ジャックスの任意整理メリットとデメリット

ジャックス 任意整理大手の信販会社に分類されるジャックスは利用者も多い会社です。

ジャックスでの支払いができなくなってきたなら、キャッシングでもショッピングのリボ払いでも債務整理の一つである任意整理をすることができます。

任意整理の対応というのは相手方の貸金業者ごとに異なるので、今回はジャックスを任意整理するとどのような内容で任意整理をすることができるのかを紹介します。

ジャックスの任意整理対応

任意整理をした場合に利息が免除されたり、何回分割での返済になるのかは貸金業者によって違うんですよね?

そうだね。

ちなみにジャックスだと任意整理後の利息は0%にしてくれるし、60回ほどの分割払いにも応じてくれることが多いよ。

キャッシング以外にもショッピングのリボ払いも結構な金額になっているんですけど、ショッピングのリボ払いも任意整理をすることができるんですか?

ショッピングのリボ払いもキャンシングと同じように任意整理をすることができるよ。

 

ジャックスの任意整理対応
・任意整理後の利息は0%になる
・分割回数は60回ほども可能
・1997年よりも前からキャッシングをしている場合は過払い金の可能性あり

 

債務整理について匿名で相談したいならこちらがオススメです。

東京ミネルヴァ法律事務所

ジャックスを任意整理するメリット

任意整理のメリットは利息がなくなって元金だけを長期の分割で返済していけることですよね?

そうだね。

金額や利息、返済額にもよるけど、任意整理をすることによって毎月の返済額が少なくなったり、完済までにかかる期間も短くなったりするし、完済までに支払う総額も少なくなるよ。

毎月の返済額が下がるのに完済までが早くなったりするんですね!

そうなることが多いんだけど、内容によっては毎月の返済額が多くなることもあるし、分割回数によっては完済までの期間が長くなってしまうこともあるから、詳しいところは専門家に確認だね。

 

60万円の借金を18%の利息で借りて、毎月13,000円を返済する場合

・完済までに支払う利息の総額=40万円以上
・完済までに必要な期間=6年8ヵ月

 

上記の60万円の借金を任意整理して利息0%で60回の分割払いにした場合

・完済までに支払う利息の総額=0円
・完済までに必要な期間=5年
・毎月の返済額=10,000円

 

任意整理をすることで毎月の返済額が3000円少なくなります。

また、毎月の返済額が少なくなるのに完済までの期間が短くなります。

さらに完済までに支払う総額は40万円以上少なくなります。

ジャックスを任意整理するデメリット

ジャックス 任意整理

ジャックスを任意整理することでデメリットもあるんですよね?

うん、任意整理にはデメリットもあるよ。

ジャックスのカードは解約になるし、ブラックリストに載ることになるんだ。

ブラックリストに載るとローンを組むとかクレジットカードを作るのも難しくなるんですよね・・・

そうなるね、ただブラックリストの影響は完済してから5年間でなくなるから、その間はお金を借りず、クレジットカードもデビットカードで代用等をするとあまり不便なく生活できるとは思うよ。

ジャックス発行のカードは解約になる

任意整理をすると、任意整理をした会社のカードは解約になるので、ジャックスを任意整理すればジャックスのカードは解約になります。

ブラックリストに載る

任意整理すると信用情報に事故情報として登録されるので、いわゆるブラックリストに載ることになります。

ブラックリストの影響は任意整理後に完済をしてから5年間残りますので、その間はローンを組んだりお金を借りたり、クレジットカードを作ることは難しくなります。

 

また、ジャックス以外の会社発行のクレジットカードも利用停止になる可能性があります。

ショッピングのリボ払いを任意整理する場合

ジャックスカードでショッピングのリボ払いを利用している借金も任意整理をすることができます。

ただし、高額な家電等をリボ払い中に任意整理をするとその商品が引き上げられてしまう可能性があるので注意が必要です。

 

全ての商品が引き上げられてしまうということではなく、商品を売却してお金に換えられるようなものだけが対象になります。

ジャックスの任意整理の流れ

ジャックスの任意整理を依頼した後は手続きはどのような流れで進んでいくんですか?

