レイク任意整理(債務整理)のメリットとデメリット【新生銀行】

債務整理の1つ、任意整理は任意整理後の利息はカットして、元金だけを分割で返済していく手続きです。

任意整理は貸金業者ごとに任意整理への対応は異なり、貸金業者によってはそもそも任意整理に応じない業者もありますし、任意整理に応じる場合でもその分割回数は業者ごと異なります。

今回はレイクを任意整理した場合どのような内容での任意整理になるのかをまとめました。

レイクとの任意整理の和解内容

レイクを任意整理するとどんな内容で和解することになるんですか?

 

レイクは任意整理後の利息は0%にしてくれるし、36~60回ほどの分割回数にも応じてくれる良心的な会社だよ。

 

利息はカットしてくれて、60回ぐらいの長期分割にも応じてくれるんですね!それは助かります・・・

 

さらにレイクとの取引が長い人は過払い金が発生している可能性もあるよ!

 


新生銀行レイクは新生フィナンシャルという会社が保証会社になっているので、新生銀行レイクを任意整理する場合の交渉は新生フィナンシャルと行います。

・任意整理後の利息は0%になる
・分割回数は36回~60回程度
・過払い金が発生している可能性もあり

利息

借りてから1年未満等の極端に取引が短い等でなければ、レイクは任意整理後の利息については免除してくれるので、任意整理後は残っている元金だけを分割で返済していくことになります。

分割回数

こちらも同じで借りてから1年未満等の極端に取引が短い等でなければ、レイクは36回~60回分割程度の長期の分割にも応じてくれます。

※参考:法テラス【債務の整理をしたいと考えています。どのような方法がありますか?】

レイクを任意整理するメリット

レイクは多めの分割回数にも応じてくれるということなので、任意整理をするメリットは大きいですよね?

 

そうだね、利息もカットされて60回ほどの分割で組めれば毎月の返済額も減るだろうし、完済までに支払う金額も大幅に減らせられるね。

 

今までは払っても払ってもほとんどが利息の返済で元金が減らなかったんです・・・

 

利息がなくなる分、払えば払っただけ元金が減るから完済までにかかる期間も早くなると思うよ。

 


任意整理せずに支払っていく場合

例えば利息18%で50万円借りていると、利息だけで毎月7,500円になります。

その状況で毎月1万円を返済していく場合、

・完済まで=7年10ヶ月
・完済までに支払う利息の総額=40万円

1万円払っても利息に7,500円分が充てられ借金の元金は2,500円しか減らないので、完済まで7年10ヶ月必要な計算になります。

また、完済までに利息だけで40万円ほど支払うことになります。

任意整理をするとどうなる?

50万円の借金を任意整理して利息0%で60回分割にした場合、

・完済まで=5年
・完済までに支払う利息の総額=0円
・毎月に返済額8,400円

 

・完済までの期間7年10か月⇒5年
・毎月の返済額1万円⇒8,400円
・完済までの利息返済額40万円以上⇒0円

このように任意整理をするメリットは利息のカットをして元金だけを長期で分割返済にすることで完済までの返済の総額を減らし、毎月の返済額を減らし完済までの期間も短くなるということです。

関連記事

任意整理は自己破産や個人再生と同じ債務整理の一つですが、債務整理手続きの中で一番融通が利く手続きです。他の債務整理に比べ費用も安く済み、手続きも簡単なので債務整理の中では利用されている方が多い手続きです。「債務整理」と聞いて[…]

レイクの借金の減額や過払い金

レイクで借金が減額されるとか過払い金が発生するのってどんな場合なんですか?

 

借金が減額されたり過払い金が発生するのは、過去に法律の制限を超えて取引をしていた場合に限られるんだ

100万円未満の借入だと18%を超える利息で取引をしていたなら過払い金が発生するよ。

 

契約書等も捨ててしまってて利息がわからないんですけど・・・

 

レイクは2007年には法律内の利息に見直しをしているから、目安として借入開始が2007年よりも前からなら借金の減額又は過払い金が発生している可能性があるよ。

 


過去に法律以上の利息で取引をしていた場合は、正しい利息に見直して計算をする=引き直し計算をすることで現在の借金が減額されたり、借金が0円になって更に過払い金が発生していることもあります。

・10万円未満の借入→利息20%が上限
・10万円以上100万円未満の借入→利息18%が上限
・100万円以上の借入→利息15%が上限

 

レイクは2007年までは29.2%の利息で取引を行っていたので、2007年以前からレイクと取引がある人は借金の減額又は過払い金が発生している可能性があります。

引き直し計算をすると借金が減るという場合は、減った後の借金について利息をなくして分割で返済を行っていくことになります。

引き直し計算の結果、借金が全てなくなって過払い金が発生している場合は任意整理ではなく、過払い金返還について交渉を行っていきます。

関連記事

過払い金を計算するには引き直し計算というものをする必要があります。弁護士や司法書士によっては引き直し計算は無料で行ってくれるのですが、実際にどのような計算を行っているのかと、ご自身で行う方法を解説しています。過払い金の引き直し計算方[…]

・引き直し計算の結果、借金が10万円まで減った場合⇒利息をカットして減額後の10万円の元金だけを分割で返済することになる。
・引き直し計算の結果、50万円の借金が全てなくなって過払い金が40万円発生してる場合⇒任意整理ではなく40万円の過払い金請求になる。
関連記事

