レイクへの過払い金請求【いつからの取引なら過払い金がでる?】

  • レイクで過払い金が発生する条件は?
  • 過払い金が返金されるまでの期間
  • 過払い金請求のデメリットを知りたい

レイクと長年取引をしていた人は、過払い金が発生している可能性がありますが、レイクと取引していた人すべてに過払い金が発生するものではありません。

レイクでの過払い金が発生する条件や、過払い金請求への対応、返還されるまでの期間をまとめました。

レイクで過払い金が発生する条件

レイクで過払い金が発生する条件を教えてください

借入を始めた時の利息が法律の制限を超える利息だった場合は過払い金は発生します。

レイクは2007年の12月から借り始めた人の利息は法律内の利息にしているので、2007年の11月よりも前から取引をしていたなら過払い金が発生する可能性があります。


過払い金は法律で決められた利息よりも高い利息で取引をしていた人にだけ発生します。

利息制限法の金利の上限
10万円未満の借入20%
10万円以上~100万円未満の借入18%
100万円以上の借入15%

50万円が限度額で利用している場合は18%が利息の上限になるので、仮に29.2%で取引をしていたのであれば、10%以上も利息を払い過ぎていたことになります。

いつからの借入なら発生するのか

2007年以前からの借入か、2008年以降に借り始めたかによって過払い金が発生するかどうかある程度の判断ができます。

レイクは2007年12月に法律の制限を守った利息に見直しをしているので、2007年12月よりも後からレイクとの取引を始めた人には過払い金は発生しません。

2007年の11月以前から取引をしていた人にだけ過払い金が発生します。

レイクで過払い金が発生していない場合で、支払いが厳しい場合は任意整理を検討するべきです。

レイクで過払い金が発生する条件

過払い金請求の流れとレイクの対応

レイクへの過払い金請求の流れと対応を教えてください

過払い金請求はレイクから取引履歴を取り寄せて過払い金の計算をすることから始まります。

裁判をせず話し合いで回収をする場合は、過払い金元金の7割~8割位の金額を1~3か月で返還になることが多いです。

話し合いだとそれ以上は難しいので、それ以上となると後は裁判をして回収する必要があります。


過払い金の請求は以下の流れで行います。

※レイクの過払い金は新生フィナンシャルという会社に請求を行います。

  1. 取引履歴の取り寄せ
  2. 過払い金の請求or裁判
  3. 和解or判決
  4. 返金

取引履歴の取り寄せ

過払い金の計算をするには、まずは取引履歴という物を取り寄せて計算を行う必要があります。

レイクへ取引履歴を請求すると2週間ほどで取引履歴が送付されてきます。

請求~和解提案

取引履歴が届いたら過払い金の計算をして、算出した金額をレイクへ請求します。

請求後2週間~1ヵ月ほどでレイクから和解の提案がきます。

  • 過払い金元金の70%~80%
  • 1~3か月後の返金

裁判をしない場合には、レイクから上記の範囲で和解提案が来ることが多いです。

取引履歴の取り寄せに2週間ほどかかり、和解までにさらに2週間ほど、和解から返金まで1~3ヵ月かかるため、取引履歴の取り寄せから考えると依頼から返金されるまでの期間は2~4か月ほどになります。

利息まで含めた回収をしたい、提案内容に納得出来ないという場合は裁判をして過払い金を回収します。

裁判をして過払い金請求をする場合

裁判をするとレイクは争ってきます。

取引の分断や、過去の返済に一日でも遅れがある場合に以後は遅延損害金利率で計算をするべきという主張と、1998年以前から取引がある場合はレイク独自の問題として新旧レイクの主張もあります。

利息まで含めた満額を希望する場合には、和解できず判決までもつれ込むこともあります。

そのため、裁判をした場合の過払い金回収期間については半年~1年以上かかることもあります。

レイクが争ってくる点

レイクが争ってくるのはどのような点ですか

取引途中に一度完済して次の借入までの空白期間が1年以上あると取引の分断を争ってきます。

貸付停止があった場合は貸付停止の日から時効が進行するという主張もしてきますし、取引中に1日でも返済の遅れがあると遅れた日以降は遅延損害金利率を適用して計算をするべき、という主張もしてきます。

