個人再生にかかる期間と手続きの流れ【個人再生の手続き方法】

個人再生を専門家へ依頼する場合、どのように手続きが進んでいくのか?どのぐらい期間がかかるのか?

個人再生は債務整理の中でも1番複雑な手続きです。

事前になるべく不安を取り除き安心して相談できるよう、依頼をする方法と、その後の手続きの流れや期間に分けて書いていきます。

個人再生にかかる期間

個人再生って債務整理の中でも複雑な手続きって聞きましたが、手続きにはどのぐらいの時間がかかるんですか?

 

依頼から個人再生が認められるまでは半年~1年はかかるよ。

 

そんなに時間がかかるんですか!

 

個人再生は裁判所で認められることで借金が減額されるんだけど、依頼から裁判所のへの個人再生申し立てまでで3か月~6か月かかって、裁判所への申し立てから個人再生が認められるまでも3か月~6か月はかかるんだ。

 


個人再生は裁判所で再生計画認可決定がされて、借金が減額される手続きです。

・依頼から裁判所への個人再生申し立てまで=3か月~6か月
・個人再生申し立てから裁判所での再生計画認可決定まで=3か月~6か月

 

上記が目安の期間になります。

依頼~個人再生申し立てまでの期間は、主に債権調査や費用の分割払いの関係で期間が変わります。
個人再生申し立て~認可決定までの期間は個人再生委員が選任されるかどうかで期間が変わります。

 

個人再生委員が選任される場合は6か月ほど時間がかかり、選任されない場合は3か月と少しぐらいで手続きは終了します。

関連記事

債務整理と聞くと、任意整理と自己破産を思い浮かべる人が多いと思いますが、債務整理の中には個人再生という手続きもあります。個人再生には他の手続きにはない特徴があり、任意整理では支払っていくのが難しく、事情により自己破産はできないという場合[…]

個人再生 デメリット

個人再生を依頼する方法

実際に個人再生の手続きをお願いする場合ってどういうふうにすればいいんですか?

 

まずは弁護士や司法書士の事務所に電話をすることからだね!

電話では借りているすべての業者の名前と借入額、取引年数、収入や生活状況等を聞かれるよ。

 

まずは電話ですね。

 

電話である程度確認した後に、予約をして実際に弁護士や司法書士との面談になるんだ。

面談では電話で確認した内容をもっと詳しく聞かれることになるよ。

個人再生で問題なくいけそうだという場合に、契約書を交わして個人再生を依頼することになるよ。

 


個人再生に限らず専門家へ債務整理を依頼する場合、すべて専門家との直接の面談が必要になります。

関連記事

借金の返済に追われて生活が厳しくなってきた・・・そのような場合は債務整理をすることで生活が楽になることがあります。債務整理をするにあたって、まずは弁護士や司法書士の専門家へ相談することになりますが、ほとんどの人にとっては、専門家[…]

債務整理 相談

電話相談

まずは予約の電話をかけますが、この電話でおおよその借り入れの状況を確認されます。

すべて正確に把握しておく必要はありませんが、聞かれるのは借りている全部の業者名、借り入れ額、借り入れ年数、滞納の有無、収入や生活状況等です。

専門家との面談

専門家との面談の際も借り入れ状況は確認されます。また、個人再生は安定した継続的な収入がないとできない手続きですので、その他収入や仕事内容も聞かれます。

相談時の注意点として、隠し事をしないようにしてください。

 

相談者の中には知人や家族からの借り入れはしっかり返済したい・・・との思いから申告をしない人もいますが、個人再生はすべての債権者が対象になりますので一部の債権者を除いて手続きを進めることはできません。

個人再生依頼後の手続きの流れ

個人再生を依頼した後は、専門家が受任通知というものを貸金業者に送付して、正確な借入額等を調査して手続きを進めていくんだ。

 

僕は何もすることはないんですか?

 

依頼者も色々とすることはあるよ。

例えば収入の金額がわかる供与明細や源泉徴収を集めたり、財産の調査で通帳や保険の解約返戻金、不動産や自動車等の証明書が必要になる。

後は毎月積み立て金も必要になるよ。

 

結構やることありますね・・・

 

書類を集めた後も個人再生委員との打ち合わせとかもあるけど、面倒でもこればっかりは協力してもらうしかないんだ。

 


専門家へ個人再生を依頼した後は専門家が手続きを進めていきますが、依頼者の方にも集めてもらう書類等があります。順番に書いていきます。

受任通知送付

専門家は依頼を受けたらまずは全ての債権者に対し、受任通知を送付します。

受任通知には、債務調査のため取引履歴を送付すること、取り立てをやめること、本人への連絡をしないこと等が記載されています。

これによりあなたが貸金業者への支払を止めても貸金業者からの取り立ては来ません。

 

