任意整理(債務整理)と保険の関係。保険審査への影響

任意整理をすると生命保険等の保険は解約されてしまう?

任意整理後は生命保険等に入ることはできなくなるのか?

保険と任意整理の関係について解説します。

任意整理をすると保険は解約になるの?

生命保険に入っているんですけど、任意整理をすると生命保険は解約になってしまうんですか?

 

任意整理と保険は関係ないから、任意整理をしても保険が解約になってしまうことはないよ

 

任意整理をしても保険が解約になってしまうことはないんですね!

 

ただし個人再生や自己破産では影響がでる場合があるんだ。

 


生命保険加入中に任意整理をした場合、任意整理と生命保険は何ら関係がないので、任意整理をしても生命保険が強制的に解約になってしまうようなことはありません。

積み立て型、掛け捨て型どちらでも解約になることはありません。

解約返戻金に影響がでることもありません。

関連記事

任意整理は自己破産や個人再生と同じ債務整理の一つですが、債務整理手続きの中で一番融通が利く手続きです。他の債務整理に比べ費用も安く済み、手続きも簡単なので債務整理の中では利用されている方が多い手続きです。「債務整理」と聞いて[…]

個人再生や自己破産での保険の取り扱い

任意整理ではなく、個人再生や自己破産では保険はどうなるんですか?

 

保険の解約返戻金がある場合に問題になるんだけど、解約返戻金は財産として扱われるんだ。

 

財産として扱われるってことは生命保険は解約になるんですか?

 

自己破産で解約返戻金が20万円未満の場合に自由財産が認められた場合は解約する必要はないけど、それ以外の場合は自己破産だと解約する必要がある。

個人再生の場合は解約する必要はないけど、財産として扱われるから、金額によっては借金が通常よりも減額されないことになるよ。

 


自己破産の場合

自己破産では財産は処分する必要がありますので、解約返戻金がある保険の場合は原則は保険が解約になり、解約返戻金は処分されることになります。

ただし、解約返戻金が20万円未満で裁判所に自由財産として認めてもらえれば保険を解約する必要はなく、解約返戻金が処分されることもありません。

掛け捨て型等の解約返戻金がない保険の場合は解約になることはありません。

・解約返戻金がない保険=解約にはならない
・解約返戻金が20万円未満=原則は保険は解約になるが、裁判所で自由財産と認められれば解約する必要がない
・解約返戻金が20万円以上=解約になり解約返戻金は処分される
関連記事

自己破産については間違ったマイナスなイメージを持っている人が大勢いらっしゃいます。現在支払いに追われ苦しい思いをされているのでしたら、まずは正しい情報を知った上で一度検討してみるべきです。自己破産をするとあなたの生活にどのような[…]

個人再生の場合

個人再生では保険を解約されたり、解約返戻金が処分されることはありません。

しかし、個人再生には清算価値保障原則というものがあり、個人再生を行って減額された金額よりも財産の金額のほうが高い場合は、その財産の金額分までしか借金は減額されないことになります。

解約返戻金も財産とみなされるため、解約返戻金があることによって通常よりも借金が減額されないという可能性があります。

逆に言うと解約返戻金を含めた合計の金額よりも減額後の借金の方が多い場合は何ら影響はないということになります。

・個人再生では保険は解約にならない
・減額後の借金よりも解約返戻金含めた財産の方が多い場合=財産の合計額までしか借金は減額されない
(減額後の借金が100万円・財産の合計額が150万円の場合=借金は150万円までしか減額されない)
関連記事

債務整理と聞くと、任意整理と自己破産を思い浮かべる人が多いと思いますが、債務整理の中には個人再生という手続きもあります。個人再生には他の手続きにはない特徴があり、任意整理では支払っていくのが難しく、事情により自己破産はできないという場合[…]

債務整理後の保険契約

債務整理をした後に保険を契約することはできるんですか?

 

債務整理後でも保険に入ることは問題なくできるよ。

 

そうなんですね!

ブラックリストとかは関係ないんですか?

 

ブラックリストに載っていても保険の契約には関係ないから大丈夫だよ。

 


債務整理を行うと信用情報に事故情報が記載され、いわゆるブラックリストに載ることになります。

お金を借りるとかクレジットカードを作成する、ローンを組むという際はブラックリストに載っていると審査に通るのは難しくなります。

しかし、保険の契約はお金を貸りるとかローンを組む行為ではありませんし、保険の支払いができなくなった場合は解約になるだけです。

以上からブラックリストに載っていることと保険の契約とは全く関係のないものなので、債務整理をしてブラックリストに載っていても保険の契約に影響がでることはありません。

関連記事

債務整理したいけど、ブラックリストに載ると借金やローンを組めなくなるのが嫌だから躊躇しているという人は多いです。確かにブラックリストに載ると審査にとおるのは難しくなります。しかしどのような場合にブラックリストに載るのか?載る期間はど[…]

債務整理をすると契約者貸付への影響は?

保険を担保にお金を借りてるんですけど、債務整理に影響でたりしますか?

 

契約者貸付だね。

まず任意整理では全く関係ないよ。

 

個人再生と自己破産ではどうなんですか?

 

解約返戻金から現在の借入額を引いた金額が財産として扱われるよ。

だから金額によっては個人再生で減額される金額が減ったり、自己破産では解約をする必要がでたりするんだ。

 

ちなみに債務整理をしてブラックリストに載った後も契約者貸付は利用できるんですか?

 

契約者貸付は解約返戻金の範囲内での借入であって、ブラックリストと関係ないから債務整理後も利用できるよ。

 


保険の契約者貸付は解約返戻金の範囲内で借入ができる制度です。

そのため通常の借金とは異なり、審査というものがありませんので、たとえ債務整理を行ってブラックリストに載ったとしても通常どおり利用できます。

任意整理の場合

契約者貸付を利用していても任意整理では保険が解約になることはありません。

個人再生の場合

解約返戻金から借入額を差し引いた金額が財産として扱われます。

その金額と他の財産の合計額が減額後の借金の金額よりも高い場合は、財産の合計額までしか借金は減額されないことになります。

自己破産の場合

個人再生と同様に解約返戻金から借入額を差し引いた金額が財産として扱われます。

その金額が20万円を超える場合、保険は解約になり、解約返戻金は財産として処分されます。

20万円未満の場合も原則は処分対象になりますが、裁判所に自由財産として認められれば保険が解約になることはなく、解約返戻金が処分されることもありません。

任意整理(債務整理)と保険の関係まとめ

まず、任意整理は保険とは全く関係のないものなので、任意整理を行っても保険を解約になることはありません。

個人再生でも保険が解約になることはありません。

しかし個人再生では借金の減額後の金額と解約返戻金を含めた金額の高いほうの金額までしか減額されません。

解約返戻金は財産とみなされるため、解約返戻金と他の財産の合計が減額後の金額を上回る場合は財産の合計額までしか借金は減額されないことになります。

債務整理をして保険が解約になるのは、解約返戻金がある保険を契約していて、自己破産を行う場合だけです。

自己破産で解約返戻金がある場合も解約返戻金が20万円未満で、裁判所で自由財産の拡張が認められれば保険を解約する必要はなくなります。