じぶん銀行の任意整理(債務整理)【キャッシュワンとじぶんローン】

じぶん銀行のカードローンは、現在「じぶんローン」と既に新規受付を停止している「キャッシュワン」があります。

じぶん銀行の支払いができなくなってきたら、債務整理をすることをおすすめします。

今回はじぶん銀行を任意整理したら支払いはどのようになるのかとデメリットについても解説します。
じぶん銀行は2002年2月からauじぶん銀行株式会社へと社名変更しました。

じぶん銀行の任意整理への対応

じぶん銀行のカードローンを任意整理するとどうなるんですか?

 

じぶん銀行を任意整理すると任意整理後の利息は0%にしてもらえて、元金だけを36~60回ほどの分割払いで返済していくことになるよ。

 

利息は0%にしてもらえて、後は元金だけを分割で返済することになるんですね!

 

ちなみに銀行を任意整理する場合は保証会社との交渉になるんだけど、じぶん銀行はアコムが保証をしているから、

任意整理の交渉はアコムと行うことになるよ。

 


・任意整理後の利息は0%になる
・36~60回ほどの分割払いも可能
・過払い金が発生している可能性はない

※銀行からの借入の場合は過払い金が発生する可能性はありません。

じぶん銀行任意整理後の利息

任意整理後の利息は基本的に0%にしてもらうことができます。

そのため任意整理後は支払えば支払った分だけ元金が減少することになります。

任意整理後の分割回数

36~60回ほどの分割払いになるので、任意整理後は元金だけを3年~5年ほどの長期の分割で返済していくことになります。

じぶん銀行を任意整理するメリット

まだよくわからないんですけど、利息が0%なるとどのぐらいのメリットがでるものなんですか?

 

借り入れの内容によるんだけど、一般的には利息だけで完済までに数十万円ほど支払うことが多いから、

利息がなくなるだけで数十万円のメリットがでるということになるよ。

 

利息がなくなるだけでそんなにメリットがあるんですね!

逆に言うと利息だけでそんなに支払うことになるっていうことですね・・・

 

これも借入内容によるところだけど、完済までの期間も短くなったり、毎月の返済額も少なくなったりすることもあるよ

 


 じぶん銀行任意整理前

仮に90万円を利息16.5%で借りている場合は毎月の利息だけで12,000円以上になります。

そのため、毎月18,000円返済していくと

・完済までに支払う利息の総額=63万円以上
・完済までにかかる期間=7年2ヵ月
毎月の返済額のほとんどが利息の返済に充てられるため、ほとんど元金が減らず完済までに利息だけで63万円以上支払うことになり、完済までに7年以上もかかる計算になります。

じぶん銀行任意整理後

90万円の借り入れを任意整理して利息0%、60回の分割払いになった場合

・完済までに支払う利息の総額=0円
・完済までにかかる期間=5年
・毎月の返済額=15,000円

 

・完済までに支払う利息の総額 63万円⇒0円
・完済までの期間 7年2ヵ月⇒5年
・毎月の返済額 18,000円⇒15,000円

借入の内容にもよりますが任意整理をすることで、上記のように完済までに支払う金額を減らしながらも完済までの期間が短くなり、毎月の返済額も少なるなるというメリットがあります。

じぶん銀行を任意整理するデメリット

任意整理をするメリットは大きいということですけど、やっぱりデメリットもあるんですよね?

 

そうだね。

任意整理をすると信用情報に事故情報が登録されて、いわゆるブラックリストに載ることになるよ。

 

ブラックリストに載るとどういった場合に困ることになるんですか?