住宅資金特別条項を利用して住宅ローンを手続きから外す場合は、住宅ローンのみ支払いを続けます。

費用の分割払い

専門家へ依頼後にあなたがすることは費用の分割払いと下記の書類収集です。

費用の支払いについては、各業者への支払いを止めている間に、下記で触れる履行テストまでの間に専門家への費用を分割で支払っていきます。

書類収集

個人再生の申し立てに必要な書類を集めることになります。

・収入証明=給料明細や確定申告書、源泉徴収
・財産等調査書類=通帳、保険の解約返戻金の額がわかる書類、有価証券、自動車関係(車検証、車の買い取り査定書)、不動産関係(査定書、固定資産評価証明、住宅ローン契約書)等
・住居関係=賃貸借契約書、登記事項証明書、住民票
・家計簿

債権調査

各業者から届いた取引履歴を元に正確な負債額等の債権調査を行います。

その際、利息制限法を超えた利息での取引があれば引き直し計算を行い、過払い金があれば取り戻します。

個人再生の申し立て

個人再生の申立書に集めた書類を添付して、印紙代、切手代と共に管轄の裁判所に提出して、予納金を納付します。

個人再生委員と打ち合わせ

個人再生委員と面談しますが、申立書の内容、債務、資産、家庭状況等を確認されます。

個人再生委員は裁判所に選任される弁護士で、裁判所に代わって監督指導を行います。打ち合わせは個人再生委員の事務所で行われます。

裁判所によっては個人再生委員が選任されない場合もあります。※東京地裁では選任されます

 

弁護士申し立てでない場合でなく、本人が申し立てる場合には個人再生委員が選任される等、裁判所ごとの取り扱いがあります。

履行テスト

再生委員が指定した口座へ、あなたが実際に個人再生後に支払っていくことになる返済額を毎月振り込み(積立)をします。

個人再生をした後に、ちゃんと返済できるのかを確認するためです。テストは半年間続きます。

積み立てた金額は個人再生委員の報酬を引き、残りは返金されます。

 

途中で積立ができなくなれば、個人再生をしても継続して返済ができないと評価されるので、個人再生が認められなくなる可能性があります。

個人再生手続きの開始決定

裁判所が個人再生の手続きを開始することを決定します。※官報に掲載されます

個人再生委員が選任されている場合は個人再生委員が裁判所に対し、手続きを開始するべきかの意見書を提出します。

債権届け出期間

債権者(貸金業者や銀行等)より裁判所に対し、事前に債務者から届けられた債権額に間違いがないかの確認がされます。

異議申述(申立て)期間

あなたから裁判所に対し、債権者が届け出た債権額に間違いがあれば、その金額に対し異議を申し立てることができる期間です。

再生計画案を提出

裁判所に対し返済計画(減額後の金額、何分割での支払いになるか、住宅資金特別条項等)=再正計画案を作成し提出します。

分割回数は3か月に一度の支払になる場合が多いので、3年間での支払であれば12回払いということになります。

 

再生計画案の提出には期限があります。期限は裁判所ごとに異なりますが、この期限を過ぎてしまうと再生の手続きは終了して個人再生はできなくなります。

債権者の同意不同意・意見聴取

小規模個人再生の場合は債権者の過半数の同意と、その債権額が債権総額の過半数以上であることが必要になるので、不同意の場合には書面で届け出ることを求めます。※官報に掲載されます

仮に過半数以上が不同意となってしまった場合には、小規模個人再生は認められないことになります。

 

意見聴取は給与所得者再生で行われます。給与所得者再生では債権者の同意は必要ではありませんが、法律違反等個人再生の不認可事由があれば届け出ることになります。

再生計画の認可・不認可の決定

裁判所が個人再生の要件を満たしているかの判断をし、再生計画を認可するか不認可するのかを決定します。※官報に掲載されます

返済開始

再生計画通りに支払いをしていきます。

個人再生途中で支払いが滞った場合

個人再生が裁判所に認められた後に、支払いが滞ってしまうとどうなるんですか?

 

個人再生は3年~5年の長期間継続して返済していくものだから、事情が変わればそういうこともあるだろうけど、その場合は個人再生が取り消されてしまう可能性があるよ。

 

やっぱりそうなんですね・・・

 

ただやむを得ない事情等があれば、返済期間の延長という制度もあるからまずは相談をすることだよ!

他の方法としては再度債務整理をするか、条件が厳しいからあまり利用されていないけど、ハードシップ免責という制度もあるよ。

 

ハードシップ免責ですか?

