借金返済中でも過払い金は発生する?返済中のリスクは?

借金を完済していなくても、返済中の状態であっても過払い金が発生していることはあります。

返済中でも過払い金を発生するのはどのような取引なのか?返済中に過払い金請求する場合のデメリットはないのかを解説しています。

返済中でも過払い金は発生する?

借金の返済中でも過払い金が発生することってあるんですか?

 

完済をしていなく返済中の状態であっても過払い金が発生することはあるよ。

 

返済中でも過払い金が発生することはあるんですね!

過払い金が発生している場合は借金はどうなるんですか?

 

過払い金が発生している場合は借入が全てなくなって、さらに過払い金が返ってくるということになるよ。

引き直し計算の結果次第だけどね。

 


完済をしていない、返済中であっても過払い金が発生している可能性があります。

過払い金が発生する条件

過払い金は過去に法律の制限を超える利息での取引があると発生するものですが、その場合は取引の当初から法律の制限内の利息に直しての計算=引き直し計算を行うことで過払い金を算出します。

・10万円未満の借入=利息20%が上限
・10万円以上100万円未満の借入=利息18%が上限
・100万円以上の借入=利息15%が上限

法律よりも高い利息で返済していたものを、取引の当初から法律内の利息に直して計算をすると利息が低い分、元金の返済に充てられる金額が増えます。

そのため、返済中の状態でも引き直し計算をすると、数年返済をした時点で借入がなくなっているという計算結果になることがあります。

引き直し計算をして借入が0円になった後に支払ったお金が払い過ぎているお金=過払い金になります。

・2003年に50万円を利息25%で契約をして、借りたり返したりで現在も借入が残っている場合

2003年の借入当初から利息18%であったものとして引き直し計算をすると、2013年頃には実は借金は完済している計算になり、その後2014~現在まで支払った分が過払い金として発生する、という可能性があります。

返済中の過払い金請求のデメリット

借金の返済中に過払い金を請求する場合のデメリットはありませんか?

 

過払い金が発生しているならデメリットは請求したカードが解約になるというぐらいだよ。

 

請求した会社のカードは解約になるんですね!

 

ただし、引き直し計算の結果、借入が減ったけどゼロにならなかった場合は、過払い金請求ではなく減額された借金を任意整理するという扱いになるんだけど、

任意整理の場合はブラックリストに載ることになるよ。

 


返済中に過払い金請求を行うデメリット=引き直し計算をしたら過払い金が発生している場合という場合は、請求した会社のカードが解約になるということだけです。

引き直し計算の結果、借入がなくならない場合

引き直し計算をして借金が減額されたが0円にはならずに、過払い金が発生していない場合は、減額後の金額を任意整理をして無利息で分割で支払っていくことになります。

・50万円の借入を引き直し計算したら20万円まで減額された

上記の場合は減額された20万円を任意整理をして分割で支払っていくことになります。

任意整理になると信用情報に事故情報が登録され、いわゆるブラックリストに載ることになります。

これが返済中に過払い金請求をすることのデメリットです。

デメリットを回避する方法

デメリットを回避する方法として、先に過払い金が発生しているかどうか計算を行うという方法があります。

正式に手続きに介入する前に、まずは借入を行っている会社から取引履歴を取り寄せて引き直し計算を行い、借金がなくなり過払い金が発生しているなら過払い金請求をする。

借金がゼロにはならず過払い金が発生していない場合はまだ請求せず、後々に借金がなくなる金額まで支払った段階で請求、又は借金を払い終えた後に過払い金請求をするということができます。

事前の計算は取引履歴があれば可能です。

取引履歴の取り寄せは本人から借り入れをしている会社へ問い合わせて取得することもできますが、取引履歴の取得から引き直し計算までを全て代行で行っている弁護士や司法書士もいます。

・借入がなくなり過払い金発生=請求する
・借入がなくならなかった=まだ請求しない

減額報酬に注意

返済中に過払い金請求をする場合は、なるべくは減額報酬をとっていない事務所に依頼した方がいいよ。

 

減額報酬ですか?

減額報酬ってなんですか?

 

基本報酬+回収した過払い金の20%ぐらいが一般的な弁護士や司法書士の費用なんだけど、

例えば引き直し計算をしたら50万円の借金がなくなったという場合、その減額された50万円に対しても数%の費用がかかるのが減額報酬というものだよ。

減額報酬がある事務所でも、減額報酬+基本報酬+回収した過払い金に対しても費用がかかるから、減額報酬があると費用が高くついてしまうんだ。

だからなるべくは減額報酬がない事務所に依頼したほうが、手元に返ってくる金額が増えるんだよ。

 

確かに費用は安いほうがいいですよね。

 


返済中の過払い金請求の一般的な費用相場は、基本報酬2~5万円と回収した金額の20%ほどですが、返済中に過払い金請求をする場合は、引き直し計算によって減額された金額に対しても数%の費用をとる=減額報酬をとる事務所もあります。

・減額報酬がない事務所であれば基本報酬と回収した30万円に対しての20%の報酬だけですが、減額報酬がある事務所の場合は減額された50万円に対しても数%の費用がかかります。

減額報酬が10%であれば、50万円の借金があった場合は5万円かかることになるので、減額報酬がない事務所と比べて、手元に戻ってくる金額が減ることになります。

そのため、返済中に過払い金請求をする際は、なるべくなら減額報酬がない事務所へ依頼をしたほうがお得です。

返済中の過払い金まとめ

返済中の借入でも過去に法律の制限を超える利息で取引があった場合は、過払い金が発生している可能性があります。

引き直し計算の結果借金がなくなり、過払い金が発生している場合は請求してもブラックリストに載ることはありません。

引き直し計算をして借金が減額されたが、過払い金は発生していなかったという場合は、減額後の借金を任意整理することになるので、ブラックリストに載ることになります。

正式な依頼前に過払い金の有無を調べるため引き直し計算を行う方法なら、計算結果次第で借金がなくなり過払い金が発生している場合は過払い金請求をする。

借金がなくならない場合は、まだ請求をしないという選択をすることができるので、これによりブラックリストに載るリスクを回避することができます。