レイクの任意整理対応【任意整理に応じない?】

任意整理は貸金業者との話し合いで行うため、貸金業者ごとに任意整理への対応は異なります。

貸金業者によってはそもそも任意整理に応じない業者もありますし、任意整理に応じる場合でも利息がカットできるのか?何回の分割払いになるのかは業者ごとに異なります。

今回はレイクを任意整理した場合、どのような内容での任意整理になるのかを解説します。

レイクの借金を任意整理するとどうなる?

レイクを任意整理するとどんな内容で和解することになるんですか?

 

レイクは任意整理後の利息は0%にしてくれるし、36~60回ほどの分割回数にも応じてくれる良心的な会社だよ。

 

利息はカットしてくれて、60回ぐらいの長期分割にも応じてくれるんですね!それは助かります・・・

 

さらにレイクとの取引が長い人は過払い金が発生している可能性もあるよ!

 


レイクは以前新生フィナンシャル株式会社という会社の商品でしたが、2011年10月1日以降に新規で契約した人は新生銀行での借入になっています。

2011年10月1日以前から取引があった人は引き続き新生フィナンシャル株式会社との取引が継続されているので、任意整理も新生フィナンシャルと交渉を行います。

※新生銀行レイクも新生フィナンシャルが保証会社になっているので、新生銀行レイクを任意整理する場合の交渉も保証会社である新生フィナンシャルと行うことになります。

・任意整理後の利息は0%になる

・分割回数は36回~60回程度

・過払い金が発生している可能性もあり

利息は免除

借入開始から極端に取引が短い等でなければ、レイクは任意整理後の利息については免除してくれるので、任意整理後は残っている元金だけを分割で返済していくことになります。

分割回数

こちらも同様に借り入れから間もない等でなければ、レイクは36回~60回分割程度の長期の分割にも応じてくれます。

任意整理に応じない可能性

借入開始から2年未満等借入期間が短い場合や、長期間滞納をしている場合は、任意整理後の利息のカットに応じてもらえない可能性があります。

また、レイクから裁判を起こされて、判決が確定している場合は任意整理に応じてもらうのは難しくなります。

レイクを任意整理するメリット

レイクは多めの分割回数にも応じてくれるということなので、任意整理をするメリットは大きいですよね?

 

そうだね、利息もカットされて60回ほどの分割で組めれば毎月の返済額も減るだろうし、完済までに支払う金額も大幅に減ることになるよ。

 

今までは払っても払ってもほとんどが利息の返済になるだけで、借金が減らなかったんです・・・

 

任意整理をすれば利息がなくなって払えば払った分だけ元金が減るから、完済までにかかる期間も早くなると思うよ。

 


任意整理をせずに支払っていく場合と、任意整理をした場合の返済内容を比較します。

任意整理せずに支払っていく場合

利息18%で50万円を借りていると、利息の支払いだけで毎月7,500円になります。

上記の内容で毎月1万円を返済していく場合、

・完済までにかかる期間=7年10ヶ月

・完済までに支払う利息の総額=40万円

1万円払っても利息に7,500円分が充てられ借金の元金は2,500円しか減らないため、完済まで7年10ヶ月必要な計算になります。

また、完済までに利息だけで40万円ほど支払うことになります。

任意整理をするとどうなる?

50万円の借金を任意整理して利息0%で60回分割にした場合、

・完済までにかかる期間=5年

・完済までに支払う利息の総額=0円

・毎月の返済額8,400円

 

・完済までの期間7年10か月⇒5年

・毎月の返済額1万円⇒8,400円

・完済までの利息返済額40万円以上⇒0円

このように任意整理をするメリットは利息のカットをして元金だけを長期の分割返済にすることで完済までの返済の総額を減らし、毎月の返済額を減らし完済までの期間も短くなるということです。

レイクの借金の減額や過払い金

レイクで借金が減額されるとか過払い金が発生するのってどんな場合なんですか?

 

借金が減額されたり過払い金が発生するのは、過去に法律の制限を超えて取引をしていた場合に限られるんだ

100万円未満の借入だと18%を超える利息で取引をしていたなら過払い金が発生するよ。

 

そうなんですね、契約書等も捨ててしまってて利息がわからないんですけど・・・

 

レイクは2007年12月には法律内の利息に見直しをしているから、目安としては借入開始が2007年11月よりも前からなら法律よりも高い利息だった可能性があるよ。

だから借入開始が2007年11月以前なら、借金が減額されたり又は過払い金が発生している可能性があるということだね。

 


過去に法律以上の利息で取引をしていた場合は、正しい利息に見直して計算をする=引き直し計算をすることで現在の借金が減額されたり、借金が0円になって更に過払い金が発生していることもあります。

・10万円未満の借入⇒利息20%が上限

・10万円以上100万円未満の借入⇒利息18%が上限

・100万円以上の借入⇒利息15%が上限

 

レイクは2007年11月までは29.2%の利息で取引を行っていたので、2007年11月以前からレイクと取引がある人は借金の減額又は過払い金が発生している可能性があります。

引き直し計算をすると借金が減るという場合は、減った後の借金について利息をなくして分割で返済を行っていくことになります。

引き直し計算の結果、借金が全てなくなって過払い金が発生している場合は任意整理ではなく、過払い金返還についての交渉を行っていきます。

・引き直し計算の結果=借金が10万円まで減った場合⇒利息をカットして減額後の10万円の元金だけを分割で返済することになる。

・引き直し計算の結果=50万円の借金が全てなくなって過払い金が40万円発生してる場合⇒任意整理ではなく40万円の過払い金請求になる。

レイクを任意整理するデメリット=審査への影響等

任意整理のメリットはわかったんですけど、任意整理にはデメリットもあるんですよね?

