリットってありますか?

ライフカードが解約になってしまうことだね!

解約になるんですね。

ショッピングでカードを利用している人は困りますね。

そうだね。

特にショッピングリボとかで残債がある人は過払い金とショッピング残債とで相殺されるから、過払い金の方が少なくて相殺しきれないと任意整理扱いになってブラックリストに載ることになるから注意が必要だよ!

 

ライフカードへ過払い金請求する際の注意点をあげていきます。

カード解約

これはライフカードに限らないのですが、過払い金請求をすると請求したライフカードのクレジットカードは解約になります。

ライフカードで買い物等をしている場合は注意が必要です。

ショッピング残高との相殺

債務整理と異なり過払い金請求ではカードが解約になるだけで、ブラックリストに載ることはありません。

しかしキャッシングを完済していても、ショッピングを利用中の場合は過払い金とショッピング残とで相殺されることになりますが、ショッピング残高よりも過払い金の方が少額で相殺できない場合はデメリットが発生します。

この場合相殺しきれず残った金額を任意整理するという扱いになるためブラックリストに載ることになります。

 

キャッシングとショッピング両方を完済してからの請求であれば問題はありません。

ライフカードへの過払い金請求のまとめ

ライフカードはアイフルの子会社なので、過払い金請求への対応はアイフルとほとんど同じであの手この手で争ってきます。

さらにライフカードはショッピングで利用している人も多い分、アイフルへの過払い金請求よりも注意点が増えます。

カードを利用している人はデメリットをしっかり確認してからの請求を心がけましょう。

過払い金がどのぐらい発生しているか?借金がどのぐらい減るのか?匿名で簡単に確認したいなら

東京ミネルヴァ法律事務所