任意整理後の繰り上げ返済のメリット

任意整理をした後に臨時収入等があり、繰り上げて返済をしたいということもあると思います。

任意整理をして元金だけを分割払いにしたものを繰り上げ返済等をするとメリットはあるのか?まとめました。

任意整理後の繰り上げ返済

任意整理をした後、少し余裕ができたので少し多めに支払いたいんですけど、繰り上げ返済ってできるんですか?

繰り上げ返済は問題なくできるはずだよ。

貸金業者側も利息が0%になっている以上、早めに返済してもらうに越したことはないからね。

いつもの振込先に多めに返済を行えばいいんですよね?

念のために事前に連絡をしてから振り込んだほうがいいね。

弁護士や司法書士が任意整理後も業務を継続している場合は専門家へ連絡して、既に業務が終了している場合は直接貸金業者への連絡が必要になるよ。


任意整理をした後も繰り上げて返済を行うことはできます。

ただ、突然通常よりも多めの金額が振り込まれたら相手方も確認等が必要になるので、事前に連絡の上で繰り上げ返済を行いたい旨を伝えておいたほうが無難です。

連絡先は以下のとおりです。

弁護士、司法書士が業務を継続している場合

この場合は弁護士、司法書士が代理人になっているので、直接貸金業者へ連絡するのではなく弁護士、司法書士へ繰り上げ返済をしたい旨の連絡をする必要があります。

弁護士、司法書士が業務を終了している場合

この場合は直接貸金業者へ連絡をする必要があります。

弁護士、司法書士が業務を終了する場合は、事前に今後の連絡は直接貸金業者へ!と伝えられていると思いますが、終了しているかわからない場合は弁護士、司法書士へ連絡して聞いてみるといいでしょう。

任意整理後の繰り上げ返済の注意点

全額まとめて繰り上げて返済することもできるんですか?

少し多めに返済する一部繰り上げ返済も、全額をまとめて返済する全額の繰り上げ返済も、どちらも可能だよ。

どちらもできるんですね!

余裕をもって返済できるなら繰り上げ返済を行って早めに完済をすることは良いと思う。

ただし、一部繰り上げ返済の方はあまり余裕がないなら手元に残しておいて、全額繰り上げ返済ができるぐらい溜まったら全額返済を行う方法もいいと思うよ。


一か月分の返済額を多めに返済する一部繰り上げ返済も、全額を一括で支払う全額繰り上げ返済も、どちらも行うことができます。

繰り上げ返済の注意点

一部繰り上げ返済後に再度支払いが難しくなってしまった場合、繰り上げ返済を行ったから次の返済を待ってもらう・・・ということはできませんので、通常どおりの金額を支払う必要があります。

一部繰り上げ返済にはこのような注意点があるので、余裕がある場合もその分を手元にとっておき、余裕をもって完済するぐらいの金額が溜まったら全額繰り上げ返済を行う方法がおすすめです。

繰り上げ返済を行うメリット

繰り上げ返済を行うメリットってどんなものがありますか?

まずは通常よりも早く完済できるということだね!

早く借金の返済を終えられるし、毎月の返済の手間もなくなりますね!

そうだね。後はブラックリストの影響が短くなる場合もあるよ。


完済が早くできる

当然ですが繰り上げ返済を行えば完済が早まります。

これによって毎月の返済の手間がなくなることは大きなメリットになりますが、繰り上げ返済を行っても返済額が減額されたりすることはありませんので、そういったメリットはありません。

ブラックリストの影響

信用情報機関に事故情報が登録されることをブラックリストに載ると言いますが、信用情報機関もはいくつかあり、JICCやCIC等があります。

任意整理でJICCでブラックリストに載るのは任意整理の開始から5年間です。(契約日が2019年9月30日以前の場合)

この場合は早めに完済したとしてもブラックリストから消されるまでの期間が早まることはありません。

しかし、契約日が2019年10月1日以降でJICCのブラックリストに載った場合は、完済から5年間ブラックリストの情報は残ります。

CICでブラックリストに載った場合も、完済から5年間ブラックリストの情報が残ります。

JICCとCICで登録される期間が異なりますが、信用情報機関同士で情報共有がされているので、より長いほうの期間、完済から5年間ブラックリストの影響は残るとみておいた方がいいでしょう。

この場合は繰り上げて早めに返済をすることで、早めにブラックリストの影響がなくなるということになります。

3年かけて完済した場合=完済から5年なので合計8年

1年で繰り上げ返済して完済=完済から5年なので合計6年

任意整理後の繰り上げ返済まとめ

繰り上げ返済を行う場合は事前に専門家へ連絡するか、直接貸金業者へ連絡をしてから行う必要があります。

ただし一部繰り上げ返済を行う場合は、後に支払いが難しくなっても一部繰り上げ返済をしたことをもって支払いを待ってもらえるということはありません。

そのため、余裕があっても一部繰り上げ返済は行わず、貯金しておいて余裕をもって全額繰り上げ返済を行えるようになったら完済するという方法をおすすめします。

繰り上げ返済を行うメリットとしては、完済が早めにでき、毎月の返済の手間がなくなること。

ブラックリストの影響が早くなくなるということは原則ありませんが、滞納や代位弁済でブラックリストの影響が出ている人は全額繰り上げ返済を行うことで早くブラックリストの影響がなくなるというメリットもあります。