過払い金ってよく聞くけど、どんな取引をしていると過払い金は発生するのか?借金をしていても、すべての人に過払い金が発生する訳ではありません。過払い金が発生する仕組みと、過払い金請求の対象になる取引、対象にならない取引をご説明します[…]

関連記事

レイクと長年取引をしていた人は、過払い金が発生している可能性があります。しかし、レイクと取引していた人すべてに過払い金が発生するものではありません。レイクでの過払い金が発生する条件や、過払い金請求への対応、返還されるまでの期間を[…]

レイクを任意整理するデメリット=審査への影響

任意整理のメリットはわかったんですけど、任意整理にはデメリットもあるんですよね?

 

任意整理にはデメリットはあるよ。

ブラックリストに5年間は載ることになるから、その間は借金をするとかクレジットカードを作るのは難しくなる。

ただそれも現金で生活していく分にはデメリットとは言えないけどね。

 

ブラックリストですね、今はデビットカードもあるからネットでの買い物等にはクレジットカードがなくても困らないかもですね。

 

そうそう。

後はレイクが保証している銀行からの借金があると、口座が凍結されて預貯金と相殺されてしまう可能性があるからここは注意が必要だよ

 


任意整理にはメリットがある一方デメリットもあります。

ブラックリスト

レイクに限ったことではありませんが、任意整理をすると信用情報機関に事故情報が登録されてブラックリストに載ることになります。

※参考:CIC【信用情報とは】

ブラックリストの影響は完済から5年間残りますのでその間はお金を借りるとかローンを組む、カードを作ることは難しくなります。
関連記事

債務整理したいけど、ブラックリストに載ると借金やローンを組めなくなるのが嫌だから躊躇しているという人は多いです。確かにブラックリストに載ると審査にとおるのは難しくなります。しかしどのような場合にブラックリストに載るのか?載る期間はど[…]

関連記事

債務整理をするとブラックリストに載るのでクレジットカードを持つことは難しくなりますが、クレジットカードが使えなくなるとネットショッピング等で不便になって困るという人が多いです。そのような場合にはデビットカードを利用することをおすすめしま[…]

銀行口座の凍結

ほとんどの場合銀行カードローンには保証会社がつきますが、この保証会社をレイクが行っていることがあります。

一例として新生銀行や東京スター銀行、オリックス銀行の一部のカードローンではレイクが保証をしています。

レイクが保証をしている銀行から借金がある状態でレイクを任意整理すると、レイクが保証を実行した際に口座が凍結されて銀行の借金と預貯金とで相殺されてしまいます。
関連記事

以前はキャッシングといえば消費者金融や信販会社が主流でしたが、総量規制の影響もあり現在は銀行のカードローンを利用している人が多くなりました。当然、最近は銀行借り入れの返済に追われての相談が増えてきています。もちろん銀行の借り入れ[…]

レイクを任意整理する場合の手続き内容

任意整理は具体的にどんな流れで進んでいくんですか?

 

任意整理を専門家に依頼した後は、弁護士や司法書士はレイクに対して受任通知という書類を送って、取引履歴を取り寄せるんだ。

取引履歴で借金の正確な額を確認するのと同時に、過払い金がありそうなら計算を行っていくよ。

受任通知を送った後は依頼者はレイクへの返済を止めて、専門家に対して積立金を行う必要があるよ。

 

受任通知を送って取引履歴をまず取得。

依頼者側はレイクへの支払いを止めて積立金をするわけですね。

レイクへの返済を止めて大丈夫なんですか?

 

受任通知送付後は借金の額を確定させるためにも返済は止めないといけないんだ。

だから返済を止めてもレイクから連絡がきたりはしないよ。

後は利息をなくしてもらって元金を何回の分割払いで返済していくのかを交渉して、交渉がまとまったらその内容どおりに返済をしていくという流れになるんだ。

 


任意整理をする流れは以下のとおりです。

・受任通知送付
・取引履歴取得
・利息のカットや分割回数の交渉
・和解
・分割返済開始

依頼者の人は弁護士司法書士の専門家に任意整理を依頼した後はレイクへの返済を止めて、その間に専門家に対して積立金を行います。

積立金は専門家へ毎月一定の金額を振り込んで行うものですが、「専門家の費用の分割払い」という意味と、「任意整理後に毎月きちんと支払っていけるかを確認する」という意味があります。

その後任意整理の交渉が完了した後はレイクに対して元金だけを分割で返済して完済を目指すことになります。
関連記事

支払いが難しくなってきたので、債務整理の相談をしたいけど弁護士や司法書士に相談というのはしづらい・・・という人は多い思います。確かに債務整理手続きは気軽に行うものではありませんが、お金の問題で悩んでいるのなら早めに相談をすべきです。[…]

レイク任意整理のまとめ

レイクを任意整理する場合は利息のカットにも応じてもらえるし分割回数も60回ほどで和解することができますので、任意整理をするメリットが大きい会社です。

また、2007年よりも前からレイクから借入をしている人の場合は借金が減額されたり、借金そのものがなくなり過払い金が発生している可能性もある会社です。