 

お金を借りるとかローンを組むとか、カードを作成する際の審査に通るのは非常に難しくなるよ。

今持っているクレジットカードとかも利用できなくなったりもするよ。

 


ブラックリストの影響

任意整理をするとブラックリストに登録されてしまい、借金をしたりローンで購入したりクレジットカードを新規で作成するのは非常に難しくなります。

既存のカードも使用停止されたりする可能性もあります。

ただしブラックリストの影響は最長でも任意整理後完済してから、5年ほどでなくなります。

※参考:CIC【信用情報とは】

また、ブラックリストの影響がでている間も、インターネットでの買い物等はデビットカードでクレジットカードの代用をすることはできます。

じぶん銀行のカードローンの解約

じぶん銀行を任意整理するとじぶん銀行のカードローンは解約になります。

じぶん銀行の口座凍結

銀行を任意整理すると、その銀行の口座にある預貯金と借入額とで相殺されることになり、その際に一定期間口座が凍結されて出金をすることができなくなります。

じぶん銀行を任意整理する場合はじぶん銀行の口座が一定期間凍結されますが、事前に預貯金を引き出しておくことで相殺を免れることができます。

じぶん銀行での借金の減額や過払い金

借金が減額されたり過払い金が発生することがあるって聞いたんですけど、じぶん銀行ではどうなんですか?

 

たしかに消費者金融やクレジットカードのキャッシングだと借金が減ったり過払い金が発生することはあるね。

ただし銀行からの借り入れの場合は法律内の利息での取引だから、借金が減ったり過払い金が発生することはないよ

 

銀行だと過払い金がでることはないんですね・・・

 

借金の金額はそのままだから、今の金額から利息をカットしてもらって元金だけを分割で返済にすることになるね。

 


・10万円未満の借入=20%
・10万円以上~100万円未満の借入=18%
・100万円以上の借入=15%

この利息制限法の上限金利を超えての取引があった場合は、利息制限法内の利息に直して計算をすることで借金が減額されたり、借金が全てなくなって過払い金が発生することがあります。

ただし、銀行からの借入では利息制限法を超える利息での取引はありませんので、銀行からの借入で借金が減ったり過払い金が発生することはないということになります。

じぶん銀行の任意整理の流れ

じぶん銀行を任意整理するにはどんな流れで手続きは進んでいくんですか?

 

任意整理の依頼を受けた専門家は自分銀行に対して「受任通知」という書類を送るんだけど。

受任通知が送られた後はじぶん銀行への返済は止めて、その間に専門家に対して毎月一定の金額を振り込んで積立金というものをする必要があるよ。

 

返済を止めたら督促が来たりするんじゃないですか?

 

大丈夫!

受任通知送付後は返済を止めて積立金をしている間に保証会社のアコムと交渉を行うんだけど、銀行から連絡が来たりすることはないよ。

積立金の支払いが終わって、交渉がまとまればその内容どおりに保証会社に対して返済をしていくという流れだね。

 


・受任通知送付
・積立金
・引き直し計算
・分割回数等の交渉
・返済再開

受任通知送付

任意整理を依頼すると、専門家はじぶん銀行に対して受任通知を送付します。

受任通知を送付した後はじぶん銀行への支払いはSTOPして、専門家に対して積立金を行います。

支払いを止めてもじぶん銀行からの督促が来ることはありません。

積立金

じぶん銀行への返済を止めている間、依頼者は専門家に対して積立金を行う必要があります。

この積立金には専門家の「費用の分割払い」という意味がありますが、それ以外にも「任意整理後に返済を続けていけるかを確認するため」という意味があります。

任意整理後は3年~5年の長期に渡って返済を続けていくことになるので、任意整理後に毎月の返済を継続していけるかをテストして、積立金をして業者との交渉に入っていきます。

任意整理交渉

任意整理後の利息のカットと、分割回数の交渉をじぶん銀行の保証会社であるアコム株式会社と行っていきます。

銀行との取引では法律よりも高い利息での取引というのはありませんので、借金が減額されたり過払い金が発生するということはありません

返済再開

アコムとの任意整理の交渉が終わったら、交渉内容どおり利息がなくなった元金を分割でじぶん銀行の保証会社であるアコムに対して返済していくことになります。

 

じぶん銀行の任意整理まとめ

じぶん銀行を任意整理する場合は保証会社のアコムと交渉を行い、交渉後の返済もアコムに対して行います。

じぶん銀行を任意整理すると任意整理後の利息は0%にしてもらい、36~60回ほどの分割払いで交渉がまとまることが多いです。