1998年以前から取引がある場合は旧レイクで発生した過払い金は返還する必要がないという主張もあります。


レイクへ過払い金請求をする場合にレイクが必ず争ってくる点を挙げていきます。

取引の分断

これはどこの業者でも争ってくることです。

取引途中で一度完済している場合に、途中完済までの第一取引とその後に再度借り入れを開始した第二取引の過払い金を別々に計算するのが、取引の分断です。

通常は最終の完済から10年で過払い金は時効になりますが、取引の分断が認められ途中完済から10年経過している場合は途中完済時点までの過払い金が時効になります。

途中完済から次の取引開始(借入)までのレイクと取引をしていない期間が1年以上あると、取引の分断の主張をしてきます。

貸付停止

信用情報の関係や延滞等で貸し付けが停止されてしまった場合、充当合意がなくなったという理由で、請求から遡って10年経過している部分の主張を行ってきます。

※最高裁で基本契約継続中は過払い金発生後に借入れを行った場合、借入額に過払い金を充当するという合意があるので時効は進行しないとされていますが、貸付が停止された場合はこの充当合意がなくなったので時効は進行するという主張です。

この主張が認められると、請求時点から遡って10年以上経過している過払い金が時効になり回収できなくなり、本来の計算金額よりも過払い金は減額されることになります。

例えば2010年に貸付が停止されて、その後2022年に完済して過払い金請求を行った場合、請求から10年以上前の2012年までに発生した過払い金は時効になり、2012年~2022年に支払った金額だけを回収することができることになります。

これに対しては支払いの状況等が改善されれば将来的に貸し付けが再開される可能性があること等を主張していきます。

遅延損害金利率

取引途中に一日でも支払いの遅れがあると、遅れた日以降は遅延損害金利率で計算するべきという主張です。

遅延損害金利率は上限金利の1.46倍なので、18%が上限の場合は26.28%(2010年6月18日以降は20%)になります。この主張が認められると過払い金はかなり減額されることになります。

1993年以前の取引履歴は開示されない

レイクは1993年以前の取引履歴は破棄したという理由で開示しません。

争う場合には、冒頭0計算や推定計算という方法を用いて請求をする必要があります。

1993年以前からレイクと取引がある人のみが対象になる主張です。

新旧レイク問題

1998年以前から取引がある人のみが対象になる主張です。

とても複雑なので簡単にいうと、1998年の11月頃に同じレイクという名前ですが、別会社である旧レイクと新しいレイクとの間で契約を切り替えているので、1998年以前の過払い金については支払う義務がないという主張です。

この主張が認められると、どんなに古い取引であっても、1998年以降の過払い金しか回収することができなくなってしまいます。

しかしこの主張は裁判でもレイクの主張が通る可能性が高く、1998年以前の旧レイクで発生した過払い金は回収できない可能性が高いです。

レイクへの過払い金請求でデメリットとなる点

レイクへ過払い金請求をしてデメリットは発生しませんか

レイクへ過払い金請求するとレイクは解約になるので、継続してレイクと取引をしたい人にはデメリットになります。

後はレイクが保証をしている銀行からの借入がある状態でレイクへ過払い金請求をすると、過払い金と銀行借入残高とで相殺されることがあり、相殺されるとブラックリストに登録されます。

レイクを完済していて滞りなく銀行の返済をしているのであれば、問題にはなりません。


レイクは解約になる

完済した後の過払い金請求では、請求した会社が解約になるので、レイクへの過払い金請求するとレイクは解約になります。

レイク保証の銀行借り入れがある場合

銀行のカードローンには保証会社というものがつき、レイク(新生フィナンシャル)は新生銀行のカードローン等の保証会社になっています。

レイクが保証している銀行の返済に滞りがなければ、基本的には銀行借り入れはそのままで過払い金請求をすることができますが、過払い金請求時に銀行の返済が滞っていると保証が実行される可能性があります。

この保証が実行された時点でブラックリストに登録されます。

保証が実行されると銀行の残債と過払い金とで相殺されることになり、残債が多い場合は相殺後の残債を任意整理することになります。

レイクが保証している銀行からの借入はない場合は、ブラックリストに登録されることもありません。

レイクへの過払い金請求のデメリット

過払い金請求まとめ

レイクはアコムやプロミスと同様に銀行系の大手消費者金融ですが、過払い金請求への対応は厳しめです。

特に裁判では争ってきます。

また、古くから取引がある人の場合には取引履歴の途中開示や旧レイクの主張で過払い金が減ってしまうこともあります。

レイクが保証している銀行からの借入がある場合も注意が必要です。