任意整理を依頼されたら、専門家はジャックスに対して受任通知という書類を送るんだけど、受任通知送付後はジャックスに対する支払いは一旦ストップすることになるよ。

ジャックスへの返済を止めたら、督促が来たりするんじゃないですか?

督促はないから大丈夫!

ただ返済を止めている間に積立金をする必要があるんだ。

積田金は費用の分割払いのためなんだけど、他にも任意整理後に長期に渡って返済を続けていけるのかを確認するという意味があるよ。

 

任意整理の流れ
・受任通知送付
・積立金
・引き直し計算
・分割回数等の交渉
・返済再開

受任通知送付

任意整理の依頼を受けた専門家はジャックスに対して受任通知を送付し、取引履歴を取り寄せます。

受任通知送付後はジャックスへの返済は一旦止めて積立金をする必要があります。

返済を止めてもジャックスから本人への督促はありません。

積立金

ジャックスへの返済を止めている間、依頼者は積立金をする必要があります。

積立金は専門家の費用の分割払いと、任意整理後は5年ほどの長期の分割払いになるので、毎月返済を続けていくことができるかを確認する意味合いがあります。

引き直し計算~任意整理交渉

ジャックスから取引履歴が届いたら専門家は利息を確認して、過去に法律よりも高い利息で取引があったのであれば引き直し計算を行います。

引き直し計算の結果、借金が減るようであればその減額後の金額で利息カットと分割回数の交渉を行い、借金が全てなくなった過払いになっているのであれば過払い金返還についての交渉を行います。

ただしジャックスは1997年には法律内の利息に見直しをしているので、借金が減額されたり過払い金が発生するのは1997年よりも前から借りていた人に限られます。

返済再開

任意整理の交渉が終わったら、交渉内容どおりに利息がなくなった元金だけを分割で返済していくことになります。

ジャックスでの借金の減額や過払い金

ちなみにジャックスでは過払い金は発生しないんですか?

過去に法律よりも高い利息で取引をしていたなら、借金が減ったり過払い金が発生する可能性があるんだけど、ジャックスは1997年には法律内の利息に見直しをしているから1997年よりも前から取引をしていないと過払い金は発生しないよ。

20年以上前から取引をしていた場合だけなんですね・・・

ジャックスはあまり過払い金が発生することはない会社だね。

あと過払い金が発生するのはキャッシングだけだから、ショッピングのリボ払いでは過払い金は発生しないよ。

 

過去に法律の制限よりも高い利息で取引をしていた場合には、任意整理をすると借金が減額されたり過払い金が発生している可能性があります。

ただし、ジャックスは1997年(平成9年)には法律内の利息での貸し付けを行っているので、それ以降に借り始めた場合は借金が減額されたり過払い金が発生している可能性はありません。

利息制限法の上限金利
・10万円未満の借入=20%
・10万円以上~100万円未満の借入=18%
・100万円以上の借入=15%

 

過去に法律の制限を超える利息での取引があったのであれば、利息を見直して引き直し計算をすることで借金が減額される場合は利息を0%にして減額後の金額だけを分割で返済することになります。

引き直し計算によって借金が全てなくなり過払い金が発生している場合は、任意整理ではなく過払い金についての交渉を行います。

仮に60万円の借金がある場合に、
・引き直し計算の結果、借金が20万円まで減った場合⇒利息をカットして減額後の20万円の元金だけを分割で返済することになる。
・引き直し計算の結果、60万円の借金が全てなくなって過払い金が10万円発生してる場合⇒任意整理ではなく10万円の過払い金請求になる。

 ジャックスの任意整理まとめ

ジャックスの借金を任意整理すると、任意整理後の利息は免除してもらえて、元金のみを60回以上の分割払いで返していくことができます。

借入金額や利息、毎月の返済額にもよりますが、基本的には任意整理をすることにより毎月の返済額が減り、完済までに支払う金額も少なくなり、完済までにかかる期間も短くなるというメリットがあります。

債務整理について匿名で相談したいならこちらがオススメです。

東京ミネルヴァ法律事務所