JCBの任意整理対応【メリットとデメリット】

JCB 任意整理

キャッシングやショッピングのリボ払いの支払いが厳しくなった時は、任意整理をして利息をなくして元金だけの分割払いにすることで毎月の返済の負担を減らすことができます。

債務整理の中でも任意整理をして、利息が免除されるか?という点と、何回分割で返済していくことになるのかは相手方の貸金業者によって異なります。

今回は大手クレジットカード会社のJCBを任意整理した場合の対応をまとめました。

JCBの任意整理対応

任意整理は貸金業者によって対応が違うみたいなんですけど、JCBの対応はどうなんですか?

借入の内容等にもよるから、一概には言えないんだけど、ほとんどの場合任意整理後の利息は免除してくれるよ。

利息は免除してくれるんですね。

じゃあ後は元金だけを分割で返済することになると思いますが、それは何回分割で返済していくことになるんですか?

これも借入内容によるけど、60回程度の分割にも応じてくれるよ。

 

JCBの任意整理対応
・任意整理後の利息は0%になる
・分割回数は60回ほど
・過払い金が発生している可能性あり

任意整理について匿名で相談したいならこちらがオススメです。

東京ミネルヴァ法律事務所

JCBを任意整理するメリット

利息を0%にしてもらって60回ほどの長期分割を組むことでどのぐらいメリットがでるものなんですか?

借入金額や元々の利息にもよるんだけど、完済までに利息だけで数十万円支払うことが多いから、任意整理をして利息を免除してもらうことで数十万円のメリットがでることが多いということだね。

利息だけでそんなに払うこともあるんですね・・・

利息がなくなって元金だけを分割で返済することになるから、完済までの期間も早くなったり、毎月の返済額も少なくなることもあるよ。

 

70万円を利息18%で借りて、毎月15,000円を返済していくと、

・完済までに支払う利息の総額=51万円ほど
・完済までに必要な期間=7年弱

 

70万円の借入を任意整理して利息0%、60回の分割払いにすると、

・完済までに支払う利息の総額=0円
・完済までに必要な期間=5年
・毎月の返済額=12,000円ほど

 

借入の内容等にもよりますが、任意整理をして利息を免除、60回ほどの長期分割返済にすることで上記のように毎月の返済額を減らしながら、完済までに支払う総額も減らし、完済までの期間が早くなることがあります。

JCBでの借金の減額や過払い金

JCBで過払い金が発生することはあるんですか?

JCBでも過払い金が発生することはあるよ。

ただし、借りた金額を翌月に一括で返済するキャッシングの一括払いでだけが過払い金の対象になるんだ。

キャッシングのリボ払いやショッピングの取引では過払い金は発生しないってことですか?

そうだね。

ただ、キャッシングの一括払いも2007年には法律内の利息に見直しをしているから、2007年以前からキャッシングの一括払いをしていた場合だけ過払い金が発生している可能性があるってことだよ。

過払い金は法律の制限よりも高い利息で取引をしていた場合にだけ発生します。

利息制限法の上限金利
・10万円未満の借入=20%
・10万円以上~100万円未満の借入=18%
・100万円以上の借入=15%

 

JCBが法律よりも高い利息で貸し付けをしていたのは、キャッシング取引の中でも借りた金額を翌月に一括で返済するキャッシング一括払いだけです。

キャッシングのリボ払いやショッピングの取引では過払い金は発生しません。

また、キャッシング一括払いも2007年には法律内の利息に見直しをしているので、JCBで過払い金が発生するのは2007年以前からキャッシング一括払いの取引をしていた人に限られます。

借金の減額や過払い金があった場合の交渉

JCBとの取引で過去にキャッシングの一括払いで法律の制限を超える利息での取引があったのであれば、法律内の利息に見直して引き直し計算をすることで借金が減額されるされます。

借金が減額される場合は利息を0%にして減額後の金額だけを分割で返済することになります。

また、引き直し計算によって借金が全てなくなり過払い金が発生している場合は、任意整理ではなく過払い金についての交渉を行います。

仮に50万円の借金がある場合に、
・引き直し計算の結果、借金が10万円まで減った場合⇒利息をカットして減額後の10万円の元金だけを分割で返済することになる。
・引き直し計算の結果、50万円の借金が全てなくなって過払い金が20万円発生してる場合⇒任意整理ではなく20万円の過払い金請求になる。

JCBを任意整理するデメリット

JCBカードを任意整理するばデメリットも発生するんですよね?

