借金の時効の条件【借金の時効援用や中断、デメリット】

借金の返済をしていないけど業者からの連絡もこないので何年もそのままにしていた借金の督促が突然届くことがあります。

借りていた会社からだけではなく債権回収会社からの督促だったり、直接自宅に来るような業者もいます。

このような場合に条件を満たしていれば借金が時効になって借金の返済をする必要がない可能性があります。

※時効になっていれば返済をする必要はないのですが、時効になった後に間違った対応をすると時効を主張することができなくなってしまう可能性もあります。

借金の時効の要件と時効で支払う必要がなかったのに間違った対応をして時効の主張ができなくなる注意点についてまとめました。

借金の時効の条件

もう10年以上前に払い終わったと思っていた借金が実は完済していなかったようで督促がきたんですけど・・・

遅延損害金もついてかなりの金額になっています・・・

 

う~ん、その借金は時効になっている可能性があるね。

 

時効ですか?

 

そう。

条件があるけど、時効になっているのであればその借金を支払う必要はなくなるよ。

 


・時効期間の経過
・時効の援用
・時効中断がなかったこと

時効期間

時効の条件って何があるんですか?

 

まずは支払いをしていない期間(滞納している期間)が、5年~10年経過している必要があるよ。

これを時効期間というんだ。

 

5年~10年の時効期間ですね!

 

消費者金融とかカード会社、銀行借り入れの場合は5年間で個人間や信用金庫は10年間が時効期間になるんだ。

 


支払いの滞納をして、時効の中断事由なく5年~10年経つと借金は時効になります。

・消費者金融や信販会社、銀行から借りていた場合の時効期間は5年です。
・個人間での貸し借りや、信用金庫から事業資金ではなく個人で借りた借金の場合の時効期間は10年です。
・裁判所で判決をとられた、その他裁判所で和解や調停を行った場合の時効期間は10年です。

ほとんどの人が消費者金融、信販会社(クレジットカード会社)、銀行からの借入だと思いますが、その場合の時効は5年です。

 

しかし時効期間が経過してもそれだけでは時効は完成しません。

時効の援用

時効期間が経過すれば借金は支払う必要がなくなるんですね!

 

いや、時効期間が経過しただけでは借金はなくならないよ。

時効の援用という手続きが必要になるんだ。

 

時効の援用ってなんですか・・・

 

時効なので借金を支払いません!という意思表示のことだよ。

時効期間経過後に時効の援用をすることで時効は成立するんだ。

 


時効期間が経過した後に、この借金は時効なっているので支払わない!という意思表示=時効の援用をすることで時効は完成します。

時効の援用は通常、内容証明郵便を配達証明付きで貸金業者へ送付して行います。

 

なぜ内容証明郵便を配達証明付きで行うか?

時効の援用なんかされていない!とか後で争いになった場合に、

・どのような内容の書面を送付したかを証明するため内容証明郵便を使い

・その書面がいつ貸金業者側に到達したのかを証明するため配達証明をつけます。

時効の中断

5年~10年返済を滞納しても借金が時効にならない場合があるって聞いたんですけど・・・

 

時効期間中(滞納中)に訴えられたとか、裁判所から支払督促が届いたり、財産が差し押さえられたり、借金の支払いを待ってもらったりした場合は時効が中断されるんだ。

 

そうなんですね・・・中断するとどうなるんですか?

 

時効期間がなかったことになるから、ゼロから時効期間が開始することになる。

つまり中断から再度5年~10年経たないと時効期間が完成しないから、その間は借金は時効にならないということだよ。

 


借金の時効には中断事由というものがあります。

時効が中断した場合、時効期間はリセットされて最初から進行することになるので再度5年~10年の時効期間が経過しなければ借金は時効にはなりませんので返済をする必要があります。

・裁判上の請求
・差し押さえ
・債務の承認

まずは裁判上の請求から詳しく見ていきます。

裁判上の請求

借金を滞納している時に貸金業者から裁判上の請求(裁判所に訴えられる等)をされると時効は中断します。

・裁判所に訴えられた
・支払督促
・調停の申し立て

時効だと思っていた借金が実は知らない間に裁判を起こされていて、時効になっていなかったということはよくあります。

 

※裁判上の請求後も再度時効は進行しますが、時効期間は10年になります。

差し押さえ

差し押さえや仮差押え、仮処分がされると時効は中断します。

不動産等を担保に入れて借金をしていた場合に、滞納していれば競売を申し立てられて不動産が差し押さえられますがそのような場合にも時効は中断します。

債務の承認

督促をされて借金の一部を支払ったり、「後で払いますから」等と支払いを待ってもらったりした場合も時効は中断します。

この債務の承認は、時効期間成立後にも問題になってきます。

時効期間経過後の債務の承認

何年も支払ってなかった借金の督促がきて・・・少しだけでいいから返済してくれと言われて支払ったんですが、後で確認してみたらもう時効の期間が経過していたんです・・・

今からでも時効の主張はできるんですか?

