債務整理の保証人への影響とは?債務整理した後に保証人になれる?

債務整理 保証人保証人をつけている借金がある場合に債務整理をすると保証人へ請求されてしまう可能性がありますが、今回は

・債務整理が保証人へ与える影響
・過払い金請求と保証人との関係
・債務整理した後に保証人になれるのか

 

について解説します。

※保証人には通常の保証人と連帯保証人がいますが、保証契約のほとんどは連帯保証なので、連帯保証人について解説しています。

 

債務整理が保証人へ及ぼす影響

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産があります。

債務整理
・任意整理=利息を0%にしてもらい、元金だけを分割で返済していく
・個人再生=借金を減額してもらい、分割で返済していく
・自己破産=返済を免除してもらい、支払いをする必要がなくなる

 

保証人がついている借金を債務整理した場合は、借金をしている本人の借金は上記のとおり利息のカットや減額、免除がされますが、その債務整理の効果は保証人が負う保証債務へは及びません。

借金をした本人が債務整理をして借金の減額や支払いを免除されたとしても、貸金業者は保証人に対しては債務整理前の金額を支払えと請求することができるということです。

 

また、本人が債務整理をすると期限の利益を失うので貸金業者は保証人に対して、一括返済を求めることもできます。

借り入れをしている本人が債務整理をした場合
・本人の借金については債務整理の効果が及ぶ
・保証人へは債務整理の効果は及ばない
・保証人は一括での返済を求められる可能性がある

保証人がついている借金がある場合の債務整理の方法

借金をした本人だけが債務整理をしても保証人には元々の借金額の返済義務が残ります。

また、一括での返済を請求される可能性もあります。

保証人が付いている借金を債務整理をすると保証人へ請求が行ってしまうので保証人へ迷惑がかかってしまうのは避けられません。

保証人がついている借金がある場合の債務整理の方法として、

・保証人がついている借金は債務整理の対象にしない
・保証人も債務整理をする

 

上記の方法があります。

保証人がついている借金を債務整理の対象から外す

保証人がついている借金を債務整理すると保証人へ請求がいってしまいますが、保証人がついていない他の借金を任意整理しても原則は保証人に対し請求されることはありません。

この方法であれば保証人に迷惑をかけることなく債務整理を行うことができます。

しかし個人再生と自己破産ではすべての借金を債務整理の対象にしなければなりませんので、保証人がついている借金のみを除外することはできません。

 

この点、任意整理であれば手続きする貸金業者を選択することができます。

ただし任意整理の対象から保証人がついている借金を外して他の借金だけを任意整理するには、保証人がついている借金を任意整理をしなくても滞りなく支払いができるということが条件になります。

まとめると、個人再生や自己破産まではする必要がなく、任意整理で支払っていけるという場合で、かつ一部の借金を任意整理の対象から外しても支払いには問題がないという場合のみ、保証人がついている借金を任意整理の対象から外すことができるということになります。

 

保証人がついている借金を債務整理の対象にしない条件
・個人再生や自己破産は不可
・任意整理で今後問題なく返済ができる
・任意整理の対象から外した借金の返済も問題ない

保証人も債務整理をする

保証人がついている借金を任意整理の対象から外すと返済ができない場合や、保証人がついている借金しかないという場合は保証人がついている借金についても債務整理を検討することになります。

保証人の方が一括請求されても問題なく支払えるというのであればあまり問題はないでしょうが、そうでない場合保証人も債務整理を検討する必要があります。

 

上記で書いたとおり本人が個人再生や自己破産をした場合、その減額や免除の効果は保証人には及びませんので、保証人がその保証債務を返済できなければ保証人も個人再生や自己破産を行うことができます。

また、本人と保証人の連名で任意整理を行い主たる債務者が問題なく返済していれば保証人へ請求がいくことはありません。

 

しかし、保証人が債務整理をする場合保証人もブラックリストに載ることになるので、保証人の方に迷惑がかかることは避けられません。

債務整理した後に保証人になれるのか?

債務整理をするとブラックリストに載ってしまいます。

保証人になるには審査をされるので、ブラックリストに載っていると審査にとおるのは難しく保証人になるのは難しいでしょう。

ただしそのブラックリストの影響は一定期間に限られているので、その期間経過後は通常どおりの審査を受けることができます。

保証人がついている借金の過払い金請求

債務整理 保証人

保証人がついている借金でも過払い金が発生することは当然あります。

前提として借金を完済している場合は保証関係は全く関係ないので、保証人に迷惑がかかることはありません。

 

借金が残っている場合で、引き直し計算を行うと過払いになるという場合は貸金業者としては保証人へ引き直し計算前の金額の請求を行うことはできますので、保証人に迷惑がかかってしまう可能性があります。

上記の場合に、貸金業者から保証人へ請求がされる可能性はあまりないとは思いますが、絶対に保証人に迷惑をかけたくないという場合は完済してから請求を行ったほうがいいでしょう。

 

また、引き直し計算をしても借金が残る場合は過払いにはなっていませんので、この場合にできるのは減額後(引き直し計算後)の借金の任意整理ということになりますが、やはり任意整理をすれば保証人へ一括請求されてしまう可能性があります。

保証人になった覚えがない場合

保証人になった覚えがないのに、本来の債務者が返済しないので保証人が支払ってください、という内容の通知がきたというお話を聞くことがあります。

このような場合、家族等の第三者が本人の印鑑を持ち出して知らない間に保証人にされている場合があります。

 

保証契約は口頭ではできなく書面で行う必要がありますが、ご自身で保証契約書に署名捺印した覚えがなく貸金業者から保証人になることの確認もなかったのであれば、勝手に作成された保証契約である可能性があります。

そのような場合は保証人ではないので支払わない旨をきっちり伝え、仮に少額でも支払ってはいけません。

 

というのも知らずに保証契約を交わされた(無権代理行為)場合でも、保証人として少しでも返済をしてしまうと事後的に保証人になることを同意(無権代理行為の追認)したことになりますので、以後支払いの義務が生じてしまう可能性が発生してしまうからです。

まとめ

借金をしている本人が債務整理をしても保証人の債務には債務整理の影響は与えられなく、さらに保証人は一括請求をされてしまうこともあります。

また保証人自身が債務整理を行えば、保証人の方もブラックリストに載ることになります。

このようなことから借金をしている本人が返済できなくなった場合に、保証人へ及ぼす影響はとても大きいです。

保証人を頼まれた場合は、慎重に検討しましょう。

債務整理について匿名で相談したいならこちらがオススメです。

東京ミネルヴァ法律事務所