任意整理にはデメリットもあるよ。

JCBのカードは解約になるんでしたっけ?

そうだね。

後はブラックリストに載るから、他の会社のカードも使えなくなる可能性があるし、今後お金を借りたりローンを組むのは難しくなるよ。

ただしブラックリストの影響は5年間でなくなるんだけどね。

JCBのカード解約

任意整理をする会社のカードは解約になるので、JCBを任意整理するとJCBのカードは解約になります。

JCBのカードを複数枚持っている場合は、全てのカードが解約になります。

ブラックリストに載る

任意整理をすれば信用情報機関にその旨の事故情報が載ることになり、いわゆるブラックリストに載ることになります。

ブラックリストに載れば、任意整理の対象にしていないカードも使用できなくなる可能性があります。

 

また、お金を借りたりローンを組んだりすることも難しくなります。

ただ、任意整理でブラックリストに載る期間は5年間なので、以降は影響はなくなります。

JCBの任意整理の流れ

JCBの任意整理を専門家に依頼した場合は、依頼後の手続きはどんな流れで進められていくんですか?

任意整理の依頼を受けた専門家はまずJCBに対して受任通知という書類を送るんだ。

受任通知を送付後、JCBへの返済は一旦止めることになるんだけど、その間に専門家に対して毎月一定の金額を振り込んで積立金を行う必要があるよ。

JCBへの返済は止めて積立金ですね!ちなみに積立金ってなんですか?

積立金というのは専門家の費用の分割払いに充てられるものなんだけど、任意整理後に毎月ちゃんと返済を続けていけるのか?を確認するという意味もあるよ。

その後、JCBと利息のカットや分割払いの回数について交渉をして、交渉がまとまればその内容どおりにJCBに対して返済をしていくという流れだね。

 

任意整理の流れ
・受任通知送付
・積立金
・引き直し計算
・分割回数等の交渉
・返済再開

受任通知送付

任意整理の依頼を受けた専門家はJCBに対して受任通知を送付します。

受任通知送付後、JCBへの支払いは止めてその間に積立金を行います。

積立金

JCBへの返済を止めている間、依頼者は専門家に対して積立金を行う必要があります。

積立金は専門家の費用の分割払いという意味がありますが、それ以外にも任意整理後に返済を続けていけるかを確認するという意味があります。

任意整理後は長期に渡って返済を続けていくことになるので、毎月の返済をきちんとしていけるかをテストして、積立金完了後に業者との交渉に入っていきます。

引き直し計算

JCBから取引履歴が届き、過去に法律の制限よりも高い利息での取引があったら引き直し計算を行い、借金を減らしたり過払い金を算出します。

任意整理交渉

任意整理後の利息のカットと、分割回数の交渉をJCBと行います。

JCBとの取引で過去に法律よりも高い利息で取引があった場合は引き直し計算を行い、減額された借金についての交渉になります。

返済再開

任意整理の交渉が終わったら、交渉内容どおりに利息がなくなった元金だけを分割でJCBに対して返済していくことになります。

JCBの任意整理まとめ

JCBの借金を任意整理すると、任意整理後の利息は0%になって、元金だけを60回程度の分割で返済していくことになります。

JCBでも過払い金が発生することはありますが、キャッシング取引の中でも一括払いに限られますし、その一括払いでも2007年には法律内の利息に見直しをしているので、JCBで過払い金が発生する可能性は低いです。

ただ過去に法律よりも高い利息で取引があった場合は引き直し計算をすることで、借金が減額されたり借金自体が全てなくなり過払いになっているという可能性もあります。

任意整理について匿名で相談したいならこちらがオススメです。

東京ミネルヴァ法律事務所