 

時効期間経過後に債務承認をした場合は、原則としては時効を援用することはできなくなるよ。

 

そうなんですね・・・知らずに支払ってしまいました。

 

ほとんどの人は借金に時効があることを知らないだろうから、それを逆手にとって時効期間経過後でも債務承認を迫ってくる業者もあるからね。

ただ裁判をしていくと内容によっては時効を認めてもらえる場合もあるみたいだけど、時効期間経過後の債務承認にはとにかく注意が必要だよ。

 


時効期間が経過した後に債務の承認をした場合、時効の援用ができなくなり借金は時効になりません。

時効期間が経過していて、後は時効の援用をすれば支払う必要がなくなるのに少しだけでも支払ったり、支払いを待ってもらったりして債務の承認をすると時効の援用ができなくなります。

時効について知らない人も大勢いるのでそのことを逆手にとり、時効期間が経過していても債務の承認を迫ってくる業者も存在します。
また、貸金業者から裁判を起こしてくる場合もあります。

 

裁判を起こされて、分割で支払う旨を答弁したりすれば債務の承認にあたりますし、放っておけば貸金業者の主張どおりの判決が下されます。

裁判を起こされた場合は、裁判で(答弁書で)時効の援用を主張する必要があります。

時効を援用するかしないかは本人次第ですので裁判所は借金が時効になっているとしても、本人からの主張がなければ時効なので支払う必要がないとは言えません(それとなく教えてくれる裁判官もいますが)。

債務の承認をしてしまった場合

内容によっては時効期間経過後に債務の承認をしてしまった場合も時効援用は可能だという判決も存在はします。

基本的には裁判所で争っていくことになるので確実なことは言えませんが、債務の承認にあたる行為をしてしまったからと言って絶対に時効ができなくなるというわけではなさそうです。

 

確実なのは時効期間が経過したら、承認せず早めに援用をすることです。

保証人と時効の関係

僕が保証人になっている借金についてなんですが、保証人である僕から時効を主張することはできるんですか?

 

保証人から借金の時効を主張することもできるよ。

ただし時効の中断には注意が必要だよ。

 

裁判を起こされたとか一部を支払ったとかですよね?

 

そう、保証人が時効中断の行為をしていなくても元々の借主が時効中断の行為をしている場合は、保証人の借金についても時効は中断されるからね。

 


結論から言うと借金に保証人がついている場合、保証人が借金の時効を援用することが可能です。

分かりづらい話しですが保証人が保証している保証債務のみを時効援用することもできますし、本来の借金自体を時効援用することも可能です。

しかし、保証人がいない場合と同様に時効の中断には注意が必要です。

保証人がいる場合の時効の中断

本来の借金の債務者(主たる債務者)に対して、裁判上の請求をしたとか、主たる債務者が債務の承認をした場合には、主たる債務と保証債務どちらの時効も中断します。

なので保証人が知らない間に主たる債務者に時効中断が生じていれば保証人も時効の主張はできなくなります。

・主たる債務者に対する裁判上の請求=主たる債務と保証債務ともに時効は中断する
・主たる債務者が債務の承認をした場合=主たる債務と保証債務ともに時効は中断する
・保証人に対する裁判上の請求=主たる債務と保証債務ともに時効は中断する
・保証人が債務の承認をした場合=保証債務の時効は中断するが、主たる債務の時効は中断しない

 

以下は余談ですが、上記のとおり保証人が債務の承認をした場合は、保証債務の時効は中断しますが、主たる債務の時効は中断しませんので、保証人は時効の援用ができないように思えます。

しかし保証人は主たる債務の時効も援用することができますし、主たる債務が時効になれば当然保証債務も支払う必要はなくなりますので、結局保証人は債務を免れることができます。
関連記事

保証人をつけている借金がある場合に債務整理をすると保証人へ請求されてしまう可能性がありますが、今回は・債務整理が保証人へ与える影響・過払い金請求と保証人との関係・債務整理した後に保証人になれるのか について[…]

債務整理 保証人

時効期間経過後の債務の承認

時効期間経過後に債務の承認をした場合は、時効を援用することができなくなりますが、債務を承認した本人のみが時効援用できなくなり、債務承認をしていないもう一方には影響しません。

・主たる債務者が債務の承認を行った場合=保証債務へは影響を及ぼさない
・保証人が債務の承認を行った場合=主たる債務へは影響を及ぼさない

となりますので、債務の承認をしていない人は時効を援用することができます。

時効前だと、主たる債務者が債務の承認をした場合は保証債務の時効も中断することになりますが、時効完成後だと保証人のほうの時効は中断しないことになります。

時効のまとめ

借金の時効について、特に注意していただきたいのが、時効期間が経過しても時効の援用をしなければ時効は成立しないということと、時効の援用前に債務の承認をしてしまうと時効の援用が出来なくなってしまうということです。

一部の貸金業者や債券回収業者は時効期間が経過していても援用されてなければ、債務の承認を迫ってきます。

何年も支払ってなかった借金の督促や、裁判所から書類が届いたらとにかく自分で判断せずまずは専門家に相談すべきでしょう。

また、既に時効になっていると思っていた借金が過去に裁判を起こされていて時効になっていないということもあります。

時効になっていない借金をそのままにしていてはいつになっても生活の再建の目途はたちませんし、遅延損害金で借金が膨らんでいきます。

そのような場合には債務整理手続き等を行い、返済をしていくことをおすすめします。

ちなみに過払い金についても時効があります。

関連記事

テレビCMの影響か、過払い金の請求に時効という期限があるということはある程度浸透しているようです。しかしこれもテレビCMの影響か、時効について勘違いされている方が多い印象です。過払い金の時効についての正しい情報をまとめました[…]

過払い金 時効
債務整理について相談したいならこちらがオススメです。