 

任意整理にはデメリットはあるよ。

まずは、ブラックリストの影響だね。

ブラックリストに5年間は載ることになるから、その間は借金をするとかクレジットカードを作るのは難しくなるよ。

ただ、現金で生活していく分にはデメリットとは言えないけどね。

 

ブラックリストですね、今はデビットカードもあるからネットでの買い物等にはクレジットカードがなくても困らないかもですね。

 

そうだね。

後はレイクが保証している銀行からの借金があると、その銀行の口座が凍結されて預貯金と相殺されてしまう可能性があるからここは注意が必要だよ。

 


任意整理にはメリットがある一方デメリットもあります。

ブラックリストに載る

レイクに限ったことではありませんが、任意整理をすると信用情報機関に事故情報が登録されてブラックリストに載ることになります。

※参考:CIC【信用情報とは】

ブラックリストの影響は完済から5年間残り、その間はお金を借りるとかローンを組む、クレジットカードを作る際の審査に通るのは難しくなります。

銀行口座の凍結

銀行からの借入には保証会社がつきますが、この保証会社をレイクが行っていることがあります。

一例として新生銀行や東京スター銀行、オリックス銀行の一部のカードローンではレイクが保証をしています。

レイクが保証をしている銀行から借金がある状態でレイクを任意整理したり、銀行の借金を任意整理するとレイクは保証を実行します。

その際、任意整理の対象になる銀行の口座が1ヵ月~3ヵ月の間凍結されることになり、預貯金がある場合は銀行の借金と預貯金とで相殺されることになります。

任意整理手続きの流れ

任意整理は具体的にどんな流れで進んでいくんですか?

 

任意整理を専門家に依頼した後は、弁護士や司法書士はレイクに対して受任通知という書類を送って、取引履歴を取り寄せるんだ。

取引履歴が届いたら借金の正確な額を確認するのと同時に、過払い金がありそうなら計算を行っていくよ。

受任通知を送った後は依頼者はレイクへの返済を止めて、専門家に対して積立金を行う必要があるよ。

 

受任通知を送って取引履歴をまず取得。

依頼者側はレイクへの支払いを止めて積立金をするわけですね。

レイクへの返済を止めて大丈夫なんですか?

 

受任通知送付後は借金の額を確定させるためにも返済は止めないといけないんだ。

だから返済を止めてもレイクから連絡がきたりはしないよ。

後は利息をなくしてもらって元金を何回の分割払いで返済していくのかを交渉して、交渉がまとまったらその内容どおりに返済をしていくという流れになるんだ。

 


任意整理をする流れは以下のとおりです。

・受任通知送付

・取引履歴取得

・利息のカットや分割回数の交渉

・和解

・分割返済開始

受任通知送付

任意整理の依頼を受けたら、弁護士や司法書士はレイクへ「受任通知」というものを送付します。

受任通知には本人への督促等をしないようにする旨が記載されているので、これによりレイクから本人への連絡は禁止されます。

引き直し計算

2週間ほどでレイクから取引履歴という書類が届きます。

取引履歴には現在の借入残高と、過去にいついくらの金額を借りて、いついくらの金額を返済してきたのかが全て記載されています。

取引履歴を基に借金の金額を確認して、併せて過去の利息を確認して法律よりも高い利息での取引があれば過払い金の計算を行います。

和解交渉

レイクと利息のカットや分割回数、いつから返済を開始するかについて交渉を行います。

引き直し計算の結果過払い金が発生しているなら過払い金の返金についての交渉を行います。

任意整理依頼後に依頼者が行うこと

・レイクへの返済を止める

・積立金をする

・任意整理の和解成立後は和解内容どおりにレイクへ返済していく

返済のSTOP

任意整理を依頼したら、レイクへの返済は一旦STOPする必要があります。

※返済を止めてもレイクから督促がきたりすることはありません。

積立金

依頼者の人はレイクへの返済を止めている間に専門家に対して積立金を行います。

積立金は専門家へ毎月一定の金額を振り込んで行うものですが、「専門家の費用の分割払い」という意味と、「任意整理後に毎月きちんと支払っていけるかを確認する」という意味があります。

和解成立後

無事にレイクと利息カットと分割回数、支払い開始日の交渉が終わったら、後はその内容どおりに36回~60回の分割で返済を行っていきます。

家族や会社に秘密で手続きできる

任意整理は自己破産や個人再生と異なって、同居の家族の収入証明や退職金の証明書等は必要ありません。

また、任意整理を弁護士や司法書士に依頼した後はレイクから本人に対して連絡が来ることや郵送物が届くこともありません。

弁護士や司法書士からの連絡も電話だけでなくメール対応を行っている事務所もありますし、郵送物も事務所の名前をださずに送付したり、郵便局留めを利用することもできます。

そのため、自己破産や個人再生と比べて、家族や会社に任意整理をしていることや借金があることがバレてしまうということはほとんどありません。

むしろ任意整理をせずに借金の支払いを滞納していると、レイクから督促が来たり裁判を起こされたりして家族に知られてしまうこともありますし、裁判で判決を取られた後は給与差し押さえをされれば会社に借金を滞納していることを知られてしまうので、任意整理をしない方が家族や会社に知られてしまう危険性は高いとも言えます。

レイク任意整理のまとめ

レイクを任意整理する場合は利息のカットにも応じてもらえるし分割回数も60回ほどで和解することができますので、任意整理をするメリットが大きい会社です。

また、2007年よりも前からレイクから借入をしている人の場合は借金が減額されたり、借金そのものがなくなり過払い金が発生している可能性もある会社です。