 

うん、ハードシップ免責が認められれば残りの金額の返済が免除されるんだ。

条件は細かいから以下で解説しているよ。

 


個人再生は債権者に借金を減額してもらい分割で支払っていく手続きですので、再生計画案通りにキチンと支払っていくことが必要になります。

しかし個人再生後は3年~5年間という長期で返済を行っていきますので、急な事情変更等で支払いが滞ってしまう場合もあるでしょう。

 

そうなると債権者から裁判所に対し、個人再生計画の取り消しの申し立てをされることがあります。

再生計画が取り消されれば、せっかく認めてもらった個人再生の効果がなくなりますので、減額はなかったことになります。

 

しかし、支払いが滞ってしまった場合でも再生計画の取り消し前であれば対処ができる可能性があります。

再生計画の変更申し立て

支払いが滞ったことにやむを得ない事情があれば、2年を超えない範囲で期間を延長してもらえる可能性があります。減額された借金を再度減額はされません。

ただしここで言う、やむを得ない事情は厳格で、自己都合での退職や浪費では認められません。

 

病気やケガ、リストラや減給等の、再生計画作成の時点では予想できなかったような事情であれば認められる可能性があります。

簡単に言うと自分には責任がなく、支払いが困難になってしまった場合に該当します。

ハードシップ免責

仕事を解雇になったり、病気で働けない等で収入がなく、そもそも再生計画を延長しても支払うことができない事態に陥ることもあります。

そのような事情で再生計画の延長では解決できない場合、次に検討するのがハードシップ免責です。

・再生計画の変更(延長)では支払いができない
・既に再生計画の3/4以上の支払い完了している
・延長の申し立てと同様のやむを得ない事情がある
・個人再生申し立て時の資産価値以上の支払を完了している

 

上記の条件を全部クリアする場合のみ、残りの支払義務を免責してもらえる可能性があります。しかし、非常に条件が厳格なのであまり利用されていないようです。

個人再生申し立て時の資産価値以上の支払を完了している、という条件がわかりづらいと思いますので例を挙げます。

個人再生申し立て時に売却価格180万円の車があったとします。しかし借金総額は1000万円あり、減額後の200万円のほうが金額が大きいので最低弁済額は200万円になります。

最低弁済額200万円のところ170万円までの支払いが終了したが、仕事を解雇されて以後の支払いが出来なくなってしまった場合。

200万円の3/4の金額は150万円ですが、個人再生申し立て当時の車の資産価値180万円を下回っています。この場合は免責が認められないということになります。

というのも、個人再生申し立て時に仮に自己破産をしていたとすると、資産は売却し債権者への返済に充てられることになります。

 

債権者の立場になれば、申立て当時の資産価値よりも返済額が少ないのでは、自己破産をしていた方が多くの金額を回収できていたことになりますから、せめて自己破産していた場合よりも多くの金額を既に返済している事が条件になります。

ハードシップ免責の注意点

ハードシップ免責では住宅資金特別条項のようなものはありませんので、住宅ローンを外して手続きをすることができません。

認められれば、住宅ローンの支払も免責されることになりますが、住宅ローンの抵当権には免責の効果は及びません。

銀行側は住宅ローンの抵当権を実行できますので、結局自宅が売却されてしまうということになります。

 

マイホームを守るために住宅資金特別条項を利用し個人再生したのに、結局自宅を売却しなければならない事態に陥ることになります。

再度の債務整理

再生計画の変更も、ハードシップ免責もできない場合に、他に取りうる手段としては債務整理を行うことです。

任意整理、自己破産はもちろん、要件を満たしていれば再度の個人再生も可能ですが、一度目の個人再生時に減額された金額をさらに減額されるのではありません。
減額前の金額に戻ったものを、再度減額してもらうということになります。

 

それでは意味がないんじゃないかと思われるかもしれませんが、再生計画認可後に別の借り入れが増えてしまっている場合、その債権者も含め再度の個人再生を行えますので、借金を減額するメリットがあります。

しかし、個人再生で支払いが滞ってしまった場合には、やはりその後は自己破産になる可能性は高いです。

関連記事

任意整理は自己破産や個人再生と同じ債務整理の一つですが、債務整理手続きの中で一番融通が利く手続きです。他の債務整理に比べ費用も安く済み、手続きも簡単なので債務整理の中では利用されている方が多い手続きです。「債務整理」と聞いて[…]

任意整理 債務整理
関連記事

自己破産については間違ったマイナスなイメージを持っている人が大勢いらっしゃいます。確かに気軽に利用するような手続きではありませんが、現在支払いに追われ苦しい思いをされているのでしたら、まずは正しい情報を知った上で一度検討してみるべき[…]

自己破産 デメリット

個人再生の手続きと期間まとめ

以上個人再生の手続きにかかる期間と流れをまとめました。

個人再生は裁判所で行う手続きで、裁判所ごと運用の違いがありますので手続きの流れや期間については多少違ってくる場合があります。

 

債務整理について相談したいならこちらがオススメです。